Hatena::ブログ(Diary)

堀井の「居間 客室 読書室」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ようこそ ようこそ いらっしゃいました。

まあ 読んでいってくださいね。
ゆっくりしてってください。
※午前4時に日付が変わる設定です。
※キーワードの自動リンクの設定は「ゼロ」にしています。

2007 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |

2019-01-10 閑話小題 〜三匹の子豚と…

[] 06:50 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20190110064958j:image

f:id:horii888888:20190110064955j:image

   * 熊さん、寅さんコンニャク談義

 明方の夜半の床中の脳内の架空対談を思い出しつつ、

ライブ的に書いてみた。実際の内容は、もっと低俗だろうが…

 

熊:最近、とんと御呼びが掛からないね!

寅:御前さんが下らねえことばかり言うからよ。

熊:互いに似たり寄ったりだろう。「大家、八」対「熊、寅」の意見の段差で、

  話を面白くしているだけさ。何を御前にバカにされたくないね。

寅:まあ、いいさ。今日は、新年だからさ、金、習の会談をリアルに再現して

してみるよ。仮想対談だけれどね、大方、こんなものさ。さてお立合い!

大家:おいおい大丈夫か? 危な過ぎないかい!

 ――

【 習:焦りがミエミエ。まだトランプ権力があるうちの今がチャンスが

 分かるけどね。あれ、如何にもならない裸の王様。問題は、本人に、その

 自覚が全く無いこと。

金:俺様より酷いね。俺は、見せしめに実兄と、叔父を殺し、狂気を前面に

 出した恐喝政治。で、今度の知恵は何? 一番欲しいのは経済援助だけど。

習:トラの側近は、全て離反して、助言スタッフがゼロ。 こうして定期的に

 会うだけで、目的は充分に達成されている。あとは、時間引き延ばしをして

 おけば、自滅するさ。 問題は、拙速して相手の術中に落ちないこと。

 目先の駆け引きだけは、御前さん並みで狡猾だからね。

金:おれからミサイルと核をとったら、脅し材料がゼロだもの。としても、

 韓国首都、なんで裸同然なの? そこが不気味なんだ。

習:あそこは、ああいう国。アメリカには骨抜きにされ、日本人には相手に

 されずね。 …トラへの提案にさ、<アジア中国南北アメリカ大陸が、

 アメリカイギリス連邦アフリカ欧州中国の折半。中近東ロシア

 と口酸っぱく言っているがね。何か上の空。他国ながら酷いものさ。

金:何か思うけで、この韓国大統領ってのも変じゃないか!

習:民主主義ってのの決定的欠点は、3、30、67の階層の30と67に

 重心をおけってことでしょ。そんなバカなことが、罷り通るから腐るんだよ。

金:何がリベラルかよ。旗を持たせて万歳と脅させておけば充分さ。

習:欧米各国が中国で、麻薬と、民主主義とか宣って、奪略し放題。

 日本では精神科とか何とかいって、合法的に麻薬をバラまき、薬中に。

金:ところで、トラを呼びなよ、トラをさ。

  ・大家:いいのか? 本当に呼ぶよ!

トラ:この微妙な時期に何でまた俺様を呼ぶんだよ、今、危ないんだよ。

 ロシア疑惑が抑え込めないんだよ。側近が呆れ果てて出て行って、それも

 全部。 白人層の低層が、そろそろ嫌気を持ち始めてきてね。

金:気の毒だが、ザマアみろさ。それより、韓国を早々に売り渡せよ!

 あの甘ちゃんが大統領のうちにね。

習:待てよ、そりゃ困るよ。このままが一番良いから、体制を保証し、手を

 出さなかったのに。中国も一皮むけば資源 貧困国。あるのは大量の人口

 それを世界中にばら撒いて、それが戦略でね。要するに、近代に、

 イギリス連邦の「資本投下」の代わりに、「人間投下」の差替えが狙い。

トラ:白から黄色への交代ですか。俺たち白人も世界中で奪略し放題だもの。

 それがアメリカの足元で「黒人大統領に、女の国務長官」だもの。

 本音を抑え込まれている内に、中国ロシアに好き放題だもの。だから、

 この醜態でも人気が落ちないのさ。攻めるなら今だよ、今!自分で言って

 んだから、我ながらバカだね。

大家: これは、ブ〜、フ〜、ウ〜の三匹の子豚だね。アッ御呼びでない? 

