honkyochinikki


 

2013-12-31

[]「今年観た映画2013」

続きを読む

2013-03-12 タテブーかわいそう

[]「書店員ミチルの身の上話」

掴みも序盤の展開もいい感じだったので毎週楽しみにしてた火曜夜のNHKフライパン販促ドラマが最終回でガッカリなことに。

本来なら3話くらい使わなきゃいけない内容を1話でやるような慌ただしさで、なおかつ取りこぼした話が多くてもろもろ納得できず。「宝くじで大金が舞い込んだばっかりに…」ってより「異常な幼馴染みがいたばっかりに…」って話になってるし、その異常な幼馴染み・竹井(高良健吾)に発見されたことを知ってあんなに怯えてたのにそのままそこに留まって妊娠までしちゃうのも全然意味不明だし、書店員スキルも活かされなかったし…

なんでこうなっちゃったのか…あんだけ人間としてダメな感じ(な役)なのに不思議なくらい視聴者に憎まれない戸田恵梨香を始めとして、役者は隅々までみんなよかっただけに何とももったいない…

だいたいこの最終回をふまえると、今までの話はミチル(戸田恵梨香)から聞いた話を元に、香月(大森南朋)が書いたものなわけで、その中で当のミチルが知る由もない、父親と妹のやりとりとか、不倫相手・豊増(新井浩文)の家庭や職場での行状とか、竹井と沢田(浅田美代子)のやりとりとかまで描いちゃうのはちょっとおかしい気がするんだよね。各方面からの証言なりが集まる、全体を俯瞰しようとする場(裁判とか)を踏まえての話とかならわかるんだけど。厳密に言えばそこらは「ミチルが知ったこと」としては描いてないからいい、とかかな…

続きを読む

2013-03-10 訳分かんない仕組みだよね三本立て

[]「ジャンゴ 繋がれざる者

面白かったけど自分はそんな超熱狂!ってほどではなかったので他の盛り上がってる方に全部お任せする者。

[][]「キャビン」

はいきたこれ。評判通り凄い。やー笑った。うまいこと予告も見ずに情報もほぼ入れずに観られてよかった。Twitter経由でキーワードっぽいの一個だけ入っちゃったけど、まあどうにか無視できた。実に危なかった……

これはファンタスティック映画祭のオールナイトとかで上映したら異常なまでに盛り上がるだろうな…作り手がそういうノリをよく理解してて、後半になるにつれのサービス精神ありまくりの全部のせの展開に腹抱えた。藤子F漫画だったら見開きで細かくネタ入れてきてる感じのカオス。その下らなさに思わずFタグつけちゃう。

しかしこんな一回限りの荒業設定もないっていうか。「どうやってそれをセッティングしたんだよ!」と笑いながら劇中のおっさんどもを問い詰めたい。でも続編で前日譚とかはやめてほしい。たぶんそれ苦しい。だがこれの直後から始まるような続編はもっと作っちゃダメだろう。

続きを読む

[]「蟻が空を飛ぶ日」

「殺し屋が自分の属する組織のことを会社と呼ぶ」系自主映画。自主はいろいろ大変だ。

2013-03-03 三文字タイトル三本立てにしたかった…

[]「インターミッション」

f:id:hon:20130311153815j:image

銀座シネパトス…なくなっちゃうんだな…っていう感情を共有しようというイベントムービー。

何はともあれ佐伯日菜子がモギリをやってる日に来たかった。超モギられたかった…

しかし樋口真嗣は出演とかしなくていいから特技監督やって「爆発炎上するシネパトス」を実写化しろと…

[]「逃走車」

うむ、やはりこの「カメラが車から出ない」縛りで面白くするのは難しい。ほぼ無理なんじゃないかって気がする。

じゃあやらない方がいいか?ってなると、低予算で作れる縛りアリ映画で演出力その他実力を示せればロドリゴ・コルテスみたいにきっちり次につながることもあるだろうしで、でもだったらいきなり「レッド・ライト」から観たいなっていうわがままボディ。

[]「奪命金」

初シネマカリテ。

評判通り、面白かった。よく出来ていた。超シバシバしてた。

2013-03-01 飲む打つ飛ぶ

[]「フライト」

こんな話だったとは…

D

予告編からは伺い知れないな…途中どうなんだこれ…と思ったけど、でも終盤きっちり盛り返す。というか全部計算づくだった。

しかしこれすごい脚本だな。善と悪、英雄と犯罪者、嘘と告白、極大から極小のアクションと、対比の嵐。ハリウッド製脚本のお手本だ。

デンゼルとドン・チードルって「青いドレスの女」以来?あのヤク中役の女優さんケリー・ライリーっていうのか、良かったな。ってあっRDJの「シャーロック・ホームズ」のメアリー・モースタン役か!

あとジョン・グッドマンが登場した瞬間のニヤニヤワクワク感は異常だよね。いいよね。自分もああいう風に登場したい。

2013-02-24 姉は年中苦労する

新しく始まったプリキュアがとんでもなく面白い…どうしたことか…

ありすお嬢様の凄さはブルース・ウェインを超えてるし、第4話の面白さは「ダークナイト・ライジング」を越えてる…カッチカチですわ…

[]「マーサ、あるいはマーシー・メイ

何かまあ、いかにもサンダンスーって感じで、地味で眠くて、でも構成は妙に緻密で「えっ」てとこで終わることにはこだわったなっていうくらいしか。

「こういう感覚、わかるなー」って言える人かどうかっていう。自分はそうではなかった。ああここにもエリザベス・オルセン。いかんせんまあまあだな…

こういうのはchima姐の「ロゼッタ」解説みたいに、自分で観るより論客が解くのを読んだ方が有益な感じ。

2013-02-17 チャス「テイ」ン

[]「ゼロ・ダーク・サーティ

実話ベースで、監督が選んだ作品のスタイルがこうであり、中心にあるのが虚無やら執着やら狂気やらまあ何かそのへんであって、あとそもそも主人公の職業がこれなので、ってことで複合的にしょうがないのは重々承知だけど、やっぱりクライマックスで主人公が他人に任せきりってどうもね。どうにも納得できないんだよね。途中のあれこれがすごい出来なだけにね。

でも「NHKの朝ドラをハリウッドが作るとこうなる」と思って観ると心底ぶっ飛ぶよね。こういう朝ドラ超観たい。

あとカイル・チャンドラー、顔を見れば「ああ、いつも役人の人」って感じなのに未だに名前を覚えられないね。

 
about
The interview (New!)
Read this diary in English
reconsider movie
reconsider comic
sixamodrive group
honkyochiAmazon
Twitter
Tumblr
mail

1972 | 06 | 07 | 08 |
1973 | 01 | 05 |
1980 | 03 |
1981 | 06 |
1983 | 01 |
1986 | 03 | 12 |
1987 | 01 | 09 |
1988 | 03 | 06 | 09 | 11 |
1989 | 01 | 02 | 05 | 07 | 11 |
1990 | 01 | 03 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1991 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 08 | 10 | 12 |
1992 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 12 |
1993 | 01 | 02 | 04 | 07 | 08 | 09 |
1994 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
1995 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 | 09 | 11 | 12 |
1996 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
1997 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 12 |

この日記のはてなブックマーク数