Hatena::ブログ(Diary)

honeniqの三日坊主日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-07-04

マジック2013 キャンペーン攻略(後半)

Magic 2013

Wizards of the Coast

価格: 無料


前半に引き続き、マジック2013のキャンペーン攻略です。



マジック2013関連過去記事

これなら初心者でも大丈夫!「マジック(ザ・ギャザリング)2013」 - honeniqの三日坊主日記

マジック2013で分かりづらかった用語まとめ - honeniqの三日坊主日記

マジック2013 エンカウンター「ダブル・トラブル」攻略 - honeniqの三日坊主日記

マジック2013 キャンペーン攻略(前半) - honeniqの三日坊主日記



ネファロックス「高貴なる闇」

f:id:honeniq:20120704233630p:image:w360

ラスボスを除いて唯一の複数属性タイプ。白と黒の2属性を持っています。

大半のクリーチャーに賛美が付いているのが特徴で、これは「攻撃ターンに単独攻撃を仕掛けたクリーチャーに+1/+1する」というもの。単騎駆けをすれば、味方の声援で強くなるってことですね。オドリック・クレンコのデッキと似ていますが、こちらは「どのクリーチャーも強くなる可能性がある」のが特長です。反面、ガード時には本来の性能しか発揮できませんので、防御は苦手そうです。

おすすめ攻略法

「横風」デッキでちょくちょく完封出来ています。エンチャント「順風」を出しておけば空中戦はほぼ勝ったようなものですし、「濃霧の層」が直接攻撃を全て軽減できるので賛美も怖くありません。



アジャニ「天界の光」

f:id:honeniq:20120704233631p:image:w360

何かするたびにHPが増える変則デッキ。

クリーチャーが出ても増えるし、アーティファクトを破壊しても増えます。エンチャントの「天界のマントル」に至っては「敵プレイヤーのHPにダメージを与えると、アジャニのHPが2倍に増える」という冗談みたいな効果がついており、ちょっと気を抜くとHPが3桁を超えていたりして対処に困ります。飛行が多めなので、対飛行の手段が少ないデッキだと苦戦しそう。

おすすめ攻略法

HP増加の効果がついている分、他のデッキよりもクリーチャーの基本性能が少し低いように感じます。飛行対策をした上で、攻めまくれば大丈夫。普段より2〜3倍時間がかかるので面倒臭い相手ではあります。



イェヴァ「古の荒野」

f:id:honeniq:20120704233627p:image:w360

もう一人の緑デッキ。印象薄め。

ガラクの「群れの本能」と比べると、クリーチャーは少し小さめで特殊能力が多め。中でも接死付きの「ソーンウィールドの射手」や「酸のスライム」が厄介。接死持ちに殴られると力量差関係なく死んでしまうため、大型クリーチャーで攻撃するときは注意が必要です。

接死で守って、こちらが攻めあぐねている間に戦力を整え、「踏み荒らし」でボコボコにするというのが基本パターンの模様。全クリーチャー+3/+3な上にトランプルまで付いてくるので、出される前に倒したいところです。

おすすめ攻略法

接死は驚異ですが、残しておいても良いことはないので、気にせずガンガン攻撃したほうが良い結果になります。その際2/1や2/2あたりのクリーチャーをブロック用に置いておくようにすると、相討ちを嫌って攻撃しないことが多いようです。小型クリーチャーを沢山出せる「平和維持軍」と「ゴブリンの暗黒街」あたりがオススメ。「火炎生まれ」で接死クリーチャーを焼き殺すのもお手軽です。



チャンドラ「火炎生まれ」

f:id:honeniq:20120704233628p:image:w360

呪文で燃やしまくる熱いデッキ。

デッキの半分くらいは攻撃呪文かもしれません。単体攻撃だけでなく敵全体や、敵味方全体攻撃まであります。クリーチャーは、だいたいスタミナが4は無いと呪文で焼き殺されると思っておいてください。お互いにクリーチャーがいなくなって膠着状態になるか、極端な短期戦になることが多いですね。

攻撃呪文のインパクトが強いせいで忘れがちですが、飛行クリーチャーが多いのも特徴です。フェニックスは不死鳥だけあって復活してきますが、復活する前に戦闘自体終わってしまいがち。不憫。

おすすめ攻略法

「天界の光」デッキが相性が良いと思います。チャンドラはプレイヤーを直接攻撃出来る呪文を多用してきますが、HPが増えるこのデッキなら無視しても平気な範囲です。当然クリーチャーも呪文で狙われますから、呪文でやられる前に相討ち覚悟で攻撃させておきましょう。マッチョ揃いで比較的呪文で死ににくい「群れの本能」も戦いやすいですね。



ジェイス(2回目)

