Hatena::ブログ(Diary)

堀井の「居間 客室 読書室」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ようこそ ようこそ いらっしゃいました。

まあ 読んでいってくださいね。
ゆっくりしてってください。
※午前4時に日付が変わる設定です。
※キーワードの自動リンクの設定は「ゼロ」にしています。

2007 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2018-12-09 閑話小題 〜下ネタじゃない、ホワイト・ジョークを −1

[] 06:01 閑話小題 〜下ネタじゃない、ホワイト・ジョークを −1 - 堀井の「居間 客室 読書室」 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20181209060127j:image

 20年近く前になろうか、ジョーク・小話に凝ったことがあった。

分類コーナーの引出もある位だから、アマチュアジョークハンター

しかし、これは?のジョークは、なかなか見当たらない。HP内を検索すると、

15年前に【 2003/11/24  <私が選ぶ ☆☆☆ 順不同(ベスト20)>】

があった。 …後に‘コピ・ぺ’したが、今でも色あせてはいない。

本を読みこんでないと、小話の妙味は理解できないシロモノ。

下ネタABC…』をテーマにした時に、上質な?ジョーク集を探し当てた。

これなら紹介出来る小話が揃っている。 

――

    * 老夫婦

 ある田舎町で結婚50周年を迎えた老夫婦に地元の新聞社インタビューした。

「50年間も結婚を続けてこられた秘訣は?」

 すると夫が昔を振り返って懐かしそうに答えた。

「わしらは新婚旅行メキシコへ行ったんじゃ。そしてロバを借りて二人で砂漠

をのんびりと歩き回った。すると妻の乗ったロバが急にガクンと膝を折り、妻は

落ちてしまったんじゃ。妻は『1』と言うと何事も無かったようにロバに乗り、

再び散歩を続けた。するとまたそのロバが急に膝を折ってな、妻はまた落ちて

しまった。妻は『2』と言うとまた何事も無かったようにロバに乗った。

そして三度目に落とされたとき、妻は荷物の中からリボルバーを取りだして、

ロバを撃ち殺してしまったのじゃ。 わしゃあ、びっくりしてな。

いくらなんでも撃ち殺すことはなかろうと妻をひどく叱ったんじゃ。

そうしたら妻が言ったんじゃよ」

「何て?」  「『1』」

ーーーー    

    * ポン引き

 ある夜、俺が歓楽街を歩いていると、ポン引きが声をかけてきた。

・ポン引き「きれいどころ揃ってるよ?400ドルだよ?」

・俺「400ドル?高すぎる。せめて100ドルにまけろ」

そんな押し問答が続いたのだが、結局商談は成立せず。

 俺はそのまま去っていった。

後日、俺が妻と一緒に夜の歓楽街を歩いていると、いつかのポン引きが現れ、

ニヤニヤしながらこう言った。

 「どうだい旦那、100ドルじゃロクなのいないのわかったろう?」

――――

   * 医者

 若い女性が医者に訴えている。

「先生助けて下さい。私、身体中が痛いんです。」

「どんな風にですか?」

女は右の膝に触り「ここが痛いんです。」

次に左の頬に触ると「あ痛っ!ここもです」

右の耳たぶに触って「ここも痛いんです。」

医者:「貴女のブロンドは御自前ですか?」

女 :「ええ、そうですけど、何か?・・・」

医者:「貴女の人さし指は捻挫しています」

――――

   * ビジネスマン

日本のビジネスマンが仕事をしている夢を見た

起きると彼は夢の中で思いついたアイデアを仕事に生かした

イタリアビジネスマンが仕事をしている夢を見た

起きると彼は本当にオフィスにいた

――――

   * 聖職

教会では3人の聖職志願者に対し、試験が行われていました。

聖職者たるもの、エロに心を奪われるようなことがあってはいけません。

これから行うのは禁欲のテストです。3人とも今から裸になって、ナニの

