Hatena::ブログ(Diary)

堀井の「居間 客室 読書室」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ようこそ ようこそ いらっしゃいました。

まあ 読んでいってくださいね。
ゆっくりしてってください。
※午前4時に日付が変わる設定です。
※キーワードの自動リンクの設定は「ゼロ」にしています。

2007 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |

2019-01-11 閑話小題 〜「シュガーベイビー」 再び!

[] 06:59 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20190111065934j:image

   * 父が愛人を持つ子供心は

 10年ほど前に、40年ぶりに学生時代の友人二人と東京で再開し、酒を交わした

ことがあった。それぞれの歩んだ人生を語りあった中で、その一人が思いがけない

告白をした。卒業後、一般会社に就職。その後、カメラマンを目指して数年間

AD(小間使い)をしていた頃に、父親の愛人の存在を知り、大きなショックを

受けた旨の内容。父親は既に亡くなっているが、当時、母親は健在。かなりの

資産家だが、それをワザワザ話すということは、その衝撃は並大抵でないから。

砂を嚙むような思いだったのか? 私の父は、明治生まれの堅物で浮いた話は

全くなかった…。彼の母親も大変だったろうが、子供にとっても耐えがたいこと。

家庭内には何か大きな問題がある… それを察知して世間話を楽しむのが世間人。

 一度、その外側から、例えば、他宇宙宇宙の果て、地球の外、国外、県外、

市外、生活圏の外から、見直すことが「哲学」。その積み重ねが教養ですか。

 ほんの数時間前の夜半、漆黒の中を渦に突き進むイメージしながら、行き先の、

宇宙に吸いこまれる感覚を持ってみた。繰返すうちに寝入ってしまったが、

熟睡から起きた時間が、想定の一時間もオーバーしていた。

これって「死にいく予行演習」ですか。

 また外から内というと、個人と、他者の境の問題にもなってくる。

性欲からの「想い」の比重が大きいのが恋人。複数の金銭を含めて契約をする

のが愛人。1〜2回の渡り鳥を選ぶか… 恋人で終わる術を身につけるか? 

愛人を持った上に、複数の子供を持った人を多々?見かける。何れも、スリル

と、サスペンスがあるようだ。恋人以上、愛人未満の役割を難なくやるのが、

ホステスママの腕前。 駅前キャッチのインタビューTV番組

『家まで付いていってイイですか?』で、キャッチされた人のよさそうな

ホステスが自室で曰く、

< 私、彼氏を持たない主義。客とは枕はしないが、サークル会員と

 呼ぶ人は数名いるの。将来、酔客対象の家庭料理の店を持つのが夢。> 

取材者の素朴な問いかけ「サークル会員とは、如何なる人ですか?」に、

口を濁す。「枕をしない」とは、代償に直接の金品のやり取りをしない代わり

に、プレゼント〈客の使命料、隠れチップ、アフターとか、日中のデート?〉

を貰う人。プレゼントは直に中古買取専門店に… 夜の巷の狸と狐の騙しあい。

学生時代の友人が、当時の女友達結婚伊香保温泉の旅館に婿養子になった

と聞いたので、東京帰りに立ち寄って一泊したことがあった。 年増芸者が、

深夜の酔客専門の居酒屋をやっている店が面白いと、連れていかれたが…

 一般人からすると、その世界の内情は異界そのもの。若旦那なればこそ、

話したのだろうが、『 …誰誰が廃業して蒸発したでしょ。あれって○○って

芸者にね、喰いつぶされの。これまで他にも何人もね… 』の類の話が次々と、

で、足は股間に。何でまた(股)… 凄みありすぎ?でチジミ上がっていた。

東北震災九死に一生を得た友人と、廃業の二年後に、同級会で40数年ぶりの

再開した。その時の一声、『あんたは、何があっても大丈夫。そういう男だった

もの!用心深くて、深みに嵌らない。失敗しても、直ぐに元に戻る!』 

成るほど、そうか? と。 裏側ではのた打ち回っていたが、隙を見せられない

のが大家族の末っ子の知恵。そのままの姿が学生時代にもあったようだ。

・・・・・・

5415,だれもわかってくれない ー?

