Hatena::ブログ(Diary)

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

■7月31日より新サイトでの更新に移行いたします。こちらの旧サイトはまもなく閉鎖いたします■


第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)


2016-02-15

NY Timesベストセラー速報20160221(執筆者・国弘喜美代)

アメリカのベストセラー・ランキング

2月21日付 The New York Times紙(ハードカバー・フィクション部門)


1. BROTHERHOOD IN DEATH    New!

J. D. Robb J・D・ロブ

Brotherhood in Death: 42 (English Edition)

Brotherhood in Death: 42 (English Edition)

元上院議員エドワードが何者かに傷を負わされ、そのまま消息を絶つ。姿を最後に見たのは、いとこのデニスだった。デニスいわく、エドワードは一族ゆかりの土地を勝手に売ろうとしていたらしい。イヴはデニスの妻で自身の友人でもあるトッププロファイラーのシャーロットとともに事件を調べはじめる。イヴ&ローク・シリーズ第42作。


2. NYPD RED 4    Down

James Patterson and Marshall Karp ジェイムズ・パタースン、マーシャル・カープ

NYPD Red 4

NYPD Red 4

ニューヨーク市警の特命捜査班“レッド”所属のザック・ジョーダンとカイリー・マクドナルドの男女コンビが活躍するシリーズの第4作。映画のプレミアイベント会場で女優が殺害され、数百万ドルのネックレスが強奪される。一方、市内の病院では高価な医療機器の窃盗事件が頻発、ザックとカイリーは捜査に奔走する。


3. ALL THE LIGHT WE CANNOT SEE    Up

Anthony Doerr アンソニー・ドーア

All the Light We Cannot See

All the Light We Cannot See

フランスに住む盲目の少女と、無線技師となり戦争に巻きこまれていくドイツ人の青年――第二次大戦直前、ふたりの人生がサン・マロで交錯する。短編集『シェル・コレクター』でデビューした著者の4年ぶりの新作長編。新潮クレスト・ブックスから邦訳刊行予定。


4. MY NAME IS LUCY BARTON    Down

Elizabeth Strout エリザベス・ストラウト

My Name Is Lucy Barton

My Name Is Lucy Barton

ピューリッツァー賞を受けた著者による最新作。簡単な手術を受け、回復中のルーシー・バートンの病室に、もう何年も口をきいていない母親が見舞いにやってくる。2人はルーシーの幼少期の思い出話をはじめ、次第に絆を取り戻していく。しかし、その水面下では……短いながらも深い余韻を残す、母と娘の物語。


5. THE GIRL ON THE TRAIN    Stay

Paula Hawkins ポーラ・ホーキンズ

The Girl on the Train: A Novel

The Girl on the Train: A Novel

ロンドンに住むレイチェルは、毎朝同じ通勤電車に乗り、線路ぞいのある家に暮らす夫婦の朝食風景をながめるのを日課にしていたが、ある日意外な場面を車窓から目撃する。やがてその夫婦の妻の失踪が明らかになり……。イギリスの新人女性作家による心理サスペンス。邦訳『ガール・オン・ザ・トレイン』(池田真紀子訳)が講談社文庫より刊行されている。


6. BREAKDOWN    New!

Jonathan Kellerman ジョナサン・ケラーマン

テレビ女優が死体で発見された。その女優の幼い息子オーヴィットの行方もわからない。アレックスはオーヴィットの消息と女優の死の謎を探るが、第二の殺人事件が起こり……。ロサンゼルスの小児臨床心理医アレックス・デラウェア・シリーズの第31作。


7. THE NIGHTINGALE    Stay

Kristin Hannah クリスティン・ハナ

The Nightingale: A Novel

The Nightingale: A Novel

ドイツ軍に占領されたロワール地方の村で幼い娘をかかえて苦労するヴィアンヌと、パリでレジスタンスの活動に身を投じたイザベル。第二次大戦中のフランスを舞台に、苛酷な時代を強く生き抜いた姉妹の姿を描く。小学館から『ナイチンゲール(上・下)』(加藤洋子訳)として3月8日発売予定。


8. BLUE    Down

Danielle Steel ダニエル・スティール

Blue

Blue

ビバリーヒルズでの絵に描いたようなセレブ婚生活を一瞬の事故で失ったジニー。ホームレスの少年ブルーとの出会いが彼女の疲れ果てた心を変えていくが、ふたりの友情が深まりはじめたころ、ブルーが隠していた衝撃的な秘密が明かされる。ロマンス作品で知られるダニエル・スティールの最新作。


9. ROGUE LAWYER    Up

John Grisham ジョン・グリシャム

Rogue Lawyer

Rogue Lawyer

ミニバーとWi-Fiを備えた革装特別仕様の防弾車に乗り、その運転手兼用心棒兼ゴルフのキャディーでもある腹心の友を相棒に、ひとの嫌がる依頼人ばかりを弁護する異端児セバスチャン・ラッド。孤高の男を主人公に据えた、リーガル・サスペンスの名手による最新作。


10. STAR WARS: THE FORCE AWAKENS    Down

Alan Dean Foster アラン・ディーン・フォスター

The Force Awakens (Star Wars)

The Force Awakens (Star Wars)

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の公式ノヴェライゼーション。8ページにわたるカラー写真付き。著者は最初の「スター・ウォーズ」でもジョージ・ルーカス本人の依頼でゴーストライターをつとめ、映画化前の1976年に脚本から小説を書き起こしたことが近年明かされている。


【まとめ】

1位にJ・D・ロブ、6位にジョナサン・ケラーマンの作品がはいりました。31作を数えるケラーマンの小児臨床心理医アレックス・デラウェア・シリーズは、本国ではほぼ毎年刊行され、邦訳は14作目の『マーダー・プラン』(講談社文庫)まで出ています。著者自身が小児臨床医学の専門家であり、妻は作家のフェイ・ケラーマン。フェイ・ケラーマンの代表作、ピーター・デッカー&リナ・ラザラスのシリーズについては、このサイトに掲載された翻訳者の高橋恭美子さんによる〈初心者のためのフェイ・ケラーマン入門〉がくわしいのでそちらをごらんください。


国弘喜美代(くにひろ きみよ)

南東京読書会の世話人のひとりです。訳書はドン・ウィンズロウ報復』(青木創さんとの共訳)など。2月11日のピエール・ルメートル悲しみのイレーヌ』読書会、翻訳者の橘明美さんと担当編集者の永嶋俊一郎さんが興味深い話をたっぷりしてくださって、さらになんと田口俊樹さんがサプライズでご参加くださり、にぎやかで刺激的な会になりました。ご協力いただいたみなさま、参加者のみなさま、ありがとうございました。次回は5月14日(土)の予定です。