わたしのおうちはどこですか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-07-02

[]2014年上半期を振り返ってみた

2014年上半期:41戦6勝[6-6-2-27](うち地方2戦1勝[1-0-0-1])勝率.146 連対率.293 3着内率.341

出資頭数が増え、半年で6勝を挙げることが出来ました。長期休養していた馬もようやく復帰してきて、なんだかホッとしているこの頃です。

・6歳馬

レッドジョーカー 2014年上半期:0戦0勝[0-0-0-0] 通算:12戦2勝[2-0-1-9]

昨年年初めのレース出走後、屈腱炎を発症。長期休養をしていましたが、いよいよ今週末のレースで復帰予定。復帰緒戦は厳しいでしょうけど、ここまで待たせてもらっているので、なんとか一花咲かせて欲しい。

レッドセインツ 2014年上半期:2戦0勝[0-1-0-1] 通算:12戦2勝[2-3-2-5] 

こちらも長期休養明けから4月の福島競馬で復帰。2年2ヵ月ぶりの緒戦を500万クラスとは言え、いきなり2着にきたときは思わず涙が出そうになってしまいました。その後の東京競馬では5着と苦しみました。脚元不安があるので、ビシッと追っての出走は難しいと思いますが、なんとかあと1勝を。

レッドシェリフ 2014年上半期:5戦0勝[0-0-0-5] 通算:37戦2勝[2-6-2-27] 

この馬もノド手術から3月に復帰。休養前は陣営ダートを使うことを示唆していましたが、結局は従来どおり芝の中距離線へ。相変わらず、もどかしいレースが続いています。500万ならもしかして勝つこともあると思いますが、それ以上は・・37戦も走ってくれているそれだけが何よりです。

・5歳馬

レッドクラウディア 2014年上半期:2戦1勝[1-0-0-1] 通算:19戦5勝[5-3-4-7]

使いづくめできていた交流重賞は大敗するも、4月末の地方重賞では勝利。1億円ホースになりました。地方転厩は疑問でしたが、こうして勝利を挙げてくれたので、その判断をしたクラブに感謝ですね。残された競走生活もあと1年弱。どこかでもう1勝挙げて欲しいですね。まずは今日の川崎での交流重賞を全力で応援します。


レッドバビロン 2014年上半期:1戦0勝[0-0-0-1] 通算:15戦1勝[1-1-0-13]

立て直して臨んだはずの今年緒戦が大敗。馬の気持ちの問題なのか、もうおそらく駄目でしょうね。もちろん奇跡的な復活は期待しますが。

・4歳馬

レッドアリオン 2014年上半期:4戦1勝[1-0-0-3] 通算:18戦3勝[3-4-2-9]

この馬も1億円ホースになりました。年明け緒戦のオープン特別快勝するも、その後は気難しいところをみせ、敗戦。最近は出遅れなくても、上手くいかなくなってきています。降級した今後の戦い、早くオープン復帰、重賞戦線を賑わせて欲しいところです。

レッドセシリア 2014年上半期:4戦2勝[2-1-0-1] 通算:9戦4勝[4-2-2-1]

上半期は1600万くらすでは2着と初めて大敗もそれでも力があるところをみせてくれて、1000万クラスを2勝。早く1600万クラスを卒業して、秋にはエリザベス女王杯を目指して欲しいですね。

レッドカチューシャ 2014年上半期:5戦0勝[0-1-0-4] 通算:12戦1勝[1-2-0-9]

2着以外は大敗。この馬はもっとやれると思うんですよね。馬にも問題があるのは確かですが、何か行き当たりばったり、なんとかなく使われていますね。競走生活も折り返しに入ったので、余りストレスを溜めずにのんびりと応援したいと思います。

レッドリヴェール 2014年上半期:2戦0勝[0-1-0-1] 通算:5戦3勝[3-1-0-1]

勝てませんでしたが、桜花賞では2着と頑張ってくれました。日本ダービーは輸送に弱い面を見せ、12着と大敗。まずは馬体を回復させて、秋華賞では是非勝利を。クラシックを歩むということが、出資者冥利に尽きるということを思い知らされました。