もしかすると強くなっているのかもしれませんが、1回目と特に戦い方は変わらないので省略。




ニコル・ボーラス

f:id:honeniq:20120704233629p:image:w360

物語の黒幕的存在。チート野郎

キャンペーンのラスボスだけあって、カードの強さは段違いです。しかも青・赤・黒の3色デッキ。「モックス・ルビー」や「モックス・サファイア」といったコスト0で土地の代わりになる反則級 *1アーティファクトを所持しているため、マナ量にもかなり差がついてしまいます。ただ、3色もある上にコストが高いカードが多いせいか、何もしないターンが発生しやすいのが救いですね。

おすすめ攻略法

デッキの地力にかなりの差があるため、かなりに影響されます。ひどいときは最初のターンから「モックス」系を何枚も出した上にクリーチャー召喚!なんてことも。運が悪いときは素直に諦めましょう

前述の通り多色でコスト重めなせいか、序盤は余裕があります。その間に出来るだけリードして、逃げ切るのが基本の戦い方。私は「天界の光」デッキで可能な限りHPを稼いでおいて、追いつかれるまで必死で攻撃をすることで倒せました。

「高貴なる闇」もオススメ。賛美の効果で序盤からダメージを与えていけますし、「夜の子」なら絆魂の効果でHPも増えます。大物対策にはクリーチャー破壊の「破滅の刃」があり、バランスいいかも。黒クリーチャーが主体のため、畏怖を無視できるのもいいですね。

*1:実際、公式ルールでもデッキに各1枚ずつしか入れてはいけないらしい。

2012-07-01

マジック2013 キャンペーン攻略(前半)

Magic 2013

Wizards of the Coast

価格: 無料


前半・後半の2回に分けて、キャンペーンを攻略していきます。

マジック2013で入門したてのプレイヤーが書いている攻略ですので、更に良い戦い方を指摘して頂けると助かります。


マジック2013関連過去記事

これなら初心者でも大丈夫!「マジック(ザ・ギャザリング)2013」 - honeniqの三日坊主日記

マジック2013で分かりづらかった用語まとめ - honeniqの三日坊主日記

マジック2013 エンカウンター「ダブル・トラブル」攻略 - honeniqの三日坊主日記

マジック2013 キャンペーン攻略(後半) - honeniqの三日坊主日記



ターランド「横風」

f:id:honeniq:20120701111650p:image:w360

空と海のデッキ。

クラーケンの幼子」に「イーヴォ島の指輪」を装備させて、じわじわ強化してきます。長引けば手をつけられなくなるので、早めに片付けておきたいところですが、強化無しでも防御力が4あるので結構つらい。それに加えて「空回りのドレイク」や「ターランドの発動」で飛行クリーチャーを使ってきます。状況によってはドレイクに指輪を付けてくるかも。

おすすめ攻略法

初期2デッキ中なら「火炎生まれ」の方が飛行に対処しやすそうです。クリーチャーも比較的小型 *1 なので、ソーサリー・インスタントで始末していけばOK



ガラク「群れの本能」

f:id:honeniq:20120701111651p:image:w360

マッチョな森の仲間たち。

特殊能力をあまり持たないからか、デカさの割にコストが安く、序盤から3/2とか3/3が出てきます。森カードを出せるソーサリー「自然の知識」も頻繁に使うので、マナもガラクのほうが多くなりがち。正面からぶつかると力負けするので、筋肉バカは無視しましょう

おすすめ攻略法

既に「横風」デッキを手に入れていると思いますので、これを使います。ガラク歩哨蜘蛛」以外に飛行対策を持っていないので、一方的に殴れるはず。敵のマッチョどもの攻撃は「クラーケンの幼子」で受けましょう。「分散」で「踏み吠えインドリク」を狙うときは注意が必要です。再登場時にもエンチャントアーティファクト破壊の効果が発動してします。



オドリック「平和維持軍

f:id:honeniq:20120701111652p:image:w360

二人のお姉さんが主力。

弱めの兵士を大量に出し、戦力が揃ってきたところで「オドリックの十字軍」のお姉さんを投入してきます。パワー・タフネスは戦場に出ているクリーチャーの数と同じなので、人数が多ければ破壊的な強さになります。ソーサリー・インスタントは、クリーチャー除去やダメージ軽減などの防御型がメイン。がっしり守りつつ、ちまちまクリーチャーを増やしてきます。もう一人の「警備隊長」のお姉さんは全クリーチャーに+1/+1しますが、コストが高めなので出てくるのは中盤以降。

おすすめ攻略法

オドリックのデッキにはまともな対飛行カードが入っていないので、「横風」デッキで序盤からちくちく叩いていって、強敵が出てくる前に逃げ切るのが手っ取り早いと思います。



