Hatena::ブログ(Diary)

ホロコースト教育資料センターKokoro日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

命と人権教育のNPOです。子どもたちとの学びの感動エピソード、本や映画、イベントのご紹介を書いています。ココロをクリックして応援お願いします

2013-01-12 3/17(日)「震災ヴァイオリン」演奏&「ハンナのかばん」上映会

お申込を多数いただき、受付を締め切らせていただきました。

東日本大震災チャリティ 映画上映会

f:id:holocaustcenter2:20130125170955j:image:w360


ヴァイオリン・プロジェクト「千の音色でつなぐ絆」参加

「震災ヴァイオリン」演奏 と 「ハンナのかばん」映画上映会


失われた命や傷ついた心を思い、助け合う社会をつくりたい


Kokoroは、命と人権教育のNPOとして東京都に登録して、今年で10周年を迎えます。差別から生まれた虐殺の歴史、ホロコーストを教材にして、これまで全国の学校でのべ20万人の子どもたちと出会い、ともに命の大切さを学んでまいりました。


3月17日(日)、10周年記念の映画「ハンナのかばん」上映会を開きます。子どもたちの豊かな、広い心を育みたいというKokoroの思いの全てを込めて制作しました。


東日本大震災から2年という節目でもあります。被災地への思いを新たにしたいと願い、陸前高田の流木から作られた「震災ヴァイオリン」をご紹介します。失われた命や傷ついた心に思いをはせ、ともに助け合う社会をつくるために、私たち1人ひとりができることを、"いのち"の音色に耳を傾けながら、考えてみませんか。


人から人へ、記憶をつないで、旅をしている「震災ヴァイオリン」と「ハンナのかばん」。命のメッセージを受けとめていただけたら幸いです。皆さまのご参加を心よりお待ちしています。



【後援】 カナダ大使館、新宿区教育委員会、公益財団法人日本ユニセフ協会、公益財団法人日本ユネスコ協会連盟


1.日時

2013年3月17日(日) 13:00〜15:15

*開場は午後12時半。全席自由席です。

2.会場

東京しごとセンター 地下2階 講堂

(千代田区飯田橋3-10-3 ホテルメトロポリタンエドモント隣り)

f:id:holocaustcenter2:20130101215207j:image:w640

【飯田橋駅から】

  • JR中央・総武線「東口」より徒歩10分
  • 都営地下鉄大江戸線・東京メトロ有楽町線・南北線「A2出口」より徒歩7分
  • 東京メトロ東西線「A5出口」より徒歩3分

【水道橋駅から】

  • JR中央・総武線「西口」より徒歩5分

3.対象

先着200名。小学校高学年から大人まで。

4.プログラム

以下の内容を予定しています (休憩はありません)

  • 「震災ヴァイオリン」のご紹介と演奏(2曲予定)〜被災地への思いを新たに
  • 「ハンナのかばん」映画上映(90分、日本語字幕つき)

「震災ヴァイオリン」とは

世界でも指折りのヴァイオリンドクター中澤宗幸さんが、東日本大震災で被災した陸前高田の流木からつくりました。「命をつなぐ木魂(こだま)の会」では、失われた命への千の祈りをヴァイオリンに託し、10年をかけて千人によるリレー演奏を行うプロジェクトを実施しています。かつては人々の暮らしの思い出が刻まれた家の床柱や梁などが、傷ついた心を癒し、復興支援の輪を広げていこうという希望の音色を奏でる楽器に生まれかわり、今、国内外を旅しています。

中澤宗幸さんのご著書『いのちのヴァイオリン』をぜひお読みになってみてください。この楽器にこんなにも深い自然や生命の物語が込められているんだと感動が込み上げてきます。

f:id:holocaustcenter2:20130101174906j:image:w360


演奏は、東京医科歯科大学3年生の阿部彩織さん。Kokoroの子どもボランティアグループ「小さなつばさ」の卒業生で、小学生の時から一緒に学んだ仲間です。人を助けられる人になりたい、と医者の道を志しています。プロの演奏家ではありませんが、心を込めて「震災ヴァイオリン」の命のメッセージをお届けします。


「ハンナのかばん」とは

2000年、アウシュビッツから東京に届いたかばん。持ち主は13歳でガス室で殺された少女ハンナ。残されたかばんがきっかけとなり、生きのびていたハンナの兄ジョージと日本の子どもたちが出会う感動の実話。「ハンナのかばん」は今、"命の授業"で全国の学校を訪れ、差別の愚かさと思いやりの大切さを伝えています。


ドキュメンタリー映画「ハンナのかばん」は、4年の歳月をかけて、チェコ、ポーランド、カナダ、日本の4ヶ国の子どもたちがナレーターとして参加し、各国スタッフが協力して制作しました。日本での撮影には、Kokoroのスタッフもボランティアも当時の「小さなつばさ」メンバーも総動員で参加しました。これまで世界75の映画祭で上映され、観客賞などを受賞しました。Kokoroの活動の原点や、子どもたちに伝えたい命のメッセージがつまった作品です。


予告編は↓こちらからご覧ください。

D


小学生は、ぜひ映画を観る前に、原作『ハンナのかばん』を読んでみてください。

f:id:holocaustcenter2:20130101180031j:image:w360

5.参加費  ★全席自由席です★

【当日支払】

.高校生以下 500円 

.大学生、専門学校生 1,000円

.一般 3,000円

【前売り】

一般 2,500円

*前売りは締め切らせていただきました



6.申込方法

お申込を多数いただき、受付を締め切らせていただきました


★経費を除いた収益の全ては、東日本大震災復興支援に充てさせていただきます。こちらに寄付先のご紹介や決算報告を掲載します。

8.主催・申込先

NPO法人ホロコースト教育資料センターKokoro

TEL & FAX : 03-5363-4808

Email : holocaust@tokyo.email.ne.jp


9.ご案内チラシ

f:id:holocaustcenter2:20130125170955j:image:mediumf:id:holocaustcenter2:20130125170921j:image:medium

↓こちらからダウンロードできます。

20130317チャリティ上映会「ハンナのかばん」.pdf 直

20130317leaflet_hanassuitcase.pdf 直(英語チラシ)












Tokyo Holocaust Education Resource Center | Promote Your Page Too

f:id:holocaustcenter2:20110911201339j:image:small

ミクシィのページはこちら


〜命を尊ぶ、思いやりのあるこころを育むために〜

Kokoroの活動は、皆様の会費や寄附によって支えられています。ボランティアや口コミ、会員やカンパなど、ご支援をお待ちしております!公式ホームページもぜひご覧ください。

f:id:holocaustcenter2:20120729232808j:image:w360