2016年01月11日(月)

      『だれもわかってくれない』ハイディグラント・ハルバーン著

   * パワーレンズ

 パワーを有効に引上げるには、よりパワーを持った人やグループに認められる

必要がある。そのためには、対象のパワーアップの手助けが可能と、アピール

する必要がある。企業採用も、昇進が、これである。 社会も、結婚生活も、

パワーバランスで成立している限り、パワーを持つこと、それをデスプレーし、

アピールすることが必要である。 ーパワーレンズー項目の要約よりー

≪ ★ パワーレンズレは、誰でもつけたり外したりするのです.

 ★ パワーを持つ人は、あなたのことをきちんと認識してくれません。

  その理由は多くの場合、相手が自分の目標達成に集中していて、ほかの人

 の問題や考えにまで気がまわらないからです。ショートカットを駆使して

 大まかに理解するので、他者の複雑で微妙な点までは目に入りません。

★ パワーは状況によって変わります。ある時点であなたよりパワーを持って

 いた人が、別の状況ではパワーが低下することもあります。パワーは動的で常に

 変化しているので、「パワーレンズ」は、誰でもつけたり外したりするのです。

★ パワーを持つと、ステレオタイプ先入観により強く依存するようになる。

 パワーのある人に自分を特別な個人として認めてもらうことは至難の業

★ 大きなパワーを持つ人が他者について的確に理解しようとするのは、それが

 自分の目標達成のために必要なときです。だからこちらが有用な存在、つまり

 相手の目標達成を助ける人になることが大事です。そうすれば相手は、時間と

 精神エネルギーを使ってあなたを正しく見極めることに意味があると思って

 くれます。 ≫

 ―――

▼ パワーは集中と、その維持の中から生まれ出てくるため、アップ続ける

 には、長年かけること。生きていく必要条件である。そのパワーも、所詮は、

直ぐに消え去る一現象。特に女性の伴侶選びは、一生を左右するため、シビア

レンズになっている。で、一生かけてパワーを吸取られる浮世の無限地獄。 

結果、自律神経失調症など精神がやられる。その対策として、独りを楽しめる

ライフワークが必要となる。一番、手っとり早いのが、読書だが・・

・・・・・・

6147,読書日記 〜座禅は心の安楽死 ー2

2018年01月11日(木)     

        『坐禅は心の安楽死 〜ぼくの坐禅修行記』横尾忠則 (著)

   * 寿命は70〜80年で丁度よい

 それそろ寿命の尽きる御年頃に入ってきたが、この辺りが消え時だろう。

80歳後半ばまでとは思わないのは、長年の不摂生のため、そこまでは到底無理

と直感している心の保険かも…。<古希を過ぎれば皆、同じ>が、現在の心境!

