Hatena::ブログ(Diary)

堀井の「居間 客室 読書室」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ようこそ ようこそ いらっしゃいました。

まあ 読んでいってくださいね。
ゆっくりしてってください。
※午前4時に日付が変わる設定です。
※キーワードの自動リンクの設定は「ゼロ」にしています。

2007 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |

2017-07-23 ヨガの話 ー5

[] 05:13 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20170723051306j:image

   * 中村天風の弟子たち

 敗戦後の日本を急成長させた人たちを育てた天風の教えは、元祖の精神論

として、現在でも読み継がされている。これに「般若心教」の暗記は、隠れた

必須項目といって過言でない。

{天風の弟子たち」で、検索すると以下の内容が出てきた。

≪ 〜2014年03月23日(日) 〜

「やってみせ 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かじ」

この言葉は、かの山本五十六言葉だが、山本がこのような言葉を残したのも、

中村天風に師事したことが大いに影響しているはずだ。中村天風の弟子には

錚々たる顔ぶれが連なる。

【東郷平八郎、浅野総一郎ロックフェラー3世、原敬首相、松田権六、双葉山

定次、松本幸四郎7世、堀越二郎三遊亭円生六代目、北村西望大佛次郎

宇野千代稲盛和夫松下幸之助…。

時代を作ってきた人々がなぜ、天風に惹かれたのか。

その教えは、今で言うスピリチュアル的思考であり、脳科学システムであり、

整体の基礎そのものでもあった。

同じ時代を生き、人間としての生命を平等に与えられている。

その中で、生き方に違いが生まれてくるのは、心の使い方一つなのだ。

毎日の心がけ一つ。≫

▼ 人間は弱い生き物。中村天風の弟子でシステム工学研究者

 合田周平さんが『中村天風と六然訓』のなかで触れていた逸話。

< 良寛と同時代に博多臨済宗聖福寺の住職を務め、多くの禅画を残し

町人からも仙がい?pさんとして親しまれた仙がい?p和尚が臨終の間際に

弟子たちから「何か最後のお言葉を」と求められた。そのときに

残した言葉中村天風から聞いた名言がある。

和尚は、「死にとうない、死にとうない」と言い続ける。有り難い言葉を期待

していた弟子たちが再度、今のお気持ちをと問うと、「ほんまに、ほんまに」

と答えて息を引き取ったといか。> 誰もが思っている死に対する覚悟など、

妄想でしかないことを現した言葉アメリカ合理主義に解釈すると。

< チャレンジ(挑戦)、チェンジ(変化)、コンペティション(戦い) >

精神になるのだろう。 「たかがヨガ、されどヨガ」… 

・・・・・・

5608,閑話小題 〜中学同期会が去年に続いて

2016年07月23日(土)

    * トランプにみる、アメリカの本音

 いつ消えるか、時間の問題とみられていた泡沫候補トランプが、あれよ

あれよという間に、共和党候補として選出された。もし彼が当選したら、

世界は一変するだろう。 政治家としてのキャリアゼロで、言いたい放題。

泡沫候補と自認してか?言いたい放題だが、万一、選出されれば、米国

内向き志向になっていく。日本など有色人種の国に対し、露骨な差別政策を

とってくること必定。逆に、こういうのを大統領にするのも面白いのかも。

日本は、直ぐにでも憲法改正をし、近隣からの攻撃に備える軍事体制をつくり

あげなければなるまい。

   * 中学同期会が去年に続き

 一昨夜は、長岡近郊の蓬平温泉「よまやま館」で、去年の古希の会に続いて、

満70歳の会があった。《17時半、開会。20時に一次会終了。21時半に

二次会終了。自宅到着が22時。古希の会の出席数の六割の40人が出席。

日帰りは私を含め5〜6人。会費1万8千円、日帰り1万円。二次会費2千円。

家に到着が22時。》 司会で少し緊張をしたが、その位が私には良い。

 一番の遠方の出席者は広島。県外では首都圏在住が殆ど。70歳ともなれば、

ガンだったり、連合いが亡くなった直後の喪失感で、激痩せ。神経内科

通っているとか、人さまざま。「アルジェリア各地の工事関係で10年間

働いたが、非常に辛かった、内戦で、危険を感じたため帰国したが、こんな

過酷な経験など、二度としたくない!」と語る言葉は、悲壮に満ちていた。 

何故か、二日酔いなし。翌朝6時のミニ・チャリは予定どおり。 

70歳代に入ると、みな歳相応のなっているのは仕方がない。

 

・・・・・・

5243,閑話小題 〜今朝方みた、夢分析と現在の心境

2015年07月23日(木)

