Hatena::ブログ(Diary)

堀井の「居間 客室 読書室」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ようこそ ようこそ いらっしゃいました。

まあ 読んでいってくださいね。
ゆっくりしてってください。
※午前4時に日付が変わる設定です。
※キーワードの自動リンクの設定は「ゼロ」にしています。

2007 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

2017-12-07 閑話小題 〜サバンナの夕陽は死の匂いが

[] 06:58 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20171207065756j:image

f:id:horii888888:20171207065819j:image

f:id:horii888888:20171207065712j:image

   * ケニアで見た、サバンナの色とは

 4回、ケニアタンザニアのサファリに行ったが、そこでみたサバンナ

夕景が絶品であった。淡色のオレンジ色が、じょじょに深紅色に変化、最後は

濃オレンジ色へ変化していく日没オレンジ色の変化の様は、いま、まさに死に

行く人の意識を、サバンナの夕景を通して見せられるようだ。

 その中で恐ろしい光景があった。10m位の小さな丘に、片方の前足がおれた

ヌーが一匹、いま暮れようとするドス黒い夕闇の中で、恐怖のどん底で怯えて

いる姿があった。ハイエナライオンに、数時間もしないうちに襲われるのは

明らか。そのヌーの夕景のシルエットそのままが、直視できない「死」の実相

可視化のようであった。

 サファリを終えての帰路、夕景の草原の小さな一本道をジープで飛ばす快感

は格別。アリ塚の上でチーターが獲物を探し周囲を見ている。また、マサイ族

の男二人が槍を持って歩いている。これが現実世界?と、吾が目を疑うような

光景が次々と現れてくる。

――  

   * 世界でもっとも夕陽が美しいパルミラ遺跡

 パルミラから遠望できるアラブ城のある小高いベル神殿の城跡から見た夕景

が絶品。世界で最も美しい廃墟の一つと言われる遺跡は、シリアにある世界遺産

で、大よそ2000年前のローマ帝国支配時の都市遺跡パルミラナツメヤシの緑

に包まれ、その名前もギリシャ語ナツメヤシ意味する「パルマ」からとられ

たと言われる。 何年間も「IS」に占拠され、多く破壊されたというが…

あの夕景は、エーゲ海と、ケニアサバンナに匹敵する景観

・・・・・・

5745,閑話小題 〜雪下ろしの雷

2016年12月07日(水)

   * 雪下ろしの雷

 例年は11月半ばから下旬にかけて「雪下ろしの雷と暴風」が吹くが、

今年は昨日になって吹いた。まず雷がなって霰が叩きつけるように降り、

その数日後に雪が50?〜1m位の積雪があり、2度目の積雪が年を明けた

1月半ばから20日に、1・5〜2mの根雪になるのが例年のパターン。

 その雷の激しいこと、この上ない。この積雪が自然ダムとして蓄積され、

融けて地下水となって、稲作や野菜の養分になる。これが吹くころ、庭囲い

の庭師がきて、その作業が始まる。ところで、誰も口に出さないが、柏崎

刈羽原発が稼働した頃から、積雪の量が極端に減っている。世界最大の原発

なら、さもありなんとしても、自然環境を変えてしまう温暖化を目の当りに

していることになる。

 ――

  * 再び、腰痛の話題

 先週末の同級会のための上京で、「腰痛大丈夫か?と心配したが、

結果は全く大丈夫であった。半年前から飲んだサプリメント効果と、買換えた

腰痛ベルト効果と、全国的に暖かかったのもある。

 NHK番組で、腰痛の原因は心理的不安が大きいと報じていたが。

何はともあれ寒さが良くない。上京の際、駅の行き帰りと、秋葉原など、

90分ほど歩いたが、腰痛がなかった上、その後遺症の痛みも出てない。

 それも、一週間の寒さで元どおりになる、これだけは!

 ――

  * お近くなってきたか? 

 何もかもが面白い! 何を食べても美味しい!

先日も取上げたが、寝室のTVにWoWoWの2台目契約をして、一年かけ録画した

映画ドラマ科学もの、芸術作品もの、旅番組など300本、録りだめしてある。

その日、一番面白そうなものを選んで、一日1〜2本を暇をみつけて見ている。 

次々と連日、面白そうな映画があるため、当日見るのと、録画をするため、数は

減ることはない。当然、面白いものばかり。成るほど御隠居様とは、こういう

ことか!と。 それ以上に「何もかも面白く楽しむ」感覚が出来たこともある。

現実より、仮想世界面白い」とは、これ如何に。

「百里を行く者は九十を半ばとす」というが、成るほど、最後の10里に

10倍圧縮された濃厚な出し汁の味が出るくる。どのみち直ぐ御迎えが・・

<同じ死ぬなら、踊らにゃ、そんそん> か。お味(お後)がよろしいようで!

