Hatena::ブログ(Diary)

堀井の「居間 客室 読書室」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ようこそ ようこそ いらっしゃいました。

まあ 読んでいってくださいね。
ゆっくりしてってください。
※午前4時に日付が変わる設定です。
※キーワードの自動リンクの設定は「ゼロ」にしています。

2007 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |

2017-07-24 閑話小題 〜「東京都知事選」から一年ですか!

[] 06:32 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20170724063239j:image

   * 「ん〜 ったく、もう!」

 今さっきのことである。このテーマ日記を書きあげて、アップをしようと

したが、以前書いていたのでは?と、HP内検索をかけると、2年前に、5回に

わたって書いてあった。酷似したテーマで、時々、書くことがあるが… 

で、急遽、下記のテーマを書いた次第。 この程度の拙い文章でも、

エネルギーを投入しなければ完成不能。「ん〜 ったく、もう!」である。

   *「東京都知事選」から一年ですか!

 さてと、書上げた今日のテーマ日記に過去分の文章をコピペをしようと、

みると、去年の以下の文章が目に入ってきた。成るほど、その後の経過を鑑み、

読み返してみると、色いろ考えさせられる。魑魅魍魎利権団体の自民党基盤を

叩き壊しただけでも小池知事の選出が正解か。とすると、「東京オリンピックに

備えた、地味の増田」の当時の判断は間違えていた? これも実際のところ、

分からない。安倍政権の現状が続くと、「国政からの根本的改革のため、小池

都知事を首相に!」になる可能性も出てくる。舛添前知事、前々都知事の

猪瀬直樹を考えると、利権団体に丸め込まれていたイメージしか沸いてこない。

小池知事もポピュリズムでしかない? 「ポピュリズム」をネット検索すると、

ポピュリズムとは、一般大衆の利益や権利、願望、不安や恐れを利用して、

大衆の支持のもとに既存のエリート主義である体制側や知識人などと対決しよう

とする政治思想、または政治姿勢のこと】とある。

現状の一部勝組の利権団体の自民保守派が牛耳る体制に対抗するために必要

だが、国家間の力バランスに対抗するにはマイナーにもなる。それにしても、

時の権力者は、好い加減なもの。国も地方も、妄信しないこと。最後の最後は、

吾身は私しかまもれない。ポピュリズムの結末は、北アフリカ中東民主化

運動を見れば、妄想でしかないことも事実。8〜9割の人の気分に迎合にも

無理がある。

・・・・・・

5609,閑話小題 〜「東京都知事選」談義

2016年07月24日(日)

   * 「東京都知事選」談義

  都知事選が面白い。 ネットニュースでは、

≪ 産経新聞社とFNNが16、17両日、全国を対象に実施した

 合同世論調査で、東京都知事選(31日投開票)についても聞いた。

「都知事にふさわしいと思う人」は、元防衛相の小池百合子(64)が最多。

 ジャーナリスト鳥越俊太郎(76)=民進、共産、社民、生活推薦=と、

 元総務相の増田寛也(64)=自民、公明、日こ推薦=が続いた。≫

消去法からして、まず鳥越は論外。4度のガン手術経験からして進行ガン。

これは、例えると、死刑前の仮出所の身。健常者の数倍の再発の可能性がある。

「何が都知事か」は、誰の目にも明らか。不健全な身体には不健全の判断が

纏わりつく。しかし、都民は、感覚だけで選ぶから、何が起きるか分からない。

それも政治経験ゼロなら、何をか言わんや。 東京オリンピックを考えると、

増田だが、ポチのイメージが強い。すると勝つのは小池と思うが、どうだろう。

 このところ欧米世界は、女性トップの座に就いている。英国はメイ首相。

米国は、大統領候補クリントン氏が有利。フランスでは極右のルペンが首相の

座を狙っており、ドイツの現首相がメルケン。米国経済界の女性トップは、

イエレンFRB議長である。ローマで市長選が行われ、ラッジが当選

この流れからして東京都知事も、小池氏? ロシア中国は、組み易しと

喜んでいるだろうが。一時代前には考えられない現象である。

「私に判断しろ」というなら、東京オリンピックに備え、地味の増田。

・・・・・・

5244,他諺の空似 〜ことわざ人類学 〜?

2015年07月24日(金)

             『他諺の空似 〜ことわざ人類学米原万理著

   * 寄らば大樹の陰 

 下ネタや、以下のようなグローバルネタは、悲しいかな、地方では書籍

でしか知る機会がない。ロシア、それも極東は、アメリカ開拓時に酷似して

いるのだろう。 何事も現場に行くと、思いとは違った世界が見えてくるもの。

≪ 六年ほど前、大学の先輩で長年某老舗商社の名物社員だったMさん送別会

がもたれたことがある。「何を今更、商社員に海外出張や海外赴任は日常茶飯で

しょうが。どうせ飲み会の口実でしょう」 声をかけてくれた幹事のS君に言い

かけて、口をつぐんだ。手渡された案内状の文面から「ヴラジヴォストーク市」

という文字が飛び込んできたからだ。

「まさか……冗談でしょう。モスクワ支店長もつとめたことがあるMさんを」

体のいい肩たたきだと思うんだ。まあ、オレもそろそろかなあ」S君は力無く

微笑んだ。送別会でも、友人たちの誰もがMさんに同情した。

「あいつも今まで気味悪いほど順調だったのに、ついに運に見放されたか」

豪放轟落な快男児として慕われてきたMさんも、この時ばかりはびびっていた。

 ・・「でもね、ほらオレ再婚だから、子供はまだ小さいし、家のローンは

いっぱい残ってるし・・」 声を詰まらせてグイッと杯をあおった。

Mさんは死地に赴く、その場にいた誰もがその時そう思った。

 帝政時代に太平洋に開かれた不凍港として建設されたヴラジヴォストーク市は、

ソ連時代は太平洋艦隊の基地となり、外国人の出入りを禁止したいわゆる閉鎖

都市だった。ゴルバチョフのペレストロイカが始まってしばらくして閉鎖を

解かれた時は、画期的出来事として騒がれたものだ。

 ところが、たちまちソ連中のマフィヤが集結し、ソ連邦崩壊以降は、激動の

かの地でももっとも物騒な街となった。日本東南アジア諸国から持ち込まれる

中古車をはじめとする大量の物品が、原価の数百倍、いや数千、数万倍の価格で

取引されるのだから、当然。利益の匂いを敏感に嗅ぎ付けて群がってきた。

経済が破綻し、貧富の差が急激に開いたことによって社会不安が広がる中、

ただでさえ犯罪率がものすごい勢いで上昇するところへ、マフィヤ同士の縄張り

争いが日常化するのだから、たまったものではない。そこへ明らかに金を持つ

無防備日本人が乗り込んでいくのだ。狼の群れに飛び込む兎、狐の群れに投げ

入れられる鶏、猫の群れに放たれる鼠、蝿たたきの下に飛び込む蝿。標的に

ならない方が不思議である。ホテル住宅地は、マフィアの合戦の対象になって

いるから、いつ流れ弾に遭うかもしれない。彼を送り出す商社防弾チョッキ

配給したと聞いた時には、私も膝が震えた。

 そのMさんから赴任後半年ほどして電話がかかってきた。声が拍子抜けする

ほど陽気である。「いやあ、米原さん、寄らば大樹の陰ですよ」何だか心配して

あげて損したなあと思ったほど嬉々としている。そんな私の胸中など察するはず

もなくMさんは得意げに話を続ける。「てゆうか、灯台もと暗しってのかなあ。

クックックックッ。要するにだねえ、この街最大最強のマフィヤが直接経営する

マンションに入居したんですよ。これ以上安全なところはないんだな。

警察なんかよりはるかに頼りになるんだよ、これが」 ・・・≫

▼ ここで、戦後日本が選択した生き方が、まさにこれであったと指摘する。

 世界最強の暴力団アメリカの傘下に入ることで、自国の安全を確保する

道を歩みざるを得なかったが、これが幸いした。利権を守るため、警察官と

称して殺戮を続けてきたが、アメリカの最大の邸宅内の飼犬として被害は最小?

救いは、そのことを大部分の国民に自覚が無いこと。ポチよ、沖縄は・・

・・・・・・

4879,閑話小題 ー最近、またカラスが・・

2014年07月24日(木)

   * 最近、またカラスが・・

 このところ、若いカラス数羽が自宅の庭周辺のテリトリー争いで、威嚇の鳴声

が鳴響いている。一年ほど前に以下の文章を書いていたが、現在も、その延長戦

が続いている。ポタリングを毎日2時間していて見かける動物は、ほとんどが鳥。

その中でカラスが目立って多い。その上、庭に雀の群れ、小さな地鳥、渡り鳥

次々とやってくる。 ー去年に書いた内容といえばー

≪ 4440, 閑話小題 ーカラスの糞かけ <2013年05月13日(月)>

 数年前になるが、自宅近くを自転車で走っていると、カラスが低空できて、

二m先に糞を落としていった。「これは果たして私を狙ったか、偶然か? 毎朝

近くを通る度に考えていた。ところが一昨日の朝日新聞コラムで、四コマ漫画

「ののチャン」が、専門家に質問する形式で、「カラスの糞かけは、意図したか

どうか」を取り扱っていた。よくあるので、取り上げたのだろう。 

答え手は「あくまで偶然で、カラスにとって何ら利益にならない」と、ゲーム説、

カラカイ説には否定的専門家とはいえ、私のように30年以上、毎朝、散歩

ミニサイクリングでカラス観察をしていた訳でない。で、私はゲーム説。(中略)

 ・・そういえば、散歩中の小型犬を、カラスが至近距離で威嚇し遊んでいる

のを見たことがある。犬の飼主も、そのやり取りを面白がって見ていたが、

明らかにカラスが小犬をバカにし遊んでいた。 

 ところで昨日の午後、帰宅をすると、隣の空地で4羽のカラスが入り乱れての

空中戦。よく見かけることだが昨日は違っていた。二組の激しい乱闘。初めは

車内で見ていたが、決着がつかないので、一度、車庫に車を入れて門の陰から

みたが、その間7〜8分。 鳴声を聞きつけた他のカラス数羽が駆けつけ、騒然と

した乱闘は、見もの。上下に体勢を入替わり互いの身体をワシヅカミの突つきあい。

4羽が無事に飛びたったのが不思議なほど。 最近、来ているのが、その一羽? ≫

▼ 今回は、他の小さな渡り鳥や、モズも入乱れて、カラスと牽制しあっていたが、

 どうも、我家のインコ野鳥の興味を惹くようだ。で、「カラス除けグッズ」を

ネット?と思ったが、他の野鳥も来なくなる上、無粋。 そういえば近所の土手も、

信濃川河川敷も、野鳥絶対数が年々減っているのが気がかり。至近距離の田畑

20反も住宅地に変わってしまったがこれも小さな緑地の我家の庭のテリトリー

争いの激化の理由?仕事から離れ、自然と向合う機会が多くなると、今まで見て

見えなかった自然に触れあうことが多くなる。地方の良さは、軽井沢、那須など

に行かなくとも触れ合える! ますます御隠居生活に慣れてきている。

・・・・・

4512, 閑話小題 ーつれづれなるまま

2013年07月24日(水)

   ―つれづれに―

 人生も、あと二年もしないうちに古希。杜甫の詩「人生70 古来 希なり」

の年齢になる。後悔も、満足感もさしてない。人生の終わり間近には必ず後悔の

念に支配されるという。 実際に、こんな時代の断層を経験をするとは思いも

よらなかった。それと地球の絶景をこれほど多く見ることが出来るとは・・ 

日進月歩情報端末の進化が、日常生活を変えるとは・・ 

 終戦直後に生を受け右上りの時代を40歳半ばまで経験し、その恩恵を受けた。

そしてバブル崩壊と、9・11テロ、リーマンショック、2011年の東北大震災、の

三つの経済・自然震災で、世界が更に変わった。それがあっても良い時代だった。 

団塊世代の一年前に産まれ、時代の恩恵を十分に受けてきた。 バブル崩壊と、

新世紀21世紀の時代変動の中で、何とかソフトランディング?が出来た。

「時代のめぐり合わせが良い世代は、最後までハッピー」という説がある。

現に同年代の人たちは、大方が恵まれていた。 2〜10数歳年上の兄姉達は

戦前・戦中時代派。 時代の価値観に大きく影響されているのが見て取れる。 

両親が明治生まれ、叔父叔母は明治大正時代に、兄姉は、昭和1桁生まれから

10年代。それぞれの時代に大きく影響されている。それからすると、私は

「終戦生まれで、高度成長期育ち、最後は、その崩壊で御終いの人生」。

そして、日本の本格的衰弱を目の当たりにして最期を迎える。 

長生きをするほど、辛くなる。

   ーいま、ドラッグストア面白い

 最近の中小のSCには、スーパーの横に、必ずドラッグストアが並んでいる。

スーパーは生鮮三品を周囲のメイン通路に配置、挟むように日用品と、袋物食品

などを配置している。酒とツマミの買出しに週一、SMと、ドラッグストア

通って二年になる。 そこでは地元スーパーと、全国チェーンのドラッグストア

との非生鮮食品と日用品をめぐる激しい戦いが見て取れる。

更にSCの入口近くに、コンビニが出店、両者の隙間をつく構図になっている。

ドラッグストアも、ここで色いろ模索をしている。近くにある3つのチェーン

が同時に、食品コーナーを二倍ほど拡張、98円均一の小パックの単身者向け?