   * 今朝方みた、夢分析

・今朝方の夢が何とも微妙な内容。パリホテルを一人で、観光に出発する。

地下鉄に乗ってコンコルド広場に出るが、自分の宿泊先が、何処の街の、

何というホテルか、憶えてないことに気づく。呆然としていると、後ろに何か

気配がする。黒人少年3人が、財布を狙っていた。睨むと、逆に強奪しそうな

雰囲気。 まずい!と思ったところで夢からさめる。 財布を強奪されたら、

パリの街で、如何したのだろう?と不安の襲われる。

 そこで、布団の中で、夢分析

僅かな金しかない財布以外、何の手がかりが無いのが現在の私。

それもスリに狙われ、危険の中で、ただ呆然としている。

それも襲われる直前に、自分から夢を切断してしまう私が、ここに居る。

実際、襲われたら、警察に事情を話して日本大使館に行くだろう。

あの少年3人は「生老病死」の「老病死」?「生」は、パリを彷徨う自分。

余命三ヶ月、半年と悟った時、もっとドロドロの夢になるのだろう。

 まだ、今のところ、幸せ!ということだ。 

   * プロ野球も、大相撲も面白くなってきた

・大相撲が、一昨日、白鵬が負けたことで1敗が4人になり俄然面白くなった。

しかし、昨日は照ノ富士が白鵬に破れ、関脇栃煌山も大関に破れて二敗、

一敗が横綱二人になったが、まだ何がおこるか分からない。

間違いなく、白鵬は全盛期の力は下降気味。物語としては、照ノ富士が優勝し、

来場所か、翌場所横綱昇進が相撲協会に良いが、そうさせない力を、まだ白鵬

が持っている。もう一つの物語は、関脇栃煌山が優勝して、来場所の大関挑戦。

まだ千秋楽までの4日間がある。面白くなったが、結局、終わってみれば白鵬? 

心情的には病み上りの鶴竜だが。

・プロ野球も、セリーグ、「0強、6弱の6つ巴戦」の様相が面白い

珍しい現象だが、巨人原監督監督としての寿命が既に終わっている

から面白いのだが・・ 選手と共に、勝って喜び、負けて落込んむ原監督

何かが足りない? 優良選手の在庫オーバーが、大きな問題。どうしても、

監督の後姿に気持ちが集中する。

・・・・・・

4878,閑話小題 ーインコプライド

2014年07月23日(水)