何事も、受け止め方。その視点(支点)さえ押さえておけば、面白く生きれる。

・・・・・・

5380,武器としての決断思考 ー?

2015年12月07日(月)

      ー武器としての決断思考〜 瀧本 哲史 (著)ー

 激変の時代、無力な若者ゲリラとして、それぞれが「武器としての教養

を持って戦わなくてはならない。最後の最後は、節目節目の「意思決定」に

かかってくる。一つ間違えれば、淘汰され、二度と立ち上れないのが起業

教養とは知的余力を蓄えることであり、それは長年かけるしかない。

判断を誤れば、この激変の中、その結果が数年もしない内に覆い被さる。

グローバルの時代は個々に加重が増大する。適切な決断のための教養こそ、

若い時から何を目指すかをデザインをして、知識を蓄積しておかなければ。

  * ゲリラとしての武器必要性

≪ 変化に応じて自分にとって何が必要であるかを考え探しだす、という

 行為を基礎として身につけなければならないのである。以前では、良い

大学に入学できれば、大学を出て大企業に就職してあとはエスカレーター

定年退職まで順風満帆に進んでいくことができた。そのため、何歳で

結婚子供を産んで・・という人生設計を行うことができた。

「みんなと同じ」「これまでのやり方」を選択することで何も問題がなかった

わけである。しかし現代では、そんな右肩上がりの「幸福な時代」は終わり、

めまぐるしく変化し続ける時代に突入した。大企業に入ったからといって

「一生安泰」というわけではなく、会社の買収や、業績の悪化、更には

それにともなうリストラも考えうる時代である。そして、将来がどうなるか

(たとえほんの数年先のことでさえも)は、誰にも明確に予測はできない。

ジョブズ1995年に語った「予言」が的中し「Web上では小さな企業でも

大企業と肩を並べることができるんだ…」。ジョブズのこの予言Appleの成功

があったからこそ、今話題になっているわけで、当時は、散々批判されるなか

成り上がりの終わりよければすべてよしという結果論にすぎない(と僕は思う)。

当時はこの予言をしていた人間は少なかったわけで、ほとんどの人の予想は

外れたわけである。こうした「大衆の予想と反した未来」が現実になるという

現象は、テクノロジーの分野に限られたわけはなく、今後、私達の生き方

更に直結する形で生ずる。進学、就職転職、独立、結婚年金など、人生

中で選択・決断を迫られる場面が昔に比べて明らかに増えている。

このような時代を生きる私達は、「過去のやり方を踏襲する」という武器を持つ

のではなく、ひとつひとつ現時点で最善と思える「意思決定」を行っていかな

ければならない。この意思決定のための思考法として、著者はディベート

具体的な方法であるとしている。 ≫

▼ もし、現在20歳としたら、起業を目指すだろうか? どうだろう。

「こういう時代だからこそ起業を目指す」か、「今さら起業もないだろう」

やはり目指すだろう。ここで(20歳)諦めてしまったら、世界が狭くなり、

底なし人生が待っている? 情報化社会に合わせて、人生設計を緻密に

構築する。そのためには・・ 考えただけで、いやになってきた。

 そうこう考えると、20歳の時点で、一度立止まる休学も必要ということか。

・・・・・・

5015,閑話小題 ー同級会

2014年12月07日(日)

