ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

■7月31日より新サイトでの更新に移行いたします。こちらの旧サイトはまもなく閉鎖いたします■


第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)
23 NEW! 対談 ドイツミステリー最前線 酒寄進一&マライ・メントライン(朝日カルチャーセンター新宿教室)
31 NEW! 野崎歓×越前敏弥 「世界文学と翻訳について、話したいことはいくらでもある」(下北沢 本屋B&B)


2015-10-04

第2回南東京翻訳ミステリー読書会のご案内


伯爵「秋も深まってきたな、カーソン」

執事「はい、さようで、旦那さま」

伯爵「秋というのは、なぜかこう、人恋しくなるものだな。アンニュイという言葉が似合うのも秋だ。いまは〜もう秋〜だれも〜いない海〜と、思わず歌いたくなる季節でもある」

執事「はあ、その歌なら存じております。つら〜くても、つら〜くても、死には〜しないと〜、海に約束する歌でございますね」

伯爵「ふむ、なかなか深い歌詞だ。とにかく、そんなよろしく哀愁の季節にこそ、あれだ、あれだよ、カーソン」

執事「はあ、なんでございましょうか」

伯爵「わかるだろうが、読書会だよ! 『禁忌』が課題書だった第1回南東京読書会は、非常に有意義であった。たしかに南東京はややのんびりしすぎな読書会ではあるが、さすがにそろそろ第2回を開催しなければ。で、カーソン、なにかオススメの作品はあるかね?」

執事「ございます、旦那さま。この季節にぴったりの作品が。著者は日本ではまだあまり知られておりませんが、英仏では高い評価を得ております」

伯爵「おお、日本でこれから人気がでそうな作家を青田買いするというわけか。そういえば、おまえは昔から、アイドル本人より、その後ろでポンポン片手に踊っている若手女子に目をつけていたな」

執事「……」

伯爵「で、どんな作品なんだ?」

執事「全体的にブルーグレーのような色調の印象を覚える作品ではありますが、そこに一筋の光が見えるのでございます。ほのかな希望が」

伯爵「ほお」

執事「ピーター・メイの『忘れゆく男』という作品です。シリーズ第二作ですが、この作品だけを読んでも、作品世界を充分、堪能できるかと存じます」

伯爵「よし、決定だ! その作品が面白ければ、第一作も読むことにしよう」

執事「ありがとうございます!」(胸のうちで『よろしく哀愁!』と叫ぶカーソンであった)




……と、前置きが長くなりましたが、第2回南東京読書会を開催いたします。

『忘れゆく男』はスコットランドのルイス島を舞台にしたシリーズ第二作です。第一作の『さよなら、ブラックハウス』も読了のうえご参加いただければ、面白さが「二倍! 二倍!」と高見山関もおっしゃるかもしれません。


  • 開催日  2015年10月31日(土)
  • 場所   渋谷駅/表参道駅近くの会議室(お申し込みくださったかたに直接、連絡いたします)
  • 時間   午後2時開場 2時30分開始 4時30分終了(その後、懇親会の予定あり)
  • 課題作  『忘れゆく男』ピーター・メイ著/青木創訳/ハヤカワ文庫 当日までに読了のうえ、ご参加ください。
  • 参加費  500円、学生200円(会場費など)。当日、受付でお支払ください。

   *飲み物が必要なかたはご自身でご用意願います。

  • 参加方法  minamitokyo.dokusho@gmail.comまで下記のフォーマットにご記入のうえ、ご連絡ください。また終了後、近辺の店で懇親会を開催します(会費別途、4500円前後)。詳細は参加希望のかたにメールでお知らせします。こちらへの出欠もご記入ください。

お名前(ご本名フルネームまたは著訳書のペンネーム):

ご連先電話番号(携帯可):

区分(該当しないものを消してください):一般/学生

懇親会への参加:希望する/希望しない


定員は10名。10名になり次第、募集を締め切らせていただきます。

申し込み受付は、10月4日(日)午後8時に開始いたします。


南東京読書会世話人 栗木さつき 国弘喜美代(ツイッターアカウント @CholoKimiyo

後援 翻訳ミステリーシンジケート


各地読書会カレンダー

これまでの読書会ニュースはこちら


よろしく哀愁

よろしく哀愁

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証