先っぽにこれを着けなさい」 渡されたのは、小さな鈴でした。

「まず1人め、パトリック。小部屋に入りなさい」

パトリックが先っぽに鈴を着けて待っていると、部屋に裸の美女が入って

きて、目の前でセクシーダンスを始めました。りん りん りん…

「パトリック!残念です。鈴を鳴らすなんて修行が足りませんね。

冷たいシャワーを浴びて修行してきなさい!次、ヨセフ

ヨセフが鈴を着けて待っていると、また裸の美女が踊り始めました。

りん りん りん…

ヨセフ!ああ、君もなんてことだ。冷たいシャワーを浴びて修行してきなさい!

最後、ミカエル

ミカエルが鈴を着けて待っていると、やはり裸の美女が踊り始めました。

… 鈴は鳴りませんでした。

「すばらしい!ミカエル!合格です。なんと立派で邪念のない人でしょう!

さあ、熱いシャワーを浴びて一息ついてくるといい。パトリックとヨセフ

先にシャワーを使っていますから、一緒に入ってきなさい」

  りん りん りん…

――――

   * 肉

どっかで聞いた話なんだけど。なんか友人から聞いたらしい話で宗教入ってる

知人の家族と夕食とることになったんだと。

それが焼き肉なんだけど肉は何なのか言ってくれない。

人の肉かも、と思って食べたら違ったって。

結局何の肉だったんだろう?    

(オチまで説明することもないが、何で人肉でないのが分ったのでしょう?)

                           〜 つづく

――――

――――

2003/11/24

私が選ぶ ☆☆☆ 順不同(ベスト20)

「スナックジョーク

   (ママかホステスをからかうジョーク)ひとつ

  

森に一匹のメス鹿が迷い込んだ。向こうからきた狼に森の出口を聞いた。

狼「ひとつヤラセテクレタラ教ええあげる」

もちろん断り、向こうからきたトラに聞いた

虎「ひとつヤラセタラ教えてあげる」もちろん断った。

熊も狐も同じ答えだった。それでも何とか森から出ることができた。

そこでママ(かホステス)に

「どうして出ることができたか知ってる?」

ママ「・・・・・・・・???」

「ひとつヤラセテクレタラ教えてあげる」

  −−−−

  ーーーー

「新しいメイド

家に電話をしたら、新しいメイドが出た。

家内を呼んでくれと頼んだら、男と寝室にいると言う。

頭にきたその男メイドに書斎の机にある銃で二人を撃ち殺すよう命じた。

暫くすると二発の銃声が聞こえた後、電話口で今殺してきましたとのこと。

ついでに死体を庭のプールに投げ込むように命じた。

暫くすると、メイドが電話口で

       

      ‘庭にプールはありません!’

  −−−−

  ーーーー

  

「氷水」

アフリカ縦断鉄道、あまりの暑さにある老夫婦の奥さんが

どうしても氷水が飲みたくなった。

車掌に頼むと、‘有るわけがない、とんでもない’とのこと。

それでもなんとかと頼みこむと暫く考え込んだ車掌わかりましたと言って、

氷水を持ってきた。

暫くするとまた奥さん飲みたくなった。

チップをはずみ2杯3杯と持ってきてもらった。

更にと言うと車掌困った顔をして、

‘これ以上もってくると死体が腐ってしまう!’

  −−−−

  ーーーー

[ 彼の事情 ]☆☆☆

海辺のバーに現れた男は、片足が木の義足、片手の袖口からのぞいているのは

大きな鉤(カギ)の手、片目には眼帯。

どこから見ても海賊キャプテン・フックだった。

ついつい聞いてみたくなるマスター。

「お客さん、その足、事故かなにかで?」

「ふっ。これはカリブで闘ったときに、相手の剣にやられちまったのさ」

「それはそれは…。じゃあその手は?」

「ふっ。これは太平洋を航海中に、サメに食われちまったのさ」

「なんとまあ…。じゃあその目は?」

「ふっ。これはジャマイカの海岸で昼寝していたときに、

 カモメにフンを落とされちまったのさ」

「ほう…。でも、カモメのフンで目がつぶれたんですか?」

「いや。その日ちょうど、このカギの手を付けたばかりだったんだ」

 

