Hatena::ブログ(Diary)

ホロコースト教育資料センターKokoro日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

命と人権教育のNPOです。子どもたちとの学びの感動エピソード、本や映画、イベントのご紹介を書いています。ココロをクリックして応援お願いします

2016-06-05 6/26(日)出版記念トーク&スライド上映〜参加者募集中です

f:id:holocaustcenter2:20160605234322j:image:w640

こんにちは、Kokoro代表・石岡史子です。


共著の本をつくりました。

NPOを始めてすぐに出会った子たち (今はもう大学生や社会人!)、

そして最近いっしょに旅した大学生たちをイメージしながら、

読んでみてほしい一冊をやっと出版できることになりました。


フランクフルト日本人国際学校事務局長で在独27年の教育者、

歴史研究者である岡裕人さんとご一緒させていただくという

嬉しい機会をいただきました。


ドイツが、ナチ時代の歴史と向き合ってきたことはよく

知られています。でも、それは、ただ「忘れない」という

だけでなく、歴史を様々な形で表現し、伝え、社会で共有して、

そこから、自由と民主主義を尊重する、より良い社会をつくり

だそうという挑戦。


過去から学ぶという姿勢は、ドイツという国のカタチをつくって

いる「記憶の文化 Culture of Remembrance」なんだと、岡先生

との出会いで知りました。


ベルリンの街を歩くと、そんな「記憶の文化」に道端や公園の片隅で、

出会うことができます。「え? 現代アート?」と思ったら、実は差別

や迫害の記念碑だったり。


それをぜひ紹介したいと思って、ベルリンとアムステルダムの

街歩きガイドをつくりました。


進化しつづける街ベルリン。

アンネの隠れ家だけじゃないアムステルダム。



「百聞は一見にしかず!」私の恩師の口癖でした。

自分の足で歩いて、見て、空気を肌で感じて、そういう旅を

たくさんの学生たちにしてほしい!


そんな願いを込めて本書をつくりました。



6/26(日)に出版記念トークで本書を紹介させていただきます。

スライドで写真をたくさん映します。いっしょに旅気分で

「記憶の文化」を体験していただけたらと思っています。



この日は残念ながら、共著者の岡裕人先生はドイツからお招き

できませんが、ご興味のある方いらしたら、ぜひ!


●とき : 2016年6月26日(日)午後2時半〜4時(開場午後2時15分)


●ところ : 四谷地域センター12階 多目的ホール


●内容 : スライド上映とトーク NPO法人ホロコースト教育資料センター 石岡史子


●参加費 : 500円


●申込方法 : ホームページからお申込をお願いします。





参加希望の大学生募集中です!

大学生協「テーマのある旅◆ヨーロッパピーススタディツアー」

8/26出発と9/9出発の二回。ポーランド、ドイツ、チェコ、

フィンランドを11日間で旅します。Kokoro代表・石岡史子が

同行します。詳しくは、大学生協のHPをご覧ください。

f:id:holocaustcenter2:20160522120233p:image:w640


↓毎日1クリック(無料)でKokoroの命の授業に支援金が届けられます。以下よりKokoroのページに行き、「応援する」という赤いボタンをポチッとご協力をお願いします。

『NPO法人 ホロコースト教育資料センター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


****************************

Kokoroは「認定NPO法人」を目指しています!

〜命を尊ぶ、思いやりのあるこころを育むために〜

Kokoroは、年間100ヶ所の学校などへ訪問授業や教材パネルの貸出を行っています。この活動を長く続けるための仕組みづくりとして、「認定NPO」を目指して、その条件である100名様からのご寄附を募集中です(3,000円より。賛助会員でもOK)。 応援をよろしくお願いします。公式ホームページもぜひご覧ください。

f:id:holocaustcenter2:20120729232808j:image:w360


Tokyo Holocaust Education Resource Center | Promote Your Page Too

f:id:holocaustcenter2:20110911201339j:image:small

ミクシィのページはこちら

Google+

2016-05-27 魚工房「まるしょう」に行ってきました!

昨日は所用の帰りに西東京市のお魚屋さんに行ってきました。


魚工房「まるしょう」さん!


