Hatena::ブログ(Diary)

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

■7月31日より新サイトでの更新に移行いたします。こちらの旧サイトはまもなく閉鎖いたします■


第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)


2016-03-26

第七回翻訳ミステリー大賞授賞式&コンベンション参加者のみなさまへ

 

f:id:honyakumystery:20130416191138j:image:w35第七回翻訳ミステリー大賞授賞式&コンベンション参加者のみなさまへ

f:id:honyakumystery:20160122234111j:image:w300

 

「第七回翻訳ミステリー大賞授賞式&コンベンション」への多数のみなさまのご参加申込み、ありがとうございます。事務局一同、当日みなさまに会場のスウェーデン大使館でお目にかかれるのを楽しみにしています。

 

■第七回翻訳ミステリー大賞授賞式開催要項■

  • 主催:翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 共催:スウェーデン大使館
  • 日時:2016年4月2日(土)13:00〜
  • 会場:スウェーデン大使館(東京・六本木)
  • 特別ゲスト:ヨハン・テオリン氏(作家)

(ヨハン・テオリン氏の略歴や作品一覧などは こちら の記事をご参照ください)

 

  

 

【お願い】

 翻訳ミステリー大賞の授賞式に関係するお問い合わせは、当サイト事務局にお願いいたします。

 直接スウェーデン大使館に質問することはご遠慮ください。

  

 翻訳者のみなさまには、第七回翻訳ミステリー大賞の二次投票を重ねてお願いいたします。締切は3月31日(木)、投票要項は以下のリンクをご参照ください。

 最終候補作五作を読了したプロ翻訳者の方なら、どなたでも投票できます。

 一次投票参加の有無は問いません。

 フィクションの分野でご活躍の翻訳者のみなさまはもちろん、ノンフィクション分野でご活躍の翻訳者のみなさまも、なにとぞご協力をお願いいたします。

 

f:id:honyakumystery:20130416191138j:image:w35 ■タイムテーブル■

  • 進行や会場の都合上、当日やむをえず変更する場合がありますことにご留意ください。

時間
12:30受付開始
13:00開会の辞(諸注意)
13:10〜14:10「七福神」でふりかえる翻訳ミステリーこの1年
14:10〜14:20休憩
14:20〜15:20・第七回大賞公開開票式・授賞式
・第四回読者賞発表・授賞式
・第二回 フランスミステリ未訳短編翻訳コンテスト 表彰式
15:20〜15:30休憩
15:30〜16:30ヨハン・テオリン氏特別講演&質疑応答
16:30〜17:00テオリン氏サイン会
17:30〜20:00懇親会(大使館至近のレストラン貸切)


f:id:honyakumystery:20130416191138j:image:w35 ■第一部:本会(会場:スウェーデン大使館:ノーベル記念講堂■

  

【1】七福神でふりかえる翻訳ミステリーこの一年

 当サイト人気連載「書評七福神」。翻訳ミステリーの目利きたちのセレクトは、次になにを読もうかと迷ってしまう読者にとっていまやなくてはならない指針。当日はその七福神がスウェーデン大使館に降臨し、第七回大賞の対象期間のセレクションをもとに翻訳ミステリー・シーンの一年をふりかえり、あわせて第七回大賞のゆくえを直前予想します。パネラーとして北上次郎酒井貞道氏吉野仁、および大賞事務局メンバーでもある川出正樹。司会進行はおなじく事務局杉江松恋がつとめます。

 

【2】大賞リアルタイム開票式

 翻訳者諸氏のあついオススメ心のこもった票をその場で開票、来場者のみならず候補作翻訳者や編集者がかたずをのんで見守るなか、その場でカウントしていきます。票数の接戦や終盤の追いあげに盛り上がり必至です。ノーベル記念講堂でいちばん多くエドガー・アラン・ポーの顔を獲得して第七回大賞に輝くのはどの作品でしょうか?