 ーーーー

 ーーーー

[こわい話]☆☆☆

男A「棺桶にテレコを隠しておいたんだ。

       ‘おい開けろ!’って声がしたはずなんだが」

男B「奥さんビックリしたろうな!」

 

 A「いや俺がビックリしたんだ!」

 B「なんで?」

 

 A「昨夜はおくさんがひとりで通夜してたはずが、なんの騒ぎも起きなかったんだ!」

  B「??・・!!!!!!・・・・・・・・・ 」

  −−−−

  ーーーー

「サンゼルマンの嘘 」

18世紀に実際にいた大詐欺師サンゼルマンの話。

自分の年は2000歳でキリストとは知り合いだという。そのふれこみでヨーロッパ中を

詐欺をして回っていた。

その従者にある男が聞いた「キリストに会ったというが本当ですか?」

従者「300年しか生きてないので、その頃のことはわかりません」

  −−−−

  ーーーー

[ 旅立ち ]    

-

修道院から、少女たちが旅立とうとしています。

女性院長がはなむけの言葉を贈ります。

「いいですか。修道院の外には危険がいっぱいです。一番気をつけなければいけないのは、

男という生き物です。あなたたちにお酒や食事、お金をくれるのと引き換えに、

やつらはあなたたちの服を脱がせ、とんでもないことをします」

「院長。男って、そういうときお酒や食事、お金をくれるんですか?」

「そうですとも]

「でも院長。ここの司祭さまはクッキーだけでしたよ」

  −−−−

  ーーーー

[ターザンの最期]☆☆☆

ターザンが木から落ちて死んでいた。

土に書置きがしてあった。

「誰かがツタにー」

調べたら、いつもとうるツタに油が塗ってあった。

  ーーここで一句ーーー

ターザン殺すに刃物は要らぬ ツタに油を塗ればいい

  馬鹿馬鹿しい?

  

  −−−−

  ーーーー

「月曜の朝に 」  

        −哲学的にも有名なユーモア

ある死刑囚が月曜日の朝、死刑執行に引き出され

連れられていくときのジョーク

「ふん!今週も今日から幸先がいいわい!」

(・彼にとって今週がない 

 ・長い間の死刑の恐怖から解放される

 ・目の前の死の恐怖を和らげようとする笑い)

  −−−−

  ーーーー

[ 父と子 ]    

分娩室では、若いお母さんがお産の真っ最中でした。

「あ!頭が出ましたよ!顔も出ましたよ!がんばって」

そのとき ---。

その、顔だけのぞかせた赤ん坊は、しっかりこちらを見つめて言いました。

「あんた、おれのおやじ?」

「えっ・・。いえ、違いますよ。私は看護婦・・」

「あ、そ!」

赤ん坊は言い残し、もぞもぞと再び中に戻ってしまいました!

驚いた護婦は医者を呼びに行きました。

するとまた赤ん坊が顔だけ出して

「あんた、おれのおやじ?」

「いや違う。私は医者だ」

「あ、そ!」

もぞもぞと中に戻ってしまいました。

そこで、仕事中の父親を呼びに行きました。赤ん坊は顔だけ出して尋ねます。

「あんた、おれのおやじ?」

「そうだよ!お前のお父さんだよ!」

それを聞いた途端、赤ん坊ははい出て、こぶしで父親の頭を殴りました。

「よくも毎晩、おれの頭を小突きやがったな!」

  −−−−

  --------

  

(3)インデアンの娼館にで]☆☆☆


白人のある男がインデアンの娼館で若いインデアンの女を買った。

いざベッドインでおんなが「クエックエッ」と身をよじる、

それなりに満足をして下のバーで飲んでいると

、玉突きで遊んでいるインデアンの男達が時たま「クエ ックエッ」

と言っている。

マスターにあのクエツクエッってどういう意味だと聞いてみた。

曰く‘穴が違う!’   

