わたしのおうちはどこですか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-01-02

[]2016年の目標


明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
例年この時期に一口馬主の目標的なことを書かせてもらっていますが、昨年も書いたように最近は日常的な更新はツイッターに移行しまっているので、自分のメモ的な要素が強いです。

<今年の目標>
2016年の目標・・・年間12勝

2016年もこの目標だけにしたいと思います。最近は一口の熱も冷めつつあるので、焦らずにコツコツと月1勝ペースで積み上げてくれれば、それで充分です。でも、重賞だと期待は膨らむんですけど・・
では、1頭ずつ簡単に。

<参考:これまでの成績>
2015年成績:119戦13勝[13-10-11-85]賞金31,658万円(うち地方6戦0勝[0-1-1-4]賞金173万円)勝率.109 連対率.193 3着内率.286
2014年成績:89戦10勝[10-9-8-62]賞金23,474万円(うち地方9戦1勝[1-0-1-7]賞金1,460万円)勝率.112 連対率.213 3着内率.303
2013年成績 65戦7勝[7-10-7-41]賞金24,593万円(うち地方7戦0勝[0-2-3-2]賞金2,750万円)勝率.108 連対率.262 3着内率.369
2012年成績:54戦6勝[6-7-4-37]賞金11,219万円(うち地方2戦1勝[1-0-0-1]賞金2,350万円)勝率.111 連対率.241 3着内率.315
2011年成績 32戦7勝[7-5-4-16]賞金7,542万円 勝率.219 連対率.375 3着内率.500
2010年成績 13戦2勝[2-1-2-8]賞金3,029万円 勝率.154 連対率231 3着内率.385
2009年成績 8戦2勝[2-1-0-5]賞金2,460万円 勝率.250 連対率.375 3着内率.375
2008年成績 3戦1勝[1-1-1-0]賞金960万円 勝率.333 連対率.667 3着内率1.000

・8歳馬

レッドジョーカー 22戦3勝[3-0-2-17]賞金2,816万円

この馬は明け8歳。昨年7歳夏にして去勢。馬体実験みたいなこともされたりとこの馬には様々なことを経験させられました。もう8歳ですが、出走22戦とあまり使われていない、休養前のレース振りとか見ると少しは期待しても良いのかなと思ったり。まずは無事に引退まで行って欲しいです。

レッドシェリフ 45戦3勝[3-6-2-34]賞金4,255万円

この馬も明け8歳。さすがに芝1000万下クラスでは厳しそう。昨年の使われ方、レース振りを見ているといつ引退させられてもおかしくなさそう。橋口調教師引退と一緒に引退あるかも。でも引退前に一度ダート、使って欲しいですね。

・6歳馬

レッドアリオン 30戦7勝[7-4-3-11]賞金25,449万円

この馬は明け6歳。昨年は同じ世代にレッドセシリア、レッドカチューシャが現役でしたが相次いで引退し、この世代残された1頭となりました。昨年はオープン勝ち、重賞2勝と屋台骨を支える活躍を見せる一方、負けたレースは全て惨敗。それがこの馬の魅力と言えば魅力ですが。いずれにせよ、今年も頑張ってもらわねばいけない1頭です。

・5歳馬

レッドリヴェール 14戦3勝[3-2-0-9]賞金17,619万円

2歳12月から2年以上勝利のないまま、いよいよ明け5歳。牝馬ということを考えると、実質的に最後の1年ということになります。成長力に乏しいのは分かっていますが、なんとか1勝挙げて繁殖に上がって欲しい。

レッドカイザー 18戦2勝[2-0-2-7]賞金2,804万円

昨年は迷走したまま、終わってしまった印象が強いこの馬。500万円下なら力上位だと思いますので、なんとか1勝あげて1000万円下に再昇級して欲しいです。

ラテラルアーク 18戦2勝[2-1-2-5]賞金3,118万円

善戦はするものの勝ちきれない、スタートしてからしばらくモタモタするのでどうしても後ろからになってしまうこの馬。それを解消するために去勢をしたと思いますので、その効果を2016年に期待したい。勝負の1年になりそうです。

・4歳馬

レッドメアラス 11戦0勝[0-2-1-8]賞金448万円(うち地方:3戦0勝[0-1-1-1]賞金63万円)

中央でも地方でも勝ち運に見放されているというか、非常に運がないこの馬。緒戦となる1月4日。このレースに勝てないようだと、引退という声も出てきそう。芝のマイル前後がベストだと思うんですけど。

レッドアルティスタ 11戦0勝[2-0-1-8]賞金2,037万円

この馬は2016年爆発してくれなければいけない1頭。少しモタモタしている気がしますが、1000万円下で2016年は終わってくれなければ困ります。

グランノーヴァ 3戦0勝[0-0-0-3]賞金0万円 

無事に中央に戻ってきたこの馬。未勝利戦では惨敗、相手が弱化した名古屋で2勝して再ファンドになりましたが、まだ適性がどのあたりにあるかよく分かりません。未勝利の内容からすると500万円下では適性を見つけないと、惨敗の嵐になるかも。

