ほのほの宇宙Diary*ホノカ社.

2016-07-17 ラムサの会終了いたしました♪

今日はラムサの会でした^^


みなさまと一緒に“感情のしくみ”について学ばせていただきました。


ラムサの学びは多角的なので

言葉にはしにくいのですが


感情は

体験によって肉体の中に生じる生体化学的な反応であり 

化学物質であり 過去であるという

ラムサの視点からの感情という側面を認識していただけたかと思います♪


感情の記憶(過去の体験に基づいたエネルギー)を使って

人生を創造するのではなく

未知の無限の側面・進化を促進させる能力にフォーカスして


サバイバル意識から脱した愛の意識

不足のない全能のスピリットを体現できるように


ひとつひとつ

目の前に差し出される現実に

反応する自分の感情を見極めながら

脳のニューロンネットをつなぎ換えて

ひとつひとつの意志を選択して

進んでゆきましょうね☆


ますみのメモです

f:id:honokasha:20160717230201j:image


みなさんが

直感で参加を申し込んでくださったようで

まさに

ラムサのご縁の

ラムサー仲間が増えてとてもうれしいです^^


f:id:honokasha:20160717221401j:image


♡マスターあつこさん♡・♡マスターあきこさん♡・♡マスターなおこさん♡

すてきなご縁でつながってくださり本当にありがとうございました。


またもしよろしければ、ラムサの会についての

ご感想などお聞かせいただけましたら大変うれしいです^^♪


f:id:honokasha:20160717210343j:image


マスター性を生きるという

ラムサの学びをふまえて

話の中にも出てきた



マスター・イエスキリストのカード

創造性を高める天使・ガブリエルカード

自然界からのサポート・樹木のカード

パーソナリティの側面から・こぶたカード の4種類を

一枚ずつ引いて受け取ったメッセージをシェアいたしました。




f:id:honokasha:20160717221511j:image


こちらは

わたしの引いたカードですが

皆さんそれぞれに

バッチっと響きあう

今この瞬間にあふれる無限の可能性という

完璧なギフトを受け取ることができました☆


f:id:honokasha:20160717224255j:image




すてきなひとときをご一緒できて

オーラが融合し共振しあい

たくさんの情報とエネルギーをシェアできて

とても豊かな時間でした。

とってもとっても楽しかったです。

ありがとうございました♪

f:id:honokasha:20160717231439j:image

2016-07-15 ラムサの会


f:id:honokasha:20160715021333j:image


あなただけが

あなたの最高の恋人になることができます。

あなただけが

あなたの親友と教師になることができます。  −ラムサ−


:::::::::::::::::::::::

 

7月17日 日曜日は ホノカ社にて

ラムサの会です。

「感情のループをクリアする」と題しまして、

感情のからくりに迫ってゆきます。



私がラムサという存在を知ったのは

もう2年ほど前になるのでしょうか・・・

ある方から本を薦めていただいたのがきっかけでしたが

わたしがはまったのは

ラムサの講義が収録された音声CDでした。



なにがどうはまったのか・・・

言葉で説明するのはとても難しいのですが

「ラムサは覚醒を促してくれる存在」だということ



ラムサが一貫して伝えているのは

誰もがマスターになれるという真実について



自分の内なる神聖を輝かせて生きるにはどうしたらよいか

ということを教えてくれます。



ラムサの学びを聞いているうちに

すべての人の中にある

わたしの中にもある

内なる神をゆっくりゆっくり信じることができるように

なってゆきました。



信じることができるようになったと言っても

そのリアリティは

まだ小指の先っぽほどの大きさです。



ラムサは言います

それを育ててゆくのだと


“ 自分が受け入れられる範囲において

現実化を起こすことができます


自分が許容できる範囲とは

それをどのくらい信じているのか?

ということです


それをどのくらい信じているか?

ということは


それをどのくらい知っているか?

ということです


知らないものは受け入れにくい

というのが 人間なのです


充分な知識を持つほどに

何かを失うという 恐れを持たなくなるのです ”

−ラムサ−



ラムサのひとことひとことが

胸に響き

魂に響きます。



だからといって

わたしたちが

ラムサの学びをそのままにお伝えすることは

難しいかもしれませんが



一緒にラムサの学びをシェアしませんか?

という

コアな集まりです。



あと一名さま

ご参加いただけます。

ピンと来た方 是非ご一緒しませんか?