 〜80歳適正寿命説を著者が理路整然と説明する。

≪ …人間は死を迎えてやっと一段落するのである。もし人間の一生がが5百年

 もあれば、今のボクなら、その途中で狂人になってしまう。人間がもっと進化

していれば別だが。進化していない状態で、こんなに生かされてもどうにもかな

わない。第一、5百年の間、毎日毎日他人と競争し、妻と憎しみあい、金儲けを

考え、―ああ、考えただけで気が狂うじゃないか。5百年の間に作った因果

重みを一体どのように処理すればいいかというのだ。

 今の人間の進化状態からいえば7、80歳の寿命が限度であろう。

死ぬことによって一旦ひと休みをして、前世記憶を一切合切、きれいさっぱり

忘れて、別の顔と別の名を持って、新たな環境に生れてくるのが一番いいこと。

前世を忘れると同時に人間は死後の世界で経験してきた様々な出来ごとも忘れて

転生してくる。もし、憶えていたら、彼の一生は大混乱を起こすだろう。…

 …人間の想念というのは波動だと思う。幽霊波動の塊であろう。言い方を

かえれば想念の塊ということになる。強い想いを持ったまま死んだ人間はその

時の想念がそのまま霊魂の中に残され、それがしばしば形となって三次元世界に

物体現象を起こすようだ。… ≫

▼ 17年近く連載してきた随想日記のHP。今生の想いの墓場として、全霊を入れ

 書き続けてきた。『私には生霊の墓参りをして貰った方が向いている』と… 

これで。 その時々の想いは死んだ後でも残るが、「生前に御参りをして貰って

いるのだから残す必要もない」ともいえる。 数年は残すが、5年後以降は

息子の判断で消去してもらう…。 その間は、魂は生き続ける? 毎日、自分

の17年分の‘生霊’を成仏させている、現生霊。 明日になれば、ただの笹音。           

・・・・・・

3578, 10年一昔というが ー2

2011年01月11日(火)

 この10年で、デジタル機器が飛躍的に進化し、パソコン携帯電話などで

ネット社会が出現。地球上の人たちのあり方を根底から変えてしまった。この間に

ブログが世界的に普及、誰もが個人サイトの発信基地を気楽に開けるようになった。

更に携帯電話機能が飛躍的に性能アップ、そこにインターネットが接続され、

ミニ・ブログツイッターが受発信と、Youtube世界中動画の受発信が可能に。

これらがグローバル化を押しすすめる結果となった。

この10年の潮流を知るために、大きな出来事を重要順に選んでみた。

 ー2001年2010年、世界10大ニュース

1、2008年のリーマン・ショック 2、2001年の9・15テロアフガン、イラク戦争

3、ネット社会の出現      4、デジタル機器の飛躍的進化

5、3,4の結果、世界のグローバル化フラット化が進む

6、インド洋中国四川ハイチ大地震などの大災害が相次ぐ

7、アメリカで初の黒人大統領が選出 

8、中国インドブラジルなど飛躍的経済発展 

9、電気自動車がクローズアップ、今後の重要産業に目される

10、環境問題が待ったなしに!その一つとして原発開発の機運が世界中高まる

 この主な出来事をみても、10年前では想像を絶する現象が、

たて続きに起きている。今後10年は、これより激変が起こるとみると、それは

想像を絶することになる! 分かっていることは、「この現象は百年単位の変化

の現象でなく、数千年、数十万年単位の変化の入り口に入った」ということ。

それからすると、この変化は恒常的に続木、その結末として人類の歴史は、

それほど長く続かないと見るべき?

・・・・・・

4318, 幸せはいつうもちょっと先にある −6

2013年01月11日(金)

     「幸せはいつもちょっと先にある」ーダニエル・ギルバード

 * 意外と知られてない事実ーすべての人は自分を特別存在と思い込んでいる

心の奥を覗いてみれば、「みんなが大将」である。 但し皆が、それを隠して

いるので、そう思っているのが自分だけと思っているから始末が悪い。

人より優れてないと思わないまでも、自分は他人とは違った世界を持っている

と自負している。 −その辺りの心理がリアルに書かれてある

≪ あなたがほとんどの人と同じなら、ほとんどの人と同じように、自分が

 ほとんどの人と同じだということが分らない。科学は平均的な人について、

たくさんの事実を明らかにしてきた。なかでもとくに信頼できるのが、

「平均的な人は自分自身を平均的だと思っていない」という事実だ。

ほとんどの学生が自分は平均的学生より頭が良いとおもっているし、

殆どの営業部長は、自分は平均的営業部長より能力があるとおもっているし、

殆どのフットボールの選手は、チームの他の選手より上と思っている。

・・皮肉なことに、自分を平均以上だと考える偏見は、自分を平均より偏見

少ない人間だと考える原因にもなる。 ある研究機関は、こう結論づけた。

‘ われわれはたいてい、自分が平均的な人より運動ができ、頭がよく、

几帳面で、道徳的で、論理的で、面白くて、公正で、健康で、(もちろん)

