Hatena::ブログ(Diary)

honeniqの三日坊主日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-07-04

マジック2013 キャンペーン攻略(後半)

Magic 2013

Wizards of the Coast

価格: 無料


前半に引き続き、マジック2013のキャンペーン攻略です。



マジック2013関連過去記事

これなら初心者でも大丈夫!「マジック(ザ・ギャザリング)2013」 - honeniqの三日坊主日記

マジック2013で分かりづらかった用語まとめ - honeniqの三日坊主日記

マジック2013 エンカウンター「ダブル・トラブル」攻略 - honeniqの三日坊主日記

マジック2013 キャンペーン攻略(前半) - honeniqの三日坊主日記



ネファロックス「高貴なる闇」

f:id:honeniq:20120704233630p:image:w360

ラスボスを除いて唯一の複数属性タイプ。白と黒の2属性を持っています。

大半のクリーチャーに賛美が付いているのが特徴で、これは「攻撃ターンに単独攻撃を仕掛けたクリーチャーに+1/+1する」というもの。単騎駆けをすれば、味方の声援で強くなるってことですね。オドリック・クレンコのデッキと似ていますが、こちらは「どのクリーチャーも強くなる可能性がある」のが特長です。反面、ガード時には本来の性能しか発揮できませんので、防御は苦手そうです。

おすすめ攻略法

「横風」デッキでちょくちょく完封出来ています。エンチャント「順風」を出しておけば空中戦はほぼ勝ったようなものですし、「濃霧の層」が直接攻撃を全て軽減できるので賛美も怖くありません。



アジャニ「天界の光」

f:id:honeniq:20120704233631p:image:w360

何かするたびにHPが増える変則デッキ。

クリーチャーが出ても増えるし、アーティファクトを破壊しても増えます。エンチャントの「天界のマントル」に至っては「敵プレイヤーのHPにダメージを与えると、アジャニのHPが2倍に増える」という冗談みたいな効果がついており、ちょっと気を抜くとHPが3桁を超えていたりして対処に困ります。飛行が多めなので、対飛行の手段が少ないデッキだと苦戦しそう。

おすすめ攻略法

HP増加の効果がついている分、他のデッキよりもクリーチャーの基本性能が少し低いように感じます。飛行対策をした上で、攻めまくれば大丈夫。普段より2〜3倍時間がかかるので面倒臭い相手ではあります。



イェヴァ「古の荒野」

f:id:honeniq:20120704233627p:image:w360

もう一人の緑デッキ。印象薄め。

ガラクの「群れの本能」と比べると、クリーチャーは少し小さめで特殊能力が多め。中でも接死付きの「ソーンウィールドの射手」や「酸のスライム」が厄介。接死持ちに殴られると力量差関係なく死んでしまうため、大型クリーチャーで攻撃するときは注意が必要です。

接死で守って、こちらが攻めあぐねている間に戦力を整え、「踏み荒らし」でボコボコにするというのが基本パターンの模様。全クリーチャー+3/+3な上にトランプルまで付いてくるので、出される前に倒したいところです。

おすすめ攻略法

接死は驚異ですが、残しておいても良いことはないので、気にせずガンガン攻撃したほうが良い結果になります。その際2/1や2/2あたりのクリーチャーをブロック用に置いておくようにすると、相討ちを嫌って攻撃しないことが多いようです。小型クリーチャーを沢山出せる「平和維持軍」と「ゴブリンの暗黒街」あたりがオススメ。「火炎生まれ」で接死クリーチャーを焼き殺すのもお手軽です。



チャンドラ「火炎生まれ」

f:id:honeniq:20120704233628p:image:w360

呪文で燃やしまくる熱いデッキ。

デッキの半分くらいは攻撃呪文かもしれません。単体攻撃だけでなく敵全体や、敵味方全体攻撃まであります。クリーチャーは、だいたいスタミナが4は無いと呪文で焼き殺されると思っておいてください。お互いにクリーチャーがいなくなって膠着状態になるか、極端な短期戦になることが多いですね。

攻撃呪文のインパクトが強いせいで忘れがちですが、飛行クリーチャーが多いのも特徴です。フェニックスは不死鳥だけあって復活してきますが、復活する前に戦闘自体終わってしまいがち。不憫。

おすすめ攻略法

「天界の光」デッキが相性が良いと思います。チャンドラはプレイヤーを直接攻撃出来る呪文を多用してきますが、HPが増えるこのデッキなら無視しても平気な範囲です。当然クリーチャーも呪文で狙われますから、呪文でやられる前に相討ち覚悟で攻撃させておきましょう。マッチョ揃いで比較的呪文で死ににくい「群れの本能」も戦いやすいですね。



ジェイス(2回目)

もしかすると強くなっているのかもしれませんが、1回目と特に戦い方は変わらないので省略。




ニコル・ボーラス

f:id:honeniq:20120704233629p:image:w360

物語の黒幕的存在。チート野郎

キャンペーンのラスボスだけあって、カードの強さは段違いです。しかも青・赤・黒の3色デッキ。「モックス・ルビー」や「モックス・サファイア」といったコスト0で土地の代わりになる反則級 *1アーティファクトを所持しているため、マナ量にもかなり差がついてしまいます。ただ、3色もある上にコストが高いカードが多いせいか、何もしないターンが発生しやすいのが救いですね。

おすすめ攻略法

デッキの地力にかなりの差があるため、かなりに影響されます。ひどいときは最初のターンから「モックス」系を何枚も出した上にクリーチャー召喚!なんてことも。運が悪いときは素直に諦めましょう

前述の通り多色でコスト重めなせいか、序盤は余裕があります。その間に出来るだけリードして、逃げ切るのが基本の戦い方。私は「天界の光」デッキで可能な限りHPを稼いでおいて、追いつかれるまで必死で攻撃をすることで倒せました。

「高貴なる闇」もオススメ。賛美の効果で序盤からダメージを与えていけますし、「夜の子」なら絆魂の効果でHPも増えます。大物対策にはクリーチャー破壊の「破滅の刃」があり、バランスいいかも。黒クリーチャーが主体のため、畏怖を無視できるのもいいですね。

*1:実際、公式ルールでもデッキに各1枚ずつしか入れてはいけないらしい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/honeniq/20120704/1341412959
リンク元
Connection: close