  −−−−

  --------

  

  

[男のさが]☆☆☆

ある男が交通事故二遭って病院にかつぎこまれた。

その男の怪我を調べて 医者が小声で看護婦

「左半身不随になりそうだナ」というと、

男は、意識は混濁しているのに、イチモツを一生懸命、

右に寄せ始めた。

  −−−−

  --------

  

「精力剤 」

鶏卵農場のおやじ一羽の雄鶏に500羽の雌鳥で済まそうと、

獣医のところに相談に行ったら強烈な精力剤を出してくれた。

これが強烈!500羽は軽く、それだけでなくアヒルやガチョウ

鴨などかったっぱじに手を出してしまう始末。

その雄鳥が倒れていて、その上空をハゲワシが舞っていた。

ついに無理がたたったかと、傍に行くと、薄めを開けて

「シーッあっちに行って、あの雌ハゲワシを狙っている!」

  −−−−

  --------

  

「チャーチルのユーモア

ある女議員が皮肉をこめて

「もし貴方が私の主人なら、紅茶に毒を盛るわ!」

チャーチル

「もし貴女が妻なら喜んで飲んでしんぜよう。」

  

・・・

当時獣医は社会的に低く見られていた。

チャーチルが獣医をしていたという噂があった。

野党議員が議会でそのことを質問した。

「もしそうならまず初めに貴方をみてしんぜよう!」

    議会は大爆笑だったそうだ。

  −−−−

  --------

  

  [殿の姉の死]☆☆☆


この小話は7〜8年前に仕入れたが、一番気に入っている1つである。

  殿様と家老が話をしているところに、

家老の家来が緊急にと青い顔して耳打ちをした。

‘殿(家老)の姉ぎみが亡くなったと’家老はてっきり殿様の姉と勘違い

殿はうろたえ城内は大騒ぎ!

その後家老の姉と判明した。

家老に殿は怒り心頭、

「無礼千万なわしの姉を勝手に殺しおって、打ち首!」と刀を振り上げた!

その瞬間ハッとして刀をしまった。

  ‘わしには姉がいなかった!’

  −−−−

  --------

  

笑いの真髄

(以前一回書いた内容だが、その後先に面白い話があったので今一度書く。)

ある男暇をもてあまし、知り合いの娼婦の館の女主人の所に遊びに行った。

「何かオモシロイコトないかね」と言うと、2Fのある部屋で裸になって

待っているように言われた。

その部屋で待っていると鶏が1羽投げ込まれた。

鶏姦をという事かと面白くなり鶏を追いかけまわし、やっとのことで事を成し遂げた。

1週間後また退屈になり、再びその女主人のところにやって来てまた何か面白いことが

ないかと聞いた。それでは3Fのある部屋に行くように言われた。

その部屋に行くと、数人の男が隣の黒人3人と白人女3人のスワッピングを隠れみていた。

一緒になって見ていたが、あまりに面白いので隣の男に声をかける。

その男曰く「いや1週間前はもっと面白かった!

       馬鹿な素っ裸の男が鶏を追いかけて鶏姦をしていた。」

  −−−−

  --------

  