 失礼しました。

八:とすると、今年は、去年と一転した大荒れですか?日本も来年の

 東京オリンピックも建前もあるし、元号も変わるし、AI化も進む。

トラ:何でお前らが口出しをするんだよ! 俺らと一緒にするなっての! 

 お前らを果物野菜に例えると、八がバナナ(外が黄色で、中がしろ)。

 大家がジャガイモ(外が薄黄色で、中が白身の黄色)。寅が薩摩芋。

 熊は栗ですか。まあ、如何でもいいけどね。 金に、周なら、当然、

 私が丁度いい私でしょう。

金:そうそう。そのとおり。恐ろしいよ、権力維持で、数百万、数千万の

 殺戮も平気でやりそうだもの。兄、叔父殺害とレベルが違うもの。 】

――

▼ 何か第三者に書かされているような? 危ない、危ない?

・・・・・・

5779,閑話小題 〜年初に、つれづれに

2017年01月10日(火)

  * 何? アメリカ 世も末かい!

 日本国事実宗主国の当主が、隠れ極右の泡沫男に変ったら、どうなる? 

気違い刃物とは、このこと。これでは 今年は去年よりも大荒れになる。 

去年が英国のEUからの離脱と、米国泡沫候補トランプの大統領の選出。

その裏に、ロシアのプーチンの策謀があったというから…お粗末もいいとこ。

オバマが80点なら、20~30点程度の泡沫を大統領に選ばせたのだから

米国も地に落ちたもの。 ちなみに、小ブッシュは40点。

支持をした中・下層の白人が一番、圧迫されるというのに…これは歴史的惨事

まずトランプが不動産屋ということ。長期ビジョンが少しはあるが、実業家

本能で、目先の実績を優先する習性が染みついている。その上に平気で嘘をつく。

世界政治を大きく左右するアメリカ大統領には最も向いてない人物。それさえ

理解できないのが中・下層の白人の程度。低劣なハリウッド映画並の物語

様相である。まず年末まで重大な隠された問題が出てくる? それもプーチン

の仕掛けで…? 来年の夏までは持たない? 二流俳優上りのレーガンは、

レーガノミクスで対応したが、後始末が、それは大変だった事実がある。

  * 大相撲が始まった

 大相撲が始まったが、この数年、腕白相撲上りの個性的な力士が出てきた。

「正代」が関脇に、「遠藤」に加えた「北勝湖」と「御嶽海」が上位に顔を並べ、

新潟出身の「小柳」が十両上位に上がってきた。これに小兵力士の数人が加わる。

昨年末の全日本相撲選手権全日本学生相撲選手権を見ると、モンゴル人、腕白

上りの将来性のあるのが何人かいる。 腕白相撲上りは、子供頃から基本が叩き

込まれている。しかし、大陸系のモンゴル人と骨格が違う。 

 ところで、目先の今場所はどうなる? 白鵬が本命?。相撲に対する姿勢が

他とは圧倒的に違う。ただ強いだけでなく、強靭の精神力人間力があるが、

土俵年齢が賞味期限を超えている。それにつけても、女子供のファンが多い。

・・・・・・

4317, 幸せはいつうもちょっと先にある −5

2013年01月10日(木)