魅力的だと思っているようだ’ 自分を他人に勝るものと考える傾向は、

自分を他者と違うもの(ー勝るものも多いが、劣るものもあるー)と捉える傾向

の一例かもしれない。人は寛大さについては、他の人より数多く寛大な行為を

していると主張する。ところが、身勝手について尋ねられると、他の人より

数多くのしていると答える。車や自転車の運転といった簡単な課題に対し、

その能力は優れていると答えるが、ジャグリングやチェスといった難しい

課題をこなす能力は、劣っていると評価する。 ≫

▼ 勝っている部分が少ないと、自分は他者と違った特別の存在と思い

 込もうとする。そのために特別な方法をとりたがる。この随想日記からして、

まずは、そう。「12年間近く、これを休むことなく書き続けた。凄いだろう!」

という気持ちが何処かにある。「48回も世界中を旅をし、それぞれの地域から

見れば、私の生活圏も同じように変わったところでしかないことを体感してきた。

それが私の大きな財産!」とか、まあ、心の奥の馬鹿くさ! 所詮は石ころは

石ころとして、自分で自分を慰めるしかない私が、ここにいる。大津波か何か

知らないが、挫折を、「外海に大津波がきているのが見えて、その本体の巨大

津波で浚われる前に、事業整理をした」とか何とかを、恥ずかしげもなく

ブログに書いている有様。まあ、読んでいる分には面白いだろう。 

ただ、面白がっている方も大して変わらないのを知ればこそ書いている・・

ある人が面と向かって、「私は特別な存在!」と確信を持ち言われたことがある。 

純粋か無知なのか、本当にその通りかマジマジと、半ば呆然と顔を見た。 

これからすると、その人は、心の内を正直に述べただけ。 どう見ても、

そうには思えなかったが! 考えてみるに素直なだけ。その人、誰も、そう

思っていると知っていたら、言わなかっただろうに。そこで、これからは

魂を込めて一人ずつ誉めることにした。心の奥の魂には、魂を込めないと。

 独身時代、美人が大好きで、タイミングをみて、「あんた美人だね。私は、

実は美人大好き!」と軽くいっていた。ポイントは一回だけ、こっそりと。

この感覚で人を誉めろ、ということ。人生を振り返り、もっと誉めれば

良かった!ったく。 ところで私がやたら誉めると私らしくないのが問題。 

どういう人生を生きてきたのか、この男。 母親還暦のとき、「子供たちは、

みんな感謝している。ただ誰も口に出さないだけ」と、言ったら、

「生きてきて良かった!」と。歳をとるにつけ、それがだんだん言えなくなる。

そうそう言ってはならないが・・ 言わなければならない時もある。      

・・・・・・

5050,生と死をめぐる断想  ー4

2015年01月11日(日)

