Hatena::ブログ(Diary)

honeniqの三日坊主日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-11-04

DODONPACHI MAXIMUMではシューティングのお約束が通用しない?

今回もDODONPACHI MAXIMUMについて。

DODONPACHI MAXIMUM App

カテゴリ: ゲーム

価格: ¥1,000

これまでの移植作品もiPadと相性良かったのですが、指一本で遊べることでここまでお手軽になるとは思っていませんでした。難易度の面でも中途半端シューターの私には丁度良いので、毎日楽しくプレイしています。

前回の記事を書いたあと、長らく5-Eのビット地帯で足止めを食っていました。今日ようやく残機0で真ラスボスまで辿りつけました・・・と思ったら瞬殺されました。こんな速い弾どうしろと。記念に録画しておきました


それはさておき、今回はDDPMAXで通用しなくなっている「お約束」について書きます。


自機の近くでもガンガン撃ってくる

CAVEゲーというか弾幕シューティングのお約束として、「自機の近くの敵は弾を撃たない」というものがあります。

自機が衝突するとミスになってしまう飛行機タイプの敵と違って、戦車や砲台などの地上モノは高度差があるため、自機が上に重なることが出来ます。この重なっている状態で弾を撃たれると避けようがないということで、理不尽なミスを防止するために、自機から一定以内の距離では攻撃してこないことにしているのだと思います。

DDPMAXでは距離に関係なく攻撃してくるので、このお約束に慣れている人ほど戸惑いそうですね。

一部に画面下方から戦車が出てくる場面がありますので、他の縦シューと同じように動いていると死にます。「弾を撃ってこない敵はいない」と肝に銘じておきましょう。



道中の弾消し効果が無い

一部のCAVEゲーでは、「弾消し」と呼ばれる現象があります。ステージ道中に登場する一部の敵キャラを倒したときに画面の敵弾が消滅もしくは得点アイテムに変わるというもので、うまく活用すれば難易度が格段に下がります。

f:id:honeniq:20121104002416p:image:w480

上は怒首領蜂大復活での例。

DDPMAXでもボス戦のモード変化等で弾消しが起こることはあります。しかし、道中では強くて硬い敵をいくら倒しても弾消しは発生しません。そのため、DDPMAXの道中での撃破優先度は「小型雑魚>大型雑魚」になりがちです。



スマホ向けシューティングの「お約束」は発展途上

「お約束が通用しない」と言っても、それはアーケードの縦シューにおけるお約束であって、スマホ用に作られたDDPMAXには当てはまらないんでしょうね。もっと根本的な部分で言えば、パワーアップもショット/レーザーの切り替えもありませんし、ボムなんて1発だけ。でも自動で補充。ステージごとに残機も2に戻りますね。

今のところ、iOS向けのシューティングも従来のアーケードゲームのスタイルをタッチ端末向けにアレンジしたものがほとんど。言ってしまえば「スティックとボタンが繋げられるならそっちでプレイしたいゲーム」なわけです。

DDPMAXはスマホ向けに相当作り込まれていると感じています。そのままスマホ向けの「お約束」になることは無いとしても、いい影響を与えてくれそうです。

[iPhoneゲーム]DODONPACHI MAXIMUMではシューティングのお約束が通用しない?

今回もDODONPACHI MAXIMUMについて。

DODONPACHI MAXIMUM App

カテゴリ: ゲーム

価格: ¥1,000

これまでの移植作品もiPadと相性良かったのですが、指一本で遊べることでここまでお手軽になるとは思っていませんでした。難易度の面でも中途半端シューターの私には丁度良いので、毎日楽しくプレイしています。

前回の記事を書いたあと、長らく5-Eのビット地帯で足止めを食っていました。今日ようやく残機0で真ラスボスまで辿りつけました・・・と思ったら瞬殺されました。こんな速い弾どうしろと。記念に録画しておきました


それはさておき、今回はDDPMAXで通用しなくなっている「お約束」について書きます。


自機の近くでもガンガン撃ってくる

CAVEゲーというか弾幕シューティングのお約束として、「自機の近くの敵は弾を撃たない」というものがあります。

自機が衝突するとミスになってしまう飛行機タイプの敵と違って、戦車や砲台などの地上モノは高度差があるため、自機が上に重なることが出来ます。この重なっている状態で弾を撃たれると避けようがないということで、理不尽なミスを防止するために、自機から一定以内の距離では攻撃してこないことにしているのだと思います。

DDPMAXでは距離に関係なく攻撃してくるので、このお約束に慣れている人ほど戸惑いそうですね。

一部に画面下方から戦車が出てくる場面がありますので、他の縦シューと同じように動いていると死にます。「弾を撃ってこない敵はいない」と肝に銘じておきましょう。



道中の弾消し効果が無い

一部のCAVEゲーでは、「弾消し」と呼ばれる現象があります。ステージ道中に登場する一部の敵キャラを倒したときに画面の敵弾が消滅もしくは得点アイテムに変わるというもので、うまく活用すれば難易度が格段に下がります。

f:id:honeniq:20121104002416p:image:w480

上は怒首領蜂大復活での例。

DDPMAXでもボス戦のモード変化等で弾消しが起こることはあります。しかし、道中では強くて硬い敵をいくら倒しても弾消しは発生しません。そのため、DDPMAXの道中での撃破優先度は「小型雑魚>大型雑魚」になりがちです。



スマホ向けシューティングの「お約束」は発展途上

「お約束が通用しない」と言っても、それはアーケードの縦シューにおけるお約束であって、スマホ用に作られたDDPMAXには当てはまらないんでしょうね。もっと根本的な部分で言えば、パワーアップもショット/レーザーの切り替えもありませんし、ボムなんて1発だけ。でも自動で補充。ステージごとに残機も2に戻りますね。

今のところ、iOS向けのシューティングも従来のアーケードゲームのスタイルをタッチ端末向けにアレンジしたものがほとんど。言ってしまえば「スティックとボタンが繋げられるならそっちでプレイしたいゲーム」なわけです。

DDPMAXはスマホ向けに相当作り込まれていると感じています。前述した従来のお約束に関しても、採用しない必要性があったんでしょう。DDPMAXのゲームシステムがそのままスマホ向けの「お約束」になることは無いとしても、いい影響を与えてくれそうです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/honeniq/20121104/1351958207
リンク元