Hatena::ブログ(Diary)

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

■7月31日より新サイトでの更新に移行いたします。こちらの旧サイトはまもなく閉鎖いたします■


第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)


2013-11-23

【再掲】第五回翻訳ミステリー大賞一次投票のご案内

  

■翻訳ミステリー大賞とは何ですか?

 

  • 2009年10月1日に設立された翻訳ミステリーの年間ベスト1を選ぶ賞です。

 海外作品の原著者と日本の読者の架け橋となる翻訳家が選ぶ翻訳ミステリーという点を最大の特徴にしたいと考えております。

 

    • 賞の正式名称:「翻訳ミステリー大賞」
    • 投票資格: フィクションの訳書がすでに少なくとも一冊ある者、またはそれに準ずる訳業のある者。

 

■どうやって決めるのでしょうか?

 

  • 一次選考
    • 前年11月1日から 該当年10月31日までに刊行された翻訳小説(新訳作品を含む)から、投票者がミステリーと見なす作品のうち『翻訳者として読者のみなさんにいちばん読んでほしい作品』を5作選び、11月末日までに投票する。投票者自身の訳書への投票も自由とする。なお刊行年月日は当該書籍の奥付の記載に準ずる。
    • 点数の配分は【1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点】とする。
    • 5名からなる予選委員会が上記集計結果を参考に5作を目安として大賞候補作を選出、12月末までに発表する。
    • 今年度の予選委員は以下の5名とする。田口俊樹、白石朗(以上2名は本大賞発起人)、鈴木恵、上條ひろみ(以上2名は本大賞シンジケート事務局)、二宮磬(第四回大賞受賞作『無罪 INNOCENT』翻訳者)。予選委員会には、立会人として事務局より杉江松恋、川出正樹の両名が同席する。
    • 一次投票の結果のうち、投票のあった全作品を公開する。
    • 今年度の投票締切は11月30日(土)

 

  • 二次選考
    • 投票による。
    • 投票資格者は、前記の投票資格を持つ者のうち、大賞候補作すべてを二次投票締め切りまでに読了した者とする(一次投票をしたかどうかは問わない)。
    • 各投票者が候補作のうち大賞にもっともふさわしいと考える1作に投票する。投票者自身の訳書への投票は自由とする。投票の結果、最も得票の多かった作品を受賞作として、「翻訳ミステリー大賞」を授与する。
    • 二次投票の結果については、投票者名、投票作品、各候補作の獲得点数を公開する。

 

  • 正賞・副賞
    • 大賞に選ばれた作品の訳者に正賞および、副賞として5万円分の図書カードを贈呈する。
    • 当該作品の原作者に記念品を贈呈する。

 

■投票するにはどうすればよいでしょうか?

 事務局アドレス honyakumystery@gmail.com までメールで投票内容をご送信ください。

(上記アドレスをクリックすると、「大賞一次投票」という件名の新規メール作成画面が起動します)

 投票のさいは訳書のご名義を(本名・筆名を問わず)フルネームでご記載ください。

 

■2012年度の一次投票締切は 11月30日(土)です。

 

2012年11月 翻訳ミステリー大賞運営事務局

(発起人――小鷹信光、深町眞理子田口俊樹、白石朗、越前敏弥)

 

■第五回大賞関連記事■

 

■翻訳ミステリー大賞通信(関連記事一覧)■