   * 免疫学者・多田富雄の受苦

 7〜8年前、『「生と死をめぐる断想』でふれた「多田富雄の生死の淵」を

取り上げたNHKドキュメントを見ていた。そこで、自分の中の「新しい自分」を

「鈍重な巨人」と名づけていた。全身全霊だからこそ、内なる巨人が現れ出る。

「受苦は魂を成長させるが、人格まで破壊するから頑張っている!」が良い。

  ーその辺りを抜粋するー

≪「にもかかわらず」の哲学を実践したと思える、免疫学者の多田富雄がいる。

1934年生まれ。医学の道に進みながら若いころから専門の研究のかたわら文章を

著し、さらには能を創作し自らも小鼓を打つなど、旺盛な表現活動をしていた。

2001年脳梗塞に倒れ、一命はとりとめたものの、右半身の完全麻痺と嚥下障害、

言語障害という重度の後遺症が残った。多田にとって右手は利き手であり、

字を書く手だ。その自由と声とを失ったのは、表現とコミュニケーション

奪われたに等しい。どうにか自由になる左手でパソコンを覚えようとする。

利き手ではない上、それまでパソコンを使ったことがなく、わからないところを

口で訊くこともできないから、習得は困難を極めた。それでも少しずつ文字が

打てるようになり、執筆を再開。その頃のことをうった文章では、もどかしく

遅々とした歩みを「鈍重な巨人」に喩えている。「私の中に、何か不思議

生き物が生まれつつあることに気づいたのは、いつごろからだろうか。

初めは異物のように蠢めいているだけだったが、だんだんそいつは姿を現した。

まず初めて自分の足で一歩を踏み出したとき、まるで巨人のように不器用な

そいつに気づいた」。「私はこの新しく生まれたものに賭けることにした。

自分の体は回復しない巨人はいま形のあるものになりつつある」(略)・・

 自分の中に「新しい人が生まれる」のだ。緩慢で寡黙で、そしてときどき

転んで多田の体に痣を作るなどして、彼を裏切るその人を、いとおしさも込め

て「鈍重な巨人」と彼は呼んだ。 やがて多田は音声合成装置を用いて発話も

できるようになった。文章の執筆の他、能の創作も再開、車椅子での出かけも

はじめた。その多田に、さらなる試練が降りかかる。2005年前立腺がん

見つかって、手術をするも少しずつ進行し、転移による胸膜炎で2010年死亡。

 ・・リハビリの中で、努力を続けるわけを彼は次のように述べる。

【 受苦ということは魂を成長させるが、気をゆるすと人格まで破壊される。

  私はそれを本能的に逃れるため頑張っているのである。】 ・・≫

▼ 4年前からの御隠居生活環境で、新しい自分が動き出した実感がある。

 それは、風によって、行き先が変わる「羽毛のような天使」のように宙に

浮いたよう。一歩間違えると、人格まで破壊されるマイナーエネルギーの風

でもある。私も愛情を込め、内なるこれを、『羽毛の天使』と、呼ぶことに。

コヤツ晴れた日は良いが、雨風にねっぽう弱いが、過去未来に平気で飛んでいく。

そして、私と娑婆には、いやに冷淡?である。

・・・・・・

4685, 10年日記

2014年01月11日(土)