7月17日 ラムサの会 

エントリーをお待ちしております。

2016-06-16 ほのcafe企画・[感情のループをクリアするラムサの会]

ほのcafe企画[感情のループをクリアする


2016年 7月17日(日)

時間:14:00〜17:00

(17:00〜18:00はフリータイム・商品をご覧になったりご購入もOK)

場所:ホノカ社にて

定員:3名募集 

参加費 1000円

●集いの内容

NASAの研究員をはじめ、世界の頭脳が学びに訪れるという「ラムサの学校」。スピリチュアルの最高峰といえる至高の存在・ラムサの書籍や講演CDを教材に、脳と感情のしくみ、そして、脳内にある「幸福のスイッチ」を入れる方法を一緒に勉強しませんか。

○感情とは、あなたの「過去」である。感情をベースで生きているということは、洗っていない服を着続けることと同じ。

○泣き続けること、落ち込むこと、それはあなた自身で創造したこと。

○感情には中毒性があり、無意識で自ら不幸を欲する構造があり、人間ドラマのジレンマを生む。

○感情の悪循環=「緊張」のパターンと「サバイバル意識」を手放せば、ほんとうに自由になれる。

2時間の集いで、人間の身体と心と魂の、核心をついたシステムを理解し、生きるパターンすら変えるきっかけを見つけていきましょう。

参加希望の方は

お問い合わせフォームよりエントリーお願いします。



ラムサ ホワイトブック

f:id:honokasha:20160614185437j:image


訳者 あとがきページより

f:id:honokasha:20160614190142j:image

2016-05-05 フェニックスの炎のおはなし

フェニックスの炎


今出会う

いろいろなそれぞれのテーマの

奥深い領域

潜在意識や集合無意識の領域で

この

フェニックスの炎

というお話のエネルギーがシンクロしているように感じますので

シェアさせていただきます。





ラムサCD 

おとぎ話が現実になるとき より抜粋



美しい鳥が

自分の巣を作り

それから

巣と自分自身に火をつけるという

ひとつの物語があるが

 

それは

自分の現実を選んで

それを体験し

次にそれを閉じて

それを焼き払うということだ


そして

その鳥が再びうまれるとき


それは巣から飛び立つ


それは新しい誕生であり

新しい鳥だ


これが物語の意味である。


f:id:honokasha:20160502024905j:image




これは

分子構造の変化についての話であるが

意図が変化してはじめて


偽善でも 拒絶でも 逃避でもなく

本物の公正な意図が必要である。


我々は

自分自身の過ちを認めて

自分自身を焼き払う


我々は

自分の嘘を認めることによって

自分自身を焼き払う


我々は

自分の不誠実さを認めて

自分自身を焼き払う


我々は

自分の盗みをみとめて

自分自身を焼き払う


我々は

人を欺く自分の狡猾さを認めて

自分自身を焼き払う


これが

物語の意味だ。



我々は

すべてを焼き払い

すべてを告白する


我々は

自分がそうすれば

自分の世界が粉々になることを知っている


フェニックスは

自分が作っている

美しい巣が

やがて燃やされることを知っている


なぜなら

我々の意図がきれいになれば

人生のすべてが変化するからだ


もちろん

それらは粉々になる


だが

我々が

灰の中から復活するとき

われわれは永遠に生きるのだ




フェニックスが

自分の巣を作るということだが

これはつまり

自分のパーソナリティ


自分の意識的な人生の

あらゆる茎をつかって

巣を作っている

ということであり

フェニックスは

それに火をつけようとしている



これは象徴的な意味において

それを暴露しようとしているということだ


フェニックスがそうするとき

それは変容する


その鳥はどうなるのか


その鳥は飛び立ち


不死の存在になる


それは二度と死ぬことはない



量子力学はこういっている


どんな粒子も

どんな電子も


現在それが観察されている次元とは異なる

あらゆる次元に同時に存在している


あらゆる素粒子が、


ここでは電子について話すが

我々が

それを電子としてみなすなら

我々は

観察者として

エネルギーが電子になることを期待している



その電子は

われわれの

観察の外で

この時間を含んだ

あらゆる時間に

あらゆる粒子の可能性として

同時に存在している


わたしは

観察者である


わたしは

自分の態度に従って

エネルギーを観察しており


すべてのエネルギーが

私の態度に合致している


したがって

わたしは膨大な数の

可能性のなかから

制限された現実を選んでいる


この制限された粒子は

不死を実現する粒子でもある


この態度は

潜在的に不死の態度でもある


あなたは自分が考えるとおりの存在だ

意識とエネルギーが現実を創造する



あなたがたは生まれ変わる必要がある


これはすなわち

あなたがたは自分の巣を作り

それを焼きつくし

飛び立つ必要があるということだ。