Hatena::ブログ(Diary)

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

■7月31日より新サイトでの更新に移行いたします。こちらの旧サイトはまもなく閉鎖いたします■


第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)


2016-02-28

【再掲】第11回埼玉読書会のお知らせ

みなさま、こんにちは。


第11回埼玉読書会のお知らせです。今回の開催地は熊谷。なつかしいですね。ひさしぶりですね。3月上旬でまだまだ寒い時期ではありますが、読書会のかたわら、ご当地グルメやハイセンスなチョコレートショップ、ちょっと足をのばして、かの有名なかき氷の聖地(寒い時期ならではのメニューで営業しておりますよ!)を訪れてみませんか。


テキストとして取りあげますのは、ジョナサン・ホルトの『カルニヴィア1 禁忌』ヴェネツィアを舞台にした3部作の第1作です。“スティーグ・ラーソン『ミレニアム』ダン・ブラウンダ・ヴィンチ・コードを足して2で割ったよう”と評されることからわかるように、たくさんの要素を詰めこみながらも、読みやすい語り口でぐいぐい読ませます。



どんなお話かというと――


ヴェネツィアの教会の石段で、女性の死体が発見された。死体はカトリックの女性には許されない司祭の祭服を着て、腕には奇妙な模様のタトゥーがあった。憲兵隊の大尉カテリ−ナは捜査を開始する。その頃、米軍基地に赴任した少尉のホリーは、旧ユーゴ内戦時の記録の公開を求める女性と面会した。ホリーは記録を調べるが、やがてその女性の死を知る。カテリーナとホリーは協力し、ソーシャル・ネットワーク「カルニヴィア」の創設者ダニエーレとともに、二人の女性の死に潜む陰謀に迫る。(早川書房のサイトより)


本書には2013年のポケミス版と電子書籍版、2015年の文庫版がございます。お好みのバージョンでお読みください。


日時:2016年3月6日(日)14:30〜16:45(懇親会別途予定)

場所:JRおよび秩父鉄道の熊谷駅から徒歩5分ほどの会議室(参加される方に詳細をご連絡します)

課題書:『カルニヴィア 1 禁忌』(ジョナサン・ホルト/奥村章子訳/ハヤカワ・ミステリ文庫)

     *各自ご用意のうえ、当日までにお読みください。

定員:12名(世話人をのぞく)

参加費:500円(会場費+諸経費)

    *当日受付でお支払いください。


申込方法

 ◎件名を「埼玉読書会11」とし、以下のフォーマットにて専用アドレス(saitamadokushokai@gmail.com)までメールでお申し込みください。

 お名前(本名フルネームでお願いします。プロの筆名は可):

 連絡先電話番号(携帯可):

 懇親会(会費4000円程度):参加 不参加 (どちらかを消してください)


 ◎定員になり次第締めきりますのでご了承ください。


 ◎申し込みメール受信後48時間以内に受付メールをお送りします。送信後48時間以上経過しても受付メールが届かない場合、メールの受信設定を確認のうえ、再度、専用アドレスまでご連絡ください。


埼玉翻訳ミステリー読書会世話人 東野さやか(ツイッターアカウント @andrea2121

後援 翻訳ミステリー大賞シンジケート


各地読書会カレンダー

これまでの読書会ニュースはこちら


カルニヴィア1 禁忌

カルニヴィア1 禁忌

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット

ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版

ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版