   * インコプライド

 ストレスで、週に一度は狂ったように籠内を飛び回る。ヒステリックである。

二日前のこと、ヒステリックに飛び回っていた時、水飲み場に身体全体が落ちて

しまい全身びしょ濡れ! その姿を家内と笑って見たところ、怒って拗ねたのか、

駕篭の一番奥の物陰で睨みつけ、半日、何度も呼びかけても出てこない。 

プライドが高く、少し叱ると、少しの間、無視などで怒りを現すが、今回は半日

も拗ねていた。鳥にも三分?を改めて確認した。ラクダも失敗で叱られた場合は

納得するが、理不尽の怒りには、根に持って何か機会に攻撃するとか。

 懐いたペットは、飼主の露出した魂そのもの。下手な?家族より親しみを持つ。 

  ーネットペット川柳よりー 特に1、7、12、14、19は? 家庭内で・・

 < 1、 挫折して ペットに学ぶ 処世術 (ひまわりさん)> よしよし(,^^)/

 < 2、 散歩中 愛犬モテキ 俺ボヤキ  (婚活男子さん)>

 < 3、 似てますね 嬉しいけれど ブルドック (ゆずママさん)>

 < 4、 家出した 猫が太って 帰って来た (あきちゃんさん)>

 < 5、 犬だけど おやつの時は 猫かぶり  (蘭璃さん)>

 < 6、 まだ残る ローンの柱 かじる犬  (らくちゃんさん)>

 < 7、 飼ってます 犬・猫・鳥と 虫・夫 (りのんぱさん)>   

 < 8、 パパの背を 見たからできる お手と待て (良馬さん)>

 < 9、 まっしぐら 犬も子供も 妻の膝 (伊那ザザムシさん)>

 < 10、 鎖より 絆でつなぐ うちの犬 (おたふくまめさん)> 

 < 11、 ほれ投げろ!遊ばれてるのは我が主人 (醜いカラスの子さん)>

 < 12、 ご飯まだ?ペットにエサやる 妻に聞く(まつながともふみさん)>

 < 13、 もの言えぬ 君は夫婦の 司会役 (犬猫主夫さん)>

 < 14、 妻娘 俺はタローと 連立し (びわこ鯰さん)>   

 < 15、 会釈され 連れてる犬で 思い出す (多国籍さん)>

 < 16、 愛犬に 脛を齧られ 親想う (多国籍さん)>

 < 17、 ペットだけ 動かす妻の 重い腰 (さごじょうさん)>

 < 18、 元彼の 名前と知らぬ 旦那様 (まささまさん)>

 < 19、 ペットより 先に逝ってと 妻が言う (クジラさん)>   

 < 20、 プラズィオン ペットのそばより 俺の横 (はるやすさん)>

▼ どれもこれも切実な問題? 7の<飼ってます犬・猫・鳥と虫・夫>の、

「犬・猫・鳥と」を「ペットピーコと」に置換えると、家庭内の私の立場!

・・・・・・

4511, 大往生したけりゃ医療とかかわるな ー6

2013年07月23日(火)

           『大往生したけりゃ医療とかかわるな中村仁一

 著者は「・・・延命措置お断りします」の宣言だけでは不十分と、自分の

事前指示書を作成している。まず事前指示として、以下の項目をあげている。

内容は医師であればこその内容で、そのまま雛形にすればよい。これを機会に、

ブログに書き残しておくつもり。ほぼ著者の指示書を咀嚼するだけだが・・

 ーまず、その部分から抜粋

≪   ー延命措置事前項目ー より

(1) 心肺蘇生(心臓マッサージ電気ショック、気管内挿管) (2) 気管切開

(3) 人工呼吸器 (4) 強制人工栄養(鼻チューブ栄養、胃瘻による栄養)

(5) 水分の補給(末梢静脈輸液、大量皮下注射) (6) 人工透析 (7) 輸血

(8) 強力な抗生物質の使用  (9) その他

  次に事前指示の項目(表4参照)とは何かについてお話ししていきます。

 � 心肺蘇生心臓マッサージ電気ショック、気管内拝管など) 

心臓や呼吸が止まった時に行う治療手技です。  両手で強く胸の真ん中あたり

を圧迫して心臓を動かそうとするため、肋骨骨折は、当然起こります。 

また、心臓が細かく震えた状態(心室細動)で有効な血液を送り出せない

場合、これを改善する目的で電気ショック (AEDはこれです)を行います。

口対口で肺に空気を送り込んだり、手動のバッグを使う場合もあります。

 さらに、気管内に管を入れ、アンビューバッグで空気を送り込んだり、

人工呼吸器に連結したりします。 ひとたび心臓が止まったり、有効な血液

が送り出されないと、酸素不足に極端に弱い、脳の神経細胞がやられてしまい、

再び心臓が動き出したとしても、その杜絶した時間の長さによって、脳死

植物状態になって蘇ることになります。 私は、一度心臓が止まれば、原因の

如何を問わず寿命と考えていますので、AEDなどは、平にご容赦というところ。

溺れた子どもなどには、有効な場合もあるが、生きものとしての賞味期限

切れた年寄は、考えてみるべきでしょう。

 � 気管切開  痰が多く詰まって窒息しそうな場面や脳死の場合に、

のど元に穴を開けます。  ・・以下略  ≫

▼ 生々しいが、それでも、元気のうちに意思を示しておいた方が良い。

 特に(1)などは絶対にして欲しくない。(2)の気管切開、(3)の

人工呼吸もである。(4)(8)も一時的ならまだしも!生かしておくだけの

延命は、お断りである。死亡解剖も一切、お断り臓器移植も駄目。今まで、

家族とこういう内容の話をしたことがないが、ブログの分類のコーナーに項目を

つくって書き残し、正月で集まった折などに話うつもりである。下手に5年、

10年、生かされたくはない。次回は、著者の事前指示書を考えてみる。 

まだ、早いと思うが、本来は還暦までにすべきこと。

・・・・・

4137, 大方は40歳で右下がり

2012年07月23日(月)

   * 男は40歳でポンコツ化の曲り角!