・レッドメイヴ 2014年上半期:3戦1勝[1-1-1-0] 通算:6戦1勝[1-3-2-0]

この馬が勝ち上がるまで6戦を要するとは、昨年の今頃は全く想像しませんでした。まして勝ち上がりがダートになるとは・・まずは勝ち上がってくれましたので、昇級後もまぁ楽しめそうです。ただ、脚元が強くなさそうなので、そのあたりが心配ですね。

・レッドカイザー 2014年上半期:3戦0勝[0-0-0-3] 通算:7戦1勝[1-0-1-5]

この馬はもう少し走ってくれるかと思いましたが、駄目でしたね。この血統は奥手だと思いますので、今後の飛躍に期待したいです。

・レッドウォーリア 2014年上半期:1戦0勝[0-0-0-1] 通算:4戦0勝[0-1-0-3]
 
さすが藤澤厩舎という使い方ですよね・・まずは勝ち上がることだけを祈るばかりです。

ラテラルアーク 2014年上半期:5戦1勝[1-0-1-3] 通算:6戦1勝[1-0-1-4]

この馬の勝ち上がりは正直びっくりしました。昨年12月からの4戦大敗続きで、恐らく無理だろうというところから、放牧を挟んで3着、1着。確実に馬が変わりました。まずは次走に期待です。

・メレアグロス 2014年上半期:4戦0勝[0-1-0-3] 通算:6戦0勝[0-1-0-5]

ダート戦に矛先を向けた2014年。2着あるもやはり足りず。まずは勝ち上がりに期待です。芝、ダートか分かりませんが。 
 





 




 

2014-04-13

[]残念2着!


桜花賞に出走したレッドリヴェール勝ち馬からクビ差の2着でした。

戸崎騎手「返し馬の雰囲気はとても良かったです。体重は前回から増えていませんでしたが、体は一回り大きくなったというか立派になっていましたし成長を感じました。須貝先生や厩舎スタッフ、牧場スタッフの皆さんがこのレースに向けてしっかり態勢を整えてくれていたので、2歳女王であるという自信を持ってレースに臨むことが出来ました。道中は折り合いもつきましたし、とても良いフットワークで走れていましたね。直線も外に出して追い出すと切れる脚を使っていましたし、最後まで食らいついて、この馬の持ち味である根性は見せてくれたのですが残念です。今日の感じなら距離が延びても全く問題ないと思います」(以上東京サラブレッドクラブHPから)

やはり多くの方が評価した単勝1.2倍の数値にも表れているとおり、ハープスターは強かったです。直線に坂があり、長いといっても阪神マイルを最後方から大外を回して差し切り勝ち。G1という舞台では普通では考えられないことです。レッドリヴェールとはクビ差ですが、上がりの脚を見ても阪神マイルの良馬場の条件ならば、着差は広がることはあっても縮まることはなかったと思います。「怪物」という評価は間違っていなかったと改めて思い知らされました。

ただ、今日のリヴェールのレースは失敗だったと思います。馬体重こそ増えていませんでしたが、陣営がしっかり態勢を整えてくれて、馬自体の出来は前走よりも明らかに良く見えました。4コーナーで後ろから4頭目で、末脚にかけるようなレースを選択。ハープスターに万が一勝つようなことがあるのならば、阪神JFよりと同じ、いやもう少し早く抜け出してこの馬の集中力で粘りこみを図るしかないと思っていましたが・・やや出負けしたこと、他の騎手とのポジション取りの兼ね合いもあったと思いますが、残念でした。

ヴェールハープスターにもう勝てないかと言われれば、それはないと思います。阪神マイルの舞台はハープスターに絶好で、リヴェールには不向きだったと思うからです。府中の2400mならば、上手く立ち回ることのできるリヴェールの方が、長く使える脚と勝負根性のメリットが生きてこそう。直線が長いとはいえ、後方一気ではハープスターとも言えどもさすがに厳しい。ましてはオークス日本ダービーがある時期は雨にも晒されることも多く、重馬場適性からもレッドリヴェールの方が分がありそう。ただし、リヴェールの方は輸送とかコンディション維持には不安がありそうで、そういった面が一番の課題になりそうですね。