[ 一発の銃弾 ] ☆☆   

スミスさんは狩猟用の双眼鏡を買うため、ライフル持参で店に入りました。

「お客さん、この双眼鏡はいかがです。どんなに遠くでもはっきり見えます。

ほら、あの丘の上に僕の家があるんですが、ここからでもはっきり見えますよ」

「どれ」

双眼鏡を目に当ててのぞきこむと、スミスさんは突然ゲラゲラ笑い出しました。

「お客さん?どうしました?」

「あはははは。きみの家で、裸の男と女が走り回ってる」

「な、なんだって!」

店員はぶるぶる震える手で双眼鏡をのぞきこみ、やがて意を決したように銃弾を2個

取り出しました。

「…お客さん。そのライフルであいつらを撃ってください。1発は妻の頭、もう1発

は男のナニをふっとばしてください。お礼はします」

「そう?じゃあもう一度双眼鏡を」

スミスさんは双眼鏡をのぞき、やがて言いました。

「あのさ。今なら銃弾は1個だけでできそうだよ」

――――

6114,『今日のつぶやき』−2  〜読書日記

2017年12月09日(土)         

            『今日のつぶやきリリー・フランキー (著),

 お笑いのような、お笑いでないような。そこには悲哀と、自虐が滲み出てる。

本人にとって、曝け出し、独り笑うしかないない失敗。とすると、ここで度々、

心の安定のために自虐的、偽悪的内容になるのは、自己治癒のため。

その典型的な「つぶやき」の一つを!

<そういえば、居酒屋の親仁が知ってか知らずか、奥の調理場で呟いているのが、そのまま

聞こえていた。ところが、一人だけの客の私に「あの客、苦手なんだよな〜」だと。> 

 その店も、道路拡張の恩恵を受けて、何処かに移転?していった。

・ 合コンのときに思う。

  笑わせているんじゃない、笑われているんだ、と…

              (ピエロ君のつぶやき・20歳・大学生

・ 後ろからナンパされて振り向いたら「すいません」と謝られた。

                (女医のつぶやき・31歳)

・ 「アーナルほど!」   (著名人つぶやき・49歳のイラストレーター

・ 勝負下着の出番がない。   (女のつぶやき・ 25歳)

・ そりゃ女だって溜まる   (女のつぶやき・ 20歳)

・ ホームセンターアルバイトをしていたら、見ていた子供から、

  「子供の頃の夢は何だったの?」と聴かれた。 (女のつぶやき・20歳)

・ この歳で尿漏れ。     (女のつぶやき・17歳)

・ 彼氏から「このセックスマシーンが!」と言われた。

              (一年前まで処女・23歳)

・ 高校生から席を譲ってもらった。 41歳。 (男のつぶやき

・ 僕だけがデートのつもりでした。 (男のつぶやき・26歳)

・ 野グソのときだけ山盛りに出る。 (   )

・ ノイローゼ気味の叔父から「鬼どもが人魂狩りの血祭りだ」という

  手紙が来た。全部赤字で。 (男のつぶやき・23歳)

・ 温めますか?「はい」。今日、声を出したの、これだけだ…。

               (一人暮らし8年目・23歳)  

・ 兄が寝言で大笑い。楽しそう… 。(女のつぶやき・ 23歳)

・ 26歳の彼氏と7回やったら 2人で熱を出した。この歳で何をやってだか。

                   (女のつぶやき・ 31歳)

・ 「あなたよりセックスが上手なの」 これほど納得できるフラレ文句は

  今までない。         (男のつぶやき・32歳)

・ 下ネタ、聞くのも、話すのも苦手。断然実際するのが好き(  )

・ 同じ人と二回以上セックスしたことがない。(女のつぶやき・24歳)

・ ブスだけど、性格の良い人を見たことがない。(男のつぶやき・37歳)

・ 2回のベランダに蛙がいた。どうやって来たの? (   )

・ 知り合いのガキに「いくつ?」って聞いたら「10万3歳であ〜る」って

  言われた。          (吾輩は10万29歳の女)