      「幸せはいつもちょっと先にあるー期待と妄想心理学

                    ーダニエル・ギルバード

   * お金の果てない追求は、なぜおこるのか? −�

 お金効用こそが、価値を決定する。今さらのことだが、その辺が曖昧

なってしまう。私自身、末っ子のため、両親の傍で、いつも金銭哲学を聞いて

育った。そして、最期の死様から多くの教訓を得た。その一つが、時節ごとに

使うべき金は使うべし、残しても、後でみると不安を具現化した残物でしか

ないということ。人生(特に事業)は何時何が起こるか分からない。

財産を残しても、一瞬で消え去る恐ろしさを見聞きしていた。

で、給料範囲で全てを使い切ることにしてきた。 振り返ると、それが正解。

満足した行蔵が人生晩年の宝として残っている。本を読んでも、TVを見ても、

それがベースになっている。

  ーその辺りを抜粋するー

≪「ものの価値、その値段ではなく、そのものが与える効用をもとに

決定しなければならない。ものの値段は、そのもの自体に左右されるだけで、

誰にとっても同じだ。しかし効用は、予測をしている人の個別の状況に

左右される。そのため1000ドルの利益は、たとえ額は同じでも、金持ち

より貧乏人にとっての方が間違いなく価値が大きい」 富そのものは幸せ

関係ない。大事なのは「効用」。お金や昇進やビーチでの休暇そのものには

興味ない。あるのは、こうした形態の富がもたらす、満足や喜びである。

賢い選択とは、喜びを最大にする選択であり、お金を最大にする選択ではない。

お金が増えていく場合、一ドルが与える喜びは常に前回よりわずかに少ない。

人は絶対量でなく、相対量に敏感である。しかし効用を推定することは難しい。

それをするには、そう想像だ。我われの脳は独自の構造を持っていて、

心の中で自分を未来の状況に移動させ、そこでどんな気持ちがするか自分に

尋ねることができる。 効用数学的な正確さで計算しなくとも、明日に一歩

足を踏み入れて、その感触を確かめればよい。自分を時間軸の前方に投影し、

出来事が起こる前にそれを経験できる能力のおかげで、我われは誤りをおかす

ことなく学ぶことができ、行動することなくそれを評価できる。

 それでも未来の自分と未来の状況をシュミレーションする能力は、完璧から

ほど遠い。未来の状況を想像するとき、我われは、実現しない細部を穴埋めを

し、実現する細部を放棄する。未来の状況を想像するとき、今感じていること

を無視できず、あとで起こる物事について、どう考えるようになるか気づかない。

しかし、先見はもろい能力だ。そのためには、目を細め必死に目を凝らして

みたりしなければならない。幸せを見つける公式はない。しかし、偉大なる

脳は、ちょっと先にあるように見える幸せに、かならずしも導いてくれない

としても、なぜ辿りつけないかを教えてくれる。≫

▼ 秘境ツアーは、その最たるもの。大体、価格の5〜10倍の価値を実感

 してきた。その効用(価値)は、経験と情報でほぼ予測可能である。

その上、行った先をTVの旅行番組で映し出してくれる。その時の見れなかった

細部をプラスして見せてくれる。とはいえ、それも時間と金銭と気持ち

余裕があってこそ。 亡くなった姉が派手な浪費家と思っていたが、

振り返ると、浪費家というより‘良’費家に思えてきた。その時々を最大限、

楽しんでいた。 人生は、それでよいと、この歳になる身に沁みて思える。

ただ、面子を捨てることが出来るかどうか。面子は面子で、それも可愛い

・・・・・・

6146,閑話小題 〜座禅は心の安楽死

2018年01月10日(水)         

      『坐禅は心の安楽死 〜ぼくの坐禅修行記』横尾忠則 (著)  