レッドリヴェール桜花賞でこの内容ならダービーの可能性も大ありでしょうが、1勝1敗となったハープスターとの対決を春のうちにもう一度見たいとも思います。出資者としてはダービーに出走して欲しいというのもありますが・・
う〜ん、悩ましい。

まずはリヴェール桜花賞お疲れ様でした。敗戦は残念でしたが、小さな馬体で良く頑張ってくれたと思います。この敗戦を無駄にしないためにも、まずはしっかりコンディションを整えて欲しいと思います。

2014-01-04

[]2014年の目標

明けましておめでとうございます。
すっかりご無沙汰になっているブログですが、2014年の目標だけ・・一頭ずつ挙げて書きたいと思います。

2014年目標 年間10勝
これだけです。2013年も同じ目標を掲げましたが、達成出来ませんでしたので今年こそは達成して欲しいと思います。

<参考>これまでの成績
2013年成績 65戦7勝[7-10-7-41]賞金24,593万円(うち地方7戦0勝[0-2-3-2]賞金2,750万円)勝率.108 連対率.262 3着内率.369
2012年成績:合計47戦6勝、賞金11,219万円(うち地方2戦1勝[1-0-0-1]賞金2,350万円)勝率.128 連対率.277 3着内率.362)
2011年成績 32戦7勝[7-5-4-16]賞金7,542万円 勝率.219 連対率.375 3着内率.500)
2010年成績 13戦2勝[2-1-2-8]賞金3,029万円 勝率.154 連対率231 3着内率.385)
2009年成績 8戦2勝[2-1-0-5]賞金2,460万円 勝率.250 連対率.375 3着内率.375)
2008年成績 3戦1勝[1-1-1-0]賞金960万円 勝率.333 連対率.667 3着内率1.000)
※これまで付加賞を入れていなかった賞金を入れて表示しました。

・6歳馬

レッドジョーカー [2-0-1-9]賞金1,467万円

昨年初めに屈腱炎リタイア。馬体に惚れて出資したが、鳴かず飛ばず。現状にメニューでは復帰にはまだまだ時間がかかるでしょう。復帰できたとしても厩舎が厩舎だけに・・

レッドセインツ 通算[2-2-2-4]賞金4,120万円 

こちらも屈腱炎。2012年1月の発症から早2年近くになろうとしていますが、まだ入厩出来ていません。12月に入ってようやく15-15くらいの調教ができるようになってきましたが、故障箇所が箇所だけに・・走る姿がもう一度見られるだけでもという感じです。

レッドシェリフ 通算[2-6-2-22]賞金3,342万円

この馬はノド鳴りの手術からまもなく復帰予定。小倉開催を目指して急ピッチで調整されているようですが・・現6歳以上の出資馬の中で、この馬が32戦、この次がレッドジョーカーの12戦ですから、数を走ってくれるだけでもましといったところでしょうか。今年も掲示板目指して、ボチボチ頑張って欲しいですね。

・5歳馬

レッドバビロン 通算[1-1-0-12]賞金820万円

この馬は・・もう少しやって欲しいところですが・・昨年の成績を見ると角居厩舎ではもう無理でしょう。転厩して仕切り直しが一番ベターなような気がしますが・・

レッドクラウディア 通算[4-3-4-6]賞金9,180万円(うち地方[1-2-3-1]賞金5,100万円)

この馬は5歳。社台グループ生産の牝馬だけに、2014年が実質ラストイヤーでしょう。昨年大井競馬の荒山厩舎への移籍。中央では牝馬ダート路線は手薄だけに、この移籍は吉でしょう。荒山厩舎の毎回のコメント量には驚きです。昨年未勝利に終わっただけに、2014年こそは勝ち星を獲得して、実績を積み上げて欲しいですね。

・4歳馬

レッドアリオン 通算[2-4-2-6]賞金7,675万円

いきなりの京都金杯の除外、痛かったですね。昨年だけで10戦、重賞2着もあり、成績だけを見れば合格点なのですが、出遅れ癖。これが解消すれば、重賞勝ちも期待しても良いと思っています。その前にきちんと出走できるように賞金を加算しておかないと。