コーナーをつくった。 企業規模と、小回りをきかせた、それぞれの特徴を

備えた本格的な戦いになっている。 酒あり、生鮮あり、缶物食品あり、

パンコーナーあり、冷凍コーナーあり、である。消費者も商品と値段に敏感に。 

県内最大の「コダマ」も、いつの間にか、全国チェーンの傘下になっていた。

これに消費税のアップが控え、小売の最前線は更に熾烈な戦いになる。

・・・・・・

4138, 元始、ママ太陽であった ー1

2012年07月24日(火)

 ある雑誌の「元始、ママ太陽であった」都築響一

  のスナック・ママレポート面白い。ーまず、その一部を抜粋するー

≪「スナックの良い店の見分け方がありますか?」と聞かれるが、そんなのが

 あったら苦労してないです。スナックのドアがああなっているのは、そこが

家庭だからだ。「家庭的」じゃなくて「家庭」。あのドアは店のドアというより、

ママなりマスターなりと、常連さんたちがつくる「家」のドアなのだ。

ドアがガラス張りで、中の暮らしが丸見え、なんて家はあんまりないでしょう。 

ママやマスターという「家長」がいて、常連さんという「家族」がいる。

僕みたいな一見の客は、知らない家にお邪魔する人間としてドアを開け、奥の

ほうで和んでる一家に「僕も混ぜてもらってもいいですか」とお願い、

「まあ上がって飲んできなよ」とか言われて上がりこむ。ちゃぶ台やコタツの

かわりのカウンターで肩を並べて飲んで歌って、そういうのを2、3回も繰り

かえせば、知らないうちに家族の一員になっている、スナックとはそういう場所。

だから長いこと営業しているスナックでは、ママやマスターと常連たちが、

やたらとバーベキューだのボウリング大会だの栗拾いだの一泊温泉旅行だのに

行ったりする。どんなに歴史があるところだって、レストランショットバー

がそんなことをするだろうか。飲食業にもいろいろあるが、スナックという

業種は、開業するのがいちばん簡単な飲食業でもある。飲み物と乾きもの出す

ぐらいだから、調理師免許もいらないので、一日講習を受けて食品衛生責任者

資格を取って(よくカウンターの隅とかに青い板が貼ってある、あれ)、保健所

に食品営業許可、警察に酒類販売のための風俗営業の申請をすればいいだけ。

あとは毎月の家賃と、お酒とつまみと氷代と、カラオケのりース代を払えれば

やっていける。バーやキャバクラみたいに女の子を何人も雇うのでなければ、

人件費もかからない。料理店とちがって食材の心配をする必要もないから、

商売としてリスクは、他の飲食業と較べてずいぶん少ない。そのかわり、

儲らない。スナックでお客さんが払う金額というのはふつう、キープポトルを

飲んで3000円から5000円ほどだ。最近では、それくらいで飲み代、歌い放題

という店もたくさんある。ドリンク代を考えれば、カラオケボックスより安上り、

なんてこともある。それで一晩に5人か10人、常連が出来れば上等という店が

ほとんどだから、お金儲けのためにスナックをやってるママやマスターなんて、

日本全国にひとりもいないのではなかろうか。≫

▼ 20歳頃から現在まで46年間、スナック、居酒屋で酒を飲んできた。

 20代後半から30代半ばまでは、仕事に没頭していた為、スナック通いは

少なめだったが、それ以外は、月に二回は通っていた。だから、上記に書かれて

いるのは全国津々浦々、殆ど同じということがよく分かる。 男は傷ついて

誰かに慰めてほしいが、連れ添いは「ツレナイ」ため、外のママ様にお上手を

言って欲しいのである。女の子を置いている店は、クラブの要素を入れて、

疑似恋愛空間をつくってお客を呼び寄せる。アルバイトや、酒好き、男好きの

女性を客に如何に集めるのもママさんの腕。それもこれも、采配一つで店の盛衰

が決まってくる。ただ一つ絶対的基本がある。店は綺麗に磨きあげておくこと。

愚痴を言わないこと。客の悪口を言わないこと。

プロ筋の店が少なくなってきた。客もだが! ーつづく

 ・・・・・・

3772, 閑話小題

2011年07月24日(日)

  * タレント日本特有の職業人

 NHKのBS番組クール・ジャパン」で、各国の外国人日本のテレビ番組

に特殊性を語っていた。日本のTV番組は、それぞれの国からみると、過剰な

ぐらいサービスが徹底していて、特にバラエティ番組に、その傾向が見られる

という。そこにはタレントと称する職業があり、何でもこなすマルチ的才能の

職業がある。  ーそこで、タレントウェブ辞書で調べてみるとー

【 俳優歌手以外で、その才能・個性をセールスポイントにTVやラジオに出演

して活躍する人を一般に「タレント」といいます。バラエティーやクイズ番組

出演している司会者、リポーター、コメディアンなどをさすことが多い。

プロダクションに所属してチャンスをつかむほか、街を歩いていてスカウト

されることなどもある。いずれにしても、きっかけをつかむ運と、魅力ある

キャラクターを持っているという、生まれついての素養が重要となります。】

とあった。このような職業は外国では存在しておらず、日本固有のものという。

また、日本のようなバラエティーも特殊であり、そのテーマ教養を取り上げる

ことなど外国では考えられない。その意味で、日本は遥かに外国を凌いでいるとか。

もし、それぞれの専門家が、それ以外の番組に多く出演しただけで、仲間内で馬鹿

にされる土壌がある。教養番組に出演する時は、背広を着て、厳しい雰囲気常識。 

ゴールデンタイムに、教養的知識を面白おかしく番組が構成されるなど有得ない

といか。お笑いなら徹底的にお笑いに徹するのが習い。 タレントという存在、

そう言われてみれば不思議である。タレント教授お笑いタレント、元プロ野球

タレントタレント代議士、マスコミ出身タレント、など不思議といえば不思議

存在である。専門職で名をなした人が、そのキャラバラエティーに出て、

その場を盛り上げる一員である。そういえば、公道で通行人がインタビュー

された時、多くの人が堂々と受け応えする。一億総タレント化の様相でもある。 

しかも今度は携帯電話パソコン化されてきた昨今、ミニブログなどのツイッター

で、誰もが情報を発信できるようになってきた。その中で、色々な方面の多種の

タレントも出現始めてきた。面白いといえば面白い時代、総白痴化と否定だけは

してはいられない。 それにしても、TVの露出度が高い低いで、その人気度が

はかられる時代、変といえば変である。    バカタレ!

 ▼ NHK[クールジャパン」HPより

 (字数制限のためカット 2012年7月24日)

 ・・・・・・・

3407, 人みな骨になるならば ー15

2010年07月24日(土)

 * 心理学自虐 

(−P199)もしフロイトの「発見」のうち、後世によって葬られず引き継がれる

べきものがあるとすれば、それは人間が認識において都合の悪い現実よりも快い

虚偽を愛し、しかもそのことに自分自身で気がついていないという、つまり

われわれは自らの「無意識」を信用できないのである。われわれの無意識

われわれに信じたいように信じさせる傾向があり、しかも、その操作をわれわれ

に気づかせない。ということは、われわれが信じていることが、信じざるを

得ないことか、単に信じたいことか、わわわれには判別できないのである。 

いったんこの思想に感染してしまうと、以後、人間は自分の判断を無邪気に

信じ込むことが出来なくなる。それまで気づかれなかった自分の暗黒面を知り、

受け入れ、引き受けることで初めて精神的な健全さが回復されるとするフロイト

以後の治療論仮説は十分実証されているわけではない。なぜなら、そうした

無意識」の洞察なしでも治療効果が得られる心理療法薬物療法がいくつも

知られてしまったからである。とはいえ、われわれの「無意識」が、まるで別の

生き物のように、意識的な感情や記憶や判断を本人の知らないうちに歪ませるのを

勘定にいれておくことは、いくばくか愚行を防止するのに有用なはずである。

目常生活において、おいしい儲け話に飛びつくことが危険であるのと同様に、

世界や人生に関する認識においても、自分たちに好都合すぎる筋書きには眉に

唾しなければならない。願望充足をたくらむわれわれの無意識が、

そのように誘導しているのかもしれないからだ。

 フロイト以後、いやしくも十分知的な教養人は、何らかのムシのよさを

 備えた世界観や欺瞞の人生観を受け入れがたくなった。

・話がうますぎるような信念は自己欺隔であり、

自民族人類だけを特別視する思想は単なる願望思考の産物でしかない。

輪廻転生は「死んでも命のあるように」という見苦しい未練の現れで、

極楽往生は現世の不如意を慰める童話である。

・文明をもった宇宙人の存在を信じたがるのは人類孤独

 ごまかしたいためであろうし、

超能力への期待も味気ない現実から目をそらし繍時の夢を見たいがため。

▼ 上記の中にも、多くの示唆がある。フロイトの「人間が認識において都合

の悪い現実よりも快い虚偽を愛し、しかもそのことに自分自身で気がついて

いないという、つまりわれわれは自らの「無意識」を信用できないのである。

 (字数制限のためカット 2012年7月24日)

2017-07-23 ヨガの話 ー5

[] 05:13 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20170723051306j:image

   * 中村天風の弟子たち

 敗戦後の日本を急成長させた人たちを育てた天風の教えは、元祖の精神論

として、現在でも読み継がされている。これに「般若心教」の暗記は、隠れた

必須項目といって過言でない。

{天風の弟子たち」で、検索すると以下の内容が出てきた。

≪ 〜2014年03月23日(日) 〜

「やってみせ 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かじ」

この言葉は、かの山本五十六言葉だが、山本がこのような言葉を残したのも、

中村天風に師事したことが大いに影響しているはずだ。中村天風の弟子には

錚々たる顔ぶれが連なる。

東郷平八郎浅野総一郎ロックフェラー3世、原敬首相、松田権六、双葉山

定次、松本幸四郎7世、堀越二郎三遊亭円生六代目、北村西望大佛次郎

宇野千代稲盛和夫松下幸之助…。

時代を作ってきた人々がなぜ、天風に惹かれたのか。

その教えは、今で言うスピリチュアル的思考であり、脳科学システムであり、

整体の基礎そのものでもあった。

同じ時代を生き、人間としての生命を平等に与えられている。

その中で、生き方に違いが生まれてくるのは、心の使い方一つなのだ。

毎日の心がけ一つ。≫

▼ 人間は弱い生き物。中村天風の弟子でシステム工学研究者

 合田周平さんが『中村天風と六然訓』のなかで触れていた逸話。

< 良寛と同時代に博多臨済宗聖福寺の住職を務め、多くの禅画を残し

町人からも仙がい?pさんとして親しまれた仙がい?p和尚が臨終の間際に

弟子たちから「何か最後のお言葉を」と求められた。そのときに

残した言葉中村天風から聞いた名言がある。

和尚は、「死にとうない、死にとうない」と言い続ける。有り難い言葉を期待

していた弟子たちが再度、今のお気持ちをと問うと、「ほんまに、ほんまに」

と答えて息を引き取ったといか。> 誰もが思っている死に対する覚悟など、

妄想でしかないことを現した言葉アメリカ合理主義に解釈すると。

< チャレンジ(挑戦)、チェンジ(変化)、コンペティション(戦い) >

精神になるのだろう。 「たかがヨガ、されどヨガ」… 

・・・・・・

5608,閑話小題 〜中学同期会が去年に続いて

2016年07月23日(土)

