ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■神戸読書会 4月29日 開催!■
■熊本読書会 5月6日 開催!■
■松山読書会 5月20日 満席■
■福岡読書会 5月20日 開催!■
■浜松読書会 5月27日 開催!■

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)
10 【対談】翻訳家と編集者のしごと(朝日カルチャーセンター新宿教室) 講師:ドイツ文学翻訳家・酒寄進一 東京創元社編集者・佐々木日向子
27 翻訳ミステリーお料理の会、第8回調理実習
28 『不機嫌な女たち』刊行記念トーク(下北沢B&B) 芹澤恵&山崎まどか
27 第22回翻訳百景ミニイベント「翻訳出版の現在を語る」樋口真理(三省堂)、小野寺志穂(ハーパーコリンズ・ジャパン)、古賀一孝(サウザンブックス)、鹿児島有里(フリー編集者)、越前敏弥(文芸翻訳者)


2015-10-10

第4回多摩南読書会開催!

第4回多摩南読書会開催します!


 おかげさまで前回もキャンセル待ちが出るほどご好評をいただいております「たまなん」こと多摩南読書会の4回目のお題発表です!



 今回はウィリアム・ケント・クルーガーの『ありふれた祈り』。ひとつの悲劇で始まる忘れがたい夏、ミネソタ州で起こったある事件をきっかけに、少年が大人の世界の隠された事実を知ることになり……という全米4大ミステリ賞で最優秀長編賞を独占した話題作を読みます。翻訳ミステリー大賞シンジケートでも書評七福神のベスト発表!(2014年12月度)で取りあげられていました。読了済みのかたも、これから読むかたも、ぜひご一緒に読書会で語りあいましょう!



日 時:2015年11月14日(土)15:00-17:00

   (会場受付は14:45から)

場 所:JR/小田急町田駅近くの会議室

   (詳細はお申し込みの方に別途メールにてご案内いたします)

課題書『ありふれた祈り』ウィリアム・ケント・クルーガー著

    宇佐川晶子 訳(早川書房)

定 員:10名(初参加者優先枠あり)

参加費:1000円

   (飲み物等はつきません。会場には飲料の自販機がございます)


*読書会後に二次会を予定しております(17:30ごろから別会費4000円程度にて)。


【お申し込み方法】


10月11日(日)10:00から申し込みを受け付けます。


多摩南読書会専用アカウント tamananreading@gmail.com に

メール(件名:「多摩南読書会 11/14」)でお申し込みください。


………………申し込みフォーム………………

「多摩南読書会 11/14」に参加します


お名前:

ご連絡先電話番号:

ご連絡先メールアドレス:

種別1: 一般 / 学生

種別2: リピーター / 初参加

2次会: 参加する / 参加しない

……………………………………………………


*「種別」と「2次会」はあてはまるほうを残してメールをお送りください。

*ハンドルネームでのお申し込みはご遠慮願います。

*申し込み後、ご都合により欠席される場合は、事前にご連絡くださるようお願いいたします。キャンセル待ちのかたがいらっしゃること、2次会のキャンセル料が発生することにご配慮いただければと思います。

*今回事前連絡なしで当日欠席され、次回の読書会に参加申し込みをされた場合は「キャンセル待ちのお申し込み」として扱わせていただきます。


【受付について】


10月11日(日)10:00から先着順で受け付け、定員に達した段階で締め切らせていただき、以降はキャンセル待ちを受け付けます。

尚、多摩南読書会に初めて参加されるかたがお申し込みなさりやすいよう2人分の「初参加者優先枠」を設けます。

11月7日(土)までに「初参加者優先枠」が埋まらない場合は、キャンセル待ちをされているリピーターのかたに座席のご案内をいたします。


みなさまのご参加をお待ちしております!


☆多摩南読書会世話人☆

片山奈緒美(ツイッターアカウント @naolynne

遠藤裕子(ツイッターアカウント @azusa101


各地読書会カレンダー

これまでの読書会ニュースはこちら


狼の震える夜 (講談社文庫)

狼の震える夜 (講談社文庫)

煉獄の丘 (講談社文庫)

煉獄の丘 (講談社文庫)

二度死んだ少女 (講談社文庫)

二度死んだ少女 (講談社文庫)

闇の記憶 (講談社文庫)

闇の記憶 (講談社文庫)

希望の記憶 (講談社文庫)

希望の記憶 (講談社文庫)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証