レッドリーガル 5戦1勝[1-0-0-4]賞金500万円

この兄弟は素質はあるものの、体質等が弱くてこの馬も同じような感じ。未勝利を勝ったような弾けるような走りを見たいですけど、厳しいかな。

・3歳馬

レッドラウダ 5戦1勝[1-0-3-1]賞金2,232万円

2016年期待したい1頭。早く1勝を挙げて、次のステップを期待してやまない。馬体を見る限りではダートの短距離がベストそうだけど、蹄の関係で当面芝を使うとか・・それ以外はタフに走ってくれそうなので期待したい。

ネバーリグレッド 1戦1勝[1-0-0-0]賞金700万円

唯一の40口の現役馬。緒戦の1月5日を勝つようだとNHKマイルカップへの道が開けてきます。是非そうなれば、嬉しいけど。数を使わない厩舎なので1戦1戦が勝負になりそう。

レッドエトワール 1戦1勝[1-0-0-0]賞金700万円

現段階では桜花賞に進んで欲しいと期待している1頭。クラブゆかりの血統で、この血統で桜花賞出走となれば・・まずは今年緒戦で結果を残せば、その道が見えてきます。

レッドヴェルサス 7戦0勝[0-1-2-4]賞金765万円

2歳時に7戦。さすがにおつりはなさそう。まずは1勝を挙げないことには始まりませんから、まずは1勝。ダートを目指しましょう。

クリプトスコード 6戦0勝[0-3-0-3]賞金600万円

この馬も2歳時に6戦。2着が3回ある現状からすると、力は足りているはずなので早く1勝を。それだけです。

レッドイグニス 0戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円

現状では1月31日デビュー予定。まずはデビューをきちんと迎えて欲しい。素質は充分に足りていると思うが、怪我もあるだけに・・

レッドスペラーレ 0戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円

現状では、入厩の目途すら立っていない厳しい状況。素質はありそうだが、体質だけは・・

・2歳馬

ストライキングヴェエル14
クロノロジスト14
スタイルリスティック14
クイックメール14
タニノジュレップ14

タニノジュレップ14は地方馬牝馬が多いので牡馬もう少し欲しいなあと思っていますが・・

2015-12-30

[]2015年を振り返る

2015年成績:119戦13勝[13-10-11-85]賞金31,658万円(うち地方6戦0勝[0-1-1-4]賞金173万円)勝率.109 連対率.193 3着内率.286
(参考:2014年成績:89戦10勝[10-9-8-62]賞金23,474万円(うち地方9戦1勝[1-0-1-7]賞金1,460万円)勝率.112 連対率.213 3着内率.303)
(参考:2013年成績 65戦7勝[7-10-7-41]賞金24,593万円(うち地方7戦0勝[0-2-3-2]賞金2,750万円)勝率.108 連対率.262 3着内率.369)
(参考:2012年成績:54戦6勝[6-7-4-37]賞金11,219万円(うち地方2戦1勝[1-0-0-1]賞金2,350万円)勝率.111 連対率.241 3着内率.315)
(参考:2011年成績 32戦7勝[7-5-4-16]賞金7,542万円 勝率.219 連対率.375 3着内率.500)
(参考:2010年成績 13戦2勝[2-1-2-8]賞金3,029万円 勝率.154 連対率231 3着内率.385)
(参考:2009年成績 8戦2勝[2-1-0-5]賞金2,460万円 勝率.250 連対率.375 3着内率.375)
(参考:2008年成績 3戦1勝[1-1-1-0]賞金960万円 勝率.333 連対率.667 3着内率1.000)

年13勝は過去最高、賞金も過去最高、重賞勝ちはレッドアリオンが2つ。それだけ見ればまずまずの結果だと思いますが、連対率、3着内率は過去最低。善戦が少なく、着外が多かった一年だったと思います。では1頭ずつ振り返ってみたいと思います。

・7歳馬

レッドジョーカー 2015年:7戦1勝[1-0-1-5]賞金1,349万円 通算:22戦3勝[3-0-2-17]賞金2,816万円

7月までで7戦。2戦目に500万円下を勝利し、1000万円下に再昇級。その後5戦し勝利なしも3着をはじめそれなりに頑張ってくれました。そこから去勢され、出走することなく2016年に。7歳夏に去勢され、そこから藤沢の迷走を味わうことになりました。後半頑張ってくれれば良かったのですが。

レッドシェリフ 2015年:6戦1勝[1-0-0-5]賞金700万円 通算:45戦3勝[3-6-2-34]賞金4,255万円

厩舎の都合もあり、今年は6戦しか出来ませんでした。叩き良化型のこの馬にとって出走数が少なすぎました。今年は3年以上ぶりの勝利を挙げ、1000万円下に再昇級。昇級後は見せ場なく、かつ太めのまま出走。完全に突貫工事のまま出走させられています。ただ1000万円下では厳しそう。早めにダート障害戦を見たい。

・6歳馬

レッドクラウディア 2015年:1戦0勝[0-0-0-1]賞金110万円(うち地方1戦0勝[0-0-0-1]賞金110万円) 通算:24戦5勝[5-3-5-11]賞金10,750万円(うち地方:14戦2勝[2-2-4-6]賞金6,670万円)

この馬には感謝。ただこの言葉しかありません。

レッドバビロン 2015年:0戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円 通算:16戦1勝[1-1-0-13]賞金820万円