   * 昨日は同級会と、上野国宝

 昨夜は、日本橋大学の同級会があった。5〜6年前から休むことなく出席を

しているが、二代目が殆どで、何かしら気品が漂っているのが気にいっている。 

今回は白馬ホテル経営者と、私の二人が地方からで、他は首都圏在住の人たち

合計15名の出席者。面白かったのが、23時過ぎに家に辿り着いて、さっそく、

お土産にもらった魚の漬物を前に、デジカメ写真を見ながら家内と話をして

いたところ、TVから、同級生経営する店内の同じ会場が映し出されたこと。

美味しいランチの老舗店の紹介内容だった。何時も思うのが、料理は格別。 

食べるほど、その味には驚かされる。ところで、昨日の午前中、地元長岡

雪が激しく、行くのを躊躇い、幹事に欠席の電話を入れたが電源が切れていた。

ところが、昼過ぎに、小降りになったので、最近の判断基準に入れている

『迷ったら、ポジティブに!』と、思い切って出発することにした。

そこで以前から予定を通り、会の三時間前に上野に行き、上野の国立博物館で

開催されている『日本国宝展』を見たが、これが思いのほか良くて、制限時間

ギリギリまで見ていたため、同級会には10分ほど遅れてしまった。  

全国から仏像、茶器、着物、絵画、屏風などが集められていたが、驚きの連続。

この会の幹事が、私の近況報告を聞き、「実は私も、昨日、二回目に行ってきた」

という。ところで、出席者15人の各自が5分ほど近況報告をしたが、商売の

具体的内容もあったが、やはり、ガン、糖尿、脳梗塞心臓疾病などなど

生々しい病気が中心。欠席者の、脳梗塞の寝たきりの具体的内容には・・ 

・・・・・・

4648, 一年で全米記憶チャンピオンになれた理由 ー4

2013年12月07日(土)

   『一年で全米記憶チャンピオンになれた理由』ジョシュアジョア

  * 記憶の宮殿 ー�  ーP・122

《・「記憶の宮殿」といっても宮殿でなくてもいいし、建物である必要はない。

 街の通りを思い浮かべてもいいし、駅、架空の生物でもかまわない。

 小さくても大きくても、屋外でも屋内でも、現実にあるものでも想像上の

 ものでも、とにかく「ある場所から次の場所に移る際の順番がわかりやすい

 想像しやすいもの」であれば何でもよいのだ。

・全米記憶選手権で4回の優勝を勝ち取ったバグウッドは世界的建築雑誌

 『アーキテクチュラル.ダイジェスト』で特集されていた豪華な家々に

 イメージを置いている。

マレーシアの気鋭の記憶力王者、スウィーテーイは、自分自身の身体の部位

 を使って、『オックスフォード中英辞書』全1774ぺージ、5万6000語を憶えた。 

オーストラリアアメリカ南西部では、先住民族アボリジニアパッチ族

 が独自の「場所法」を編み出していた。ただし、建物を使うのではなく、

 地元地形図を利用して物語を作り、風景を織り交ぜた歌に仕立てていた。

 小高い丘、岩、水流がそれぞれ物語の一部を担う。「神話地図符号して

 いるのです」と、ミッソーリ大学記憶と言い伝えの研究をしている

 言語人類学者のジョン・フォーリーは言う。しかし、物語風景に埋め込む

 ことで、ある悲劇がもたらされた。先住アメリカ民族は政府に土地を取り

 上げられたことで、故郷だけでなく自分たちに伝わってきた神話も失った。

・「ジョシュ、わかってほしいのは、人間は本当に場所を憶えることに長けて

 いるってことだ」と、エドが言った。「例えば、君が初めて行った誰かの家

 で5分間だけ1人になって、好奇心が湧いてきたとする。5分間でその家のこと

 をどれだけ憶えていられると思う? おそらく、それぞれの部屋の場所と

 間取りだけでなく、方角や装飾品、家具の配置や窓の位置まで憶えられて

 いられるはずだよ。意識していなくても、自分自身が気づいているという

 ことにすら気づいていない何百もの物の場所や、いろいろな特徴を憶えて

 いるものなんだ。そういった情報を足していったら、ちょっとした短編小説

 ができあがる。 でも、僕たちはそれを記憶の功績として残したりはしない。 

 ただ空間記憶を消費しているだけなんだ」

・「記憶の宮殿」の基本的な考え方は、自分のもっている素晴らしい空間記憶

 を利用して、脈絡なく並んでいる情報を組立て格納することだ。大切なのは、

 よく知っている場所を 「宮殿」に選ぶこと。

 「最初の宮殿は、君が育った家は平屋?・・・》

▼ これを読んで、自分には記憶力がないと決めつけ、記憶以前の対象の認知

 を疎かにしていた事に気づかされた。確かな認識をしてないなら記憶曖昧

なって当然。記憶力が弱いというバイアスが、認識力そのものを弱めていた。

単純だが、この本を読むごとに、認知力と、記憶力が強まっている。まず、

対象に集中しイメージをつくる。そして、自宅の庭と玄関周りと、自宅内の

幾つかに貼り付けていく。これをスムースにするには訓練しかない。

これは面白い!これを応用し、『思い出の宮殿』が出来るのではないか・・ 

過去の創作になるが、いや深入りをしない方がよいか?『思い出の宮殿』

と検索に入れても、この言葉のヒットが無かった。 夜半、少し試みたが、

無呼吸になっていた。

・・・・・・

4283, 日本人の思い −2

2012年12月07日(金)             