  * 悟りに至るとは

 図書館の返却コーナーで見つけた本。指導を受けた禅師が、座禅やヨガ

目的の「悟り」について、『人間は、元もと悟った状態だったが、成長するに従い、

次第に分別くさいモノの考え方をするようになり、悟りの状態から遠のいていく。

それを座禅で赤子のような心に戻していく』のが根本と… 

夜半の布団の中でする、ヨガの死者のポーズの時の心持と同じような。

 〜その辺りから

≪ 座禅は、ある意味で去来する雑念との戦いのみたいなところがある。

 現在抱えている問題に限らず、すでに記憶の壁の向こう側に去ってしまった

ような大昔の事柄が再び壁を乗越えて、こちら側の現在の自分の心に迫って

きたりする。つまり潜在意識に溜まっていた想念が座禅をすることで顕在化を

したのだ。座禅は潜在意識の顕在化を必ずしも否定をしない。むしろ、これで、

心の奥の毒素が吐き出すことができる。心の奥の不透明種子を「安楽死

させることが出来るのではないか。… 心の底にじっと閉じ込められている想い

や考えが、何か問題が生じた時に一気に駆け上がってきて、我々の表面意識を

ゴチャゴチャにして問題を悪化させてしまう。だからそのような問題に振り

回されないようにするため座禅をしなさい、と禅僧はいう。

…雑念は底なし沼のように、ボコボコと泥の泡のように潜在意識から昇ってくる。

それをとことん吐き出せば、煩悩はなくなるはず。そして純粋無垢な赤子の

ように… 座禅をすることで、悪想念を消して、気が付いたら悟っていた状態に

持っていくのが禅の学習らしい。≫

▼ 毎日の行(業)の一つが、午前中の、この随想日記の準備と、仕上げ。

 心の奥のネタ(毒素)が中心になるためか、同月同日分の過去文を読返しも

含め、瞑想悟りのような心持が、内観そのもの。2〜3時間は、あっという間。

毒素そのままを言葉にして公開しているのだから… 今さらだが。

 〜で、以下につづく ハワイ流 瞑想法である。

――――

2017年12月28日

ウニヒピリ(潜在意識)    

    『ウニヒピリ〜 ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」』                                              イハレアカラ・ヒューレン (著),

  * ハワイの3つの意識

 ハワイ版「潜在意識と、その治療洗濯)法の癒し本」というところか。

「本来の自分」であるインナーチルドに出会い、ケアする。そして宇宙

開放してやる。「ハワイの地で、心、魂の洗濯」とイメージするだけでも、

開放される心持になる。ハワイに身を置くだけでも、本来の自分に戻れる。

    <最後の部分の要約が「肝心」。最後の方だけでもご覧のほど!>

   〜Amazon 内容紹介〜

≪・ネイティブハワイアン伝統的な問題解決法「ホ・オポノポノ」。

 これを、ハワイ伝統医療スペシャリストであり「ハワイ人間州宝」の

 故モーナ女史が、現代社会で活用できるようアレンジしたのが

「セルフアイデンティティ スルー ホ・オポノポノ(SITH)」です。

 そんなホ・オポノポノのなかでも、最も大切な「ウニヒピリ」(潜在意識)

について、初めてきちんとまとめられたのが本書。ホ・オポノポノを正しく

実践するためにも、必ず知っておきたい究極の真理です。クリーニングを通して

自分のウニヒピリと出会い、そしてケアしていくことで、ホ・オポノポノの目的

のひとつでもある本来の自分すなわち「セルフ・アイデンティティー」と出会う

ことができるはず。あなたが今までその存在すら気づかなかった「ウニヒピリ」、

その子は今でもあなたからのケアを必ず待っています。

・「ウニヒピリのケアをすることは、自分をほんとうの意味で解放し、全宇宙

真の自由を得るために欠かせないプロセスです。ウニヒピリがクリーニング

参加しなければ、記憶再生されつづけるばかりで、過去の問題や傷を繰り返し

人生のなかで体験する状態から、決して自由になることはありません」

 (ヒューレン博士あとがき」より)≫

  〜ビュアー評〜

・【 ハワイに伝わるシンプル癒しの秘法「ホ・オポノポノ」では、

 「自分」というものを3つのものから出来ていると考えます。

1つ目は表面意識である「ウハネ」、

2つ目は超意識である「アウマクア」、

3つ目は潜在意識である「ウニヒピリ」です。

 ウニヒピリは心理学で言うところの「インナーチャイルド」に似ていますが、

個人的記憶のみならず地球誕生から現在に至るまでの全ての生物や無機物

が体験した記憶が保管されているところを指します。ホ・オポノポノによる

癒しウニヒピリと繋がり記憶を徹底的にクリーニングしていくことによって

もたらされます。】

  〜ネット上の批評より〜

・【ウニヒピリの協力がなくては、インスピレーションを受け取ることができ

 ません。私たちの中にある3つのセルフ、表面意識(ウハネ※)、潜在意識

ウニヒピリ)、超意識(アウマクア※)がちゃんと存在し、それぞれの役割

を果たす。そうすることで、初めてすべての存在の源である“神聖なる存在”