障害戦を目指すも故障発生により、引退。障害戦を見たかった。何をやってもうまくいかない競走生活でした。

・5歳馬

レッドアリオン 2015年:8戦3勝[3-0-0-5]賞金11,922万円 通算:30戦7勝[7-4-3-11]賞金25,449万円

重賞2勝、オープン特別勝ちの計3勝と勝ち鞍だけ見れば満足ですが、負けた5戦はいずれも掲示板に載れず惨敗。かつての善戦マンの面影はなくなってしまいました。負けたレースはあまりにも酷い・・。丈夫なのはありがたいことですが、負けレースなんとかなりませんか、ね。

レッドセシリア 2015年:8戦1勝[1-2-0-5]賞金4,049万円 通算:20戦5勝[5-4-3-8]賞金12,109万円

秋に1600万円下勝ち、その後重賞で4着。来年はもしかしたら繁殖に上がらず、現役続行かもと期待していたらレース後骨折判明。繁殖入りに。なんとかオープン馬、1億円ホースで現役を終えることが出来ました。脚元が弱かったけどこの時期まで頑張ってくれて良かったです。良い仔を生んで欲しいな。

レッドカチューシャ 2015年:10戦1勝[1-0-0-9]賞金1,082万円 通算:23戦2勝[2-2-0-19]賞金2,542万円

もう終わった馬だと思っていましたが、夏に1勝を挙げて1000万円下に昇級。昇級後はさすがに厳しかったですが、最後まで頑張ってくれました。2015年は10戦。とりあえず故障なく現役を終わることが出来たのは何より、お疲れ様でした。

・4歳馬

レッドリヴェール 2015年:6戦0勝[0-1-0-5]賞金2,810万円 通算:14戦3勝[3-2-0-9]賞金17,619万円

春から夏は6着、4着、2着とそれなりに頑張ってくれましたが、秋3戦はいずれも15着。成長力がないにせよ、秋3戦は馬に走る気が見られないのか、不完全燃焼に終わってしまいました。さすがにもう少しやれそうなだけに非常に残念でした。

レッドカイザー 2015年:7戦0勝[0-1-0-6]賞金300万円 通算:18戦2勝[2-0-2-7]賞金2,804万円

期待していた1頭でしたが、全く振るわずの1年でした。スタートで行くことができない時点で厳しいんですが。う〜む。

レッドウォーリア 2015年:2戦0勝[0-0-0-2]賞金0万円(うち地方:2戦0勝[0-0-0-3]賞金0万円) 通算:13戦0勝[0-3-0-10]賞金609万円(うち地方:5戦0勝[0-0-0-3]賞金0万円)
 
2015年はじめに南関東で2戦するも大敗。昨年も述べましたが本質的に地方も深いダートがこの馬に合わないんでしょう。やっぱり駄目でした。藤沢厩舎には2度と出資しません。

ラテラルアーク 2015年:8戦0勝[0-0-2-6]賞金1,307万円 通算:18戦2勝[2-1-2-5]賞金3,118万円

これも今年期待した1頭でしたが、爆発できませんでした。レッドカイザーと比較すると堅実に走っているけど勝ちきれませんでした。去勢してからまだ1戦しかしていませんからまだ結論を出すには早いと思いたい。

・3歳馬

レッドメアラス 2015年:9戦0勝[0-2-1-6]賞金263万円(うち地方:3戦0勝[0-1-1-1]賞金63万円) 通算:11戦0勝[0-2-1-8]賞金448万円(うち地方:3戦0勝[0-1-1-1]賞金63万円)

年明け緒戦2着後は勝ちあげるのは時間の問題だと思っていましたが、その後は体質的な弱さ、使うレースも迷走もあって未勝利のまま地方回りに。地方でも善戦するも勝ちきれず。なんか運がない馬なんですよね。

ディスコルディア 2015年:6戦0勝[0-0-1-5]賞金280万円 通算:7戦0勝[0-0-2-5]賞金460万円

初40口馬。デビュー戦からして勝ち上がりには問題ないと思っていましたが、使い込めない体質も災いして未勝利のまま引退。馬体重維持に気を使いすぎた感じがしました。一口的に未勝利引退は痛かったです。

レッドアルティスタ 2015年:8戦2勝[2-0-1-5]賞金1,986万円 通算:11戦0勝[2-0-1-8]賞金2,037万円

未勝利、500万円下と2勝。重賞にも挑戦しました。1000万円下では苦労していますが、最低限頑張ってくれました。

グランノーヴァ 2015年:3戦0勝[0-0-0-3]賞金0万円 通算:3戦0勝[0-0-0-3]賞金0万円 

デビュー直前に、大けがを発症。何とか未勝利戦が終わる前に復帰してきましたが、3戦とも大敗で1度はファンドは解散。名古屋で2勝を挙げ、祭ファンドとなりました。ただ勝ち上がりが名古屋ですからね。

レッドリーガル 2015年:5戦1勝[1-0-0-4]賞金500万円 通算:5戦1勝[1-0-0-4]賞金500万円

デビュー後芝で2戦するも勝ちきれず、ダートに矛先を変え、見事勝利。その後脚元不安もあって、長期休養。10月、11月に2戦するも良いところを見せられず。体質が弱くて、困りますね。