レッドカチューシャ 通算[1-1-0-5]賞金1,090万円

この馬は・・もう少しやれそうな感じはするんですけど・・ね。大敗は未勝利の3戦目しかないないだけに、きちんと状態が整えば、勝ち星は挙げてくれそうな気はするんですけど・・

レッドセシリア 通算[2-1-2-0]賞金3,670万円

2014年の飛躍期待です。2013年は骨折明けから3戦。牡馬相手の1000万でも2着を確保しましたし、次勝つようなことがあれば、ヴィクトリアマイルも視野に入ってきます。頑張って欲しいですね。

・3歳馬

レッドメイヴ 通算[0-2-1-0]賞金580万円

この馬は普通の状態で、普通に走れば、次走の未勝利であっさりだと思うんです。正直大きな舞台まで進んで欲しいところですが・・

レッドウォーリア 通算[0-1-0-2]賞金200万円

この馬はもどかしい・・普通に走れば、すぐに1つは勝てると思いますが、厩舎が厩舎だけに・・正直大きな舞台は厳しいでしょう。

レッドカイザー 通算[1-0-1-2]賞金740万円

1つ勝っていますし、徐々に力を付けて、年内にもう1つ勝ってくれれば。仮に早いうちにもう1つ勝っても、現状では重賞では力不足でしょう。

レッドリヴェール 通算[3-0-0-0]賞金10,200万円

2014年どういった競馬を見せてくれるか楽しみです。桜花賞にはトライアルを使わずに、直行するみたいですが、まずは桜の舞台でどういった競馬を見せてくれるか、そこから先は桜花賞が終わってからで良いと思います。ハープスター以外にも強力なライバルが出てくると思いますし、浮かれることなく、一出資者として応援していきたいです。ステイゴールド産駒の成長力と厩舎の腕にも期待したいです。

メレアグロス 通算[0-0-0-2]賞金185万円

2013年の2戦は芝2000m戦で切れる脚はありませんでしたが、ダートに矛先を変えて・・血統的にもダート○なのでまずは1勝を期待したいです。

ラテラルアーク 通算[0-0-0-1]賞金0万円

ウォッカの半弟。血統背景は注目されていますが・・巻き返しに期待したいところですが、成長途上な様子で・・まずは1勝を期待したいです。

・2歳馬
現状で牡馬2頭、牝馬3頭に出資。まだデビューうんうんという段階でないですが、大きく出遅れている馬がいないのは何より。まずは無事にデビューまでいって欲しいですね。

2013年は7勝も、2歳馬(現3歳馬)4勝、3歳馬(現4歳馬)3勝と古馬勢が不振でした。2014年も地方に移籍したレッドクラウディア以外は4歳馬より若い世代に頼ざる得ない状況ですが、頭数を見てもそろそろ年間10勝はクリアして欲しいですね。まずは何より、全馬無事に頑張って欲しいです。

2013-12-29

[]2013年を振り返る

すっかりご無沙汰になってしまいましたが、これだけはまとめてみたいと思いアップしました。本当は、明日レッドクラウディアの大井転厩緒戦東京シンデレラマイルの結果を反映したいところでしたが、アップできそうにありませんので(ーー゛)


2013年成績 64戦7勝[7-9-7-41]賞金23,854万円(うち地方6戦0勝[0-1-3-2]賞金2,295万円) 勝率.109 連対率.250 3着内率.359
(参考:2012年成績:合計47戦6勝、賞金11,219万円(うち地方2戦1勝[1-0-0-1]賞金2,350万円)勝率.128 連対率.277 3着内率.362)
(参考:2011年成績 32戦7勝[7-5-4-16]賞金7,435万円 勝率.219 連対率.375 3着内率.500)
(参考:2010年成績 13戦2勝[2-1-2-8]賞金3,015万円 勝率.154 連対率231 3着内率.385)
(参考:2009年成績 8戦2勝[2-1-0-5]賞金2,460万円 勝率.250 連対率.375 3着内率.375)
(参考:2008年成績 3戦1勝[1-1-1-0]賞金960万円 勝率.333 連対率.667 3着内率1.000)

