Hatena::ブログ(Diary)

honeniqの三日坊主日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-11-13

ピーター・モリニューの新作はゲームじゃなくて社会実験?「Curiosity」

ピーター・モリニュー氏はイギリス生まれのゲームクリエイターで、日本語版のWikipediaにも単独ページが作られているくらいに有名な方です。

代表作はポピュラスダンジョンキーパー、最近はスタジオごとMicrosoftに買収されてFableシリーズを作っていたりしました。今年の春に退社して、独立系の開発会社に参加しているようです。

そんなモリニュー氏絡みの新作が今回ご紹介する「Curiosity」です。


Curiosity – what’s inside the cube App

カテゴリ: エンターテインメント

価格: 無料


f:id:honeniq:20121113223635p:image:w360

無数のキューブで出来た箱を、これまた無数のプレイヤーが叩き壊し続けるというよく分からない方向にスケールのデカいゲームです。スタート直後は画面に立方体が浮かんでいるだけですが、どんどんズームしていくと超細かいキューブの集合体だということが分かります。これをタップで壊し続ける!それだけ!


このキューブが全部で640億個もあります。1辺が4000個ずつの立方体になっているようです。


f:id:honeniq:20121113223637p:image:w360 f:id:honeniq:20121113223636p:image:w360

キューブを破壊することでゲーム内でアイテム購入に使えるコインが貰えます。一応「連続で破壊し続けると獲得コインに倍率がかかる」とか「画面内のキューブを一掃するとボーナス」のような工夫もありますが、パワーアップに使えそうなアイテムは軒並み高額なので焼け石に水。

例えば現在最高額の「Diamond Chisel」は30億コインです。対して、画面一掃のボーナス1回で得られるのは100〜1000コイン。こんなもん買えるか!





D

この記事を書いている時点で、

突破されたレイヤーは2枚!

破壊されたキューブは298,085,832個!

残キューブ数は63,701,914,168個!


サービス開始から7日で既に3億個近く破壊されてるのが驚きです。

とは言え、まだ残り637億個もあるわけで、まだまだ道のりは長いですね。


ゲームと思ってプレイすると肩すかしを食わされますが、たまには無心にキューブを破壊しまくるのもいいもんです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/honeniq/20121113/1352814349
リンク元