レッドシェダル 2015年:5戦0勝[0-0-0-5]賞金0万円 通算:0戦0勝[0-0-0-5]賞金0万円

脚元不安で、強い調教が出来ないまま入厩。最後は怪我により引退。厩舎は最後まで見捨てずによく面倒見てくれました。ただどうやっても勝ち上がれなかったよな。

・2歳馬

レッドラウダ 2015年:5戦1勝[1-0-3-1]賞金2,232万円 通算:5戦1勝[1-0-3-1]賞金2,232万円

2歳時に5戦、早くも募集金額を超えました。重賞3着、4着とそれなりに頑張ってくれましたがもう少しなりそうだったという想いが強いです。丈夫そうなのは何より。

ネバーリグレッド 2015年:1戦1勝[1-0-0-0]賞金700万円 通算:1戦1勝[1-0-0-0]賞金700万円

気性的にはまだまだ子供っぽい感じですが、勝ち方が強かった。無事にいけば、楽しめそうです。40口馬初勝利。

レッドエトワール 2015年:1戦1勝[1-0-0-0]賞金700万円 通算:1戦1勝[1-0-0-0]賞金700万円

デビューは11月にずれ込むも快勝。この馬も無事にいけば、楽しめそうです。

レッドヴェルサス 2015年:7戦0勝[0-1-2-4]賞金765万円 通算:7戦0勝[0-1-2-4]賞金765万円

2歳時に7戦するも勝ちきれず。善戦するもあと1つ足りないというか。もうダートに行きましょう。

クリプトスコード 2015年:6戦0勝[0-3-0-3]賞金600万円 通算:6戦0勝[0-3-0-3]賞金600万円

この馬も2歳時に6戦するも勝ちきれず。早く勝って安心させてください。

レッドイグニスとレッドスペラーレはデビュー出来ず。レッドスペラーレは調教も進んでいないだけに心配。2016年はもう少し良い年でありますように。
   
 

2015-07-04

[]2015年上半期を振り返ってみた

2015年上半期:55戦6勝[6-3-3-43](うち地方3戦0勝[0-0-0-3])勝率.109 連対率.161 3着内率.218

半年で月1勝ペースの計6勝を挙げることが出来たのは良かったですが、3歳勢の不振が非常に痛いです。そして連対率、3着内率とも大幅に低くて、非常に残念な結果になっています。では、簡単に1頭ずつ振り返ってみます。

・7歳馬

レッドジョーカー 2015年上半期:5戦1勝[1-0-0-4] 通算:21戦3勝[3-0-1-17]

昨年の屈腱炎から復帰して、今年の緒戦にようやく500万円クラス勝ちをおさめ、1000万円に昇級。その後4戦して勝ちには届かないものの、それなりに頑張ってくれています。藤沢カーストの底辺からようやく少し上に来れたかなと感じています。脚元不安も抱えていますし、もう7歳。無事に走って、維持費程度を稼いでくれればよいかと思います。

レッドシェリフ 2015年上半期:3戦1勝[1-0-0-2] 通算:42戦3勝[3-6-2-31] 

この馬も7歳にして、500万円クラスで勝利。以前なら完全に降着のレースでしたが、これもルール。7歳馬で500万円クラスでは格好がつかなかったので、良かったです。この馬の出走ペースからすると、半年で3戦はやや少ないので、下期はもう少し走って、維持費程度を稼いでくれればと。


・6歳馬

レッドクラウディア 2015年上半期:1戦0勝[0-0-0-1] 通算:24戦5勝[5-3-5-11]

この馬は牝馬の定年まで良く頑張ってくれました。牝馬交流重賞とはいえ、自分の一口生活で初めての重賞勝ちをプレゼントしてくれた馬。この馬の子に出資がこれからの目標です。

レッドバビロン 2015年上半期:0戦0勝[0-0-0-0] 通算:16戦1勝[1-1-0-14]

この馬には大きな期待していたのですが、最後は鼻出血もあり、引退。本当に歯車がかみ合わないまま、終わってしまった感じでした。正直角居厩舎での障害馬としてのレースを見たかった。


・5歳馬

レッドアリオン 2015年上半期:3戦2勝[2-0-0-1] 通算:25戦6勝[6-4-3-12]

2015年の上半期MVPはこの馬。オープン勝ちからG2勝利、そして安田記念8着。安田記念はもう少しやれたなあとの思いが強かっただけに残念でしたが、ようやく重賞ウイナーになりました。5歳秋、ここが最大の勝負どころになりそうです。


レッドセシリア 2015年上半期:4戦0勝[0-1-0-3] 通算:16戦4勝[4-3-3-6]

なかなか1600万円クラスが勝てません。牝馬の定年まであと9か月。なんとかあと1つ勝ってオープン馬として引退を迎えて欲しいものです。

レッドカチューシャ 2015年上半期:5戦0勝[0-0-0-5] 通算:18戦1勝[1-2-0-15]

きちんと管理されないまま、ここまで来てしまった感じが強いです。最近のレースぶりでは馬のやる気も感じられなくなっていますし、年齢を考えると厳しいでしょう。


・4歳馬

レッドリヴェール 2015年上半期:2戦0勝[0-0-0-2] 通算:10戦3勝[3-1-0-6]