18年前の高校生のときから知っているみらいちゃんの

お店です。


当時、子どもボランティアグループ「小さなつばさ」の

メンバーの一人として、Kokoroで通信をつくったり、

イベントを企画運営したりしていました。


夢をかなえて、とうとう自分のお店をオープンしました。


入口が青と白で爽やか〜

どこか、、、スペインの香りただよう〜!


f:id:holocaustcenter2:20160526180139j:image:w360


お客さんがどんどん自転車で買いにやってくる。

お母さんに自転車に乗せてもらってやってきた男の子は、

お店に入るなり、「魚せんべいある〜???」って。


干してカリカリに揚げた魚せんべい。

好きなのね(≧▽≦)

小さな常連さん。


「500円くらいでお願いします」なんて言うと

ショーケースに並んだ美味しそうな魚を

おまかせで盛り付けてくれます。


f:id:holocaustcenter2:20160526191417j:image:w360

こちらは、サゴチとイサキをあぶってくれたもの。


通りがかりのおばあちゃんは、外からじーーーーっと中を

のぞいて、「こんなところに魚屋あったかしら」という表情。

でも、そっと入ってきて、盛り合わせを買って帰られました。

f:id:holocaustcenter2:20160526195942j:image:w360



お店の中では、ビートルズの音楽が流れてました♪



こんな魚屋さんが近所にあったら、通いたくなります。



お近くのかた、ぜひ!

お店を開ける日の朝、築地から仕入れてくるから

日によって、いろんな魚に出会えます(*´ω`*)

売り切れちゃったら、おしまいです。

こちらのFacebookページで、「今日のお魚!」など載ってます。

https://www.facebook.com/sakanakouboumarsyou/

(Facebookを使っていなくても、ブログのように閲覧できます)

●魚工房まるしょう

●西東京市柳沢3-3-18

●営業

火 11:00〜19:00

水 17:00〜19:00

木 11:00〜19:00

売り切れ次第閉店




(Kokoro代表 石岡史子)




↓毎日1クリック(無料)でKokoroの命の授業に支援金が届けられます。以下よりKokoroのページに行き、「応援する」という赤いボタンをポチッとご協力をお願いします。

『NPO法人 ホロコースト教育資料センター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


****************************

Kokoroは「認定NPO法人」を目指しています!

〜命を尊ぶ、思いやりのあるこころを育むために〜

Kokoroは、年間100ヶ所の学校などへ訪問授業や教材パネルの貸出を行っています。この活動を長く続けるための仕組みづくりとして、「認定NPO」を目指して、その条件である100名様からのご寄附を募集中です(3,000円より。賛助会員でもOK)。 応援をよろしくお願いします。公式ホームページもぜひご覧ください。

f:id:holocaustcenter2:20120729232808j:image:w360


Tokyo Holocaust Education Resource Center | Promote Your Page Too

f:id:holocaustcenter2:20110911201339j:image:small

ミクシィのページはこちら

Google+

2016-05-26 今日の「アンネの日記」

読んでみて〜今日の「アンネの日記


72年前の今日、5月26日。

隠れ家生活は691日目になります。


戦況や食糧事情の悪化、心労などで隠れ家は

絶望的な雰囲気に包まれています。


今日のアンネは、「とてもみじめな気分で

ここ数ヶ月来初めてというくらい落ち込んでいます。

今にも警察がドアを押し破って入ってくるのではないか、、、

外の通りから車の警笛が聞こえるたびに身体が震えます。

先の見えない緊張状態が続く毎日。」


「ああ、何でもいいから近いうちになにか変化が

お気てくれますように!」


窒息しそうなアンネの叫び声が聞こえてきます。


そんな状況にあっても、アンネは書いています。


「私達はいまなお希望を、何事につけても希望を

忘れてはならないのです!」


恐怖の隠れ家生活の中で、アンネの心を支えていたのは

希望だったんですね。



Kokoro賛助会員 K.F.


※『アンネの日記』深町眞理子訳(文藝春秋刊)より引用

f:id:holocaustcenter2:20160527141203p:image:w360

http://npokokoro.wix.com/annefrank


↓毎日1クリック(無料)でKokoroの命の授業に支援金が届けられます。以下よりKokoroのページに行き、「応援する」という赤いボタンをポチッとご協力をお願いします。

『NPO法人 ホロコースト教育資料センター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


****************************

Kokoroは「認定NPO法人」を目指しています!

〜命を尊ぶ、思いやりのあるこころを育むために〜

Kokoroは、年間100ヶ所の学校などへ訪問授業や教材パネルの貸出を行っています。この活動を長く続けるための仕組みづくりとして、「認定NPO」を目指して、その条件である100名様からのご寄附を募集中です(3,000円より。賛助会員でもOK)。 応援をよろしくお願いします。公式ホームページもぜひご覧ください。

