Hatena::ブログ(Diary)

ホーガの日記

2018-11-08 JR八戸線

経済番組を録画し、ときどきまとめて見るようにしていますが、経済番組で思わず泣いてしまうのはとても珍しいことだと思います。


JR東日本に関する番組でしたが、「東北エモーション」の観光列車が通過するたび、JR八戸線沿いの海のそばで、大漁旗を持って大きく手を振っている人たちがいました。ボランティアで、なぜそのようなことをするのか。その理由があまりにも素晴らしく、思わず泣けてきました。


「JRに対しての感謝の気持ちしかない。津波の影響があって、線路がみんなダメになってしまった。廃線すると思っていたのに、電車を通してくれたし、観光列車まで通してくれた」


もちろん、JR東日本の企画が優れていることもあるかとは思いますが、このような人たちの魅力に導かれ、知らず知らず、東北の海沿いを電車で旅したくなってしまうのかもしれません。


人としての魅力は、能力が優れていることだけではないことを、改めて実感しました。きれいな景色に溶け込んだ、きれいな心を持つ人たちの姿に、心が洗われるようでした。

2018-11-01 本店移転しました

本日、2018年11月1日(木)より本店移転しました。

新住所:東京都中央区銀座1−3−3 G1ビル7階1204号


住所変更に伴い、また新たな気持ちで業務に取り組んでまいります。


11月1日は弊社の設立記念日でもあります。

皆様には大変お世話になっており、誠にありがとうございます。

今後もご指導を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

2018-10-20 読書と健康寿命

先日、AIについてのテレビ番組で「読書をすると、健康寿命が延びるのではないか」という内容を取り上げていました。出演者の大学教授も驚いていましたが、私自身も根拠のない共感を覚えました。


AIが導き出す「答え」は、それを導き出すまでのプロセスブラックボックス化されていると言われていますが、「読書をする」人は、健康寿命を延ばすことにつながる他の行動をとりやすいということでした。何となく納得できたのが不思議でしたが、確かに私の潜在意識の中にも、そのような「仮説」を持っていたのかもしれません。


私自身、たくさん読書をしていたときは、もちろんある程度まとまった時間のある時期でしたが、「何とかしたい、この状況から抜け出したい」という思いが強くて、読書に打ち込んでいたように思います。高校時代がそうだったように思いますし、次の就職先を見つけないまま会社を辞めたときもそうだったと思います。



それに、知人の大学教授(准教授)等を見ていると、お元気な方が多いように思ったのも、その人たちが常に問題意識、自分自身の課題を明確に持っておられるからお元気なのではないか、という気がしていました。


読書と健康寿命との相関性は、あくまでも仮説ということですが、何となく深い相関性があるように感じます。最近、スマホを見ていることが多いですし、スマホで読書をするのもよいのですが、もう一度紙の本でしっかり読書する体験を積んでいきたい、と思いました。

2018-10-14 軽症の際の近くの病院

最近、ずっと風邪気味でした。いつものことなら、市販薬を飲んでぐっすり寝れば2〜3日もすれば治ることが多かったのですが、今年の秋風邪は1ヵ月程度喉の違和感が続きました。


さすがに少しまずいと思い、久しぶりに病院へ行きました。医師に診てもらうことで、何よりも気持ちがかなり楽になりました。今年はどうやら、治りかけのときにまた新たな風邪をひき、それでずっと秋風邪が続いているような気になっていたようです。


専門家である医師に診てもらうことで、「なんだ、そんなことだったのか」と思うことができ、気持ちの上での効果も大きいように感じました。


今まで病院は遠い存在でした。どうしても「かなり時間がかかるのではないか…」というイメージがありますが、想像以上に時間がかかるものでもありませんでした。近くの個人経営のようなクリニックでしたが、予約をしていない初診の場合でも、待ち時間を含め、1時間程度で済んだでしょうか。


これからは、「ちょっとおかしいな」と思うときは、なるべく早めに病院へ行こうと思います。

2018-10-06 台風21号の猛威

帰省し、わかったことですが、台風21号の猛威はかなり大きなものでした。


道路沿いの木がいたるところで折れていましたし、少し土砂が崩れかかっているところもありました。


ニュースで取り上げられなかった地域でもこのような状況でしたので、かなりの広範囲で深刻な被害をもたらしたことが想像されます。


実際に自分の目で見ることで、わかることがあるようです。