勝ちは出来ませんでしたが、この馬らしい復活の兆しの見えた春2戦でした。まずはあと1つ勝って、リヴェール復活を期待したいです。

・レッドカイザー 2015年上半期:3戦0勝[0-0-0-3] 通算:14戦2勝[2-0-2-10]

苦しい春3戦でした。500万円に降級した夏に再び勝ち上がって、1000万円に戻るのに期待したいです。

・レッドウォーリア 2015年上半期:2戦0勝[0-0-0-2] 通算:13戦0勝[0-3-0-10]

能力の半分もレースで出せないまま、引退となってしまいました。心身ボロボロで大井移籍してから全く良いところ見れなかったのは残念でした。この馬の扱いをみて藤沢厩舎には2度と出資しないと決めました。

ラテラルアーク 2015年上半期:7戦0勝[0-0-2-5] 通算:17戦2勝[2-1-4-10]

頑張って春7戦してくれましたが、勝ち上がれなかったのは残念でした。いよいよ去勢することになりそうで。気性難は明らかでしたから止む得ないでしょう。早くて年末ごろに出走できればという感じでしょうか。


・3歳馬

・レッドメアラス 2015年上半期:5戦0勝[0-1-0-6] 通算:7戦0勝[0-1-0-6]

この馬が未勝利のまま、この時期を迎えるとは思っていませんでした。気性難なのか、体質的なものなのか歯車が噛み合わないまま、ここまできた感じが強いです。

・レッドアルティスタ 2015年上半期:3戦1勝[1-0-0-2] 通算:6戦1勝[1-0-0-5]

なんとか勝ち上がってくれましたが、クラシック出走することを期待してこの馬に出資しただけにやや物足りない結果に終わりました。ただ伸びしろはありそうなだけに今後の飛躍に期待したいです。

レッドリーガル 2015年上半期:3戦1勝[1-0-0-2] 通算:3戦1勝[1-0-0-2]

芝からダートの矛先を向け、快勝した後に脚元不安を発症。兄にも出資していましたが、脚元不安で強い調教が出来ないまま、引退しましたので覚悟していましたが・・普通に走れば、もう少し勝てる素質は持っているので・・

・レッドシェダル 2015年上半期:3戦0勝[0-0-0-3] 通算:3戦0勝[0-0-0-3]

上が堅実に走っていたので、それなりにやってくれると思いましたが、3戦のレース内容を見るとどうしようもない感じです。奇跡が起きない限り、勝ち上がりは難しいと思っています。

ディスコルディア 2015年上半期:4戦0勝[0-0-1-3] 通算:5戦0勝[0-0-2-3]

今年上半期、9着、3着、4着、4着と勝てそうだけど勝てない。もどかしいレース内容が続いています。ここ3戦はダートを走りましたが、次走は芝を使う様子。もうさすがに勝って欲しい。

・グランノーヴァ 2015年上半期:0戦0勝[0-0-0-0] 通算:0戦0勝[0-0-0-0]

今年上半期、この馬が走れなかったのは非常に痛かった。骨折後の回復も順調だし、なんとか未勝利戦があるうちにデビューは出来そう。走ってみないと分かりませんが、期待はしています。


・2歳馬

・レッドヴェルサス 2015年上半期:1戦0勝[0-1-0-0] 通算:[0-1-0-0]

出資馬2013年産のデビューはこの馬でした。思ったり、楽しめそうです。
 




 

2015-01-02

[]2015年の目標


明けましておめでとうございます。すべての人が幸せを感じられる時間が少しでも増えてくれることを祈っている今日この頃です。
さて、一口を始めてから、例年この時期に一口馬主の目標的なことを書かせてもらっています。最近は日常的な更新はツイッターに移行しまっているので、自分のメモ的な要素が強いですが・・

2015年の目標・・年間12勝
昨年同様、勝ち鞍だけにしました。最近一口に対する意欲も減退気味なので、あれこれ考えたくない(ToT)/~~~
単なる現実逃避かもしれませんが。では、一頭ずつ簡単にコメントしたいと思います。

<参考:これまでの成績>
2014年成績:89戦10勝[10-9-8-62]賞金23,474万円(うち地方9戦1勝[1-0-1-7]賞金1,460万円)勝率.112 連対率.213 3着内率.303
2013年成績:65戦7勝[7-10-7-41]賞金24,593万円(うち地方7戦0勝[0-2-3-2]賞金2,750万円)勝率.108 連対率.262 3着内率.369
2012年成績:54戦6勝[6-7-4-37]賞金11,219万円(うち地方2戦1勝[1-0-0-1]賞金2,350万円)勝率.111 連対率.241 3着内率.315
2011年成績 32戦7勝[7-5-4-16]賞金7,542万円 勝率.219 連対率.375 3着内率.500
2010年成績 13戦2勝[2-1-2-8]賞金3,029万円 勝率.154 連対率231 3着内率.385
2009年成績 8戦2勝[2-1-0-5]賞金2,460万円 勝率.250 連対率.375 3着内率.375
2008年成績 3戦1勝[1-1-1-0]賞金960万円 勝率.333 連対率.667 3着内率1.000

