Hatena::ブログ(Diary)

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加

■7月31日より新サイトでの更新に移行いたします。こちらの旧サイトはまもなく閉鎖いたします■


第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)


2017-07-28

第13回熊本読書会開催!

 

 暦の上では立秋間近ですが、九州はこれからが夏本番というところでしょうか。


 さて、ここ熊本ではしばらく、黄金時代の課題書が続きましたが、今回はさらに遡って黄金時代前夜に時間を巻き戻してみたいと思います。

 第13回の課題書は、オースティン・フリーマンのオシリスの眼』(ちくま文庫)を取り上げます。


 フリーマンといえば、クイーンの定員にも選ばれた短編でみせた倒叙形式や、ミステリに法医学を取り入れた先駆者としても知られていますが、本書は後にクリスティーの『ナイルに死す』や、クイーンの『エジプト十字架の謎(秘密)』など、エジプトを舞台にしたミステリーの嚆矢とも言われています。

 また、主人公のソーンダイク博士は、シャーロック・ホームズと比較されることもしばしばです。


 残暑の熊本で、熱砂のエジプトに想いを馳せるのもまた一興。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。



第13回 熊本読書会

【主 催】熊本ミステリー読書会

     https://www.facebook.com/kumamotomystery


【課題書】オシリスの眼』(筑摩書房)

     オースティン・フリーマン著/渕上痩平訳

※課題書は各自でお求めいただき、当日までに読了のうえご参加ください。

電子書籍版も可)


【日 時】2017年9月2日(土)

     15:30〜17:30


【場 所】熊本市中央区上通町2-3

     熊本市現代美術館 3F会議研修室

※館内保全のため会場内は飲食禁止となっております。ご協力をお願いします。


【参加費】300円


【定 員】20名(先着順)


【懇親会】読書会終了後(18:00〜)に、別途懇親会を予定しています。

     会場は後日参加者に別途連絡します。(会費4,000円程度)


【後 援】翻訳ミステリー大賞シンジケート

     http://hatena.ne.jp/honyakumystery


【参加方法】受付専用サイト(告知's PRO)

      http://www.kokuchpro.com/event/kumamoto13th

      より、お申し込みください。


      申し込み時に、お名前と連絡の取れる電話番号(携帯電話)、

      メールアドレスをお書き添えください。

      ※ハンドル名等での参加はご遠慮いただいております。


      定員になり次第、募集を締め切らせていただきますので予めご了承ください。


各地読書会カレンダー

これまでの読書会ニュースはこちら


歌う白骨

歌う白骨

2017-07-22

第20回札幌読書会開催!

 

 6月某日、翻訳家の田口俊樹さんから札幌読書会に一通のメールが届きました。


「いやあ、競馬のあとの酒の席で盛り上がっちゃって、地方の読書会に行こうってことになったんだけど、お馬さんの関係で札幌がいいんだよね。9月2日。どう、ユーたち、読書会やっちゃう? 課題書はなんでもオーケー。K上さんと、早川書房のY口とわたし、あと生徒のK脇って翻訳家も連れてくよ」(注:脚色してます)


 8月に続いて2ヶ月連続の開催となるため、いったん世話人3名で相談しました。

「…やるか?」

「やるべ!」

「やっちゃるべ!!」

(注:脚色してます。本当は“もっと”早かった)


 というわけで、2ヶ月連続やっちゃいます。

 スペシャルゲストとして書評家の北上次郎氏、翻訳家の田口俊樹氏と門脇弘典氏、そして早川書房の山口晶氏を(札幌競馬のメインレース後に)お迎えする特別会です。


 課題書は、田口俊樹氏と言えばこの作家、ローレンス・ブロック『八百万の死にざま』です。

〈アル中探偵マット・スカダー〉シリーズ初期の代表作。「早めに言ってもらえれば、500ページくらい余裕余裕」という常連さんの心強い言葉に背中を押されて決定しました。

八百万の死にざま (ハヤカワ・ミステリ文庫)

八百万の死にざま (ハヤカワ・ミステリ文庫)


 たくさんのご参加、お待ちしております。

 詳細及び申込方法は下記の通りです。


【日時】9月2日(土)16:30〜受付 17:00〜スタート(予定)

    ※読書会終了後に同じ会場で懇親会を行います

【場所】ご参加の方に別途ご案内いたします(最寄は地下鉄大通駅です)

【課題書】『八百万の死にざま』ローレンス・ブロック著/田口俊樹訳/ハヤカワ・ミステリ文庫)

【参加条件】課題本を読了していることのみ

【参加費】(読書会のみ)2,000円 (懇親会とセット)4,500円

【定員】30名程度

【お申込み方法】

札幌読書会専用アカウント sapporo.readingparty@gmail.com にメールでお申し込み下さい。

件名を「札幌読書会 9/2」とし、メール本文に下記3点をお書き下さい。

・お名前(ハンドルネーム不可)

・ご連絡先電話番号

・懇親会の参加/不参加(後日のお返事でもけっこうです)

【お問い合わせ】

その他ご不明な点があれば sapporo.readingparty@gmail.com までお気軽にお問い合わせ下さい。


各地読書会カレンダー

これまでの読書会ニュースはこちら


暗闇にひと突き

暗闇にひと突き

八百万の死にざま

八百万の死にざま

すべては死にゆく

すべては死にゆく

2017-07-21

【再掲】第11回金沢読書会のご案内

 こんにちは、金沢読書会です。


 わりといろいろな国の作品を課題書にしている当会ですが、今回はオーストラリア発の、注目新人ジェイン・ハーパーによる『渇きと偽り』をとりあげます。



 おなじみ〈書評七福神の今月の一冊〉のコーナーでも、四月度ベストで3名が推しておられたので、気になる内容はぜひそちらをご覧ください。ほかにも多くの雑誌書評等で紹介された、読み逃しては惜しい今年の新刊です。


 干魃にあえぐ灼熱の町が舞台の本作を読んで、盛夏の読書会にぜひお越しを。自由参加の懇親会は焼き鳥の予定です、なんとなく(笑)。


開催日時:2017年7月29日(土)15:00〜17:00(受付14:45〜)

会場:〈謎屋珈琲店〉2階イベントスペース

課題図書:『渇きと偽り』ジェイン・ハーパー 著/青木創 訳(早川書房)

     電子書籍版もあり。当日までに読了してご参加ください。

定員:15名程度

参加費:600円(ドリンク料金 500円+諸経費 100円)


【申し込み方法】

 専用アカウント(kanazawa.dokusho@gmail.com)までメールでお申し込みください。件名を「金沢読書会11」とし、メール本文には下記のフォーマットをご使用ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。


お名前(ご本名フルネーム):

ご連絡先電話番号(携帯可):

懇親会(会費別途 17:30〜の予定):参加/不参加(いずれかを消してください)


 お申し込みのメールには24時間以内に返信さしあげます。こちらからの受付メールが届かない場合は、お手数ですが再度ご連絡ください。

 先着順で受け付け、定員に達した段階で締め切らせていただきます。


 翻訳ミステリー金沢読書会世話人 北田 絵里子(ツイッターアカウント@erk_ktd

 後援 翻訳ミステリー大賞シンジケート


各地読書会カレンダー

これまでの読書会ニュースはこちら