    * トランプにみる、アメリカの本音

 いつ消えるか、時間の問題とみられていた泡沫候補トランプが、あれよ

あれよという間に、共和党候補として選出された。もし彼が当選したら、

世界は一変するだろう。 政治家としてのキャリアゼロで、言いたい放題。

泡沫候補と自認してか?言いたい放題だが、万一、選出されれば、米国

内向き志向になっていく。日本など有色人種の国に対し、露骨な差別政策を

とってくること必定。逆に、こういうのを大統領にするのも面白いのかも。

日本は、直ぐにでも憲法改正をし、近隣からの攻撃に備える軍事体制をつくり

あげなければなるまい。

   * 中学同期会が去年に続き

 一昨夜は、長岡近郊の蓬平温泉「よまやま館」で、去年の古希の会に続いて、

満70歳の会があった。《17時半、開会。20時に一次会終了。21時半に

二次会終了。自宅到着が22時。古希の会の出席数の六割の40人が出席。

日帰りは私を含め5〜6人。会費1万8千円、日帰り1万円。二次会費2千円。

家に到着が22時。》 司会で少し緊張をしたが、その位が私には良い。

 一番の遠方の出席者は広島。県外では首都圏在住が殆ど。70歳ともなれば、

ガンだったり、連合いが亡くなった直後の喪失感で、激痩せ。神経内科

通っているとか、人さまざま。「アルジェリア各地の工事関係で10年間

働いたが、非常に辛かった、内戦で、危険を感じたため帰国したが、こんな

過酷な経験など、二度としたくない!」と語る言葉は、悲壮に満ちていた。 

何故か、二日酔いなし。翌朝6時のミニ・チャリは予定どおり。 

70歳代に入ると、みな歳相応のなっているのは仕方がない。

 

・・・・・・

5243,閑話小題 〜今朝方みた、夢分析と現在の心境

2015年07月23日(木)

   * 今朝方みた、夢分析

・今朝方の夢が何とも微妙な内容。パリホテルを一人で、観光に出発する。

地下鉄に乗ってコンコルド広場に出るが、自分の宿泊先が、何処の街の、

何というホテルか、憶えてないことに気づく。呆然としていると、後ろに何か

気配がする。黒人少年3人が、財布を狙っていた。睨むと、逆に強奪しそうな

雰囲気。 まずい!と思ったところで夢からさめる。 財布を強奪されたら、

パリの街で、如何したのだろう?と不安の襲われる。

 そこで、布団の中で、夢分析

僅かな金しかない財布以外、何の手がかりが無いのが現在の私。

それもスリに狙われ、危険の中で、ただ呆然としている。

それも襲われる直前に、自分から夢を切断してしまう私が、ここに居る。

実際、襲われたら、警察に事情を話して日本大使館に行くだろう。

あの少年3人は「生老病死」の「老病死」?「生」は、パリを彷徨う自分。

余命三ヶ月、半年と悟った時、もっとドロドロの夢になるのだろう。

 まだ、今のところ、幸せ!ということだ。 

   * プロ野球も、大相撲も面白くなってきた

・大相撲が、一昨日、白鵬が負けたことで1敗が4人になり俄然面白くなった。

しかし、昨日は照ノ富士が白鵬に破れ、関脇栃煌山も大関に破れて二敗、

一敗が横綱二人になったが、まだ何がおこるか分からない。

間違いなく、白鵬は全盛期の力は下降気味。物語としては、照ノ富士が優勝し、

来場所か、翌場所横綱昇進が相撲協会に良いが、そうさせない力を、まだ白鵬

が持っている。もう一つの物語は、関脇栃煌山が優勝して、来場所の大関挑戦。

まだ千秋楽までの4日間がある。面白くなったが、結局、終わってみれば白鵬? 

心情的には病み上りの鶴竜だが。

・プロ野球も、セリーグ、「0強、6弱の6つ巴戦」の様相が面白い

珍しい現象だが、巨人原監督監督としての寿命が既に終わっている

から面白いのだが・・ 選手と共に、勝って喜び、負けて落込んむ原監督

何かが足りない? 優良選手の在庫オーバーが、大きな問題。どうしても、

監督の後姿に気持ちが集中する。

・・・・・・

4878,閑話小題 ーインコプライド

2014年07月23日(水)

   * インコプライド

 ストレスで、週に一度は狂ったように籠内を飛び回る。ヒステリックである。

二日前のこと、ヒステリックに飛び回っていた時、水飲み場に身体全体が落ちて

しまい全身びしょ濡れ! その姿を家内と笑って見たところ、怒って拗ねたのか、

駕篭の一番奥の物陰で睨みつけ、半日、何度も呼びかけても出てこない。 

プライドが高く、少し叱ると、少しの間、無視などで怒りを現すが、今回は半日

も拗ねていた。鳥にも三分?を改めて確認した。ラクダも失敗で叱られた場合は

納得するが、理不尽の怒りには、根に持って何か機会に攻撃するとか。

 懐いたペットは、飼主の露出した魂そのもの。下手な?家族より親しみを持つ。 

  ーネットペット川柳よりー 特に1、7、12、14、19は? 家庭内で・・

 < 1、 挫折して ペットに学ぶ 処世術 (ひまわりさん)> よしよし(,^^)/

 < 2、 散歩中 愛犬モテキ 俺ボヤキ  (婚活男子さん)>

 < 3、 似てますね 嬉しいけれど ブルドック (ゆずママさん)>

 < 4、 家出した 猫が太って 帰って来た (あきちゃんさん)>

 < 5、 犬だけど おやつの時は 猫かぶり  (蘭璃さん)>

 < 6、 まだ残る ローンの柱 かじる犬  (らくちゃんさん)>

 < 7、 飼ってます 犬・猫・鳥と 虫・夫 (りのんぱさん)>   

 < 8、 パパの背を 見たからできる お手と待て (良馬さん)>

 < 9、 まっしぐら 犬も子供も 妻の膝 (伊那ザザムシさん)>

 < 10、 鎖より 絆でつなぐ うちの犬 (おたふくまめさん)> 

 < 11、 ほれ投げろ!遊ばれてるのは我が主人 (醜いカラスの子さん)>

 < 12、 ご飯まだ?ペットにエサやる 妻に聞く(まつながともふみさん)>

 < 13、 もの言えぬ 君は夫婦の 司会役 (犬猫主夫さん)>

 < 14、 妻娘 俺はタローと 連立し (びわこ鯰さん)>   

 < 15、 会釈され 連れてる犬で 思い出す (多国籍さん)>

 < 16、 愛犬に 脛を齧られ 親想う (多国籍さん)>

 < 17、 ペットだけ 動かす妻の 重い腰 (さごじょうさん)>

 < 18、 元彼の 名前と知らぬ 旦那様 (まささまさん)>

 < 19、 ペットより 先に逝ってと 妻が言う (クジラさん)>   

 < 20、 プラズィオン ペットのそばより 俺の横 (はるやすさん)>

▼ どれもこれも切実な問題? 7の<飼ってます犬・猫・鳥と虫・夫>の、

「犬・猫・鳥と」を「ペットピーコと」に置換えると、家庭内の私の立場!

・・・・・・

4511, 大往生したけりゃ医療とかかわるな ー6

2013年07月23日(火)

           『大往生したけりゃ医療とかかわるな中村仁一

 著者は「・・・延命措置お断りします」の宣言だけでは不十分と、自分の

事前指示書を作成している。まず事前指示として、以下の項目をあげている。

内容は医師であればこその内容で、そのまま雛形にすればよい。これを機会に、

ブログに書き残しておくつもり。ほぼ著者の指示書を咀嚼するだけだが・・

 ーまず、その部分から抜粋

≪   ー延命措置事前項目ー より

(1) 心肺蘇生(心臓マッサージ電気ショック、気管内挿管) (2) 気管切開

(3) 人工呼吸器 (4) 強制人工栄養(鼻チューブ栄養、胃瘻による栄養)

(5) 水分の補給(末梢静脈輸液、大量皮下注射) (6) 人工透析 (7) 輸血

(8) 強力な抗生物質の使用  (9) その他

  次に事前指示の項目(表4参照)とは何かについてお話ししていきます。

 � 心肺蘇生心臓マッサージ電気ショック、気管内拝管など) 

心臓や呼吸が止まった時に行う治療手技です。  両手で強く胸の真ん中あたり

を圧迫して心臓を動かそうとするため、肋骨骨折は、当然起こります。 

また、心臓が細かく震えた状態(心室細動)で有効な血液を送り出せない

場合、これを改善する目的で電気ショック (AEDはこれです)を行います。

口対口で肺に空気を送り込んだり、手動のバッグを使う場合もあります。

 さらに、気管内に管を入れ、アンビューバッグで空気を送り込んだり、

人工呼吸器に連結したりします。 ひとたび心臓が止まったり、有効な血液

が送り出されないと、酸素不足に極端に弱い、脳の神経細胞がやられてしまい、

再び心臓が動き出したとしても、その杜絶した時間の長さによって、脳死

植物状態になって蘇ることになります。 私は、一度心臓が止まれば、原因の

如何を問わず寿命と考えていますので、AEDなどは、平にご容赦というところ。

溺れた子どもなどには、有効な場合もあるが、生きものとしての賞味期限

切れた年寄は、考えてみるべきでしょう。

 � 気管切開  痰が多く詰まって窒息しそうな場面や脳死の場合に、

のど元に穴を開けます。  ・・以下略  ≫

▼ 生々しいが、それでも、元気のうちに意思を示しておいた方が良い。

 特に(1)などは絶対にして欲しくない。(2)の気管切開、(3)の

人工呼吸もである。(4)(8)も一時的ならまだしも!生かしておくだけの

延命は、お断りである。死亡解剖も一切、お断り臓器移植も駄目。今まで、

家族とこういう内容の話をしたことがないが、ブログの分類のコーナーに項目を

つくって書き残し、正月で集まった折などに話うつもりである。下手に5年、

10年、生かされたくはない。次回は、著者の事前指示書を考えてみる。 

まだ、早いと思うが、本来は還暦までにすべきこと。

・・・・・

4137, 大方は40歳で右下がり

2012年07月23日(月)

   * 男は40歳でポンコツ化の曲り角!

 少し前の週刊SPA! になるが

 ≪40代会社員ポンコツ化が尋常ではない【証言集】≫があった。

  ー それは、「40代会社員の劣化メカニズムを徹底解明」特集で、

    劣化事例を紹介していた ー  

・「バブルの頃は良かった。友達の付き添いで行った面接で受かったりしたもん」

 と自慢話を連発

・「係長(男・45歳)という役職なのに、部下のミスは部下のミス、絶対に

 尻拭いをしてくれません。ランチに誘われても必ず割り勘。なぜこいつが

 係長になれたのか、我社の七不思議」(代理店・28歳)

・「IT関係の職業なのにも関わらず、僕の上司(男・46歳)はファイルの圧縮

 さえできない。Excel関数はおろか操作もままならない」(SE・25歳)

 ポンコツ40代を見ていると、「自分はこうにはなりたくない」と誰もが

 強く思うはず。しかし心理学者和田秀樹氏は「人は40代になると必ず

 劣化します」と断言する。

▼ 現場の一線に立っている人も、管理職としての能力も、30歳代までで

 成長は終わると、いわれている。私の事業人生を振り返っても、右上りが40歳

まで、後は下降?、その後の判断した結果は、右下がりの起因をしたものばかり。

40歳の頃、富士銀行に勤めていた高校の同級生が支店長への出世コースから

外れ出向になったっと聞いて驚いたことがある。激しい競争社会では、その辺が

ピークということ。結局、先が見えエネルギーも出し切ったところで、外に

出さないと、組織そのものが弱体化する。その頃が厄年として男も女も大病や

人生を揺るがす事故や失敗が起きてくる。逆に、その辺に予定挫折として前向き

に自分から転職・転業などの節目をつくる方法もある。 男の一生は大変だ。

への字の右上がりから、下りのテッペンが40歳。下がりきったところで少し

右に流れたところが65歳以降。 少し長い?とすると、最近は80歳以降か。

40歳右下がり説からすると、ピークを維持するため何かを学び続けなけば

ならないことになる。戦後日本を一人の人間と喩えてみると、1985年の

プラザ合意が明らかに右下がりの決定事項。そして、現在66歳とすると、

自分そのもの。4年前のリーマンショックが、次の大きは節目で、

その大津波が今年末、日本と世界を覆い尽くす可能性が高い。

・・・・・

3771, ユング ー10

2011年07月23日(土)

  * ユングのいう、能動的想像とは? 