・7歳馬

レッドジョーカー 15戦2勝[2-0-1-12]賞金1,467万円

この馬も年が明けて7歳。だけど15戦。東京サラ所属の馬なのでまだマシなのかもしれませんが、藤沢カーストの底辺の辛さをこれでもかと、この馬への対応で味わされています。能力的には500万のままで終わる馬ではないと思っていますが、一戦で結果が出ないとすぐに放置。勝利というより、無事にキャリアを終えて欲しいと思っています。

レッドシェリフ 39戦2勝[2-6-2-29]賞金3,555万円

この馬も年が明けて7歳。年齢的なもの、39戦も使ってきたことから、タフなこの馬もヘバリがきてもおかしくないと思っています。春のうちが最後の勝負となるでしょう。ダートを使って欲しいと思いますが、橋口先生も来年2月で定年ですし、今更チャレンジを求めることは厳しいでしょう。なんとか500万を勝ち上がって、キャリアを終えて欲しいと思います。

・6歳馬

レッドクラウディア 23戦5勝[5-3-5-10]賞金10,640万円(うち地方:13戦2勝[2-2-4-5]賞金6,560万円)

この馬は年が明けて6歳。昨年一年間は衰えを能力と気力でなんとか凌いできた感じが否めませんでした。初めての中央オープン勝ち、交流重賞とはいえ初めての重賞勝ちを自分にプレゼントをしてくれた思入れのある馬。牝馬ですのでおそらく3月までには引退でしょうから、なんとか無事にキャリアを終えて欲しいと思います。最後のレースで勝つようなことがあれば、嬉しいですね。

レッドバビロン 16戦1勝[1-1-0-13]賞金820万円

この馬も年が明けて6歳。思うように調教が出来ないまま、1勝馬で6歳。よく世界の角居先生が手離さず、管理してくれています。昨年はほとんど何もできなかった酷い一年でしたから、なんとか障害馬とデビューして、もう一花咲かせて欲しいです。勝ちよりも無事にキャリアを終えて欲しいです。

・5歳馬

レッドアリオン 22戦4勝[4-4-3-11]賞金13,576万円

重賞勝ちがないまま、5歳を迎えてしまいました。レッドシェリフのところでも書いたのですが、橋口先生も来年2月で定年ですし、キズナワンアンドオンリーだけでなく、この馬もいるという力のあるところを見せて欲しいです。まずは騎手小牧を降ろして欲しいけど、難しいかな・・豊さんや典さんなら、気難しいこの馬を乗りこなして、重賞勝ちをプレゼントしてくれると思うんですけど・・

レッドセシリア 12戦4勝[4-2-3-3]8,060万円

牝馬で明け5歳、今年が勝負の一年になりそうです。まずは1600万を早めにクリアして、春はヴィクトリアマイルを最大の目標にして欲しいです。まずは休養明け初戦となる1月のレースをしっかりクリアして夢を見たい。

レッドカチューシャ 13戦1勝[1-2-0-10]賞金1,460万円

こちらも牝馬で明け5戦、こちらもレッドセシリア同様、今年が勝負の一年になりそうです。預託頭数が多い矢作厩舎だけに、1〜2月に迎えるであろう休養明け初戦が大事、ここでこの馬のキャリアが見てくるかもしれません。なんとか1勝を挙げて欲しいと思います。

・4歳馬

レッドリヴェール 8戦3勝[3-1-0-4]賞金14,808万円

桜花賞ではハープスターに食い下がるも、日本ダービー以降はこの馬らしい勝負根性が見られないまま、モヤモヤが残るまま終わってしまいました。まずは、自分との闘い、少しでも体を大きくすることができれば、昨年春先までの力強いレッドリヴェールが見れると思っています。

レッドカイザー 11戦2勝[2-0-2-7]賞金2,504万円

今年飛躍を期待したい一頭。春先までは馬がしっかりしていませんでしたが、夏以降たくましくなって、500万快勝後、1000万でも見せ場たっぷりの3着。降級前に1勝出来れば、降級以後もう1勝も期待できるのではと思います。

レッドウォーリア 11戦0勝[0-3-0-8]賞金609万円(うち地方:3戦0勝[0-0-0-3]賞金0万円)

この馬はなんで大井に移籍させたんでしょうかね・・元来は最後に良いところを見せていた芝中距離馬だと思うんですが、レベルが高い大井移籍、大井では全く良いところがないまま3戦してしまいました。現状では奇跡が起きない限り大井で3勝挙げて、中央復帰は難しいでしょう。盛岡名古屋あたりに再度移籍とかあれば、中央でもう一度見ることできるかもしれませんが。中央復帰ならまた藤沢厩舎、これはこれで地獄かも。

ラテラルアーク 10戦2勝[2-1-2-5]賞金1,810万円

これもレッドカイザーに並んで、飛躍を期待したい一頭。途中から馬が良い方向に変わって、1000万まで昇級しました。このクラスでのレースはまだありませんが、500万での内容をみると、1000万ならと思いたい。降級前に1勝出来れば、もう1勝を期待できるのではと思います。