 少し前の週刊SPA! になるが

 ≪40代会社員ポンコツ化が尋常ではない【証言集】≫があった。

  ー それは、「40代会社員の劣化メカニズムを徹底解明」特集で、

    劣化事例を紹介していた ー  

・「バブルの頃は良かった。友達の付き添いで行った面接で受かったりしたもん」

 と自慢話を連発

・「係長(男・45歳)という役職なのに、部下のミスは部下のミス、絶対に

 尻拭いをしてくれません。ランチに誘われても必ず割り勘。なぜこいつが

 係長になれたのか、我社の七不思議」(代理店・28歳)

・「IT関係の職業なのにも関わらず、僕の上司(男・46歳)はファイルの圧縮

 さえできない。Excel関数はおろか操作もままならない」(SE・25歳)

 ポンコツ40代を見ていると、「自分はこうにはなりたくない」と誰もが

 強く思うはず。しかし心理学者和田秀樹氏は「人は40代になると必ず

 劣化します」と断言する。

▼ 現場の一線に立っている人も、管理職としての能力も、30歳代までで

 成長は終わると、いわれている。私の事業人生を振り返っても、右上りが40歳

まで、後は下降?、その後の判断した結果は、右下がりの起因をしたものばかり。

40歳の頃、富士銀行に勤めていた高校の同級生支店長への出世コースから

外れ出向になったっと聞いて驚いたことがある。激しい競争社会では、その辺が

ピークということ。結局、先が見えエネルギーも出し切ったところで、外に

出さないと、組織そのものが弱体化する。その頃が厄年として男も女も大病や

人生を揺るがす事故や失敗が起きてくる。逆に、その辺に予定挫折として前向き

に自分から転職・転業などの節目をつくる方法もある。 男の一生は大変だ。

への字の右上がりから、下りのテッペンが40歳。下がりきったところで少し

右に流れたところが65歳以降。 少し長い?とすると、最近は80歳以降か。

40歳右下がり説からすると、ピークを維持するため何かを学び続けなけば

ならないことになる。戦後日本を一人の人間と喩えてみると、1985年の

プラザ合意が明らかに右下がりの決定事項。そして、現在66歳とすると、

自分そのもの。4年前のリーマンショックが、次の大きは節目で、

その大津波が今年末、日本と世界を覆い尽くす可能性が高い。

・・・・・

3771, ユング ー10

2011年07月23日(土)

  * ユングのいう、能動的想像とは? 

 ーあるブログに、能動的想像法の要約があったー

{ 能動的想像法は、睡眠と覚醒の中間の状態で、一種の夢想状態に近い。 

 眠りと覚醒の中間、眠りに落ちるすんでで留まり、意識を持ちながら夢の中を

観察するような、そういった状態。ただし、そこでは、あくまで観察するだけで、

干渉はしない。願望を叶えるために夢を操作するような、そんなことはしません。

魂ともいえるものが自由にしている状態を、ただ眺め、観察する。この時重要に

なるのが、記録。これは、単に書き留めるだけに留まらず、それは一種の表現。

書き留めたり、絵に描いたり、粘土で作ったり、踊ったり、歌ったり、演じたり、

また信頼できる人に話したり、そうすることで、無意識の闇にあったものが命を

持ったまま、現世に顕現するのです。そうすることで、こちら側に生きる我々が、

こちら側に生きながらあちら側に参加する、そんな感じになってきます。

それが魂の体現の一部となる。 人間を豊かにし、特に現実問題と十分に向き

合ってきた中年期・老年期の人たちに対しては、今までになかったものを与えて

くれたり、今まで見逃していたものに、気づかせてくれたりします。}

▼ なるほど、面白い。この実例が〈ユングー地下の大王ーコリン・ウィルソンー〉

 にあった。その幾つかを、次回にコピーし考えてみるが、あちら側は、あくまで

能動的想像をしている本人の潜在意識の世界。いや、更に深い共同意識の世界。

意識を持ちながら夢の中を観察する状態で、魂を眺めているのが能動的想像

いうこと。子供時代の頃の夢を見ている時のマドロミ状態が、こんなものかも

しれない。ユングは自分に、この能動的想像力があることに気づく。フロイト

との仲たがいなどで、自分の精神が崩壊の寸前に至り、精神病者が苦しんでいる

妄想垣間見ることができた。その一つに「血のなかに溺れかけた欧州の幻覚が、

翌年の1914年現実になり、その幻想は間違ってなかった認識をえたのは幸運。

作家創作も似ているが、あくまで、これは潜在意識の観察であり、本人の魂の

開放である。重なっている部分は、主人公の魂の開放を通して、読み手を満足

させようとするところ。(全ての小説が、そうとは限らない。)

 ところで、過って行ったことのある世界の旅先を、毎日のようにTVで放送して

いる。実際に見てきた以外の所も映し出す。そうすると、当時に立ち返り、

そこに自分が行っているような奇妙な感覚になる。これも、能動的想像法の

一つになるのか?老人が過去の思い出に浸っている時、心は能動的想像

世界に入っている? だから、勝手に孤独な老人と決め付けるのは間違い。

この年齢になって分かったことは、行蔵にあまりに多くの経験があることだ。

 ・・・・・・・

3406, この国の終わり ー3

2010年07月23日(金)