 ーあるブログに、能動的想像法の要約があったー

{ 能動的想像法は、睡眠と覚醒の中間の状態で、一種の夢想状態に近い。 

 眠りと覚醒の中間、眠りに落ちるすんでで留まり、意識を持ちながら夢の中を

観察するような、そういった状態。ただし、そこでは、あくまで観察するだけで、

干渉はしない。願望を叶えるために夢を操作するような、そんなことはしません。

魂ともいえるものが自由にしている状態を、ただ眺め、観察する。この時重要に

なるのが、記録。これは、単に書き留めるだけに留まらず、それは一種の表現。

書き留めたり、絵に描いたり、粘土で作ったり、踊ったり、歌ったり、演じたり、

また信頼できる人に話したり、そうすることで、無意識の闇にあったものが命を

持ったまま、現世に顕現するのです。そうすることで、こちら側に生きる我々が、

こちら側に生きながらあちら側に参加する、そんな感じになってきます。

それが魂の体現の一部となる。 人間を豊かにし、特に現実問題と十分に向き

合ってきた中年期・老年期の人たちに対しては、今までになかったものを与えて

くれたり、今まで見逃していたものに、気づかせてくれたりします。}

▼ なるほど、面白い。この実例が〈ユングー地下の大王ーコリン・ウィルソンー〉

 にあった。その幾つかを、次回にコピーし考えてみるが、あちら側は、あくまで

能動的想像をしている本人の潜在意識の世界。いや、更に深い共同意識の世界。

意識を持ちながら夢の中を観察する状態で、魂を眺めているのが能動的想像

いうこと。子供時代の頃の夢を見ている時のマドロミ状態が、こんなものかも

しれない。ユングは自分に、この能動的想像力があることに気づく。フロイト

との仲たがいなどで、自分の精神が崩壊の寸前に至り、精神病者が苦しんでいる

妄想垣間見ることができた。その一つに「血のなかに溺れかけた欧州の幻覚が、

翌年の1914年現実になり、その幻想は間違ってなかった認識をえたのは幸運。

作家創作も似ているが、あくまで、これは潜在意識の観察であり、本人の魂の

開放である。重なっている部分は、主人公の魂の開放を通して、読み手を満足

させようとするところ。(全ての小説が、そうとは限らない。)

 ところで、過って行ったことのある世界の旅先を、毎日のようにTVで放送して

いる。実際に見てきた以外の所も映し出す。そうすると、当時に立ち返り、

そこに自分が行っているような奇妙な感覚になる。これも、能動的想像法の

一つになるのか?老人が過去の思い出に浸っている時、心は能動的想像

世界に入っている? だから、勝手に孤独な老人と決め付けるのは間違い。

この年齢になって分かったことは、行蔵にあまりに多くの経験があることだ。

 ・・・・・・・

3406, この国の終わり ー3

2010年07月23日(金)

 * 「転ばぬ先の杖」こそが知性の原点

 恐怖と不安は鋭敏な自衛感覚を育て、それによって人間である限り永遠に

尽きることのない敵に対処することこそ、人間の知の原点。その典型的な形が、

外交をはじめとし、最後の原爆投下にいたるまでのすべての闘争における

攻撃と防御のストラットジーである。恐怖は考えの母であり、不安は考えの

教師である。考えた結果を個人的な知性に転じるという能力もまた、疑うという

能力をも持っていなければ達成できない。疑いの度合いが深ければ深いほど、

そしてその疑いの解答が明晰であればあるほど、人は賢くなる。

「何故」があり、「何故なら」がある。 西洋哲学は恐怖と不安への疑いが

原点であり、西洋宗教も同じである。それが日本人以外の人間たちが持つ知性。 

一神教的知性なのだ。 賢い人、とは、知性があるということを古風に言った

言葉である。ただの「物知り」とは違う。知恵者とも言った。

知恵は智慧とも書く。・・・・

▼ー感想: 知性とは、モノゴトを知っているということでなく、恐怖と不安

 を感じ取り敵に対処する人間の原点をわきまえ知ることである。持っている

知識を、それに対処する智慧を知性という。言われてみれば、当たり前のこと。

(字数の関係でカット2012年7月23日

 ・・・・・・・・

3031,卒業40年周年か〜 −3

 2009年07月23日(木)

* 奥野君への手紙        (今日、本人の手元に届く)

 学卒40周年記念に参加をしてクラスの名簿に貴君の名前をみて懐かしく、

手紙を書いています。卒業前の半年間(S43・9〜44・2)日記をつけており、

それを20数年前に倉庫の隅から見つけ出しました。書いたことすら忘れていた

ので、タイムマシーンで当時に戻ったような気持ちで読み返しました。 

8年前に始めた私のHPの中央の下にある分類のブログに書き写してあります。

ブログに同月同日に毎日載せたものです。従って、毎年半年は、当時の日記

毎日読み返しています。その時、貴君が、あの馬小屋のような寮に卒業間近かに

訪ねてきて、これから社会に出るにあたって多くを語ったことや、佐渡広瀬

などとご一緒したことを思い出しています。先日の会では石川譲治君や、

服部学園の園長の染谷(服部)、川村、福田君などの顔が見受けられました。 

その前日に銀座に合気道の面々が集まり、一杯やりました。 三崎、木矢、伴、

鈴木加藤)、高杉です。三崎さんは10年前まで、新潟に16年近く転勤できて、

2〜3ヶ月に一度のわりで古町などで酒を飲んでいました。ところで私は、その後    

ジャスコに一年在社後に、 ・産業能率大学に途中編入をし、

・その後金沢の「いとはん」(ジャスコに吸収)に一年半在社、

千葉郊外に貸しビルをつくり、その中に居酒屋養老の滝のFC店と、

やはりFC店の焼きたてのベーカーリーを二年間従事(その当時に結婚) 

・家の事情で実家の事業(衣料量販店と衣料専門店)を5年間従事をし、

・34歳から新潟駅前でビジネスホテルを30年近く経営をしています。

 2001年9・11テロと、去年の9・15の金融恐慌以来、苦戦をしていますが、

何とかやっています。どちらかというと、創業屋的な人生だったと思います。

30歳前半までに問題を吐き出し、後半は、それまでの勢いで何とか辿り着いた

というところ。

 ところで、貴君の住所をグーグルアースに入れてみたら、仙台空港の南10キロ

ほどの漁港のようなところで驚いています。資生堂に入社して、都会にドップリと

浸かっているかと思いきや、その正反対の場所で。 実際、東京アスファルト

ジャングルなどより、遥かに良いことは、新潟飛行場の周辺をみれば分かります。 

それだけでも良い人生を過ごしてきた貴君の姿が目に浮かびます。

(それぞれに価値観があるでしょうが) 何かチャンスがあったら、会うのも

面白いでしょうね。 それでは、お元気で。 あの日語り合った、延長の気持ち

思いのまま書いてみました。   2009年07月22日     堀井八郎  

追文)8年前より、ブログを開いています。 暇のおり覗いてください。

検索に堀井八郎を入れると出てきます。当時の写真や、先日のクラブや、同級の

二次会写真があります。分類には当時の私の日記があります。  

〜 22・23・24歳の日記のコーナー〜

 

2017-07-22 閑話小題 〜ヨガの話 −4

[] 05:15 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20170722051456j:image

          〜写真は「カンチェンジュガ山麓ゴルゲ村」

   * 中村天風の心に残る名言              

≪・「人間はこの世に何しにきたのか?」のカリアッパの質問に、

  三ヶ月、考えた末に、「人間は、この世の中に、宇宙本来の面目である進化

 と向上に順応すべく、出てきたと思います」… 知らないうちに、自分の心の

 奥の潜在意識の中に消極的な観念要素が多く溜まったことが、1つの大きな原因

 になっている。物質文化時代に、物質本位に生きているから心の働きが鈍くなる。

絶対消極的言葉は使わないこと。否定的言葉は口から出さないこと。

 悲観的な言葉なんか、断然もう自分言葉の中にはないんだ

 と考えるぐらいな厳格さを、持っていなければだめなんですよ。

・鉛は鉛、金は金。鉛に金メッキして、俺は金だというような顔をしなさんな。

意志の力の強いっていうのと、強情っぱりと同じにしてちゃあだめだ。

 強情っぱりっていうのと、意志の力はぜんぜん違うんだよ。

 乱暴と勇気が違うのと同じようにね。

・船に乗っても、もう波が出やしないか、嵐になりゃしないか、それとも、

 この船が沈没しやしないかと、船のことばかり考えていたら、船旅の愉快さ

 は何もなかろうじゃないか。人生もまたしかりだよ。

・良い運命主人公になりたかったら、心の中に感謝歓喜の感情を持つことだ。

 感謝歓喜に満ちた言葉好意は、人生花園に善き幸福という実を結ぶ。

感謝するに値するものがないのではない。

 感謝するに値するものを、気がつかないでいるのだ。

・一度だけの人生。だから今この時だけを考えろ。過去は及ばず、未来は知れず。

 死んでからのことは宗教にまかせろ。

・憎い人があろうはずがない。あなた方が何か憎らしいことを考えているだけだ。

・数ある同僚の中からぬきんでて偉くなる人は、結局、偉くなるべき資格

 持っているんです。その資格とは、

「誰にも言われなくても、日々毎日、実際に努力している」ことなんです。

・「習慣は第二の人生ともいうが、習慣が身についていくと、もう簡単 明瞭。

 その習慣を身に付ける一番良い方法がある。折あるごとに、時あるごとに、

 日に何千回でもいいから「深呼吸」をすることを稽古しなさい。そうすると、

 ひとりでにこの良き習慣が、いざという時に特別の意識しなくとも、肛門

 締まって、肩が落ちて、おなかに力が入る。 (〜P181)

▼ 日本が右上がりの時代に、「人間は、この世の中に、宇宙本来の面目である

 進化と向上に順応すべく、出てきた」は、最適な信念に成りえた。サルトル

哲学に大きく影響を受けている。その後、構造主義、脱構造主義哲学が、西欧

絶対主義批判、今ではサルトルも過去のものとなっている。しかし、その根が、

ネパールヨガであるところが面白い構造主義南米ヨガネパールの奥地。

心、魂の問題を生きる中心におくのも、自然といえば自然か。深呼吸だけでなく、

私的時間スケジュールなどに、習慣の力を利用することを思い立った。

 その一つが、40歳半ばから65歳辺りまでの年に二回の<秘異郷ツアー>。

私にとってのライフワークになっていた。行蔵としての充実感として残っている。

 中村天風と、HP内検索を入れると、以下の文章が出てきた。

――――

2016/05/11

魂とは、善なる方向に向かっていこうとする意思

   * 魂とは、善なる方向に向かっていこうとする意思

 魂とは何かについて、様ざまな諸説を学んできたが、

<魂とは、善なる方向に向かっていこうとする意思>の説の切口は新鮮。 

そこで思い出したのが、中村天風言葉。 ソクラテスは、2500年前に、

魂の進化こそ人間の目的という。

  〜天風の哲学から〜

≪ カリアッパ師は遠くの空の彼方を見つめ、誰に言うともなく、つぶやいた。

【お前には人生観らしいものが何もない。その場、その場を生きているだけだと

言われても返す言葉もない。アメリカ医学とやらを勉強したらしいが、逆に

その知識が災いして、ちょっと咳をしても恐れ、不衛生だといっては神経をすり

減らし、オドオドばかりしてる。枝葉末節学問ばかりして、一番肝心の、

『私は何をするために、この世に生まれてきたのか!』ということを考えてない。

本末転倒もいいところだ!それだったら、死でも仕方がないな。そこから立て

直さなければダメだな!】 カリアッパ師は言った。

【何をするためにお前は遣わされてきた!そのことを考えたことは あるのか!】

 これは、<私たちが生きている意味宇宙の進化に 同調すること>であると。

教義の最終目的はアートマン自分)がブラフマン宇宙)に合 一すること。≫

▼ マルクス・アウレリウス、<人間の心で行う思考が、人生の一切を創る。>と、

 中村天風は、<私たち は自分が考えた通りのものになる。 そのすべてが、

この宇宙を動かしているのと同じエネルギーの力を得ている。> と、いう。

この宇宙意思が魂ということ。善なる方向に向かおうとする意思こそ、

最も大切なことである。毎朝、仏前で、「この世の全ての人が、善くあります

ように!」と、祈ってはいるが、世人の例外があまりに多すぎて・・

〜これもまた、以下の内容に丁度よくつづく!「良い人」を止めると楽になる。

ハイデッガーのいう、「世人」相手でなく、己の良心に従えば、「ろくでなし

結構」になる。「世人」の無知はよくない。善い方向(知識)を知らなくては。

――――

2012/05/07

要は、受け止め方である!

