Hatena::ブログ(Diary)

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

■7月31日より新サイトでの更新に移行いたします。こちらの旧サイトはまもなく閉鎖いたします■


第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)


2015-07-09

東京創元社 6月の新刊

ミステリーズ!』vol.71 JUNE 2015

東京創元社(雑誌)/本体価格1200円/6月12日/ISBN:978-4-488-03071-1

【特集】

作品ガイドと翻訳家エッセイで贈る 新訳・名作ミステリの扉

「更新」されるクラシック・ミステリ ──創元推理文庫・新訳の概況 若林 踏

新訳ミステリ 刊行ラインナップ

新訳ができるまで 翻訳家エッセイ 法村里絵、武藤崇恵、高沢 治、平岡 敦

【読切短編】

北原尚彦  消えた靴磨き少年の事件

●靴磨き少年たちが巻き込まれた事件を、ベイカー街イレギュラーズが追う。ホームズ・パスティーシュ最新作

【ブックエッセイ】

長谷敏司 私の一冊『宇宙消失』グレッグ・イーガン

高山祥子 私はこれが訳したい Claire DeWitt and the Bohemian Highway Sara Gran

【評論】

川出正樹 ミステリ・ライブラリ・インヴェスティゲーション 第二十二回

ミステリーズ! vol.71

ミステリーズ! vol.71


『悪女は自殺しない』/Eine Unbeliebte Frau

ネレ・ノイハウス(Nele Neuhaus)/酒寄進一・訳

創元推理文庫/本体価格1200円/6月12日/ISBN:978-4-488-27607-2

ドイツ、2005年8月。警察署に復帰した刑事ピアを、飛び降り自殺に偽装された女性の死体が待ち受けていた。実際は動物の安楽死に使用される薬物による毒殺で、夫の獣医や彼の働く馬専門動物病院の共同経営者たちが疑われる。だが刑事オリヴァーが指揮を執る捜査班が探るうち、隠された数々の事件が繋がりはじめ……。〈ドイツミステリの女王〉の人気に火をつけたシリーズ第一弾。解説=千街晶之


『おかしな遺産』/The Odd Job

シャーロット・マクラウド(Charlotte MaCleod) /戸田早紀・訳

創元推理文庫/本体価格1100円/6月22日/ISBN:978-4-488-24628-0

盗まれた名画を捜し海外出張中の夫マックスの留守を預かるセーラのもとに、夫妻にとって因縁浅からぬ「御殿」ことウィルキンズ美術館にて、またも変死事件が起きたとの報が入る。被害者は顔見知りの画家ドロレスだった。その翌日、セーラはひとり事務所にいたところを襲撃され、さらに自分が彼女の遺言執行人に指名されていることを知る。美術館一筋だったドロレスはなぜ殺されたのか? 古都ボストンを舞台にした人気シリーズ最新刊! 解説=大矢博子


『子守唄』/Vyssan lull

カーリン・イェルハルドセン(Carin Gerhardsen)/木村由利子・訳

創元推理文庫/本体価格1100円/6月22日/ISBN:978-4-488-21605-4

眠るようにベッドに横たわる母と二人の幼い子ども。だが喉の傷と大量の血が、彼らが殺されたことを物語っていた。母親は結婚してスウェーデンにやってきたフィリピン女性。夫とは別れ、女手ひとつで子どもたちを育てていた。捜査線上に浮かんだ、被害者と親しかったらしい謎の男性。一家が住む高級アパートを買ったのはその男なのか? ハンマルビー署、ショーベリ警視以下捜査陣は、衝撃の事実にたどりつく。好評シリーズ第3弾。訳者あとがき=木村由利子


『薔薇の輪』/A Ring of Roses

クリスチアナ・ブランド(Christianna Brand)/猪俣美江子・訳

創元推理文庫/本体価格940円/6月29日/ISBN:978-4-488-26203-7

ロンドンの女優エステラ。その絶大な人気は、体が不自由でウェールズに住んでいるという娘との交流を綴った新聞の連載エッセイに支えられていた。エステラの未来は順風満帆に思われた。服役中の危険人物の夫が、病気のため特赦で出所し、死ぬまえに娘に会いたいと言い出すまでは……。勃発した怪事件に挑むのは、警部チャッキー。巨匠の技巧が冴える、本邦初訳の傑作ミステリ! 解説=福井健太