・3歳馬

レッドメアラス 2戦0勝[0-0-0-2]賞金185万円

陣営がクラブでのコメントを出しているとおり、未勝利にいる馬ではないと思うんですよね。まずは1勝を挙げて、クラシック戦線へ。距離が伸びて良さそうなタイプですし、少しだけ期待しています。

ディスコルディア 1戦0勝[0-0-1-0]賞金180万円

こちらもまずは1勝。早めに1勝を挙げることが出来れば、牝馬なのでクラシック戦線に乗ることが出来ます。古馬になってから、良さそうなタイプだけにまずは1勝を。

レッドアルティスタ 3戦0勝[0-0-0-3]賞金50万円

2歳時の3戦はもともとの期待からするとやや期待外れだけだっただけに、まずは1勝を。素質では重賞クラスにも引けを取らないと思っていっています。

グランノーヴァ 0戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円 

こちらはデビュー直前に、骨折を発症。素質は充分にありそう、緒戦から勝ち負けできそうだっただけに非常に残念でした。骨折によって、夏の間に緒戦を迎えられるかどうかでしょう。

レッドリーガル 0戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円

無事に迎えることが出来れば、1月中にデビュー予定。まだトモが甘そうな感じはしますけど、素質は充分にありそう。期待は高い一頭です。

レッドシェダル 0戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円

素質は高そうですが、脚元が不安でコンディションも含めて、なんとかなるかどうかです。勝ちあげることが出来れば、面白そうな一頭ですが、ロクロク走ることが出来ないまま終わってしまうこともあるかもしれないと思っています。

・2歳馬

ルンバロッカ13
ヘヴンリーソング13
ウィッシュ13
ディソサード13
グッドゲーム13
クラックコード13

牡馬5頭、牝馬1頭で2歳のうちに2015年中に2勝はして欲しいです。

2014-12-31

[]2014年を振り返る

2014年成績:89戦10勝[10-9-8-62]賞金23,474万円(うち地方9戦1勝[1-0-1-7]賞金1,460万円)勝率.112 連対率.213 3着内率.303)
(参考:2013年成績 65戦7勝[7-10-7-41]賞金24,593万円(うち地方7戦0勝[0-2-3-2]賞金2,750万円)勝率.108 連対率.262 3着内率.369)
(参考:2012年成績:54戦6勝[6-7-4-37]賞金11,219万円(うち地方2戦1勝[1-0-0-1]賞金2,350万円)勝率.111 連対率.241 3着内率.315)
(参考:2011年成績 32戦7勝[7-5-4-16]賞金7,542万円 勝率.219 連対率.375 3着内率.500)
(参考:2010年成績 13戦2勝[2-1-2-8]賞金3,029万円 勝率.154 連対率231 3着内率.385)
(参考:2009年成績 8戦2勝[2-1-0-5]賞金2,460万円 勝率.250 連対率.375 3着内率.375)
(参考:2008年成績 3戦1勝[1-1-1-0]賞金960万円 勝率.333 連対率.667 3着内率1.000)

年10勝は挙げたものの、重賞勝ちはレッドクラウディアが挙げた南関東牝馬重賞のみ。連対率、3着内率は2008年で最低。2歳馬も1勝も挙げることが出来ませんでした。モヤモヤ感が残る一年となっていまいました。では、1頭ずつ振り返ってみたいと思います。

・6歳馬

レッドジョーカー 2014年:3戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円 通算:15戦2勝[2-0-1-12]賞金1,467万円

7月5日復帰後、3戦するも全て着外。徐々に内容が良くなっているけど、ロクロク調教しないで、結果が出来ないと放置。藤沢カーストの底辺にいる馬は辛いです。もっとやれた馬だと思うけど、もう明け7歳だからな・・7歳で500万は辛いです。

レッドセインツ 2014年:4戦1勝[0-1-0-1]賞金1,279万円 通算:12戦2勝[2-3-2-5]賞金5,566万円 

こちらは4月の福島競馬で復帰後、2着、5着ときて3戦目で勝利。屈腱炎を乗り越え、勝利を挙げたときは思わず涙が出てしまいました。勝利後、中1週で臨んだレースで、発送後騎手が落馬し、競走中止。そのレースで再度屈腱炎発症し、引退。中1週で使られたことは悔いが残りますが、脚元不安は残っていたわけで・・勝利を挙げてくれたので、まぁ満足です。

レッドシェリフ 2014年:7戦0勝[0-0-0-7]賞金200万円 通算:39戦2勝[2-6-2-29]賞金3,555万円

この馬もノド手術から3月に復帰。休養前は陣営はダートを使うことを示唆していましたが、結局は従来どおり芝の中距離線へ。相変わらず、もどかしいレースが続きました。39戦しているのは感謝ですが、次走も芝の中距離戦を予定。いつまでこの状態が続くのでしょうか。

・5歳馬

レッドクラウディア 2014年:6戦1勝[1-0-1-4]賞金1,460万円(うち地方:6戦1勝[1-0-1-4]賞金1,460万円) 通算:23戦5勝[5-3-5-10]賞金10,640万円(うち地方:13戦2勝[2-2-4-5]賞金6,560万円)