f:id:holocaustcenter2:20120729232808j:image:w360


Tokyo Holocaust Education Resource Center | Promote Your Page Too

f:id:holocaustcenter2:20110911201339j:image:small

ミクシィのページはこちら

Google+

2016-05-22 アウシュヴィッツのマグカップから宝石が発見される

アウシュヴィッツ収容所には数々の遺品が山のように積まれていて、

約12,000個のホウロウ容器も展示されています。

f:id:holocaustcenter2:20160228113546j:image:w360


その中の一つ、マグカップの二重底に隠されていたネックレスと

指輪が見つかったそうです。ガーディアン紙が報じていました。

http://www.theguardian.com/world/2016/may/19/auschwitz-mug-reveals-jewellery-hidden-second-world-war-museum-nazis


f:id:holocaustcenter2:20160228113553j:image:w360

写真は今年アウシュヴィッツに一緒に行った学生Tちゃん撮影のもの。

よく見ると、いろんな柄の食器類があります。


ここに連れてこられた人たちは、不安や恐怖を抱えながらも、

「東での再定住」と言われて、生活に必要なものを持って

きたのですね。




モノの山を目の前にすると圧倒されますが、一つひとつに計り知れない

思いや人生が詰まっていたのですよね。




(Kokoro)



ヨーロッパピーススタディツアー参加者募集中です。

大学生の皆さん、一緒に旅をしませんか。

Kokoro代表・石岡史子が同行します。

6/11(土)は説明会があります。

興味のある方はぜひ。お申込みはこちらから

f:id:holocaustcenter2:20160522120233p:image:w360




↓毎日1クリック(無料)でKokoroの命の授業に支援金が届けられます。以下よりKokoroのページに行き、「応援する」という赤いボタンをポチッとご協力をお願いします。

『NPO法人 ホロコースト教育資料センター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


****************************

Kokoroは「認定NPO法人」を目指しています!

〜命を尊ぶ、思いやりのあるこころを育むために〜

Kokoroは、年間100ヶ所の学校などへ訪問授業や教材パネルの貸出を行っています。この活動を長く続けるための仕組みづくりとして、「認定NPO」を目指して、その条件である100名様からのご寄附を募集中です(3,000円より。賛助会員でもOK)。 応援をよろしくお願いします。公式ホームページもぜひご覧ください。

f:id:holocaustcenter2:20120729232808j:image:w360


Tokyo Holocaust Education Resource Center | Promote Your Page Too

f:id:holocaustcenter2:20110911201339j:image:small

ミクシィのページはこちら

Google+












●●●ヨーロッパピーススタディツアー参加者募集中です。大学生の皆さん、一緒に旅をしませんか。6/11(土)は説明会があります。興味のある方はぜひ。お申込みはこちらから→http://www.withnavi.org/theme/

2016-05-14 花フェスタ記念公園

今日は、岐阜県可児市の花フェスタ記念公園で

「杉原千畝・命のビザトーク」に参加させていただきました。


この公園には、世界最大級のバラ園があり、「アンネのバラ」が

満開に咲いていました。

f:id:holocaustcenter2:20160514101316j:image:w360

f:id:holocaustcenter2:20160514101302j:image:w360


2005年に一度、アンネの従兄のバディ・エリヤスさんとご一緒

させていただいた頃に比べて、解説パネルが設置されていたり

充実した展示コーナーがありました。

f:id:holocaustcenter2:20160514101554j:image:w360

f:id:holocaustcenter2:20160514101825j:image:w360

f:id:holocaustcenter2:20160514101815j:image:w360


アンネが隠れ家からこっそり見ていたという裏庭の「マロニエの木」の

子どもも、たっぷり日差しを浴びて、スクスクと育っていました。

f:id:holocaustcenter2:20160514101404j:image:w360


春のバラ祭りは、6/19まで開催中です。お近くの方はぜひ!

http://www.hanafes.jp/hanafes/



おまけのクイズ!

f:id:holocaustcenter2:20160514101349j:image:w360






↓毎日1クリック(無料)でKokoroの命の授業に支援金が届けられます。以下よりKokoroのページに行き、「応援する」という赤いボタンをポチッとご協力をお願いします。

『NPO法人 ホロコースト教育資料センター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜



f:id:holocaustcenter2:20160514213251p:image:w360

こちら



****************************

Kokoroは「認定NPO法人」を目指しています!

〜命を尊ぶ、思いやりのあるこころを育むために〜

Kokoroは、年間100ヶ所の学校などへ訪問授業や教材パネルの貸出を行っています。この活動を長く続けるための仕組みづくりとして、「認定NPO」を目指して、その条件である100名様からのご寄附を募集中です(3,000円より。賛助会員でもOK)。 応援をよろしくお願いします。公式ホームページもぜひご覧ください。

f:id:holocaustcenter2:20120729232808j:image:w360


Tokyo Holocaust Education Resource Center | Promote Your Page Too

f:id:holocaustcenter2:20110911201339j:image:small

ミクシィのページはこちら

Google+