            「日本人の思い」ー ほぼ日刊イトイ新聞 著 

 このアンケートの面白さは、アンケート結果の「エッ」という意外性と、

 「やはり同じだ」という同調性である。

* 「あなたは、センスが良いですか?」に対して、センスが良いと

 答えたのは54%、悪いと答えたのは46%で、微妙な数値である。

自分はセンスが悪いと思い、チャンスがあればファッション店の

ウィンドウ・ショッピングをしている方が結果としてセンスが良くなる

ケースが多い。 日本人は、大衆が洋服を着るようになって日が浅い。

最近の若者は体形が良く、TVやファッション誌などから情報が入手可能。

ファッション・チェックという番組まである。

* 「あなたは、宗教心がありますか?」では、宗教心があるが4割に対し、

 ないが6割になっている。年齢的にみて高齢者ほど宗教心が高くなって

いるが、死が近づくにつれ、神にすがりたくなるようだ。

* 「あなたは、軽いですか?」に、7割が軽くないと答えている。

 年齢別の統計値を見ると、50歳代の男性の3分2が軽くないという

答えが、60歳代になると逆転し、3分1と軽くなる。30歳前半の

4分3が軽くないと思っているから、社会的責任が、その思いに影響

しているのが分かる。

* 「あなたは、しつこいですか?」に、6割が、「しつこい」と答えている。

 これは意外である。年齢的にみると、14歳以下の8割が一番しつこく、

歳を得るに従って、しつこさが薄れていく結果。

* 「あなたは、生意気ですか?」に対し、7割が生意気と答えている。

見渡すと、大体は「小生意気」だが。

* 「あなたは、直感的ですか?」に対して、4分3が直感的と答えている。

五分五分と思ったが、意外。

* 「ダイエットを意識していますか?」に対し、女性は8割、

 男性は5割5分が意識していると回答。

* 「ケチか、どうか?」に対し、3分の2が、ケチと答えている。

ケチをしないと、この世知辛い中で生きていけない。

* 「美男(美女)ですか?」に対し女性の3分の2、男性の4分の3が、

そうでないとの答え。  客観的にみて、そんなもの。

▼ 8割以上は、前回、書いた「音楽が好きで、旅が好き!。

 よく本を読むが、エッチ。恥ずかしがりやで、よく笑う!」それでは

大方の3分の2の人といえば上記である。これを要約すると「センスが悪く、

宗教心はなく、軽く、しつこく、生意気で直感的。女性ダイエットが常に

頭にあり、ケチで、容姿に自身がない。」 これが大方の日本人が思って

いると分かれば、劣等感も心が軽やかになる。

 ・・・・・・

3908、ファイナル・クラッシュ ー1

2011年12月07日(水)

