Hatena::ブログ(Diary)

ヒルズで働く@robarioの技ログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007年10月18日

[][]rascutFlex3 SDK beta

rascut + Flex 3 SDKベータ2を試すの巻。 | 太郎日記’79J

新rascut登場も、やっぱり必要英語版。 | 太郎日記’79J

rascutを修正しなくても

% _JAVA_OPTIONS="-Duser.language=en" rascut HelloWorld.as

でfcshが英語版になるので上手く動きます。

fcsh の時は LANG=C するようにしただけ。win の Flex3 SDK beta でも動くのかな。

subtech - PBD - 虹色センチメンタル - Rascut 0.1.3 リリース

LANG=Cの代わりに_JAVA_OPTIONS="-Duser.language=en"でOKでした。これはLinuxでもOKなんじゃないかしら?で、こんなパッチ。

最新のrascutではより良いパッチが当たっています。
$ svn cat svn://rubyforge.org/var/svn/hotchpotch/rascut/trunk/lib/rascut/fcsh_wrapper.rb | less
@@ -60,10 +60,10 @@

     def process
       unless @process
-        orig_lang = ENV['LANG']
-        ENV['LANG'] = 'C' # for flex3 sdk beta locale
+        orig_java_options = ENV['_JAVA_OPTIONS']
+        ENV['_JAVA_OPTIONS'] = '-Duser.language=en' # for flex3 sdk beta locale
         @process = IO.popen(@config[:fcsh_cmd] + ' 2>&1', 'r+') unless @process
-        ENV['LANG'] = orig_lang
+        ENV['_JAVA_OPTIONS'] = orig_java_options
       end
       @process
     end

secondlifesecondlife 2007/10/18 19:00 _JAVA_OPTIONS というのがあるのですね。
なるほど、どうもありがとうございます。

holidays-lholidays-l 2007/10/18 19:49 fcwrapの時から愛用してます。ステキツールをありがとうございます。