Hatena::ブログ(Diary)

知らない言葉世界

2017年01月17日

参集

バナナ剥きには最適の日々
バナナ剥きには最適の日々
著 円城塔

2012年4月 発行





参集した親戚たちが頭を揃えて廊下で相談事を開始していた





参集】さんしゅう
大勢の人が集まってくること。「各地から―する」

2017年01月16日

涜神

バナナ剥きには最適の日々
バナナ剥きには最適の日々
著 円城塔

2012年4月 発行





国葬の予定は、四枚涜神者の姿態として辻で引き裂かれることになるのだ





涜神】とくしん
神をけがすこと。「―行為」

2017年01月15日

合一

バナナ剥きには最適の日々
バナナ剥きには最適の日々
著 円城塔

2012年4月 発行





耳を澄ませ。心を開け、宇宙と合一しろ、さすれば真理は自ら語り出すであろう





合一】ごういつ
二つ以上のものが合わさって一つになること。また、一つにすること。「知行―」

跋文

ピカルディの薔薇 (ちくま文庫)
ピカルディの薔薇
著 津原泰水

2006年11月 発行





親本の跋文が収録されてしまったので、バランスをとるため





跋文】ばつぶん
本分とは別に、書物の終わりに記す文章。あとがき

2017年01月14日

口承

ピカルディの薔薇 (ちくま文庫)
ピカルディの薔薇
著 津原泰水

2006年11月 発行





民族の起源にまつわる口承だという





口承】こうしょう
口から口へと語り伝えること。「民間に―されてきた話」

2017年01月13日

一季

ピカルディの薔薇 (ちくま文庫)
ピカルディの薔薇
著 津原泰水

2006年11月 発行





その家に預けられていた一季がある





一季】いっき
・春夏秋冬のいずれか一つの季節
・江戸時代、一年を単位とする奉公人の契約期間、また一年

2017年01月11日

付する/附する

ピカルディの薔薇 (ちくま文庫)
ピカルディの薔薇
著 津原泰水

2006年11月 発行





ともあれ、附して記す





付する/附する】ふする
・ついていく。従う
・添える。付け加える。「写真を―する」
・与える。交付する。「証書を―する」
・任せる。託す。また、そのような扱いにする。「不問に―する」