ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

■7月31日より新サイトでの更新に移行いたします。こちらの旧サイトはまもなく閉鎖いたします■


第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)
23 NEW! 対談 ドイツミステリー最前線 酒寄進一&マライ・メントライン(朝日カルチャーセンター新宿教室)


2013-03-02

ぜひ、あなたの一票を!

 

 昨日より、翻訳ミステリー読者賞の投票が始まりました。


 昨年の第3回翻訳ミステリー大賞授賞式&コンベンションのとき、ほんの思いつきで口にしたことが、シンジケート事務局や、各地の読書会の協力を得て、徐々に形になりつつあるのを目の当たりにしながら、出てくる感想は単純に「なんかすごい!」ということに尽きます(語彙が貧困ですみません……)。


 ミステリーに限らず、翻訳小説というのは、読む側にとってハードルの高さを感じることがあるようです。登場人物の名前や地名がわかりにくい(覚えにくい)とか、原文の雰囲気が残っていて、日本語の文章として違和感を覚えるとか、読み進めるときのハードルとなる部分はいろいろあるのだろうと思います。しかし、そういう読者の“感じ”を承知した上で、出版社や翻訳者のみなさんは、一人でも多くの読者に手に取ってもらえるようなおもしろい作品を紹介したいと日々ご苦労されています。そうして出来上がった作品を購入する、読むというだけではなく、もっと違う方法で作る側の気持ちに応えたいというのが、今回の読者賞を興すことに繋がっています。


 読者にもさまざまなタイプがあります。たくさんの作品を読んでいる強者もいれば、翻訳ものは年に数作しか読まないという人もいるでしょう。いろんなタイプの読者が、それぞれ一作ずつに票を投じて出来上がるランキングがどのような結果になるのか、私たちにもまったく予想はつきませんが、その順位以上に、翻訳ミステリーに興味を持ったばかりの新しい読者に、いろんな示唆を与えてくれるのではないかと思います。世にはすでにたくさんの、そして良質のブックガイドが存在していますが、読者の目線で選ばれた、2012年の翻訳ミステリーブックガイドとして、この読者賞は独特な役割を果たすことができると、私たちは信じています。


 あとは、これをお読みいただいているみなさんに、一票を投じていただくだけです。この賞は、プロアマ問わず期間内の翻訳ミステリー作品をお読みになった方ならどなたでも投票できます。ぜひ、あなたが「これだ!」と思う一作に、票を投じてください。投票に関する注意事項は https://sites.google.com/site/dokushashou/du-zhe-shang-tou-piao-yao-xiang に掲載しています。投票方法や対象作品などは、そちらのほうでご確認ください。


 そして最後に、翻訳ミステリー読書会では、新しい参加者をお待ちしています。翻訳ミステリー大賞や、この読者賞の告知を通して、初めて読書会のことを知ったという人もいるかもしれません。読書会に参加してみたいと思った人は、当サイトの告知をチェックしてみてください。現在、全国10カ所で定期的に開催されています。


 それでは、4月13日、結果発表の場でお会いしましょう!


全国翻訳ミステリー読書会連合

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/20130302/1362178721