4月末の地方重賞では勝利。1億円ホースになりました。厩舎は馬本位で大事に使いすぎるとことはありますけど、コメントはほれぼれします。ピークは3歳時で、後は馬の能力とこれまでの蓄えでなんとかここまできた感じがします。おそらく残された競走生活もあとわずか。もう一戦するのかしないのか・・

レッドバビロン 2014年:2戦0勝[0-0-0-2]賞金0万円 通算:16戦1勝[1-1-0-13]賞金820万円

今年は2戦のみ。いずれも二桁着順の大敗。クラブ得意の障害馬として、再起させようとしているようですが、ほとんど期待していません。

・4歳馬

レッドアリオン 2014年:8戦2勝[2-0-1-5]賞金5,810万円 通算:22戦4勝[4-4-3-11]賞金13,576万円

この馬も1億円ホースになりました。年明け緒戦のオープン特別快勝するも、その後は気難しいところをみせ、敗戦。降級後1600万円圧勝するも、その後はモヤモヤ感が残るレースとなりました。もっとやれそうなのに。

レッドセシリア 2014年:7戦2勝[2-1-1-3]賞金4,366万円 通算:12戦4勝[4-2-3-3]8,060万円

1000万円クラスは2勝するも、1600万円では好走するも勝ちきれず。

レッドカチューシャ 2014年:6戦0勝[0-1-0-5]賞金370万円 通算:13戦1勝[1-2-0-10]賞金1,460万円

行き当たりばったりで使われたところに、ノドの手術のため下半期は1戦しか出来ず。

・3歳馬

レッドリヴェール 2014年:5戦0勝[0-1-0-4]賞金4,421万円 通算:8戦3勝[3-1-0-4]賞金14,808万円

勝てませんでしたが、桜花賞では2着と頑張ってくれました。その後は、日本ダービーに進むも12着大敗。秋3戦もいずれも掲示板にのれず。小さな体で頑張ってくれましたが、成長力がなかったのか・・

・レッドメイヴ 2014年:6戦1勝[1-1-1-3]賞金830万円 通算:9戦1勝[1-3-2-3]賞金1,410万円

ダートで6戦目で勝ちあげるも、その後は500万でいずれもダート使うも大敗。本質は芝の短距離馬だったんでしょうね。脚元不安が気になっていたが、案の定屈腱炎発症し、引退。芝の短距離を使うレースを見たかった。

・レッドカイザー 2014年:7戦1勝[1-0-1-5]賞金1,761万円 通算:11戦2勝[2-0-2-7]賞金2,504万円

夏以降、馬が良くなり500万円を快勝。昇級後のレースでも3着と見せ場たっぷりでした。

・レッドウォーリア 2014年:8戦0勝[0-2-0-6]賞金409万円(うち地方:3戦0勝[0-0-0-3]賞金0万円) 通算:11戦0勝[0-3-0-8]賞金609万円(うち地方:3戦0勝[0-0-0-3]賞金0万円)
 

芝の中距離戦を使いだしてから成績が安定。スーパー未勝利戦のハナ差2着がこの馬のターニングポイントでした。大井移籍後は3戦とも大敗。本質的に地方も深いダートがこの馬に合わないんでしょう。もう駄目でしょう。藤沢厩舎とクラブにこの馬を壊されたような気がします。

ラテラルアーク 2014年:9戦2勝[2-1-2-4]賞金1,810万円 通算:10戦2勝[2-1-2-5]賞金1,810万円

昨年12月からの4戦大敗続きで、恐らく無理だろうというところから、放牧を挟んでから馬が変わりました。春先にはこういった状態になっているとはとても思えませんでした。本当に頑張ってくれました。

・メレアグロス 2014年:5戦0勝[0-1-0-4]賞金250万円 通算:7戦0勝[0-1-0-6]賞金435万円

もどかしいレースが続いていたところに、北海道の遠征すると大腸炎を発症。帰らぬ馬になってしまいました。冥福を祈っています。

・2歳馬

・レッドメアラス 2014年:2戦0勝[0-0-0-2]賞金185万円 通算:2戦0勝[0-0-0-2]賞金185万円

2戦とも4着。緒戦からの勝ち上がりを期待していただけに、非常に残念でした。

ディスコルディア 2014年:1戦0勝[0-0-1-0]賞金180万円 通算:1戦0勝[0-0-1-0]賞金180万円

初40口馬。デビュー戦は行き脚が付かなかったものの最後は良い脚を見せてくれて3着。

・レッドアルティスタ 2014年:3戦0勝[0-0-0-3]賞金50万円 通算:3戦0勝[0-0-0-3]賞金50万円

期待していましたが、レース内容からすると勝ち上がりにも苦労しそうです・・

・グランノーヴァ 2014年:0戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円 通算:0戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円 

デビュー直前に、大けがを発症。能力が高そうだっただけに、非常に残念。

レッドリーガル 2014年:0戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円 通算:0戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円

調教が思うように進まず、デビューは来年1月に。

レッドシェダル 2014年:0戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円 通算:0戦0勝[0-0-0-0]賞金0万円

脚元不安で、入厩の目途すら立たず。

期待していた2歳馬が思うように使うことすらままならず、モヤモヤの残る一年、下半期でした。9月にレッドアリオンが勝利を挙げてから未勝利のまま3ヵ月半。2015年こそ良い年になりますように。