Hatena::ブログ(Diary)

ホロコースト教育資料センターKokoro日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

命と人権教育のNPOです。子どもたちとの学びの感動エピソード、本や映画、イベントのご紹介を書いています。ココロをクリックして応援お願いします

2017-11-11 ブログを引っ越しました

Kokoroのブログにお立ち寄りいただきありがとうございます

下記に引っ越しをしました。

https://www.npokokoro.com/blog

f:id:holocaustcenter2:20171111173241p:image:w640


今後ともどうぞよろしくお願いします。


Kokoro

2017-10-01 10/26(木)プレミア上映会『否定と肯定』&対談

【緊急告知!】

10/26(木)Kokoro主催プレミア上映会

原作者リップシュタット教授が登壇

憲法学者の木村草太教授との対談も

♦ 一回限りの一般向け試写会

抽選で80名様ご招待

f:id:holocaustcenter2:20171001173242j:image:w640

映画否定肯定』プレミア上映会と対談

この度、NPO法人ホロコースト教育資料センターでは、12月8日(金)に劇場公開される映画『否定と肯定』の先行上映会を開催します。


「ホロコーストの大量虐殺はなかった」と言うイギリスの歴史家に、名誉棄損で訴えられたアメリカのユダヤ人教授デボラ・E・リップシュタット。本作は、2000年にロンドンの法廷で、実際に起きた対決がテーマです。原作者であるリップシュタット教授をアメリカのエモリー大学よりお迎えして、上映後には憲法学者の木村草太氏との対談を行います


歴史とは、そして言論の自由の定義とは何なのかを、本作品は私たち一人ひとりに問いかけています。誤った情報や歴史を軽視する言動簡単拡散され、ときに強い影響力をも持ってしまう現代社会において、史実を伝えていくことの大切さを皆さまと共に考える機会になればと願っています。


ご興味のある方は、Kokoroホームページ(下記リンク先)からご応募ください。当選者の発表は試写状の発送をもってかえさせていただきます。


----------------------------------------

【日時】2017年10月26日(木)18:00〜(開場17:30)

【内容】映画上映(110分)とアフタートーク(30分予定)

対象】Kokoro会員40名(先着順)、一般80名 (抽選)

【応募方法】下記リンクよりご応募ください。

https://www.npokokoro.com/171026

【応募締切】10月13日(金)正午

【会場】神楽座(千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル1F)

アクセス】JR中央線・総武線「飯田橋駅」西口より徒歩3分

【主催】 NPO法人ホロコースト教育資料センター(Kokoro)

【協力】株式会社ツイン、有限会社樂舎

映画の公式サイトはこちら

http://hitei-koutei.com/






毎日クリック(無料)でKokoroの命の授業に支援金が届けられます。以下よりKokoroのページに行き、「応援する」という赤いボタンポチッとご協力をお願いします。

『NPO法人 ホロコースト教育資料センター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


****************************

Kokoroは「認定NPO法人」を目指しています!

〜命を尊ぶ、思いやりのあるこころを育むために〜

Kokoroは、年間100ヶ所の学校などへ訪問授業や教材パネルの貸出を行っています。この活動を長く続けるための仕組みづくりとして、「認定NPO」を目指して、その条件である100名様からのご寄附を募集中です(3,000円より。賛助会員でもOK)。 応援をよろしくお願いします。公式ホームページもぜひご覧ください。

f:id:holocaustcenter2:20160721174906p:image:w360

ハンナのかばん公式サイトはこちらからご覧ください

f:id:holocaustcenter2:20160514213251p:image:w360

アンネ・フランクと希望のバラ

f:id:holocaustcenter2:20160721175256p:image:w360

杉原千畝と日本にやってきた難民たち

f:id:holocaustcenter2:20160724133423j:image:w360

新刊『「ホロコーストの記憶」を歩く』

f:id:holocaustcenter2:20160724133332p:image:w360

Tokyo Holocaust Education Resource Center | Promote Your Page Too

f:id:holocaustcenter2:20110911201339j:image:small

ミクシィのページはこちら

Google+

2017-07-08 ドイツの”記憶の文化”を考える 第三弾!

