Hatena::ブログ(Diary)

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

■7月31日より新サイトでの更新に移行いたします。こちらの旧サイトはまもなく閉鎖いたします■


第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)


2017-05-03

第八回翻訳ミステリー大賞投票者コメントのご紹介(後篇)

 

 第八回翻訳ミステリー大賞 投票者コメントのご紹介・前篇につづいて、第八回翻訳ミステリー大賞の本投票に添えられた翻訳者のみなさまのコメントの一部をご紹介します。

 前篇同様、掲載にあたって編集した箇所がありますこと、ご了承ください。作品は得票数順、コメントは投票者名50音順です。

 

 受賞作と最終候補作がとりあげられた「書評七福神今月の一冊」の該当月のリンクも添えました。えりすぐりの5作品を読み巧者の七福神はどんなふうに読んだのか。ぜひリンク先もお読みください。

 

f:id:honyakumystery:20170424231825j:image:w400

(公開開票式・開票に応じてエドガー・アラン・ポーの顔を点数表に貼っていきます)

 

候補作『ミスター・メルセデススティーヴン・キング白石朗訳(文藝春秋

f:id:honyakumystery:20130416191138j:image f:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:image(12票)

 

青木純子:ネスボかキングかですっごーく迷いましたが、ほんと僅差です!!

宇丹貴代実:とにかく読ませる。狂気と正気、正常と異常との境にいる人物を描くのがうまい(そして、どの人物の描写にも作者の温かい視線が感じられる)。何よりも、下巻のヒロインにどっぷり感情移入させられた。

門野集:安直な競馬的比喩にて失礼します。今年の候補作のなかではソウルスターリング級の飛び抜けた傑作だと思いましたので、これを推します。この著者と訳者の組み合わせはフランケル×スタセリタを連想させます。ただしソウルスターリングは本番で負けましたが。

北綾子:枯れてるけどがんばっちゃうおじさんに萌えます。

栗原百代:時代にマッチしたミステリーの面白さ、魅力あふれるキャラクター造形、そして冴えわたるキング/白石節に、じっとり酔わされました。

白須清美:今回の候補作はどれを取っても面白く、一作に絞るのがこれまでで一番難しかったです。中でもキングの作品は本当に面白かった!!! どの作品が大賞を取っても、ぜひ最終候補作すべてを読んでほしいです。

高橋恭美子:『その雪と血を』の切ない余韻も忘れがたく大好きな作品ですが、キング・ファンとしては初のクライム・ノヴェルのこの圧倒的なおもしろさをもっと広めたい! ということで『ミスター・メルセデス』に軍配を。早く次作が読みたーい。

三角和代:キングが持ち味を活かしつつ描いたミステリ、堪能しました。読者にも自信をもって薦めたい作品です。

吉澤康子:すっかり引きこまれて夢中で読み進みました。

 

『ミスター・メルセデス』→ 2016-09-15 書評七福神の八月度ベスト発表!

 

 

候補作『熊と踊れ』アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ/ヘレンハルメ美穂、羽根由(早川書房)

f:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:image(6票)

飯干京子:好きなジャンルであるパルプ・ノワールの秀作快作とのあいだで迷いましたが、克明な現実描写を土台にした大長編の力勝ちで、こちらに。

高橋知子:緊迫感のある犯罪小説としても、家族のドラマとしても楽しめました。

鶸田裕子:『ミスター・メルセデス』とどちらにしようか迷いましたが、こちらにします。

山本知子:プロットの新鮮さやリアリティーもさることながら、独特のスピード感でこの分量を一気に読めました! 圧倒的に面白かったです。 

 

■『熊と踊れ』→ 2016-10-20 書評七福神の九月度ベスト発表!

 

 

候補作『拾った女』チャールズ・ウィルフォード/浜野アキオ(扶桑社)

f:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:image f:id:honyakumystery:20130416191139j:imagef:id:honyakumystery:20130416191139j:image(4票)

 

喜須海理子:最後から二行目の一文、できることなら読まずにすませたかった。この一文によって、自分が思い描いていた主人公の姿がまったくの見当違いだったことがわかるとともに、奇妙にも腑に落ちたことも多々あった。この作品が誕生から長い年月を経て邦訳紹介されたことに感謝。

坂本あおい:最小限の力で最大限投げ飛ばされたような快感が、やはり忘れられません。

菱山美穂:エンターテインメント性の高い作品だと思います。

  

『拾った女』→ 2016-08-11 書評七福神の七月度ベスト発表! / 2016-07-14 書評七福神の六月度ベスト発表!

  

f:id:honyakumystery:20160409135417j:image:w400

(大賞トロフィー/写真:© 永友ヒロミ&矢野広美)

 

【本投票者・全59名、五十音順、敬称略】

《ア行》青木純子、青木創、安達眞弓、飯干京子、稲垣みどり、宇丹貴代実、越前敏弥

《カ行》加賀山卓朗、柿沼瑛子、片山奈緒美、門野集、上條ひろみ、川添節子、喜須海理子、北綾子、北田絵里子、木下晋也、国弘喜美代、栗木さつき、栗原百代、黒木章人、小林さゆり、駒月雅子

《サ行》坂田雪子、坂本あおい、白石朗白須清美、鈴木恵、関麻衣子、関根光宏、瀬野莉子、芹澤恵

《タ行》高野優、高橋恭美子、高橋知子、高山真由美、田口俊樹、辻早苗

《ナ行》中谷友紀子、中村有以、野口百合子

《ハ行》服部京子、服部理佳、東野さやか、日暮美月、菱山美穂、鶸田裕子、舩山むつみ、堀川志野舞

《マ行》三角和代、南沢篤花、武藤崇恵、武藤陽生、森嶋マリ

《ヤ・ワ行》吉澤康子、山口かおり、山本知子、吉野山早苗、和爾桃子

 

●第一回大賞受賞作

犬の力 上 (角川文庫)

犬の力 上 (角川文庫)

犬の力 下 (角川文庫)

犬の力 下 (角川文庫)

●第二回大賞受賞作

●第三回大賞受賞作

●第四回大賞受賞作

●第五回大賞受賞作

●第六回大賞受賞作

秘密 上

秘密 上

秘密 下

秘密 下

●第七回大賞受賞作

声

 

■第八回翻訳ミステリー大賞関連記事■

 

翻訳ミステリー大賞通信(関係記事一覧)