あたまんなかがざわざわいうから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-01-24

4年目の新婚旅行〜(7)ウィーンその2(ナッシュマルクト、ウィーン市内)〜


午後からは自由時間。

オペラ座の前で解散して、各自好きな場所へ。

僕たちは買い物三昧をするべく、市内を練り歩くことに。

f:id:honehonerock:20120124212725j:image





さすがにウィーンは都会。週末だというのもあって、活気があった。

f:id:honehonerock:20120124213334j:image

f:id:honehonerock:20120124212727j:image

f:id:honehonerock:20120124212728j:image




蚤の市を求めていったのだけれど、この日は開かれておらず。

ナッシュマルクトへ向かう。

市内を走り回る路面電車。赤くて丸くてキュンとくるね。

f:id:honehonerock:20120124212724j:image





ウィーンの市場、ナッシュマルクト。

肉、野菜、果物、スパイス、お茶、お菓子、カフェ、胃袋に入るものは何でもある。

豆のお菓子と、塩、缶詰をおみやげに買うなどして堪能した。

f:id:honehonerock:20120124212736j:image

f:id:honehonerock:20120124212735j:image

f:id:honehonerock:20120124212734j:image

f:id:honehonerock:20120124212732j:image

f:id:honehonerock:20120124212733j:image

f:id:honehonerock:20120124212738j:image

f:id:honehonerock:20120124212737j:image





次はマリアヒルファー通りを買い物しながら歩ききる。

とても長い道のり。ここでは、食器などをたくさん買い込む。

お腹が減ってフラフラになりながら進む。

日が暮れてくる・・・。

f:id:honehonerock:20120124212730j:image





体力の限界を感じた僕らは、この夜の夕食を屋台で済ませることに合意する。

ケバブを注文。

ウィーンだろうがなんだろうが、極限の空腹にはファーストフードが良く効く。

f:id:honehonerock:20120124212729j:image




日本みたいに夜開いているお店はほとんどない。

日が暮れると仕事が終わるのだ。おやすみ、週末のウィーン。

歩き疲れてこの日もぐったりと眠る、眠る、眠る。

f:id:honehonerock:20120124212731j:image