Hatena::ブログ(Diary)

マラカスがもし喋ったら

2012-06-30

ポジティブ、ネガティブ

自分は廃墟好き、工場好き、寂れた風景好き。眺めていて心が静まる感じ。原風景を感じる。浮ついた嘘っぽい街並みのカウンターとして好きなのだから、工場萌えだとか、見学ツアーだとか大人数で楽しむ感じは理解できない。洒落が通じないと言われようが。

若い頃、前向きな歌詞ばかりのJPOPが嫌いで、逆に不自然に暗いビジュアル系も嫌いで、自分はポジティブとかネガティブが嫌いで、フラットが好きなんだと思っていた。だけど下町的活気は好きだったり、廃墟も好きだったり、何なんだろうと思っていた。

この前、山下公園のベンチから夜の工場を眺めていて、やっと自分のことが解った。ポジティブだろうが、ネガティブだろうが、フラットだろうが、とにかく嘘が嫌いなんだと。嘘がないものは好きなんだと。嘘がない下町的活気は好き。みなとみらいとか、無理した感のある嘘っぽいスポットは嫌い。

2012-06-11

今日昔の同僚と5年ぶりくらいに偶然再会した。

彼女は自分の10歳上で子供が二人いたのだが、3年前に40歳で新たに女の子を出産したとのこと。とても幸せそうだった。

離婚も再婚も経験して、仕事も遊びもバイタリティに溢れたとても尊敬する女性。

人生を謳歌していると感じる人達は、この命、時間が有限で、一度きりのものであるということを、理屈で解っているのではなくて、感覚で解っている人達のように思う。

2012-06-05

はてブ人気エントリーには自己啓発系が多くて、「成功する方法」とか「夢を実現する方法」という言葉が並んでいるけど、最近はそれが全然響いてこなかった。目標を見失い気味で、自分にとっての「成功」「夢」とは何なのか?自分が成功すること、夢を実現することに何の意味があるのか?そんなことを最近は悩んでいた。

だけど、とにかく自分が微かでもそう思えることを実現して、その時にどう感じるか、次になにか思いつくのか、それを繰り返していくしか無いように今思えてきた。

自分にとって正解の「成功」「夢」を見つけ出そうと最近考えていたけど、それは無理だった。

真理は全然わからないけど、自分が今思いつく「方向性」にとにかく進んでいく。その先に新しい景色が見えるかもしれない。そう考えることは、出来る。

今年前半はこういうことを考えた時期だった。