 人生、色いろ経験を積み重ねた後に過去を俯瞰すると、その行蔵はどうにでも

解釈できる。 ついてなかった人生としても、視点を変えれば、ついていた人生

と脚色出来る。受止め方次第で過去も現在も、そして未来も変わってくる。 

中村天風は「全ての受け止め方を『積極一貫』にし、肯定的であれ!」と説く。 

人生問題の山、その中心点が何か考えつくし無心に立ち向かうしかない。

これからは、自分人生を、どのように受け止めるかが人生問題になってくる。

受け止め方を変えることは、行蔵の中の要素を仕分け直すことになる。それで、

これからの人生の方向を変える。そのために記憶さえ変えるのが人間の業。 

それは行蔵の要素をどのように解釈するかになる。そこでも知識絶対量が必要

になる。分別ない人間の身勝手な解釈では、ますます歪になろうというもの。

「運」があるか、ないかは、「運は自ら運ぶこと」と解釈すれば、運そのものが

意志問題になる。運がない人は意志が弱いと解釈出来るというもの。 

人生に起こったことは無駄のものなし」と、信じていれば、最悪のことも結果

としてプラス材料になる。 そうこう考えると無知は、それだけで罪の原因になる。 

知らなかっただけで、どれほど多くの失敗を重ねてきたことか。人類も私もである。

初めから自分のミッションを明文化しておけば、それが信念になり、途中経過

失敗も成功も、受け止め方がハッキリしているので、ブレが小さく済む。 

おい方一つで、荷物も軽くなると、同じ。これからの日本は坂を転げ落ちるよう

に衰退する。そこで何が必要か? 教育制度の再構築と、憲法改正。 

――――

2005/06/30

1549, 宇野千代

宇野千代代表作「おはん」を書き終えた後に、

一行も書けなくなってしまった。

そこへ中村天風

「今度ね、自分の頭の中に舞台をこしらえて、その中でいろいろ、

あの女とこの男とひっつけよう、この男とこの男とこうしようというふうに

躍らせながらそいつを書いていったらいいだろう」

「出来ないと思うものはできない。

出来ると信念することは、どんなことでも出来る」

と言った。

「いい事聞いた!」宇野千代は、それいらいスランプを脱し、

書く文章も変ったという逸話がある。

この天風の言葉を、スットンと脳に入れてしまう彼女が凄い。

彼女は中村天風弟子であり、その教えの実践者である。

天風の言葉が、彼女の中で血肉になって明るく具体的に

噛み砕いているところがよい。

ー「私は不幸に対してはなかなか凹まない自信がある。どんなところからでも、

私流に幸福を見つける自信がある。私は、勿論不幸は好きではない。

自分を不幸だと思うことの方が、もっと好きではない。…」

ー「何事をするにも、それをするのが好き、という振りをすることである。

それは、単なるまねでよい。すると、この世の中も、嫌いな人がいなくなる。

このことは決して偽善ではない。自分自身を救う最上方法である。」

ー「私たち人間は、何時でも、ものの考え方の方向を、絶対に明るい方に

もっていきたいものです。明るいところには元気が、暗いところには

病気が必ず宿っているのです。」など、

まさに、天風の言葉が彼女の体験を通して具体的に諭しているようだ。

また、彼女の

「私、なんだか死なないような気がするんですよ。」という言葉もよい。

90歳半ば頃に発した言葉である。本心から出ているからよいのだ。

人生はいつだって、今が最高の時なのです。」と語っている彼女の顔が

目の前に浮かぶようだ。

人生を最大限に生きた人は、サッパリとして清清しい。

                          ーつづく

――――     

2007/02/11

2140, 幸福はキラキラと輝く瞬間         

     「藤沢周平に学ぶ」月刊『望星』・編  −読書日記ー                  

  ー人間成熟にかかわる『人生の充足感』ー

山田洋次監督映画は「男はつらいよ」の48本すべてと、

その他の映画の最近のものは殆ど観ている。彼が「男はつらいよ

についてのTV特集などで渥美清を語る座談で、多く聞いてきた。

しかし、どういうわけか彼が書いた文章は殆んど読んだことはなかった。

ところが藤沢周平についての評論を24人集めた「藤沢周平に学ぶ」の冒頭の

藤沢作品映画化して想うー人間成熟にかかわる『人生の充足感』」

評論があった。彼は幾つか藤沢映画を撮っているだけあって、心打つ

内容である。人生で誰もがキラキラ輝いていたのである。 そのとき! 

    〜まずは、彼の文章の一節から・・

  

   *幸福とはキラキラと輝く瞬間を持つこと!

「隠し剣、鬼の爪」で、主人公の侍が行儀見習い女中奉公に来ていた

娘にプロポーズするシーンで、その瞬間、彼女はキラキラと輝くような、

生きていてよかったという幸福感で胸が一杯だったはずです。

僕は、幸福とはキラキラ輝く瞬間を持つことだと思う。人生のうちには、

そんなふうに何度かそういう瞬間がある。あるいはあってほしい。

心の芯から温かいものがフワ~と湧き出るような、そういう短い時間

誰もが持っている。映画たそがれ清兵衛」でいえば、父親が幼い子ども

「高い高い」しながら抱き上げる瞬間、子どもの側からすれば、高々と

持ち上げられて、急に視界が高くなったときの嬉しさ、ああ、いま父親

高く抱き上げられているのだ、という充足感。子どもはその後、大人に

なるにつれて、人と争ったり、世渡りで苦労したりするが、あの瞬間の

充足感は一生忘れない。幸福ということは、つまりそういうことなのでは

ないかと思います。

(感想)

ー私自身、キラキラと輝く時間は数数え切れないほど多かった。

本当にこれで良いのか?と思うほど多かったといえるのが幸せである。

求めたからだろう。ギラギラでなく、キラキラというのが幸せである。

ギラギラは、心に欲とか不純なものが蓄積している状態で、後には不快が残る?

やはり、幸せは両親の愛情をタップリ注がれた基盤が必要条件になる。

二人の愛の結晶が子供である。 愛は二人で維持していかないと・・・

  *感動体験が「良識」をもたらす

 いまの30歳代くらいまでの若い人の特徴は、子ども時代体験

あまりに貧しいということではないでしょうか。 団塊の世代までは、

野原や川原で大勢の友達と遊ぶ楽しさを知っています。

汗だらけになって遊び呆けて、日暮れどき、仲間とアバヨと別れ、家路

つきながら「ああ、楽しかった」という、身体の中が熱くなるほどの満足感。

そこには兄貴分がいて、喧嘩もあって、仲直りもあって、子どもとはいえ、

小さな世界の秩序があった。そうした中で、人は自然を学び、社会の分別

学んでいたのです。

 生きていくということはなかなかしんどいことですが、やっちゃいけない

ことはやらないという態度は良識だし、やらなくてはならないことはやると

いうのも良識です。その良識を持っているいるかいないかはということは、

その人が、ああ俺は幸福だな、という感覚を肌身にしみて体験しているか

どうかと、深い関係があると思います。

人間というものは厄介な存在で、恋愛問題だけでなく、家庭、地域職場

学校など、集団にはトラブルはつきものです。いったんこじれた人間関係

修復するのは、面倒なことだけれど、相手立場に立ったり、相手を変えよと

努力したりする中で、自分自身も変わっていくのです。

もつれた糸をほぐすような悩みや工夫のなかで、人は成熟していくのです。

 (感想)

ーこの視点で、人生を振り返ってみると、何が重要だったのか見えてくる。

本当に目を光らせて自然の中で遊びほうけたものだ。

私らの年代は、本当に遊びまわっていた。

それが中学二年あたりから受験勉強を強いられる。

それも、必要である。

感動体験こそ人生を豊かにさせるものである。

感動体験だけは人一倍してきたが・・・まだまだぜったり量が足りない。

 60歳代の人生テーマは『もっともっと感動を!』か?

2017-07-21 閑話小題 〜ヨガの話 −3

[][] 06:01 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20170721060106j:image

   ☆ ヨガを最初に持込んだ天風

 中村天風著『成功の実現』を30数年前に読んで多くの人にも勧めてきた。

天風は初めて日本ヨガを取入れた人で、「積極一貫」の信念が、彼の全てを

現している。この教えを知り、信念の一つに取入れてから人生が大きく変わって

いったようだ。 〜そのの概要といえば〜

≪ 結核を治すため世界を飛び回り、「 世界一大学者ですら助からないと

言うんだからもう駄目だ 」と、失望どん底で「 せめて日本で死のう 」と

マルセイユの港を後にします が、偶然にエジプトで停泊中、船に同乗していた

ヨガ大聖人カリアッパ師にめぐり会う。

「おまえはまだ死ぬ運命にない。助かる方法がある。 私について来なさい。」 

その言葉に「サーテンリー。(かしこまりました。)」と一言答えて、行く

先も知らないのに天風はカリアッパ師一行について行く。このカリアッパ師は、

実は「カルマッパ・カキャブ・ドルジェ」(1871〜1922)で、ラマ教カルマ

カギュ派の第十五世管長でありヨーガの大家だった。

吐血ばかりでやせ細り、死へ向かっていた中村天風インドと東ネパール

国境に位置するカンチェンジュンガの山麓のコーグ村で厳しい修行に入ります。

滝の前で瞑想したり、師に出された課題をひたすら考えたり……。

それは、生きるために行なう背水の陣のごとき修行ヨーガは、悟りや奥義を

師から弟子に口で教える事はほとんどありません。 課題に関しての答えは、

自分で見つけ出さなければいけないのです。初めは、身体の調子にばかり

とらわれていた天風。

 師に「元気か?」と問われ、「どうも、調子がすぐれません。」と返す。

「私は、お前の体の状態を問うているのではない。」とカリアッパ師。

瞑想と師とのやりとりの中で天風は、身体ばかりを意識するのではなく、

「心の持ちよう」で生きていると、心身が変わってくる事を体得する。

やがて、インドの山奥で無の境地を悟った中村天風。それを悟ると、身体はみる

みる良くなっていった。≫

▼ それまでも、様ざまな精神論の本を読み、日常生活に取入れてきたが、

 これほど生々しい体験を背景に説いた論に驚いてしまった。

天風哲学の基本は“笑顔”。悲しい時、つらい時、そんなときは無理にでも笑顔

を、作ってみる。そうすれば自然と楽しくなってくるというのが、天風哲学

根本にあります。おかしくもないときに、「アハハ」って笑うと、おかしくなる。

【 2005/06/30

  1549, 宇野千代

宇野千代代表作「おはん」を書き終えた後に、一行も書けなくなってしまった。

そこへ中村天風

「今度ね、自分の頭の中に舞台をこしらえて、その中でいろいろ、あの女と

 この男とひっつけよう、この男とこの男とこうしようというふうに躍らせながら

 そいつを書いていったらいいだろう」

「出来ないと思うものはできない。出来ると信念することは、

 どんなことでも出来る」と言った。

「いい事聞いた!」宇野千代は、それいらいスランプを脱し、書く文章も変った

 という逸話がある。

この天風の言葉を、スットンと脳に入れてしまう彼女が凄い。 彼女は中村天風

弟子であり、その教えの実践者である。天風の言葉が、彼女の中で血肉になって

明るく具体的に噛み砕いているところがよい。】

 6年前に改めて読んでおくべきだったが、机後ろの書棚にあったのに、手に取ら

なかったのは何故だろうか。平静を装っていただけで、動転していたのだろう。

・・・・・・

5606,恋愛心理学 〜? なぜ幼な顔に惹かれる?