   「ファイナル・クラッシュ 世界経済は大破局に向かっている!」

                         石角完爾著

 知人に紹介され読んだが、解りやすい内容。 大まかに要約をすると、

≪ アメリカが国内消費を促すために下層階級住宅資金を野放図に貸出し、

 ローンを債権として組み合わせて全世界に売り出した。プライム・ローン

ベースにしたCDS。それらが7京という途方もない不良債権として世界の

国家や金融機関に眠っている。アメリカは世界の主軸通貨の立場を利用して、

ドルを刷りまくっていて、そのドルをアメリカ国債と交換し、帳尻を合わせて

きた。加えて新興国の発展も含めて人口の急増がとめどなく進み、食料不足

おこしている。ドルとユーロアメリカ国債のバブルで、その破裂は目の前に

迫っている。 ここに及んでソフトランディングは無理、ハードランディング

を避けられない。日本はGDPの二倍以上の1千兆円の国債を発行、この暴落

も何時起こるかもしれない事態。家族資産も海外に早いうちに避難すべき。

その先はオーストラリアシンガポールが最適。最終章は目前である・・≫

▼ 新聞報道で連日、欧州危機の報道が続いている。目先、問題を先送りを

 して凌いでいるが何時、火の手が上がるかの瀬戸際。ある朝、起きると・・ 

それは想像を絶した本格的世界恐慌のノロシである。

  印象に残った部分を何回かに分け書き出してみる。

 ◎ 第一部 パーティー・タイム− 負債の泉

「もしアメリカの人々が銀行に通貨の発行量の調節を許すなら、第一にインフレ

により、次にはデフレにより、銀行と企業は成長し、そこら中にはびこって

人々の財産を奪うだろう。そして子供たちは、彼らの父親が征服した大陸で

自分たちがホームレスになっていることに気づくことになるだろう」

−トマス・ジェファーソン(第三代アメリカ合衆浄大統領)

  ○アメリカ住宅バブル

 アメリカ人の多くは、ジュニアブッシュが大統領であった時代、ただで

酒をふるまわれて酔いしれていた。酒の正体は、低金利いくらでも使える

クレジットである。 二〇〇一年の911による消費の減退を避けるため、

緩和的な金融政策と減税が実施され、それによって金利が下がり、借金をして

消費することが容易になったのだ。金利が下がったことでローンを組んで

不動産を購入する人が増え、その結果、住宅価格は急上昇した。

それ以前からアメリカにおける住宅価格は25年にわたり上昇していた

のだが、二〇〇〇年以後ほんの数年で価格が二倍にもなった地域もある。 

2004年から2005年にかけアメリカの平均的な住宅価格は一三%も上昇。

 しかしこの時期、この程度の上昇はスペインポルトガルでも珍しく

なかった。つまり不動産価格の上昇は世界の多くの地域で同時に起きた現象

だったのである。 これは、アメリカの金融緩和が生み出したものだった。 

アメリカが世界の他の国に比べて重要なのは、アメリカが世界最大の消費国

であり、過剰生産される品々を全て引き受けているからである。アメリカ人

自分たち自身のお金だけでなく、とくに中国日本そして途上国がためている

お金まで自分のもののように使っているのだ。 そのためにアメリカ

金融緩和は世界の景気を上向かせ、資産価格を上昇させてしまう。

この金融緩和はしかし、無理のある政策だった。

・・・・・・・

3543, つれづれに ―物忘れ

2010年12月07日(火)

 * 物忘れ

 最近に物忘れが多くなった。ボケなのだろうかと、不安にもなる。

先日、大学の同級会があったが、まず乗車時間を勘違いをして一列車遅れ。

乗って直ぐに携帯電話を忘れてきたことに気づきく。その上に、同級会が

終わって東京駅に着いて店にコートを忘れてきたことに気づくしまつ。

折りたたみ傘は、ニケ月に一度の割りで失くすので、1千円以下の傘しか

買えない。人間は忘れるから生きていけるが、もの忘れは困ったものだ。

会社も自宅でも、パソコンに予定などはポストイットに書きつけ貼っている。

また自分の掌の親指の下にメモる習慣は二十年前より実施をしている。

  * 大学の同級会

 大学同期会が学校の事務局主催で10年に一回ずつ行われている。

20,30,40周年の会には出席した。(10周年の会は、会そのものが

行われていなかった)その都度、二次会三次会と盛り上がり、色いろな

人生垣間見る。4百人、3百人と、参加者は少しずつ減っていくが、

出席者のメンバーは、ホボ同じである。教養課程の1・2年の同級会は

首都圏在住の人たちで開かれていたが、去年から誘われるようになった。

迷ったが、往復の汽車賃は二次会三次会の飲み代と割り切れば、様々な

世界を見れるのもよいと出席した。他の用件と重ねれば、隔年ぐらいの参加

は良いだろう。あまり会合には参加をしないが、学校関係だけは第一優先し

出席してきた。進学する都度出会う人の地域が広くなる。

 小、中学、高校、大学と、出会う人の出身地が広がっていくのが面白い

幼稚園は駅前の商店主の子供の世界。小学校は駅前から、その範囲が10倍の

テリトリーになり、中学校は商店主の子が主だったのが、先生サラリーマン

子供、そして越境入学がいた。 高校は中越地区に広がり、大学全国区

その都度、自分の過去の世界が小さくなる。そして、就職・・ だから、

同級会は、その年齢の自分に出会うようで、何とも感慨がある。

それにしても数奇の人生がある。