とつながります。表面意識から“神聖なる存在”につながろうとする人が多い

のですが、流れとしては、表面意識が潜在意識に降りて、そして初めて超意識に

上がって、上の“神聖なる存在”につながっていきます。その順番が大事。

ウニヒピリのケアがあって、初めて上とつながれるわけです。

 ※ウハネ…表面意識。私たちが日常で認識している意識。クリーニング

  スタートさせる部分。ウニヒピリにとっては母親のような存在。

 ※アウマクア…超意識。ウニヒピリから届いたクリーニングの働きを、

  唯一“神聖なる存在”に届けることができる。】

▼ 要約すると、<自らの記憶に向けて、「どの記憶が問題を引き起こして

 いるのだろう」と問いかけた後に、「ありがとう」「ごめんなさい」

「許して下さい」「愛しています」の言葉を繰り返すことで実践される。

  大切なのは、ウニヒピリの存在を認めること>

 毎日、20〜21時に就寝、0〜1時から半睡眠状態に入る。それが「ウニヒピリ」。

そして4時に起床をして、前日に書いた、この文章が「ウハネ…表面意識」。

その修正が、「アウマクア…超意識」になる。クリーニングは、そのプロセス

で考える?ことで、衆人の視線を意識し修正することが、これになる。

過去の同月同日の文章数年分を読返している自分は超意識になる。

世間人とは、超意識が欠落している存在。 超意識の欠落は、表面意識も、

潜在意識も、狭く、浅いまま、群れたままで終世を向かえる。他人事でない、

自分のことでもある。それなら納得…? 神聖なる存在への意識ですか。

その存在に向けて、「正・中心・一点・無」ですか。5円玉を神聖なる存在と

すると、真中の穴(一点)が無? 本体の外側が… お後が宜しいようで。

・・・・・・

4684, 偶然からチャンスを見つけだす能力 ー2

2014年01月10日(金)

         〈ー偶然からモノを見つけだす能力ー沢泉 重一 (著) 〉 

   * 私の体験例より・・

 偶然からチャンスを見出した経験は人生を長く生きてくれば、誰もが

多かれ少なかれ持っている。その偶然に出会うのは、節目の極限状況が多い。 

新潟の駅前から150Mほど離れている角地の更地70坪で、さて何か事業を

始めようかと考えた。その直前まで実家の衣料品ディスカウントの本店を

任されていて、二ヶ月に一度の割で東京高崎名古屋岐阜大阪広島

などの産地に仕入れに行ってビジネスホテルに4年半ほど宿泊をしていた。

その顧客経験から、新潟駅前の格安ホテルなら必ず成功すると思い至った。

おりしも上越新幹線が部分開通が始っていた。34年も前のことである。

以前より、何かに捨身で無我夢中エネルギーを集中すると、そのプロセス

他の何かをつかみ取れる経験をしていた。卒業後、ジャスコに一年勤務。

考えるところがあって産能大に編入した時も同じである。その時、千葉郊外

姉の家に居候をして自由が丘に通っていたが、姉が家から車で20分離れた

新興住宅地の一角を将来の貸家のために買っていた。千葉県住宅供給公社が

開発、販売のため、一般の半値近い。そのため何倍かの希望者があるため、

公開の会場で抽選会が行われ、その場で次々と当選が決まる。それには

条件があって、二年半以内に建物を立てないと公社に強制的買戻し条件がある。

それもあって、地区ごとに、団地住宅建設が見られる。ある朝、何気なく

新聞広告をみると、その五万人ほどの住宅地のド真ん中の商業地の販売広告

載っていた。そこで、姉に「これは買いだと思う!申し込みをして当たれば

儲けもの、どうだろう?」と話すと、「当たってからの物種。当たったら、

父親に借金をすればよい。とにかく申し込んでみたら」と言う。

時は、高度成長期の真っ只中。団地の一等地である商業地の「角地と、隣」

二箇所を、早速、申し込んだ。物件の倍率は、角地が十五倍、その隣は三倍。

抽選当日、会場の抽選会に行ったが、何となく角地の隣は抽選に当たる!