2016年07月21日(木)        

           『美人の正体』〜越智啓太著 

   * なぜ幼な顔が重要なのか

 美人顔には、小型犬の幼顔系と、シェパードのような大型犬の丹精顔がある。

幼な顔の無垢性を求める男の心理に何故か納得する。今では、耳にしないが、

カマトト」という言葉があった。 アニメの美少女は額が広く、目は異常に

大きく、口と顎は小さい。胸は異常に大きく、腰は小さく、脚は長い。これが

男心を擽るようだ。幼顔の女性は、このモデルを目指し変装、いや化粧をする。

 何とことはない、男は、その変装にコロリと騙される。 〜その辺りから〜

≪ 他の男の子を自分子供として育てる危険回避の方法の一つは、

 なるべく若い個体を配偶者として選択することです。相手の年齢が若ければ

若いほど、性的な経験が少なく、それゆえ自分が配偶者として相手を選択した

場合に、すでに相手が妊娠している可能性は低くなります。とくに相手がまだ

性的な経験がまったくない場合、妊娠している可能性はないので、男性として

自分以外の子どもを育ててしまう可能性はより低くなります。このようなこと

から、若い性経験のない女性を配偶者として選好するという行動が男性側には

進化してきた可能性があります。では、若い個体は何を手がかりに探し出せば

よいのでしょうか。ここで手がかりとされるのが顔なのです。我々が他人

年齢を判断するときにもつとも重要な手がかりになるのは顔です。

 ある程度の年齢までは顔の構造が手がかりになりますし、また一定の年齢

以上になると肌の質感、しわや白髪などによって年齢を判断します。

 これらのことから、男性は、顔が若く見える個体、すなわち幼型化特徴を

持った顔を魅力的だと思うようになったのだと考えられます。

 確かに、女性は化粧にずいぶん時間をかけますが、そこで行われるのは

肌の質感を若くし(赤ちゃんのような肌にする)、しわを隠すことや、白髪を

染めることです。これは、まさに老化を隠して自分を若く見せるための方法

あり、これによって女性を魅力的に変身できるわけです。

 平均化に加えて目が大きく、顔の下半分が小さいという幼型化という条件が、

特に女性の外見的魅力を向上させるためには重要である。そして、なぜ重要に

なってくるかといえば、それは女性を配偶者として選択する男性が確実に

自分遺伝子を残すために、女性が若いことが重要な意味を持っているから

だという可能性が示されました。≫

▼ 「清潔感7割、色気3割」が、理想というが、清潔感リスクが低いと

 いう潜在意識のなせる業。メイドカフェの魅力も、近いものがある?

それより、内的魅力を磨けというが、男など、そんなことより、短期的には、

まず美的外形に惹かれる。それにしても、女性の異性に対する視線の反応は

異様なぐらい強い。だから、何があっても、まずは褒めること。出来ないなら、

心の底で、「光輝いているね!」と思ってやること。 

・・・・・・

5241,窃盗専門の「泥棒刑事」 −?

2015年07月21日(火)

           『泥棒刑事』 元三課部長刑事 小川泰平著

   * 被害届を拒む女性。そして孤独で寂しい泥棒たち

 何か、内容が下ネタになるが、話題としては面白い。そういうこと!

≪「泥棒には入られていません」「絶対に入られていません」と言いはり被害届

を出さない女性がいた。これは被害者のほうに何らかの事情があるのは確実だ。

あるとき、1人の空き巣逮捕し余罪を追及していくと、100件以上の余罪。

被疑者を捜査用車両に乗せて「引当り捜査」を行う。私はその空き巣被疑者

自供に基づき被害者宅を訪ね、「お宅に空き巣に入った、犯人を逮捕しています」

と、事情を説明に行くのだが、一件だけ「入られていない」という被害者がいた。

もちろん被害届も提出されていない。実際に空き巣に入られていても、被害額が

僅少であったり未遂であったりした場合は、面倒だなどの理由で警察にさえ届け

出ていないかたも時にはいる。それでも、引当り捜査で行くと、そのようなかた

でも、「忙しくて……、面倒で…」などと言いながらも協力してくれるもの。

しかし、この一件の被害者だけは「入られていない」の、1点張りである。

被害者が帰宅している時間帯にもう一度訪問した。20歳代前半の美人女性

絶対に入られていません、何回言わせるんですか」と怒られてしまった。

そこで被疑者から再度の調べをしたところ、ある物が「机の引き出し」に入って

いたことが分かった。「大人のおもちゃ」であった。事情聴取女性警察官に

任せることにした。何とか説得し被害届を提出してもらった記憶がある。

金額は6000円で。我々ドロ刑にとって、被害届1枚は「血の1滴」と言われる。 

 大人のおもちゃを持っていた被害者とは話はまったく別ものなのだが、

泥棒基本的孤独であり、さびしがり屋が多かった。泥棒は構ってくれる人

がいなくなることを非常に恐れる。孤独生活を送っている泥棒は、逮捕された

後に取調べを受けるとき、人と人とのつながりを取り戻すかのように饒舌になる

者が多い。不思議と思われるかもしれないが、取調官と別れたくないがために、

やってもいないヤマ(事件)を自供する者さえいる。これを「空ヤマ」と言う。

 ・・たいていの泥棒は、シャバと刑務所の問を行き来している。そうした

泥棒というのは、寂しがり屋が多かった。泥棒稼業を送る彼らは、ほとんどが

一人暮らしで身寄りもなかった。彼らの多くは逮捕され刑務所生活を送る。

刑務所に入っても泥棒馬鹿にされる存在でしかない。そして、2、3年の刑期

を終えて社会に出てくる。そのとき、彼らのほとんどはあまりお金を持たない。

刑務所では刑務作業に対して報奨金が支払われるが、刑期が2、3年の泥棒は、

刑期中に金を貯めることはほとんどできない。刑務作業で稼いだ金は出所後の

交通費で消えてしまうりだから手元には金はいくらもないのが通常である。

そこで、出所した常習者のほとんどが、更生施設などに身を寄せるしかない

のだが。そこも長続きしない。また、就職して働く者もいるが、給料などの

待遇もよいはずがない。月15万も稼げれば良いほうだろう。彼らは少し

働いて金ができると、たとえばスナックに出入りするようになる。

そうしているうちに、働いて得た金だけではとても足りなくなる・・ ≫

▼ ネットで『女性用大人の玩具』と検索したところ・・ 出るは出るは!

 今度、生まれるなら、老いたら機能不全?になる男でなく、女性ですか。

・・・・・・

4876,「事業人生を決心して45年」の語り直し ー42

2014年07月21日(月)

   * 31年の新潟~長岡間の通勤

 老いた母親をおいたまま新潟に引越すわけにもいかず、31年間も新潟~長岡

通勤になった。しかし、高速の乗物空間の往復一時間読書の最適環境

私の性格からみて地方の閉鎖性に同化されない為に、職住分離は必要である。

新幹線車内は一度、県外に出たような感覚になる。だから30年も続いた。

それと、機内や高速鉄道の車内は「ぼんやり時間」としてベスト空間でもある。

長岡住民の7〜8割が地元出身者だが、新潟は流入組7〜8割。僅か30分で

世界がまるで違う。それも慣れだが流動が少ないのは良くない。それは、この

三年間で、さらに実感している。排他的で、プライドが高く、烏合で、常に人の

目を伺う比較世界の傾向が強い。それも、外部からみれば越後新潟差異範囲。 

ところで、30年の新幹線交通費の総額は、マンションが一つ買えるほど。

全線開通直後、長距離通勤のための税制が変わり、経費で落すことが可能になった。

 何処も所属しないで済んだ代金とみればよい。酩酊しての乗り過ごしは8回。

そのうち3回は湯沢などに宿泊、スナックへ。今から考えると、冷汗もの。

そうこう振り返ると、やはり70歳前半が寿命? 今さら生き急ぐことも、

死に急ぐこともない。今や職住分離の職が無くなり、自宅中心の生活

新幹線の代りが「ハリウッド映画」と、ポタリング。これで一度、生活圏から

出たような錯覚が、ストレスを最小にしてくれる。

   * スラスラと、思ったことを文章化出来る?

 知人に「思ったままを毎日、書けるのが羨ましい!」と言われたことがある。 

読む方は、2〜3分だが、書き上げる方は、この程度の拙文でも、テーマネタ

探しを含めたら2〜3時間は軽く掛かっている。これでである。しかし、書き

上げた達成感と、プレッシャーが丁度良い刺激になっている。その後、読返し、

書いている自分は何者?と、ドキッとすることもある。時間が過ぎると、書いた

時点の自分は、別人のような人。 吐いてしまった、書いてしまった言葉は、

二度と戻らない! 言葉は恐ろしいし、それを文章化して責任を持って公表する

のは、更に恐ろしい。そのままの自分本音が、そのまま出てしまうからである。

そのため、早朝、何度も書き直す。それが考える訓練と、思考そのものになる。

「日々、是、口実」が、分かっていても?自嘲しながら続けている得体

知れない自分は「何者だろう?」

・・・・・・

4509, 一日5分「簡単ヨーガ健康法 ー7

2013年07月21日(日)

         『 一日5分「簡単ヨーガ健康法 』ー番場浩之著

 スポーツジムののヨガに週二回、百回以上も続けると、一寸とした動作も

ヨガ的になる。ポタリングの車上の姿勢と呼吸とか、起床の前の屈伸とか、

夜半に目が覚めた時の姿勢と呼吸とか、居間でTVを見ている合間の姿勢とかを、

意識するようになった。これが続けてきた一番の収穫。また早朝の30分の瞑想

も良い。この結果、夜半の半睡の状態も、瞑想イメージを持つと、心穏やか

に不眠状況を受け入れることが出来るようになる。

  * 3日目ーA 正座から四つんばいになって・・

1、まず正座になって(踵を重ねない)両手を膝の上に自然に置いた自然体から、

  軽く御尻を浮かすようにして爪先を立てて、膝の前で床に手のひらをつく。

  短距離のスタートの姿勢だが、手のひらは地面にベッタリつける姿勢。

2、「静かな一呼吸」−>「軽い一呼吸」−>「深い一呼吸」を入れながら、

  狼が吠えているように、顎を上げ、胸を開き、背骨をそらす。

3、そこから腰を入れ、手をつけたまま立ち膝になり、踵をつけたまま背中

  を丸める。額を膝につけて息を出し切る。

4、緩めて、元の正座に戻る。そこで軽く一呼吸をする。

5、もう一度、1,2の動作をした後、軽い呼吸をしながら、膝裏を伸ばし

  ながら尻を持ち上げる。横からみたら、三角形に見える姿勢である。

6、息を出しながら、かかとに体重をかけ、肘と膝を伸ばした状態で腰を入れ、

  眉間を見あがるようにして顎を上げる。犬や猫が、四つん這いで、背筋を

  伸ばしている姿である。

7、「軽く一息」を入れて緩めたら、ゆっくり息を出しながら、膝をつき、

  「基本単位」に戻す。

 ▼ 犬や猫が寝起きに、これをやっている。背中を丸めたり、反らしたり

  しているポーズである。動物が誰に教わることなく本能的に行う運動には、

  それなりの良さがある。

   * 3日目ーB 手の指を開く体位

1、正座に座り、親指と人差し指で朱印を結び、肘を直角に曲げて前腕は床と

  水平に手の平を上向きにする。 「静かな一呼吸」−>「軽い一呼吸」−>

 「深い一呼吸」を入れながら、手指が反るぐらいに開き、息を止めて、少し、

 その状態を保つ。

2、ゆっくり息を出しながら、最初の基本体位に戻って、軽く一息をしたら、

  もう一度1,2を繰り返す。

3、1を行った後、手指を開いたまま息を止めて少し静止。息を止めたまま、

  ゆっくり親指から順に小指まで折り込んでいく。 最後に、親指を握りこむ

  ように「グー」でしっかり握る。

4、さらに、息を止めたまま、小指から親指まで順に指関節を伸ばした状態で

  開いていく。最後にしっかり開ききった上に、ゆっくり息を出しながら

 「基本体位」の朱印に戻って軽く一息。

5、再度、1、3,4を行う。  ポイントは、どの姿勢の場合でも背筋を

  ピンと伸ばすこと。

▼ ヨガ教室では、正座をして、深呼吸をしながら上に向け延ばした手を、

 逆の手で反らすことを毎回している。あとは、投げ出したフクラハギをバタ

バタ地面に叩くのも居間などで手軽に出来る。常に、小まめにマッサージ

屈伸をする習慣をつければ良いということ。

・・・・・・

4135, 閑話小題 ー父親のこと、など

2012年07月21日(土)

   * おもいのままに 

 緑の原野からサバンナへの移行をした、とか分かったようなことを言っている

割に、話題の中心は世界情勢、特に世界恐慌という大津波襲来の内容が多い。

百年、5百年、千年スパンの大変動の大波が襲来するのを、外海?の地平線に

目を凝らして見つめるのは人情として当然だが、どうも期待半分のようでもある。 

現に到来した時の惨状は、10年〜20年以上にわたる長期的になり想像を絶した

になるだろう。現に私が、その前波で一年前に事業継続を断念したこともある。

しかし裏山に避難して海原をみると地平線の本体の大波は近づいているのがよく

分かる。眼下をみると、これまで通り人々は何も変わることない生活を送る人と、

海辺浸水が始まり慌てている人もいる。鈍い人は現実に大波が来ないと分から

ないのだ。ただ、それぞれの立ち位置で、問題の大きさが違うから難しい。

5階以上のビルの人にとって、それほど慌てることもないが、目先の生命

助かっても生活圏が根こそぎ破壊されてしまう 時どき週刊誌に、大津波の襲来と

対応策が見出し掲載されるが、売らんがための大げさな見出しとして、狼少年

騒ぎとして見ている。しかし、NHKが特番で危機の深刻さを報じているので、

分かっているはずだが。また私の知人の子弟が外国留学ビジネス滞在して

いる人が多い。彼等も二分していて、対策をとる人、とらない人がいる。

どっちにしても、この年齢になれば何があっても先が知れている。初めは、

戦争勃発による株式の暴落から始まり、ハイパーインフレ、そして銀行閉鎖か? 