リリアナ「従順な死者」

f:id:honeniq:20120701111653p:image:w360

ゾンビと敵弱体化。

クリーチャー弱体化や除去でこちらの戦力を削ってきます。が、リリアナの手駒もあまり強力ではないので、弱体化されてようやく釣り合うくらい。クリーチャーは「ひどい荒廃」や「煙霧吐き」の-1/-1効果でスタミナが0になった場合でも死んでしまうので、小型のクリーチャーを使うときは注意。

おすすめ攻略法

どのデッキを選んでも勝てそうですが、クリーチャー除去を踏まえると「平和維持軍」デッキの手駒の多さが有利に働きそうです。



クレンコ「ゴブリンの暗黒街」

f:id:honeniq:20120701111654p:image:w360

ゴブリンが山ほど出てくるデッキ。オドリックと似ていますが、より攻撃的。

山ほど出てきたあと「思慮無き者」を投入してきます。仲間のゴブリンが多ければ多いほど強くなる、少年漫画の主人公のようなクリーチャー。他にも「ゴブリンの奇襲隊」や「ゴブリン酋長」など、戦場に出ているゴブリンの数が影響するカードが多めゴブリン1体1体は弱いんですが、とにかく数が多い!

おすすめ攻略法

1/1とか2/1の雑魚が大半なので、「火炎生まれ」デッキの「火炎崩れ」や「チャンドラの怒り」で一掃してしまうのが良さそう。一人ぼっちなら「思慮無き者」も1/1の雑魚だ!もしくは、対オドリック同様にクリーチャー除去系の呪文で主力を始末してしまえば楽です。



ジェイス「夢傀儡

f:id:honeniq:20120701111655p:image:w360

山札破壊特化型。

盲点になりがちですが、敗北条件のひとつに「カードが引けなくなったら負け」というものがあります。ライブラリー(山札)が0枚になったら負けてしまうということですね。ジェイスはこれを狙って、色んな方法でこちらのライブラリーからカードを捨てさせようとしてきます。

おすすめ攻略法

適度にクリーチャーを出して攻め続けていれば負けることは無いと思います。大型クリーチャーを出すときは、「クローン」でコピーしてくる可能性を考慮しておきましょう。

*1:1/1とか2/2くらいの弱いクリーチャー

2012-01-24

自分もゲームのモチベーションって何かと考えてみました

ぼくにとってのゲームのモチベーション - ぼくはまちちゃん!(Hatena)

こちらの記事を読んで。

自分にとって面白かったゲームって何かなーと考えてみました。

で、大きく「技術の上達が楽しいゲーム」と「自分が作り上げたものを眺めるのが楽しいゲーム」の2つに分かれることに気がつきました。あと、特別ハマったわけではないけど、楽しいゲームとして、「プレイしているだけで楽しいゲーム」がありました。


1.技術の上達が楽しいゲーム

練習することで技術が上達して、素敵なプレイが出来るようになるのがモチベーションとなるゲーム。特にアーケードゲームは「1コインクリアが出来たら一人前」的な明確な目標があるので、分かりやすくていいですね。

ただ、この類のゲームはプレイしているとストレスが溜まるというか脳が凄く疲れるので、長時間は厳しいものがあります。特に怒首領蜂大往生とか、プレイを躊躇うこともあったくらい。



2.自分が作り上げたものを眺めるのが楽しいゲーム

何時間かコツコツプレイして、ふと自分の街だったりダンジョンを眺めたときに、「いい仕事したー!」と思うのがモチベーションとなるゲーム。

10年前くらいのPCの洋ゲーにはこんな感じのゲームが沢山あったので、PS2世代コンシューマゲームはほとんどプレイしてませんでした。

ウルティマオンラインは、自宅の宝箱に貯め込んだガラクタを眺めるのが楽しかったから。



3.プレイしているだけで楽しいゲーム

何だかよくわからないけど、時々プレイしたくなるゲーム。禁断症状かもしれない。

DiabloとDOOM2は、クリックしてるだけなのに、殴ったり撃ったりする「手ごたえ」を感じることができる恐ろしいゲーム。今の水準から比べるとあらゆる点で明らかにショボいのに、未だに手ごたえを感じるのはこの2つだけ。

塊魂は癒やし系。和む。

アウトラン2はゲーセンで見かけなくなってしまって非常に悲しいです。決して上手にはなれなかったけど、走ってるだけで楽しかった。


まとめとして

分類の1と2に対して、3のゲームは代えが効きません。

例えば、Diablo2はDiabloに比べて大幅に進化しましたし大ヒットしましたが、私が好きだった「手ごたえ」は無くなってしまいました。思うに、3のゲームのモチベーションは、「単に気持ちいいから」なんですね。そして、そんなほぼ本能くらいの理由でプレイしていることから、たぶん私は3のゲームが一番好きなんだと思います。

ただ、3のように好きになれるゲームって狙って選べるでもないです。結局のところ、私がゲームをプレイするモチベーションって、3の「プレイしているだけで楽しいゲーム」を探し出すため、っぽいですね。