予感がしていた。そして、当選。 外れても当選者の辞退が出た場合、

次点の人に権利がある方式。「これで余裕があれば、応募しない手はない」

と思ったのを憶えている。 それも隣接する二万人の隣の住宅地加えると

七万人の十字路の角地の隣接地からみて、五年で数倍になるのは誰でも分る。

そこで、私に甘い父に「せっかく、当選したのだから、私の物件でなくても

よいから」と、三日間、つききりで、その価値を説き続け、その結果、

実家の会社名義で買うことになった。これも、当時の合併した直後の

ジャスコを思い切り辞め、大学に入り直して必死に学んでいたおかげ。

 その二年後に貸ビルを建設し、その一角で「養老の滝1122号店」と、

焼きたてのパン屋センチュリーベーカリー」を立ち上げ、無我夢中

取り組んでいるうちに、実家お家騒動が勃発、その二つを経営委託をして、

長岡に帰ることになった。 これも私にとって大きはチャンスになった。

千葉は5千万の総投資だったが、一億で売却。 それが新潟駅前シリーズ

事業資金。 まず、時流に乗った何かを見つけ、全身全霊を込めると、

思いもよらないチャンスが舞い降りてくる。 

 この随想日記も、そうである。第三者からすれば「毎日、飽きもせず、

この程度の文章を書き続けて!」と思うだろう。他人を傷つけ、銀行の担当

から疑われ5百万も脅し取られ、この一連の中で「これは、計画倒産そのもの

じゃないか?」と詰なれても、割り切ってしまえば、それまで。

10年、50年先に残るのは、その時どきに残した言葉=魂(全身全霊の

エネルギー)だけ。言葉とは、それだけの力があると実感するからである。 

事業40年、人生68年の総括での「遇察」は何だったか? 

般若心教の悟りに近い、色即是空空即是色の透視

 因縁、感謝、感動!の中にある一連の現象。 

人生に後悔が無い、といえば嘘だが、諦め(明め)はついてきた。

・・・・・・

5414,閑話小題 = 寒い朝〜つれづれなるままに

2016年01月10日(日)

   * 寒い朝〜つれづれなるままに 

☆ 北朝鮮が、再び核実験をおこなったが、水爆ではなさそうだ。

 今のところ不明だが、年明け早々、イランアラブの国交断絶や、

世界的の株式の暴落などを含めて世界は更に混沌としてきた。

米国大統領の最後の年もあって世界の混乱に拍車がかかる年になる。

☆ ロシア中国欧州米国の、どこから発火しても、その火の手

 は一瞬に世界を駈け回る。原油も暴落、30ドルを割りそうな気配。

ロシア中東など資源で潤ってきた国々も、これで資金が不足すると、

それが戦争やテロの火種になって難民を輩出する。

☆ 積雪、多ければ多いで大変だが、無ければ無いで、水の循環に

 狂いが出る。オゾン層破壊による地球温暖化は深刻だ。

☆ 年賀葉書が例年どおり、毎年、差出した人から、そのまま届いた。

 現役時代は個人宛てが70通位だったが、今では50数通に減った。

☆ 小学校時代の恩師から、『自分史』が送られてきた。

 30年前に頂いた個人史は18pの小冊子だが、これは、一冊の本

先生の信条は、「話すより、手紙を書く」で、筆や、ペンでスラスラと

書かれた手紙は、それだけで、一つの作品のようである。 私は、

この随想日記を墓場と見立てて、個人史的なことも書いている。

分類が項目が、目次にして、駄文を切取って、構成すれば、本になる。

 まず母親の残した『自分史』を送ろうかどうか? 思案中!

☆ 今日から大相撲が始まる。一時、熱が冷めていたが、不祥事後は、

 ガチンコ勝負の徹底で人気を回復させている。

人気回復に、若い女性の取り込みを戦略したこともあるが、観客席に、

その姿が少なく、中年女性が目に付く。