2013年当初に立てた目標「合計10勝」を下回り、2012年の勝率連対率、3着内率を下回ってしまいましたが、レッドリヴェール阪神ジュベナイルフィリーズ札幌2歳ステークス重賞2勝を挙げてくれたこともあって、賞金は倍増しました。

では、一頭ずつ振り返ってみたいです。

・7歳馬

レッドシャガーラ 2013年[0-0-0-0]賞金0万円 通算[3-3-1-4]賞金4,410万円

振り返ってみると、この馬の引退も2013年に入ってからでした。2012年も走っていませんでしたので、実質的な競走生活は2011年まで。たら、ればは競馬に禁句ですが、まともに走るこの馬の姿を見たかった。ただその一言です。

・5歳馬

レッドジョーカー 2013年[0-0-0-1]賞金0万円 通算[2-0-1-9]賞金1,467万円

2013年こそはと期待していた矢先に屈腱炎に。藤沢スパルタ調教に耐えられる馬だと思っていましたが、駄目でした。当初はそれほど重くない雰囲気でしたが、復帰には相当時間がかかりそうな感じですね。

レッドセインツ 2013年[0-0-0-0]賞金0万円 通算[2-2-2-4]賞金4,120万円 

屈腱炎発症から早2年近くたとうとしていますが、まだ入厩出来ていません。12月に入ってようやく15-15くらいの調教ができるようになってきました。
毎週更新をビクビクしながら見ています。

レッドシェリフ 2013年[0-1-0-8]賞金437万円 通算[2-6-2-22]賞金3,342万円

この馬はつくづく持っていないですね。厩舎側がようやくダートを使うとした矢先にノド鳴りのため手術。9月末までに9戦。いきあたりばったりで使われていて、何だかなあという感じです。ただ10戦程度しか出来ていない5歳馬が多い中でここまで32戦出来ているので、まだマシなのかなあ。

レッドアンジェリカ 2013年[0-0-0-3]賞金67万円 通算[1-0-0-9]賞金619万円

この馬も通算10戦で、故障のため引退してしまいました。この馬も気性面に加え、脚元の不安に泣かされた馬でした。能力的にはもう少し出来たとは思いますが、気性面も悪く、結局は馬券圏内に来たのは勝ち星を挙げた1戦のみ。もう少し頑張って欲しかったですね。

・4歳馬

レッドプレイヤー 2013年[0-0-0-2]賞金0万円(うち地方[0-0-0-2]賞金0円) 通算[0-1-1-6]賞金420万円(うち地方[0-0-0-2]賞金0万円)

この馬は未勝利を勝ち上がることが出来ず、大井競馬に転厩しましたが、2戦してともに着外。心房細動のため、引退しました。1つでも勝っていたのなら、もう少し待ってという選択肢もあったと思いますが、1つも勝っていない馬でしたから止む得ないですね。

レッドバビロン 2013年[0-0-0-5]賞金0万円 通算[1-1-0-12]賞金820万円

この馬の伸び悩みは残念でした。角居厩舎ではやるべきことはやってくれていると思いますが、馬がその気にならなければ・・転厩も一つの手だと思いますが・・

レッドクラウディア 2013年[0-1-3-3]賞金2,495万円(うち地方[0-1-3-0]賞金2,295万円) 通算[4-2-4-6]賞金8,725万円(うち地方[1-1-3-1]賞金4,645万円)

この馬は良く頑張ってくれましたが、あと少し頑張ってくれれば・・という感じになりました。賞金が足りずに、JBCもクイーン賞も出走できませんでしたので、今後のことを考えると大井への転厩は賢明な判断だと思います。まずは明日の東京シンデレラマイル頑張って欲しいですね。

・3歳馬

レッドアリオン 2013年[1-2-1-5]賞金6,490万円 通算[2-4-2-6]賞金7,675万円

この馬は頑張ってくれましたが、スタートの出遅れに泣かされました。特にNHKマイルの時は酷かった・・スタートがまともに出ていればもう少し勝ち星を拾えたことでしょう。タキオンの子にしては丈夫そうで何よりです。

