ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■神戸読書会 4月29日 開催!■
■熊本読書会 5月6日 開催!■
■松山読書会 5月20日 満席■
■福岡読書会 5月20日 開催!■
■浜松読書会 5月27日 開催!■

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)
10 【対談】翻訳家と編集者のしごと(朝日カルチャーセンター新宿教室) 講師:ドイツ文学翻訳家・酒寄進一 東京創元社編集者・佐々木日向子
27 翻訳ミステリーお料理の会、第8回調理実習
28 『不機嫌な女たち』刊行記念トーク(下北沢B&B) 芹澤恵&山崎まどか
27 第22回翻訳百景ミニイベント「翻訳出版の現在を語る」樋口真理(三省堂)、小野寺志穂(ハーパーコリンズ・ジャパン)、古賀一孝(サウザンブックス)、鹿児島有里(フリー編集者)、越前敏弥(文芸翻訳者)


2015-10-17

第7回神戸読書会開催!

 

「今年はSFもアンソロジーも課題書にしたし、今度は何にしようか」と考える秋の夕暮れ。「スパイ」「警察」「怪盗」「探偵」「コージー」と脳内プレゼン合戦が繰り広げられた末に、世話人がたどりついた結論は……「そうだ、コン・ゲームがあるじゃないか!」


 ということで、第7回神戸読書会はジェフリー・アーチャー『百万ドルをとり返せ!』を課題書に開催いたします。詐欺師が設立した幽霊会社の株をつかまされ、身ぐるみはがされた四人の男性が、巻き上げられた総額百万ドルを取り返すために頭脳を絞り、ゴージャスな奪回作戦を繰り広げるコン・ゲームの名作です。「百万ドル」が大金の代名詞だったところに少々クラシカルさも感じないわけではないのですが、作品中で展開される、あの手この手の騙しの面白さは今でも十分楽しめます。それに、「ミステリーは好きでも、陰惨な犯罪描写の作品はちょっと」とおっしゃるかたにもおすすめできる軽やかさです。


 なお、課題書には「新版」を使用いたします。タイトルには「新版」とは銘打たれておりませんが、実在の人物・団体名への抵触を避ける(と思われる)ために、初版より登場人物・団体名が若干変更されております(訳者追記の掲載あり、奥付に改版明記)ので、ご留意ください。もちろん、旧版のご持参も大歓迎です。


日 時:2015年11月23日(月・祝)14:00〜16:00(13:30受付開始)

場 所:神戸市中央区内 三宮/三ノ宮駅近くの会議室

課題書:『百万ドルをとり返せ!』(ジェフリー・アーチャー/永井淳訳 新潮文庫)

定 員:20名

参加費:一般 700円 学生 300円 (会場・資料・飲み物代)

・当日、受付でお支払いください。

・学生のかたは、申込時にお申し出ください。


参加申込:

神戸読書会専用メールアドレス kobe.mysterybookclub@gmail.com までお申込みください。

・お申込みの際に、お名前(本名または著訳書のペンネーム)と、ご連絡先のお電話番号(携帯電話でも可)をお知らせください。

・ハンドルネームのみでのお申込みはご遠慮いただいております。


※ 会場の詳細は、お申込み受付後に直接ご連絡いたします。

※ 終了後は、近くのお店で懇親会を行います(会費別途)。参加をご希望の方は、読書会お申込の際にお知らせください。

※ 定員になり次第、締め切らせていただきますのでご了承ください。


神戸翻訳ミステリー読書会 世話人:末原 睦美

後援:翻訳ミステリー大賞シンジケート


各地読書会カレンダー

これまでの読書会ニュースはこちら


百万ドルをとり返せ! (新潮文庫)

百万ドルをとり返せ! (新潮文庫)

15のわけあり小説 (新潮文庫)

15のわけあり小説 (新潮文庫)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証