Hatena::ブログ(Diary)

骨ニュース

ほらほらこれが僕の骨。
HOME | ANTENNA | HONE+CLIP | about | archive
カテゴリー | animal | book | camera | comic | diary | food | game | hone | image | insect | location | mono | movie | namahage | news | PC | person | photo | plant | music | science | space | text | TV | ? |
 | 

2004-08-25

[] 来訪者70万人に倍増-なら燈花会、大人気 04:51

http://www.nara-shimbun.com/n_all/040825/all040825c.shtml


[] 「EXILIM EX-S100」と暗〜いレンズの歴史と行く末 00:36

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0825/casio1.htm

このデジカメ、少し前に新聞の記事で見て興味を持っていた透光性セラミックレンズを世界で初めて採用という技術面にまず目が行き、「マクロモードは17〜50cm」というスペックを見てさっそく萎えてしまい、さらに「プロカメラマン山田久美夫のカシオ「EXILIM S100」実写画像」で実写サンプルを見てほぼ興味を失ってしまった。

世界初 透光性セラミックスレンズを開発

透光性セラミックス「ルミセラ」

その後、妖介さんの→「ものすごく暗いズームレンズが」の指摘でマイナス方向での興味が湧く。 F4.0-6.6 の光学 2.8 倍ズームレンズということで、これは確かにデジカメとしては暗い。コンパクトデジカメ史上最暗クラスのレンズではないだろうかという気がしてきた。開放でF4.0というのはちょっと記憶にない。ただ、暗い暗いといっても35mmフィルムカメラの廉価なズームレンズぐらいの暗さなので、そう考えると開放F2.8あたりがごく当たり前なデジカメの世界というのは、フィルムカメラの時代を考えると非常に明るい世界なのである。このEX-S100のテレ端画像EXIFを見ても、F6.6で1/250sだから晴天ならそうそうブレないレベルである。

まだデジカメもなく、コンパクトフィルムカメラがカメラの主流だった時代の末期に、やらたニョロニョロ伸びる高倍率ズーム搭載機が流行っていた記憶があるけど、この時代はカメラにとってはまさに暗黒時代だったと思う。コンパクトフィルムカメラのズームレンズは、デジカメでカメラに目覚めた者の視点から見るとびっくりするぐらい暗い。たとえば、2003年4月に発売されたキヤノンの35mmレンズシャッター式カメラ「オートボーイ N105」を見てみよう。レンズのスペックは38-105mmの2.8倍ズーム、EXILIM EX-S100のレンズと似たようなスペックである。気になるレンズF値は4.6-11.9。105mmでF11.9でありますよ。EXILIM EX-S100のF6.6ですら眩しくて明るいです見てらんないですよーコンパクトフィルムカメラからしてみれば。同じくキヤノンオートボーイ N115に至っては 38-115mm F4.6-13ですよ。F13なんてコンパクトデジカメでは絞り倒してもありえない数字ですよ。オートボーイ180なんかはワイド端38mm開放でF5.6ですよ。

売れに売れまくったIXYシリーズの現行機種「IXY 230」は2.7倍ズームの24-65mm F4.5-8.0。ついでにどの機種見てもレンズ枠見てもレンズF値なんざ書いてないっぽいですよ。パンピー焦点距離だけ分かっときゃいんだよこん畜生って寸法? でも「IXYってレンズF値 暗いから買わないしー」とかあんまり言われなかったと思う。そもそもカメラ本体にはF値書いてないし、書いてたとしても「何それ分かんないけどまあいいや」で。EXILIM EX-S100買う人もレンズF値なんて気にしないでしょうな。ただ、フィルムの場合はISO400あたりが普通に使われていたり、そもそもネガのラチチュードの懐深さがピーキーなCCDと比べて段違いであったり、レンズの暗さからくるマイナス度合いを単純に比較できるわけではなく、事情は違う。撮った者が満足いく写真が撮れれば、スペックなんてどうでもいいと思うのだけれど、EXILIM EX-S100の場合はどうなんだろう。

そして今、EXILIM EX-S100のフロント画像見て、F値はおろか焦点距離すら書いてねえことに気付く。誰もが実写画像やスペックをチェックして買うわけではないだろうけど、EXILIM EX-S100もカシオ株価が上がるぐらい売れたりするんでしょうかね。必ずしも優れた性能の商品が売れるわけではない。売れる商品が売れる。売れる商品が売れら続ける。売れるのは買う人がいるから。買う人は? 買う人は何で買うんだろう? 小さいからか? 画質がいいからか? とことんダメな商品が売れるわけでもないが、たくさんの選択肢がある中で「売れているから買う」なんて人もごろごろいる。

もともとカシオは好きなメーカーだし、「EX-S100こそフラッグシップ」と言い切るカシオの姿勢も悪くないと思う。とことん薄くて軽くする方向もありだろう。ほとんどの人が有効活用できそうにない高画素化、フィルムの進化に逆行する低感度化、暗くなるレンズ。それでも買う人がいるからメーカーは作る。でも、今のワタシが熱望するのは、とことん明るくて感度の高い、PCモニターで等倍で見ても満足のいく画質のコンパクトデジカメだったりする。デジカメの歴史はまだまだこれからだと信じているけど、その行く末は買う人々の欲求次第だろう。

最近のデジカメの感度について。

今回Optio S40を持って歩いたわけですが。

カメラとマーケ:「メーカーもシロートに合わせんのやめてほしい」


[] デジカメ砕く爆風に耐えたCFカード 21:07

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0408/25/news058.html?nc20

爆破の瞬間をとらえたデータも残っていたSanDisk 256MB CompactFlash。

CNET Japanのオリジナル記事にはもう少し細かい事の顛末が書いてあって、1万5000ドル相当の損害を被ったFrazierさんは事故報告の御礼としてSanDiskからコンパクトフラッシュ数枚とUSBフラッシュメモリを贈呈されたそうな。

 | 
0000 | 02 |
2002 | 02 |
2003 | 01 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 09 | 12 |
2007 | 01 | 02 |
2010 | 09 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
<< 2004/08 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ACR WEB アクセス解析
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