レッドカチューシャ 2013年[1-1-0-5]賞金1,090万円 通算[1-1-0-5]賞金1,090万円

この馬はもう少し出来そうな気がするんですけど・・ね。預託頭数の多い厩舎のためか、入厩2週間くらいで出走。下級条件馬の辛いところですね・・まぁそれが分かっていて出資をしたんですけど。

レッドセシリア 2013年[1-1-1-0]賞金1,370万円 通算[2-1-2-0]賞金3,670万円

骨折から復帰、3戦しましら。当初は秋華賞も・・と淡い期待を持っていましたが、現実は甘くありません。でも1000万円昇級後も2着なら次走は期待したくなります。来年の一番の飛躍候補です。

レッドデュード 2013年[0-0-0-2]賞金0万円 通算[0-0-0-2]賞金0万円

この馬はデビュー出来ただけでも良かったです。脚元の不安は育成の段階から分かっていましたから・・きちんと仕上げての出走すら出来ませんでしたから。

・2歳馬

レッドメイヴ 2013年[0-2-1-0]賞金580万円 通算[0-2-1-0]賞金580万円

この馬は勝てそうなのに勝てない、非常にもどかしいです。大きな不利を受けたり、ツキもありません。なんとか次走で勝ちをゲットして欲しいものです。

レッドウォーリア 2013年[0-1-0-2]賞金200万円 通算[0-1-0-2]賞金200万円

この馬もツキがないというか・・何だか・・ねという感じです。次走での勝ち上がりを期待しています・

レッドカイザー 2013年[1-0-1-2]賞金740万円 通算[1-0-1-2]賞金740万円

この馬がメイヴやウォーリアよりも先に勝ち星を挙げるとは思いませんでした。切れる脚はないけど、しぶとく頑張ってくれています。

レッドリヴェール 2013年[3-0-0-0]賞金10,200万円 通算[3-0-0-0]賞金10,200万円

410〜420埖罎靴ない小さな女の子なのに、どろどろの不良馬場の札幌2歳Sを勝ち、阪神ジュベナイルFではハナ差凌ぎって勝ちと重賞2勝を挙げてくれました。ただ頭の下がる思いです。

メレアグロス 2013年[0-0-0-2]賞金185万円 通算[0-0-0-2]賞金185万円

この馬は2戦してともに4着。いずれも芝2000m戦使っていますが、切れる脚がないだけに・・思ったり頑張ってくれています。

ラテラルアーク 2013年[0-0-0-1]賞金0万円 通算[0-0-0-1]賞金0万円

ウォッカの半弟。血統背景は注目されていますが・・競馬では大敗。巻き返しに期待したいところです。

2013-07-31

[]レッドアンジェリカ引退


13.07.31
(国枝厩舎)
厩舎周りで曳き運動のみ。
国枝調教師「先週木曜日から角馬場で運動を再開して、金曜日も同じく角馬場で運動しました。ただ、土曜日の朝のチェックで、右前の裏が、熱はないのですが少しモヤモヤしている感じでした。歩様に乱れなどはなく、今日は曳き運動と水冷で様子を見ましたが、それでもモヤつきが取れないので、今日の午後からエコー検査を受ける事にしました」

13.07.31
(引退)
本日、トレセン内の診療所にてエコー検査を行ったところ、右前屈腱炎の診断が下りました。腱の損傷率が26.9%と高く、全治までに長期間を要することから、これ以上の現役続行は出資会員様にご迷惑をお掛けすると判断し、引退を決断致しました。出資会員様には改めて書面にて詳細をご報告させて頂きます。長い間、レッドアンジェリカ号にご声援いただき、ありがとうございました。


5歳夏で10戦ですか・・脚元が弱かったとはいえ、骨折、最後は屈腱炎・・つくづく運がなかった馬ですよね。いろいろ思うところはありますが、順調に使うことができなかっただけに1勝できただけでも良しと思わなければ。でもこの1勝以外は馬券圏内に一度も来ていない馬なんですよね。後は繁殖に上がれるかどうか。本当にお疲れ様でした。