8/5(土)トークセッション「ドイツの"記憶文化"を考える」

大好評のシリーズ第三弾です!

f:id:holocaustcenter2:20170709013145j:image:w640

在独28年の歴史研究者である岡裕人さんをふたたび

フランクフルトからお迎えして、お話をお聞きします


昨年、ヒトラーの『我が闘争』が出版解禁。

どんな論争が巻き起こったのか・・・


今年は、ルターの宗教改革500周年。

反ユダヤ主義との意外な関係とは・・・?


“記憶のカタチ”そのものが、偏見や憎しみを助長する

としたら、私たちは次の世代にいかにつないでいくことが

できるでしょうか。


9月に連邦議会選挙を迎えるドイツの今について、お話を

お聞きしながら、教育の視点から考えてみたいと思います。



【日時】

2017年8月5日(土)午後3時〜5時30分 (午後2時40分開場)


【会場】

学習院大学 北2号館(文学部棟) 10階 大会議室

東京都豊島区目白1-5-1

JR山手線「目白」駅より徒歩約5分


【参加費】

学生無料一般 1,000円


【申込方法

お申込みはこちらからお願いします

https://www.npokokoro.com/20170805



主催

ドイツ記憶の文化を考える会

NPO法人ホロコースト教育資料センター





毎日クリック(無料)でKokoroの命の授業に支援金が届けられます。以下よりKokoroのページに行き、「応援する」という赤いボタンポチッとご協力をお願いします。

『NPO法人 ホロコースト教育資料センター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


****************************

Kokoroは「認定NPO法人」を目指しています!

〜命を尊ぶ、思いやりのあるこころを育むために〜

Kokoroは、年間100ヶ所の学校などへ訪問授業や教材パネルの貸出を行っています。この活動を長く続けるための仕組みづくりとして、「認定NPO」を目指して、その条件である100名様からのご寄附を募集中です(3,000円より。賛助会員でもOK)。 応援をよろしくお願いします。公式ホームページもぜひご覧ください。

f:id:holocaustcenter2:20160721174906p:image:w360

ハンナのかばん公式サイトはこちらからご覧ください

f:id:holocaustcenter2:20160514213251p:image:w360

アンネ・フランクと希望のバラ

f:id:holocaustcenter2:20160721175256p:image:w360

杉原千畝と日本にやってきた難民たち

f:id:holocaustcenter2:20160724133423j:image:w360

新刊『「ホロコーストの記憶」を歩く』

f:id:holocaustcenter2:20160724133332p:image:w360

Tokyo Holocaust Education Resource Center | Promote Your Page Too

f:id:holocaustcenter2:20110911201339j:image:small

ミクシィのページはこちら

Google+

2017-05-05 戦争記念碑を”養子”にする

ゴールデンウィークをいかがお過ごしですか。


この時期、オランダでは第二次世界大戦記憶する式典が

二日間にわたって開かれます。毎年5月4日は、戦争犠牲者

追悼する日。5月5日は、解放自由を祝う日。


アンネ・フランク日記帳を買ってもらったアムステルダム

本屋さんでも、追悼式や講演会読書会を開いたりしています。


私はこの日にオランダに滞在したことはないのですが、本屋の

ご主人ヘルトさんのお話だと、市民が参加して、現代の難民問題

を考えたり、自由や平和の大切さについても語り合う機会に

なっているようです。


とても興味深かったのは、オランダ国内に3,700を超える戦争

記念碑があり、それを地元の学校の子どもたちが一つ選んで"養子"

にするというプログラムがあるとのこと。記念碑に関する人物

足跡をたどったり、関連の歴史を調べたり、記念碑の前で追悼の

歌を歌ったり、詩を朗読したりして記念式を開いたりするそうです。

これまで1,400以上の学校が参加しています。

f:id:holocaustcenter2:20170506175515j:image:w640


歴史って、一人ひとりの人間の悲しみや苦しみや生きた証から

成り立っているもの


「国」の歴史には埋もれてしまいがちでも、このようなプログラム

を通して、歴史を想像し身近に感じられるのではないかなと

思いました。


ヘルトさんの本屋さんのサロンでは今晩は、"フリーダム・ディナー"

が催されているそうです。どんな会話に花が咲いているのでしょう。





石岡史子




毎日クリック(無料)でKokoroの命の授業に支援金が届けられます。以下よりKokoroのページに行き、「応援する」という赤いボタンポチッとご協力をお願いします。

『NPO法人 ホロコースト教育資料センター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


****************************

Kokoroは「認定NPO法人」を目指しています!