 開票式につづいて、大賞贈賞式+受賞作の翻訳者、担当編集者スピーチも予定しています。

 

【3】第四回翻訳ミステリー読者賞授賞式

 各地読書会の参加者有志が運営する「読者賞」の発表がおこなわれます。こちらの賞の行方も気になるところです。

 

【4】第二回 フランスミステリ未訳短編翻訳コンテスト 表彰式

 フランスミステリ翻訳者の高野優さんが主宰する「フランス語翻訳教室」でおこなわれている〈フランスミステリ未訳短篇発掘プロジェクト〉。当日は会場にて結果発表と優秀翻訳作品の表彰式をおこないます。

 

【5】ヨハン・テオリン氏記念講演

〈エーランド島四部作〉の待望の完結篇『夏に凍える舟』(三角和代訳)が翻訳刊行されたばかりのタイミングで来日するテオリン氏。このシリーズの魅力のひとつに、わたしたちがまだ見ぬ遠いスウェーデンの島の雰囲気を感じさせてくれる美しい自然描写があることは疑いありません。

 当日はテオリン氏がみずから持参するエーランド島の風景写真をみなさんにお見せしながら、その創作の秘密の一端を語ります。また時間の許すかぎり、参加者のみなさんからの質問も受けつける予定です。

 講演会後には会場にてサイン会を開催いたします(会場での著書の販売はありません。サインご希望の方は事前に著書のご用意をお願いいたします)。

 

*テオリン氏略歴・これまでの著作等はこちら↑をご参照ください。

 

f:id:honyakumystery:20130416191138j:image:w35 ■第2部 懇親会■(17:30〜20:00)

 スウェーデン大使館至近のレストランを借リ切っての立食形式の飲み放題つきパーティー。年に一度の翻訳ミステリー大賞授賞式は、またみなさんが旧交をあたためる場であり、あらたな出会いの場でもあります。この機会に思う存分おしゃべりをするもよし、最近読んだ本や大好きな本について情報交換をしたり布教をしたりするもよし。おおいに楽しんでください。

 

【6】第四回出版社対抗ビブリオバトル

 懇親会のオープニングイベントです。

 各社の翻訳ミステリー担当編集者たちが「隠し玉」を武器としてくりひろげるビブリオバトル。これからどんな話題作が翻訳刊行されるのかを、日本でいちばん早く知るチャンスです。隠し玉以外の刊行予定も各社惜しげもなく大公開されます。

 今年の参加者は以下の精鋭編集社の各氏です(版元50音順)。

  • 東京創元社:宮澤正之さん
  • 早川書房:根元佳祐さん
  • 藤原編集室:藤原義也さん
  • 扶桑社:吉田淳さん
  • 文藝春秋:永嶋俊一郎さん

 はたしてどのような近刊タイトルが、どのようなパフォーマンスで紹介されるのか。会場参加者のハートをいちばんたくさんつかむ栄光のチャンプ本は?

 なお昨年のようすは当サイト掲載のこちらの記事をどうぞ。

 

f:id:honyakumystery:20130416191138j:image:w35◆参加にあたっての諸注意・お願い◆

 

  • 宿泊型イベントではないため飲食物の差し入れはお断わりいたします。お気持ちだけちょうだいいたします。
  • 来場者用駐車場はありません。公共交通機関でのご来場をお願いいたします。
  • 大使館内での物販が禁止されています関係上、会場でのヨハン・テオリン氏の著書の販売はありません。サインご希望の方は、お手数ですがテオリン氏の著作を事前にご用意願います。
  • 当日配布する各種資料のウェブ等への無断転載や再配布はご遠慮ください。ご紹介いただける場合には、別途事務局への連絡をお願いいたします。
  • 喫煙所以外のスペースは禁煙です。
  • ノーベル記念講堂内での飲食はご遠慮ください。飲食は大使館ロビー等でお願いいたします。
  • ごみは各自でお持ち帰りください。
  • 館内では、受付時に配布する名札の着用をお願いいたします。
  • 大使館内には立入禁止の場所もあります。会場内では大使館スタッフや事務局スタッフの指示に従ってくださいますようお願いいたします。

 それでは、4月2日に会場でお会いできること、お話しできることを事務局一同楽しみにしております!

 

 翻訳ミステリー大賞事務局

 

●第七回大賞最終候補作

声

 

●ヨハン・テオリン氏邦訳作品

 

 

■第七回翻訳ミステリー大賞関連記事■

 

翻訳ミステリー大賞通信(関係記事一覧)