 * 「転ばぬ先の杖」こそが知性の原点

 恐怖と不安は鋭敏な自衛感覚を育て、それによって人間である限り永遠に

尽きることのない敵に対処することこそ、人間の知の原点。その典型的な形が、

外交をはじめとし、最後の原爆投下にいたるまでのすべての闘争における

攻撃と防御のストラットジーである。恐怖は考えの母であり、不安は考えの

教師である。考えた結果を個人的な知性に転じるという能力もまた、疑うという

能力をも持っていなければ達成できない。疑いの度合いが深ければ深いほど、

そしてその疑いの解答が明晰であればあるほど、人は賢くなる。

「何故」があり、「何故なら」がある。 西洋哲学は恐怖と不安への疑いが

原点であり、西洋宗教も同じである。それが日本人以外の人間たちが持つ知性。 

一神教的知性なのだ。 賢い人、とは、知性があるということを古風に言った

言葉である。ただの「物知り」とは違う。知恵者とも言った。

知恵は智慧とも書く。・・・・

▼ー感想: 知性とは、モノゴトを知っているということでなく、恐怖と不安

 を感じ取り敵に対処する人間の原点をわきまえ知ることである。持っている

知識を、それに対処する智慧を知性という。言われてみれば、当たり前のこと。

(字数の関係でカット2012年7月23日

 ・・・・・・・・

3031,卒業40年周年か〜 −3

 2009年07月23日(木)

* 奥野君への手紙        (今日、本人の手元に届く)

 学卒40周年記念に参加をしてクラスの名簿に貴君の名前をみて懐かしく、

手紙を書いています。卒業前の半年間(S43・9〜44・2)日記をつけており、

それを20数年前に倉庫の隅から見つけ出しました。書いたことすら忘れていた

ので、タイムマシーンで当時に戻ったような気持ちで読み返しました。 

8年前に始めた私のHPの中央の下にある分類のブログに書き写してあります。

ブログに同月同日に毎日載せたものです。従って、毎年半年は、当時の日記

毎日読み返しています。その時、貴君が、あの馬小屋のような寮に卒業間近かに

訪ねてきて、これから社会に出るにあたって多くを語ったことや、佐渡広瀬

などとご一緒したことを思い出しています。先日の会では石川譲治君や、

服部学園の園長の染谷(服部)、川村、福田君などの顔が見受けられました。 

その前日に銀座に合気道の面々が集まり、一杯やりました。 三崎、木矢、伴、

鈴木加藤)、高杉です。三崎さんは10年前まで、新潟に16年近く転勤できて、

2〜3ヶ月に一度のわりで古町などで酒を飲んでいました。ところで私は、その後    

ジャスコに一年在社後に、 ・産業能率大学に途中編入をし、

・その後金沢の「いとはん」(ジャスコに吸収)に一年半在社、

千葉郊外に貸しビルをつくり、その中に居酒屋養老の滝のFC店と、

やはりFC店の焼きたてのベーカーリーを二年間従事(その当時に結婚) 

・家の事情で実家の事業(衣料量販店と衣料専門店)を5年間従事をし、

・34歳から新潟駅前でビジネスホテルを30年近く経営をしています。

 2001年9・11テロと、去年の9・15の金融恐慌以来、苦戦をしていますが、

何とかやっています。どちらかというと、創業屋的な人生だったと思います。

30歳前半までに問題を吐き出し、後半は、それまでの勢いで何とか辿り着いた

というところ。

 ところで、貴君の住所をグーグルアースに入れてみたら、仙台空港の南10キロ

ほどの漁港のようなところで驚いています。資生堂に入社して、都会にドップリと

浸かっているかと思いきや、その正反対の場所で。 実際、東京アスファルト

ジャングルなどより、遥かに良いことは、新潟飛行場の周辺をみれば分かります。 

それだけでも良い人生を過ごしてきた貴君の姿が目に浮かびます。

(それぞれに価値観があるでしょうが) 何かチャンスがあったら、会うのも

面白いでしょうね。 それでは、お元気で。 あの日語り合った、延長の気持ち

思いのまま書いてみました。   2009年07月22日     堀井八郎  

追文)8年前より、ブログを開いています。 暇のおり覗いてください。

検索に堀井八郎を入れると出てきます。当時の写真や、先日のクラブや、同級の

二次会写真があります。分類には当時の私の日記があります。  

〜 22・23・24歳の日記のコーナー〜