〜命を尊ぶ、思いやりのあるこころを育むために〜

Kokoroは、年間100ヶ所の学校などへ訪問授業や教材パネルの貸出を行っています。この活動を長く続けるための仕組みづくりとして、「認定NPO」を目指して、その条件である100名様からのご寄附を募集中です(3,000円より。賛助会員でもOK)。 応援をよろしくお願いします。公式ホームページもぜひご覧ください。

f:id:holocaustcenter2:20160721174906p:image:w360

ハンナのかばん公式サイトはこちらからご覧ください

f:id:holocaustcenter2:20160514213251p:image:w360

アンネ・フランクと希望のバラ

f:id:holocaustcenter2:20160721175256p:image:w360

杉原千畝と日本にやってきた難民たち

f:id:holocaustcenter2:20160724133423j:image:w360

新刊『「ホロコーストの記憶」を歩く』

f:id:holocaustcenter2:20160724133332p:image:w360

Tokyo Holocaust Education Resource Center | Promote Your Page Too

f:id:holocaustcenter2:20110911201339j:image:small

ミクシィのページはこちら

Google+

2017-05-01 【急募】訪問授業「ハンナのかばん」実施校

f:id:holocaustcenter2:20170501110244p:image:w640

こんにちは! GW連休をお過ごしの方もいるでしょうか。


突然ですが、5/15(月)に訪問授業「ハンナのかばん」を

受け入れていただける小学校を探しています


海外視察(2名)を迎えるため、費用はかかりません。


5月は運動会などの行事がある学校も多いですし、

なかなか難しいと思いますが、もしご興味のある先生

いらしたら、ご一報いただけたら嬉しいです。



  • 内容 : ハンナのかばんの物語を通して、差別偏見の愚かさ、命・平和の大切さを考えます
  • 時間 : 45分授業2コマ(難しい場合は、1コマと休憩時間を使わせていただく形でも大丈夫です)


ご興味のある方は、kokoro.org(a)gmail.comまで

ご連絡先をお知らせください。

(a)を@に変えてください。


折り返し、こちらから電話させていただきます。


ご連絡いただきました際に、すでに実施校が決定してしまって

いることもあるかもしれません。その場合は、申し訳ありませんが

ご了承いただきますようお願い申し上げます。



※「ハンナのかばん」訪問授業について詳しくは

こちらをご覧ください。https://www.npokokoro.com/hana



Kokoro



毎日クリック(無料)でKokoroの命の授業に支援金が届けられます。以下よりKokoroのページに行き、「応援する」という赤いボタンポチッとご協力をお願いします。

『NPO法人 ホロコースト教育資料センター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


****************************

Kokoroは「認定NPO法人」を目指しています!

〜命を尊ぶ、思いやりのあるこころを育むために〜

Kokoroは、年間100ヶ所の学校などへ訪問授業や教材パネルの貸出を行っています。この活動を長く続けるための仕組みづくりとして、「認定NPO」を目指して、その条件である100名様からのご寄附を募集中です(3,000円より。賛助会員でもOK)。 応援をよろしくお願いします。公式ホームページもぜひご覧ください。

f:id:holocaustcenter2:20160721174906p:image:w360

ハンナのかばん公式サイトはこちらからご覧ください

f:id:holocaustcenter2:20160514213251p:image:w360

アンネ・フランクと希望のバラ

f:id:holocaustcenter2:20160721175256p:image:w360

杉原千畝と日本にやってきた難民たち

f:id:holocaustcenter2:20160724133423j:image:w360

新刊『「ホロコーストの記憶」を歩く』

f:id:holocaustcenter2:20160724133332p:image:w360

Tokyo Holocaust Education Resource Center | Promote Your Page Too

f:id:holocaustcenter2:20110911201339j:image:small

ミクシィのページはこちら

Google+