Hatena::ブログ(Diary)

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

■7月31日より新サイトでの更新に移行いたします。こちらの旧サイトはまもなく閉鎖いたします■


第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)


2016-04-13

第七回翻訳ミステリー大賞投票者コメントのご紹介(後篇)

 

 第七回翻訳ミステリー大賞 投票者コメントのご紹介・前篇につづいて、第七回翻訳ミステリー大賞二次投票に添えられた翻訳者のみなさまのコメントの一部を紹介します。

 前篇同様、掲載にあたって編集した箇所がありますこと、ご了承ください。作品は得票数順、コメントは投票者名50音順です。

 

 受賞作と最終候補作がとりあげられた「書評七福神今月の一冊」の該当月のリンクも添えました。えりすぐりの5作品を読み巧者の七福神はどんなふうに読んだのか。ぜひリンク先もお読みください。

 

f:id:honyakumystery:20160409135408j:image:w400

(公開開票式/写真:© 永友ヒロミ&矢野広美)

 

 候補作『もう過去はいらない』ダニエル・フリードマン/野口百合子訳(創元推理文庫

f:id:honyakumystery:20130416191138j:image

f:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:image(13票)


青木純子:もう「他」はいらない(ごめんね田口さん!)

門脇弘典:エンタテインメントとして楽しめるという点では、頭ひとつ抜けていると思いました。

黒木章人:前作のオフビート感はそのままに、バック・シャッツの過去、アメリカの過去の暗部が加わったことで深みが倍増! クールさは3倍増!

白石朗:一作めの魅力は変わらず、しかし趣向を変えて読む者を飽きさせない。主人公が老い先短いなどといわずに書きつづけ、訳されつづけてほしい。

鈴木恵:他の作品との大きなちがいは、この作品のもつ強烈な反骨心でしょうか。そこが何よりの魅力でした。

高橋佳奈子:この食えないクールなじじいが魅力的すぎてたまらない。バックがご長寿世界一となるまでつづいてほしいシリーズ。

田口俊:シリーズとして格段に深化している。読みおえて、これほど主人公が愛おしく思えた小説も珍しい。現実にはありえない。こんな暴力的で皮肉屋の爺さんに涙が出るほどシンパシーを覚えるなんて。フィクションの持つすばらしい力を改めて思い出させてくれた一冊。

三浦玲子:会話が非常におもしろかった。年寄りに一票。

三角和代:5作品のどちらにするかとても悩んだのですが、万人に訪れる老いに対して逃げることなく正面から描いたこちらをより多くの人に薦めたいと考え、投票します。バック・シャッツ、まだまだ期待してるよ。


『もう過去はいらない』→2015-09-17 書評七福神の八月度ベスト発表!



 候補作『悲しみのイレーヌ』ピエール・ルメートル/橘明美訳(文春文庫)

f:id:honyakumystery:20130416191138j:image

f:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:image(12票)


門野集:こういうミステリが好きなので。ただ、『声』にも投票したくて迷ったことを記しておきます。

栗原百代:今度こそ。

佐藤桂:これでもかという猟奇的な殺人の描写には気が滅入りましたが、この作品の意表をつく構成と救いのない結末が強く印象に残りました。

中川潤一郎:エーレンデュルとバック・シャッツも良かったですが、「ヴェルーヴェン警部と仲間たち」に軍配を上げます。

福井久美子:すでに『アレックス』を読んで、結末を知っていたはずだったのに……。まさかの展開にあごが床に落ちました。

堀川志野舞:シリーズ1作目から読みたかったなと思っていましたが、この順番で読んだおかげで、かえって恐怖が煽られてハラハラしました。そして結末をわかっているつもりでいたら、意外な方向からの仕掛けがあって、まんまとしてやられました! 今度はどんなふうに驚かしてもらえるのか、次作も期待しています。

吉井智津:大きな仕掛けがあきらかにされるあの場面ではクラクラとめまいがしました。そして、結末がわかっていてもなお深く引き込まれてしまう作品の力強さに圧倒されました。最終候補作5作すべてのあいだでとても迷いましたが、これからもたくさん読んでついていきたいと思わせてくれたこの作品に一票を投じたいと思います。


『悲しみのイレーヌ』→2015-11-12 書評七福神の十月度ベスト発表!



 候補作ゲルマニアハンス・ギルバース/酒寄進一訳(集英社文庫)

f:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:image(8票)


飯干京子:小説になにができるかを正攻法で見せてくれる、非常に力強い作品だと感じました。一分の隙もない翻訳のすばらしさにも溜息がでます。

南沢篤花:猟奇殺人事件の捜査を軸に、連日の空襲とナチの恐怖政治に怯える主人公ならびに市井の様子、そこに絡む主要登場人物たちの政治的な思惑の描かれ方が圧巻。安易な終わり方をしていないところもいい。

 

『ゲルマニア』→2015-07-23 書評七福神の六月度ベスト発表!

 

 

f:id:honyakumystery:20160409135417j:image:w400

(大賞トロフィー/写真:© 永友ヒロミ&矢野広美)

 

【二次投票者・全62名、五十音順、敬称略】

《ア行》青木悦子、青木純子、青木創、安達眞弓、飯干京子、稲垣みどり、井野上悦子、宇丹貴代実、越前敏弥、大野晶子

《カ行》加賀山卓朗、柿沼瑛子、片山奈緒美、門野集、門脇弘典、上條ひろみ、川添節子、喜須海理子、北田絵里子、木下晋也、国弘喜美代、栗木さつき、栗原百代、黒木章人、黒輪篤嗣、小林さゆり、駒月雅子

《サ行》佐藤桂、白石朗白須清美、坂本あおい、鈴木恵、芹澤恵

《タ行》高里ひろ、高橋佳奈子、高橋恭美子、高橋知子、高山真由美、田口俊樹、橘明美、辻早苗、冨田ひろみ

《ナ行》中川潤一郎、中谷友紀子、ニキリンコ、野口百合子

《ハ行》服部京子、東野さやか、日暮美月、菱山美穂、鶸田裕子、福井久美子、堀川志野舞

《マ行》三浦玲子、三角和代、満園真木、南沢篤花、武藤崇恵、森嶋マリ

《ヤ行》横山啓明、吉井智津、吉野山早苗

 

●第一回大賞受賞作

犬の力 上 (角川文庫)

犬の力 上 (角川文庫)

犬の力 下 (角川文庫)

犬の力 下 (角川文庫)

●第二回大賞受賞作

●第三回大賞受賞作

忘れられた花園 上

忘れられた花園 上

忘れられた花園 下

忘れられた花園 下

●第四回大賞受賞作

無罪

無罪

●第五回大賞受賞作

11/22/63 上

11/22/63 上

11/22/63 下

11/22/63 下

●第六回大賞受賞作

秘密 上

秘密 上

秘密 下

秘密 下

 

■第七回翻訳ミステリー大賞関連記事■

 

翻訳ミステリー大賞通信(関係記事一覧)