それもなく、延々と現状が続くのか?そうあって欲しいが、有り得ないこと。

   * 父親のこと

 父については何度か書いたが、年齢を重ねるごとに父親のことを思い出す

ことが多くなっている。年齢が父の晩年に近づいているためだが、どうしも自分

対比してしまう。 私が父親の42歳時の子供だったこともあり、私を特別視を

してくれていた。その影響はプラスマイナスにも、現在も強くある。

父親の死は最大の子供へのプレゼントという話を聞いたことがある。自立をする

ためだ。その意味で26歳の時に亡くなったことは丁度良いタイミング。 

その頃から創業を始め、結婚も重なり決断は自分独りでするしかない。

経験不足の身にとって一つ間違えると地獄のそれは、結果が直接、跳ね返って

くるため厳しい。それも、自信が無くとも、分った振りをして決めるしかない。 

事業人生の40年間は、特に、その場で瞬時に判断しなければならない世界

去年の節目から16ヶ月になるが、今だ解放感で空中を浮いているように気持ち

が軽くなっている。現役の方が良かったなど懐かしむ気持ちは今だになれないが、

後悔とか、未練は全くない。父は42歳で終戦を向かえ、10数軒あったという

貸家は長岡空襲で全て燃えてしまい一財産の殆んどを失い、そこから裸一貫

から第二の人生が始まった。その頃に私が生まれたが、当時の記憶は生まれた

数ヶ月後からハッキリと憶えている。変化変化の刺激的な日々だったから。

その中で必死に働いていた両親の姿が子供心に輝いて見えていた。

 ・・・・・・

3769, 下流の宴 ー2

2011年07月21日(木)

 昨日、7回シリーズの「下流の宴」−最終回ビデオをみた。

これでシリーズの録画、3、4、6、7をみたことになる。内容は団塊世代

現状の起承転結の転結そのもの。遅かれ早かれ人生は、こんなものであると・・

下流と見下された少女と、上流?家族母親との対比の中で、下流、上流とか

いう世間体の虚実を浮かび上がらせている。 この隠れテーマは、

「総中流だった団塊世代崩壊現代若者」で、上流とかいう虚妄の実態

面白可笑しく表現している。下流と蔑まされた痛いげない少女必死な姿を通し、

人間品格とは何かを問おうとしている。あの夫婦の姿は多かれ少なかれ、

定年をむかえている団塊世代家庭内に見られる実情。そこで、問われるのは、

「考える」ということ、定年までの準備の有無、そして、これまでの人生

如何に生きてきたかである。あの家族の父親が自分医者の娘というだけが誇り

母親家内、そして二人の息子を、あの二人の子供に重ねると、他人事でない? 

で、どうした!である。 家族には、それぞれの結末が待っている。 

最後は永遠の果てに散っていくのである。それが早いか遅いかの差でしかない。 

医者を偉そうに取り扱っているが、現在の医師の8割は技術者でしかない。

そのことを当人たちは熟知している(はずである?)。何かに向かい一心不乱で

努力する姿勢、それに対し全く無頓着の生様、それぞれの人間の姿を作家

林真理子表現したかったのだろう。蔑まされていた娘が独りで、医科大学

入って、医者の道を歩くところで、終わっている。それをバカバカしいと断念

する方が面白いのでは?と、思った。が、これはこれで良い。

「世の中の人が総下流なら、それは中流ではないのでは?」と常々思っていた。

娑婆では下流は平均値の半分以下の収入を言うらしい。国民年金で生活する人

たちが下流?というのだろうか? 鳩山一族が上流? こうなってくると、漫談

になってくる。ところで、私が学生時代に入っていた馬小屋のような寮の住人。 

その人たちの実家は玉石混合だったが、学生時代寮生活は、こんなものと、

誰もが着るもの、食べるものに無頓着であった。 親が自営業だった?から、

仕送りは実家が裕福かどうかに関わらず、ギリギリだった。むしろ、それを

全員が楽しんでいるようだった。誰も実家の裕福さなど問題にしてなかった。 

日本は、アメリカ属国だったこともあり、経済大国といわれ、アメリカに次ぐ

豊かさを一時的に謳歌した。それが、この20年間で・・ 最後は東北大震災

トドメ。下流とは言わないが、中の下。団塊世代と同じである。

 米国が国債のデフォルトを臭わせてきた・・ 500兆以上は買わされて

いるというが・・ 待っているのは、下流の宴か、やはり。 

  ーたまたま去年のテーマが、それであった。

 

2017-07-20 閑話小題 〜ヨガの話 −2

[] 05:35 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20170720053510j:image

   * ヨガの話

 義兄の葬式の待合で、ヨガ先生をしている姪の話の中に、「ホットヨガ

という言葉が出てきた。 最近、よく耳にするため、ネットで検索してみた。

≪ ☆ 「ホットヨガ」とは何?

ホットヨガ」とは、室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行う

 ヨガ意味します。この室温は体を一番柔軟にするとされる温度であり、

多湿な環境は発汗を促します。ヨガのゆっくりとした動きやポーズは、自然

に筋肉を伸ばすことや、インナーマッスルを鍛えることを目的としています。

スタジオヨガとの違いは、ホットヨガは高温多湿の環境で、早い段階から筋肉

を柔軟にするため、より効率的に無理なく筋肉を伸ばすことができる点が挙げ

られます。 汗をかくことは本当に気持ちがよいものです。

 ホットヨガは、あらかじめ室温を高めに設定することで、ゆったりとした

動きでもすぐに体温が上昇し、ヨガによる有酸素運動の効果を高めます。

ただし、大量に汗をかくので、水分補給はこまめに行いましょう。

 ―ホットヨガで行う主な動きの種類―

高温多湿の環境で行うホットヨガのポーズや動きの種類は、スタジオヨガほど

多様ではありません。激しすぎる動きでは、いくら水分補給しても体が追い

つかず、脱水状態になってしまうためです。ホットヨガでは呼吸法とストレッチ

をメインに、普段使わない筋肉を動かします。 また、ホットヨガの呼吸では、

普段の生活自然に行っている「胸式呼吸」と、お腹の深いところから呼吸を

する「腹式呼吸」を使い分けます。交感神経を刺激する胸式呼吸は、ポーズを

取ったり、体を鍛えたりするときに行います。一方、全身の緊張をときほぐし、

副交感神経を刺激する腹式呼吸は、瞑想クールダウンしたいときに行うとよい≫。

  ☆ そもそもヨガとは何か?」 

YOGA起源は、紀元前2500年前、インダス文明が起原と言われるが、

 そこは高温多湿な地域もあり、その環境がホットのため、最適なのだろう。

ヨガ語源は、サンスクリット語yuj(ユジュ)から来ていて、「〜と〜を繋ぐ」

という意味がある。

<心と身体><心と集中の対象><自分と他人><小宇宙と大宇宙

バラバラだったものが、ひとつながりになった状態のことを意味する。≫とある。

▼ 5年半、週に5日、1000回近く参加してきたことも、どの言葉も、どこかで、

 先生が話した説明にあるため、納得できる。ヨガブームは、ネットの普及で

世界混沌としてきた中で『私』を取り戻したい欲求が高まったため。

密室の中で、集団の一員としてやる」のも、素人の私には最適。

2500年前に面白い心の修行を作ったもの。 現在の私に、ほどよく面白い

・・・・・・

5605,恋愛心理学 〜? 美人顔になるには?

2016年07月20日(水)

           『美人の正体』〜越智啓太著 

   * 少しでも美人顔になるには?

 「美人顔が女の価値を高める」と信じた人たちの苦労は並大抵でない。

女性には「容姿のカースト制」があって、序列が決まっている。

そういえば、美人と不美人の二人連れは、ほぼ見かけない。厳しいものだ。

 「美人顔」で、検索をすると様々な面白いのが出てくる。これに亭主の

社会的地位、収入教養が加味され、瞬時に価値判断をされる。

 〜ネットに「美人顔になるには?」があった〜

≪ 誰だって、本気になれば美人顔になれる要素は十分にあるのです!

 では、美人顔になろうと決意した人たちは具体的にどのような事を

 して成功したのでしょうか?

1.モデルさんや女優さん、「こんな顔になりたい!」という女性を見つける

2.憧れの人になりきって行動してみる

3.「あなたは可愛くなれる!」と鏡の前で自分に言い聞かせる

4.前向きな言葉をたくさん言うようにする

 美人顔になるにはいくつかの条件がある事が分かりましたね!条件の中には、

外見的な事はもちろんありますが、内面が綺麗という事の方がもっと重要だと

思います。いくら顔立が整っていたとしても、話してみて性格がキツかったり、

いつも愚痴ばかりの人だったら、”綺麗な人”よりは”印象が悪い”という人

になっていくのではないでしょうか?

 生まれ持った顔立ちは人それぞれ違います。目が大きい、小さい、鼻が高い、

低いなど、「もっとこんな顔だったらよかったのに!」と思いたい気持ち

分かりますが、それはあなたの”個性”であり”チャームポイント”でもある。

あなたが、自分チャームポイントを好きになってあげる所からが、美人顔に

なる為のスタートラインになります! ≫

≪「美女顔」説には3つの有力説があります。最も古典的で、最も有力な説である、

「平均顔説」は、ガルトンが1883年に提唱しました。写真を使い、複数の顔写真

重ね焼きする方法を用いると、顔の特徴において、重複する部分が濃くなり、

外れる部分が薄くなることで、顔の特徴が徐々に平均化されていきます。

重ねれば重ねるほどに、女性美人へ、男性はハンサムになります。

これが「平均顔説」の始まりとされています。≫ とあった。

▼ 確かに、美人顔の良いとこ取りのパーツを並べた写真より、平均パーツを

 並べた顔の方が綺麗である。美とはバランスである。良く生きるとは、美しく

生きること。力・知識・愛情のバランスを保つことになる。 で、バランスは?

・・・・・・

5240,窃盗専門の「泥棒刑事」 −?

2015年07月20日(月)

           『泥棒刑事』 元三課部長刑事 小川泰平著

   * 南米人の場合

 南米に何度かツアーで行ったが、それは物騒である。事務所に強盗は

日常茶飯事。入られた時に差し出すお金を用意しておくという。見境なく

殺人をするため、とにかく抵抗をしないのが現地の常識。警察も強盗、

泥棒を抵抗なくとも射殺する、とか。

≪ コロンビア人の中にはペルー人と共犯関係を組む者もいた。コロンビア

 ペルー共にスペイン語言葉が適じ、ペルー料理屋で知り合ったらしい。

これは中国人も同様であるが、最初はまじめに働く気で日本に来ていても

手っ取り早く稼げる泥俸に渉転職する者もいる。彼らの特徴は、中国人窃盗団

にもましてその手口の荒っぽいことが第一に挙げられる。まず侵入手口だが、

マンション、アパートならベランダ側に回り、ガラス窓を「叩き破り」

「突き破り」等の方法で大きく破るのが特徴の一つ。ここ数年「焼き破り

という方法で侵入する場合もあるが、石やバールを使い荒っぽく破っている。

侵入後の物色だが、彼らが"仕事"をした現場はまさに「足の踏み場もない」

という表現がピッタリ。あたかも台風が通過したかのごとく部屋じゅうの物が

散乱している。こうした被害に遭われた方々は我が家の状態を見て、荘然自失

の状態。それほど被害現場は酷かった。これは南米人特有のラテン気質の反映

と言えるかもしれない。・・(略)

 南米系の窃盗団の場合、彼らの特徴の一つに、持っていける物は何でも

持っていくということ。パソコンなどは当然のように持ち去っているが、

テレビや炊飯器も盗んでいる。つまり中国人は安物は残すが、南米窃盗団

場合はごっそり持っていくのが何よりの特徴。彼らが持ち去った物の中に

信じられないような物まで含まれていた。それは食料品である。その中には

ビールコーラ野菜や肉までも含まれていた。南米窃盗団はそんな物まで

持ち去るのであった。南米系の窃盗団の特徴はそのラテン気質からくるものか、

荒っぽいがその反面極めて大雑把で、そのため貴重品を見逃すという例もたび

たび見られた。・・ ≫

▼ いかに南米が貧しいか窺い知ることができる。中国は、距離的に近いため、

 金目の盗品を持ち帰り処分が可能だが、南米は、そうはいかない。だから、

現在、生活する物資を持ち帰ることも頷ける。近くのアパート韓国中国

フィリピン人が入居しているが・・ 人種というより、そう長居をしないため

「やり逃げ」感覚が危険である。

・・・・・・

4875,意味としての心  ~意味意味

2014年07月20日(日)

       ー『意味としての心ー「私」の精神分析用語辞典北山修著ー  

  * 空虚の穴埋めと、意味の発見  〜意味意味について、再び!

