Hatena::ブログ(Diary)

マラカスがもし喋ったら

2010-10-31

[]果物

すごーく調子が悪い時に、

果物を食べることで救われる時がある。

もうダメだと、暗い部屋の真ん中で、頭を抱えた時に、

阿部さんからもらった梨を食べて、救われたことがある。

アトピーがひどくなにもやる気が起きず、今月の売上に気分は落ち込み、調子が悪いが酒を飲まなきゃやっておれず、悪循環でさらに肌がヒリヒリし、絶望の淵に落ち込んだときに、

母から届いた柿を食べて救われた時がある。

俺は果物に命を救われている。

果物は俺の命の恩人だ(果物を人としたら)。

2010-10-08

ノーベル平和賞

去年初めて中国に行き、無錫、南京、上海と回ったが、どの街も活気があり、人々も明るかった。今中国は一番いい時で、大多数が共産党政府を支持してると感じた。劉氏は解放されるべきという主張は解るが、平和賞は完全に行き過ぎだと思う。

2010-10-07

大体いつも17時前に郵便局で商品を発送して、そのまま並木を散歩してる。並木には喫茶店とレストランがそれぞれあと15こ位あっていいと思っている。

採算とか儲けとかを考えたら出来ないかもしれないけど、主婦とか定年後のおじさんとかが自宅でやっていいと思う。喫茶店だけじゃなくて色んな小さな店を。

ネックになっているのは集合住宅の規約だと思う。「商売を禁止する」ではなくて、「近隣に迷惑をかけない」というコモンロー的なものに変えるべきだと思う。