 去年の暮れに10年日記が終了した。一昨日、この文章を見つけ驚いたが、

これも続けるとなると根気がいる。ただ何気ない平凡な日々も、書いてあれば、

その時どきの記憶が舞い戻ってくる。折々に、その内容を書き写してみる。 

そこで蔦屋で10年、5年、3年日記か迷った結果、『5年日記』を買った。 

果たして10年先、生きているか?」を、店先で考えるのも奇妙である。

《 2004年01月09日(金) ー10年日記帳

 昨日「10年日記帳」を買ってきた。通勤途中の書店に、3年日記

5年日記、その横に10年日記帳があった。数日前から迷っていたが思い

切って買うことにした。10年といえば途中で途切れる(死ぬ)可能性もあるが。

10年前にこの日記帳を書きつづけていたら、毎日が面白いだろう。日記御宅

になってしまうかもしれない。 買ってみて「10年先を白紙で毎日意識して

みることが出来る」のではないかと気がついた。現在はホームページの随想

日記に、35年前と2年前と一年前の日記コピーして貼り付けている。

この為、後ろ向きになってしまうが、10年分の白紙を毎日見ることで、

10年スパンで鳥瞰する目が知らないうちに身に付くのではないか。

更に他にも深い意味が出てくる可能性もある。『ポストイット未来日記

仮定で書き貼っておくとか』『理想の姿を現在進行形で書いてみるとか』

年をとっていく自分を見る視線が憂鬱になる可能性もある。9年、10年

経ったとき後ろ向きになってしまう可能性もある。その時は、その時。 

今日から門出の日記の開始。随想日記に、過去の当月当日を貼り続けているが、

結果、毎日過去の日記を見ることになる。そうすると、ほぼ同じことをしている

ことになるが、白紙を毎日見ることが決定的に違う。こう公表してしまえば、

書きざるを得ないだろう。習慣化は第二の天性というから。

これも加えたいが・・・ 》

▼ 改めて、ジックリ同月同日の10年分を俯瞰すると、やはり書き続けている

 価値はあった。それぞれの日々が懐かしい。「遠き日は年とるごとに近くなり」

であり、この習慣を数十年続けていたら、心の豊かさが全く違っていただろうに。

忘れることも大事だが、メモだけでも、行き先(5、10年先)を決めて

「ここまで生きているぞ!」と書き込んば張り合いにもなる。それにしても、

よく続けられたもの。これも早朝起床の御蔭! 次も10年日記でも良かった?

・・・・・・

5780,中国で急増するネットショップ村に密着

2017年01月11日(水)

          <中国で急増するネットショップ村に密着

                        ……NHKスペシャル>

  * 中国社会がネットで結ばれると

 8日のNHKスペシャル『中国14億の消費革命ネット通販 若者の夢と挫折〜』と、

9日の、にっぽん紀行『オオクボ・ドリーム大久保 多国籍タウンで夢を追う〜

(18:10〜18:45NHK総合)がシリアスな内容。

ネット社会が別だてに形成された現代を、そのまま、現れ出したテーマである。

 ネットでハッとすることが何度かあった。Windows10を追加入力をしようと、

家電で買ったソフトを入力しようとするが、私には難しい。そこで、ネットで、

マイクロソフトに質問を入れたと同時に、顔写真が出てきて、「その問題を

3500円で請け負います」と顔写真入の画面が出てきた。しかし数日後に、次男が

正月休みに帰ってくるので、それから考えようと応じなかった。(で、息子が、

アッサリと解決をしてくれた)それより、マイクロソフトメールにヒットして、

即座に解決の見積もりをしてくる情報ネット世界に驚かされた。ヤフーブログ

に、パキスタンフンザ村の写真を載せたところ、何時の間にか、ネット上に

乗っていた。(検索に フンザ 写真と入れたところ、その中に何枚かが、何と

私の撮ったもの)。

   〜まずは『『中国14億の消費革命ネット通販』より〜

≪ 経済成長の鈍化で、「世界の工場」から構造変換を迫られる中国

 いま新たな成長の起爆剤と期待されているのが、ネット通販(EC)である。

2015年の販売額は約60兆円余り。アメリカを抜き、世界一通販大国に

急成長した中国が考えているのが、ネット通販を通して、今まで豊かさから取り

残されてきた「6億人の農村人口」の購買力を目覚めさせること。いま政府は

“14億人の消費欲”を1つのテーブルにのせようと大号令をかけている。

番組では、急増する“ネットショップ村(淘宝村)”の現場に密着。

 そこは村全体がネット通販プラットフォームになっており、年間の売上は

約670億円にも達する。全国からやって来た若者が次々とネットショップ

起業し“現代のチャイナドリーム”を目指して、激しい競争を繰り返している。

さらに、中国政府は、民間企業と協力して、広大な国土の隅々に4万ものネット

通販サービス拠点の設立を計画。高齢者や農民に、肥料や日常品、農具までも

ネットで購入させることで、新たな消費革命を起こそうとしている。14億の

消費革命で、農村は、中国は、どう変わるのか? 新たな夢を抱きあがく若者

や、政府の戦略を通して、中国のダイナミックな変化をみつめていく。≫

―――

▼ 中国人の特徴に、「流砂の民」という言葉がある。大陸的個人主義の性格が

 強すぎて、まとまりがなく、掬い取っても指の間から落ちていく。半面、友人、

親戚間の繋がりは強い。 そこにネットが持ち込まれれば、中国の強さと弱点が

出てくる。それが農村部の消費拡大に繋がれば、それは膨大なエネルギーになる。

中国は歴史の深い国、ソ連解体の試練を乗越えた?ロシアのように、強靭な国に

なっていくだろう。そして、あの大統領を選択したアメリカの衰弱は更に進む!