4年前の随想日記で <「人みな骨になるならば」頼藤和寛著>の

意味意味について』について書いた。

【 ・・ われわれの一生は無意味かもしれないし、意味のあるものかも。

 それを決めるのは、われわれ一人一人の思い込みにすぎない、と言わん

ばかりである。そして、やはり「思い込みにすぎない」のである。 自分

人生には意味があるとするあつかましい人物と、宇宙規模で考えれば無意味

だとする謙虚な人物との、いずれが正しいか判断する根拠などない。

思いたい放題であり、思った者勝ちのようなところがある。… 】

 〜要は、「人生意味など適当な意味付けでしかない!」ということ。

価値観価値に、非常に似ていて、人生色いろ!の理屈付け。

それでも、そのことを考えないより遥かによい。

  『意味としての心ー「私」の精神分析用語辞典北山修著ーの中に、

意味」について解りやすい解釈がある。『意味というミ』の小テーマで、

《 意味とは、意=気持、を充実させることである。私たちの自己は広がり

であり、空間で、器、容器をイメージさせる。そして、たえず欠如や不足、

欠乏を抱え込み、その内容が満たされて豊かになることが、これらの充足願望に

共通する目標であります。その逆の不満や不足を意味する「満たされない」

「足りない」「充実しない」は不幸で不快であり、これが重なると「虚ろ」

「空っぽ」「空虚」など、寒々した空洞体験を出現させる。その空虚の穴埋

として、実のあるものを生み出すこと、多く表現することなどで、充満する

ことで満足する。その充満が得られ、その充満の限界をこえかけギリギリの

ところに止まるならば「たまらない」という快感につながることもある。

そして記号というカラの器を充実させるのが読み取られて味わわれる意味

内容であり、この意味のミも、記号のミになのなのでしょう。 》

 現在、シリーズで書いている『事業人生を決心して45年、の語りなおし』

は、3年前の結果を踏まえた物語の書き直し! それぞれの節目の要素と、

物語の根こそぎの『意味』の変更。 『意味』に一番近い言葉は「価値」だが、

その意味は「物がもっている、何らかの目的実現に役立つ性質や程度。

値打ち有用性。」 目的により、それぞれ人により違っている。

意味」の『意』は「気持」。『味』は、ミ。満るのミ、記号で言う、身、

実、につながる。その時々の節目で、何が満ち、何が実として、あったか? 

逆に、何が足りなかったか、の棚卸は、ある意味内省になる。 

〜「人間、生まれて、飯を食べ、糞をして、死ぬ、ただ、それだけ( )」

のカッコ内に「?」を入れるか、「!」か、大きく『意味』が違ってくる。

・・・・・・

4508, どうせ死ぬなら「がん」がいい ー3

2013年07月20日(土)

     『どうせ死ぬなら「がん」がいい』近藤 誠 (著), 中村 仁一 (著)

  第二章 医療に殺される

 現代医療の根源を問う問題である。現代医療の肯定派の医師との公開討論は

直前にドタキャン。それだけ、根は深い。 裸の王様と同じで、誰かが現代医療

の病巣を指摘しなければならなかった。このような問題を今まで聞いたことがない。 

としても、世界で一番の医療システムであることは、認めてよい。延命医療

盲信が良くないのである。 数年前の「インフルエンザパンデミック騒ぎ」

の時、世界タミフルの7割が日本に流れたという。振り返ってみれば、普通の

インフルエンザより、遥かに致死率が低かったのである。これは薬品メーカー

陰謀?=販売戦略でしかなかったが、その総括は全くなされてない。

これと同じで、盲信していると、医療そのものに殺されるてしまう。父親も、

同級生も、治療で、苦しまないで死ねたのが、盲信したため、拷問のような

苦痛?の中で死んでいった?と思うと、すえ恐ろしい。

 ー第二章 医療に殺されるー 

 目次の小項目には、その恐ろしい現実が、そのまま書かれている

・「がんにかかるとすぐ死ぬ」イメージ医者が作った  

・99の死屍累々は隠して1の成功例だけを強調

・胸部CT検査2回で「避難」レベルの彼ばく      

・「免夜力とがん」と「笑うとがんにならない」のウソ

病院に寄りつかない人は確実に長生き        

・検診は受けない、自分血圧も知らない

・がんになったら太りなさい。コレステロールが低いほど早死に 

・今までの日常を保ちながら、がんとつき合っていく

・高血圧ガイドライン操作で薬の売り上げが6倍に   

教授が執刀? それは危なかった

同窓会に行かない理由                   

日本人寿命が廷びた原因は医療ではない

・「予防医療センターは「患者を呼ぼう」センター      

医療検査に近づかないと人生終盤が有意義

・余命3ヶ月がはやる理由                   

・「医者治療をすすめる」これは永遠に変わらない

・財政難で検診が変わる                

・がんやインフルエンザを「めしのタネ」にする人々

世界タミフルの7割が日本に流れた…       

ワクチンやってもインフルエンザにかかります

医療で死にかけても「信仰」は消えない      

医療は桐喝産業。不安をあおって患者を増やす

ネズミ実験成功しても人間の体は別もの   

・2つの薬を抱き合わせる「新薬」商法

・老化と言われたくない症候群             

大学病院はいい「実験」を受けられる病院

医療体制はもうじき崩壊する             

日本人スリムな体形が手術向きだった

▼ 誰も目先、死にたくない。老いてからのガンを老化現象とみるか、

 病とみるかで変わってくる。現代医療の信頼も共同幻想でしかない。

スポーツセンター血圧計で、測定したらギリギリ?の125〜140。

子供の頃、両親から聞いていたのが、年齢+90が高血圧の目安だった。

ところが、そこには130と、説明書にある。私の年齢からすれば2割も目安が

下がったことになる。とはいえ、現状の自分の数値を知っておく必要もある。

・・・・・・

4134, 「夏目漱石自己本位」 ー3

2012年07月20日(金)

        『定年後 ー豊かに生きるための知恵』 加藤仁著

  * 他人志向人間

自己本位」の対照に「他人志向型」人間がある。学生時代ゼミで読むよう

指定された本にリースマン著『孤独な群集』があった。 以前にも少し取り上げた

ことがある。  ー 大まかにいうと

《 都会の群衆は、それぞれが孤独であり、他人に対して無視を装っているが、

 実は非常に敏感で、その視線を気にしている「他人志向人間」が多い。

これは都市という空間が、人工で創られているためで、各々は個々に分断されて

いるため内情を知りたいのである。要は内幕情報屋的傾向の強いのがが都会人。》

が、私の記憶として残っている。 そこでアマゾンで調べてみると、

【 この本が書かれた1950年代アメリカというのは非常に興味深い10年間

であります。戦後の繁栄を謳歌し、今や万人の上にアメリカの夢が輝いている、

そういう光がある反面、冷戦が社会にもたらす緊張、そして勃興する消費主義、

台頭する大企業、人々は次々と「長いものに巻かれ」て自己表現よりも大樹への

忠誠とへつらいという軍門に降っておりました。そんな時代の空気を吸い込んで

書かれたこの書の主人公は、やはり、他者の視線を例えば会社で四六時中気にする

ような、「他人志向型」人間であり、仕事によって自己表現をするというかって

アーティストとは異なり、仕事家計の質を得るための手段にすぎぬと割り

切って、自己表現の場を瑣末な消費主義に求める、そんな連中であります。】と。

 都会の中にあって、誰もが、それは素振りも見せず、それぞれが自己本位

生きていかざるをえない。しかし、心は空虚孤独な群集と化してしまう。

特に勤め人は、都会暮らしで日々の仕事忙殺され、自己本位というより、組織

という集団の中に自己を見失いがちになる。そうであればこそ、その中に自己本位

ライフワーク確立しておかなければ漱石のような鬱病に陥ってしまう。

そのような世界から、自己本位人間に定年後こそ移行すべしと著者は勧める。

その変化が出来ないで、定年後も仕事仲間と付き合うのが一般だが、

「昔の首輪を付けたまま群れをつくり、街中をさ迷う犬」に喩えられる。

一度、孤立をして、孤独世界をつくり、そこで新たな自分対峙しないと、

そう簡単に自分は変えることは出来ない。他人志向も達観すれば、それはそれで

良いのだろうが・・いい歳をした老人が群れて、我を忘れて他人の噂をしている

姿もいただけない。 特に男は!

 ・・・・・・

3768, 福島原発事故は実際、何処まで深刻なのか?

2011年07月20日(水)

  大震災と、それに伴なう福島原発事故が起こって4ヶ月以上になるのに、

一番深刻と思われる原発事故の深刻度がハッキリしない。先日、図書館から

借りてきた「新潮45〜6月号」にー特集・震災後をどう生きるかーがあった。

実に、現在知りたいと思っていた、哲学者や、学者、その道の評論家が、

それぞれの視点で論評を書いていた。 現在、一般的に知られている事実

科学作家竹内薫が次のように、書いていた。

【 マスコミも含めて、日本人の多くが原子力発電の基礎知識をほとんど

 持っていなかったことで、いまだに多くの誤解がまかり通っている。

  スリーマイル島チェルノブイリの事故の違いも知られていないようだ。 

スリーマイル島ではメルトダウンが起きたが、格納容器が破壊されず、

 環境への影響はほとんどなかった。

チェルノブイリは、まともな格納容器すらない、旧東側の原発であり、原子炉

 爆発して(核爆発ではない)、放射性物質成層圏にまで吹き飛ばされた、未曾有

 の大事故だった。 旧ソ連は事故を当初から隠蔽し、海外放射性物質が検出

 されて初めて大騒ぎになった。

・今回の福島事故は、深刻であることは間違いないが、スリーマイル島の事故

 を超え、チェルノブイリより被害が小さい事故、というのが世界中科学者

 原発エンジニアの共通する見解だ。

・最悪の事態を迎えたとしても、格納容器が内部の蒸気圧に耐えられずに爆発し、

 高度500m付近まで放射能物質が飛散し、周囲に拡散するにとどまるという。

 4月12日に事故の深刻さが「レペル7」と認定され、「ほれみろ、チェルノ

 ブイリと同じではないか」という論調のマスコミもあらわれたが、政府が

チェルノブイリではない」と主張しているのは、ある意味、正しい。・・ 】

▼ 世界科学雑誌は、一般的に事態を冷静に見ており、原発事故を

「1.未曾有の自然災害」×「2.40年前の技術水準の原子炉」とし、

 数十年かけて再生可能エネルギー技術スケールアップするまでは、原子力

発電を使い続けるべきとしている。 日本のTVを見ていると、まるで世界中

原発反対で一致団結をしているように思われるが、それは正確でないという。

また、「想定できたはずの人災」にすり替えようとした動きは、後だし

ジャンケンであり、原子炉破壊人災というなら、2万人以上の死者を出した

大津波に対しての、10メートル防波堤に対して、更に大きな人災論を

マスコミは騒いで良いはず。これまでの過剰反応は収まってきたが、それでも

大気にばら撒かれた放射性物質の影響は、次第に身近に来ている。

問題は、若い人である。その中で、幼児が、10〜20年後に、ガンなどに

なる可能性が出てくること。私たちの年代には、どっちにしても、先は限られて

いるので、騒ぐこともないので、国全体としては落ち着いているのである。

とはいえ、この事態は健康面だけでなく、政治経済などの先行きに予断を許さない

ことは間違いない事実。それに気づいた人たちが、観光地温泉などに徐々に

戻りつつあるようだ。まずは、この夏の電気エネルギー供給。