黄昏の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-07-07

honyarera2005-07-07

[]呼ばれて演奏するということ 11:41 呼ばれて演奏するということを含むブックマーク

何かとおつきあいして頂いているペール・オレンジというバンド東京の福祉マンションの記念パーティーに呼ばれて演奏したという記事を読んで、「いいなぁ、やってみたいなぁ」という感想を持った。

学校や施設やおまつりでの演奏の場合、顔見知りではない人たちにお聴かせすることになる。

お客さんの様子を見ながらじっくりと演奏し、その場の空気を変えていく、そんな風に想いながらライブをやって来たつもりで居たんだけど、全く知らない人たちばかりの中ではいったいどんなものなんだろう?

おまつりの会場で足を停めてくれる人はいったいどの位居るんだろう?そしてその中のどれ位の人が聴いていてくれるんだろう?喜んで下さる人がどれ位??

自分たち演奏側とお客さんで共有できた喜びや気持ちよさは有ったのか?

どんな構成、どんな曲目、どんな演奏..伝えるためには何をすればいいのか。

演奏が終わった後に話しかけてくれる人は居るかな?

何か感想を言って貰えるかな?

しかもそのお客さんが嗜好も性格も何もかもわからない知らない人ばかりなのです。

そんな「わくわくする事」に満ち溢れていると思うのです。

みんなのプロフィールみんなのプロフィール 2005/07/08 07:53 ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=honyarera%82%CC%93%FA%8BL&address=http%3A%2F%2Fd%2Ehatena%2Ene%2Ejp%2Fhonyarera%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi

kazuminkazumin 2005/07/10 02:02 本当に、わくわくしますよ〜!
老人ホームとかでは、果たしてオリジナル曲なんかやっちゃって、しらけちゃうんじゃないかな?とか選曲に悩みました。
でも、思い切ってやってみたら、手拍子はくれるは、拳は振り上げてくれるは、で、とても嬉しい気持ちにさせてもらいました。
逆に元気をもらってきてしまったと言う感じです。

honyarerahonyarera 2005/07/11 01:52 学生の頃によく近所の施設に遊びに行ったのですが、ボランティアで行っているという感覚は殆ど無くて、やっぱり「逆に元気をもらってきてしまった」と言う感じだったのを想い出します。
kazuminさんたちの演奏・バンドにはプロとかアマチュアとかそういった部分を越えた自然体の姿勢が感じられてすごくイイなぁと思っています。
まさに音楽を通して楽しんでいる事が社会貢献にも繋がっているんですね。

kazuminkazumin 2005/07/11 21:14 ありがとうございます!
なんか、そういってもらえて嬉しいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/honyarera/20050707/1120704077
Connection: close