▼ 「つぶやき」「ぼやき」で検索すると…

【「つぶやき」=小さな声で独り言の ように言う。 内容には関係がない。

「ぼやき」=自分の意に適わないことに不平不満を言う。声の大小に関係がない。

つぶやきはほかの人に聞こえなくてもよい発声 による不平不満の表現、

ぼやきは近くにいる人に聞こえるような発声による不平不満の 表現。】

これからして、二つの意味合いは、非常に似ている。聞いて欲しいため、

投稿する野だから、殆どが「ぼやき」とも言える? しかし、ホノボノした

のが「つぶやき」には多い。やはり面白いのが「自虐・下ネタ」。そのまんま

赤裸々になる。<ブスだけど、性格の良い人を見たことがない>は、現実。

<すぐに「やらせろ」って言う男いないかな…。過程が面倒くさいんだよな、

  過程が。 ―発情中の女・24歳> など、何をか言わんで、気にいった。

 男は、金さえ出せば… だが、女性は? 女の職場空間では、断じて言えない。

即座に、「いいわよ、直ぐに、その気になるの私…」と。しかし、それが女史間

に、ふれまわり、息を凝らて事の成り行きを見られる最中で何も出来ようない。

そこで終われば良いが、上記の「つぶやき」のような人が次々と… 色気で、

からかいに! シリアスに、猿のごとく、本能的視線で、相手を見抜く。

それが女の職場。なればこそ、「つぶやき」は、女性の方が遥かに面白く、

下ネタの底が深い。馬鹿の方が多いのは今さら。されど女性は少々馬鹿が良い…。

 振り返れば、そこは大河の濁流。何故か私は、笑っていた。いや笑われていた。

そこは笑い返すしかない、笑いだった?それも今では同じこと?

アルバイトをしていたら、見ていた子供から「子供の頃の夢は何だったの?」

と聴かれた。(女・20歳)> シリアスで、情けなさが直に伝わる。でもね、

「そういう経験こそ、料理の塩加減になるところが人生」の内なる声も聞こえる。

・・・・・・

5747,なぜ本を読むといいか? 〜8 :マタイ効果 

2016年12月09日(金)

           <本を読む人だけが手にするもの>藤原和博

   * マタイ効果 〜アジャ・パー

 今さらだが、現実社会の実態は弱肉強食の冷酷な世界。住宅地も、歴然と

高級住宅地と下町が分かれている。都会だけでなく、地方も然り。世の中は、

不自由・不平等・憎しみで満ちているため、逆に、<自由・平等・博愛>が

叫ばれる。それも家柄、富で何世代も引継がれ、富める者には富が集まり、

貧者は互いの足の引張りあいで貧しくなる。これが一度、貧者に陥ると、

元に戻るのは難しい。 だから万一の備えが重要。人生が、それを教える。

  〜「マタイ効果」をネット検索をすると、以下のとおり〜

≪ マタイ効果とは、富める者はますます富み、奪われる者はますます

 奪われるという現象です。例えば、面白い情報がたくさんあるところには、

利用者がたくさん集まり、人が集まればその人達に知って欲しい情報が更に

集まってきます。逆に情報が少ないと、人は集まらず、人が集まらないから

情報が更に集まらず、寂れてしまいます。雪だるま式の効果を良い方向へ

回転させることを考えるべきです。仕事のできる人に仕事が集まってくる

現象で、経験が増えるからますます仕事ができるようになり、良循環になる。

だから「仕事は買ってでもせよ」と言われるわけです。それを仕事の中で経験

することが一番人生経験に役立ちます。幸福な人はいつもニコニコしています。

その結果、善人にみえるので人から好かれ、他の多くの仲間が合体して、より

いっそうの地位を固めていきます。厄介なのは、一歩進み始めたマルビとの

コースは、なかなか変更ができないことです。こうして階層の分化が進行して

いきます。この言葉は人々の間での階層分化とその拡大再生産のメカニズム

述べています。 ≫

 ――

▼ 『貧すれば鈍する』で、経済的余裕、お金が無いと心まで鈍くなる。

 そこで踏んばって『窮すれば通ず』、極限の立場になると知恵が湧出て活路

が開けることがある。『火事場の馬鹿力』『窮鼠猫を噛む』が、これに近い。

科学技術の進化が、ネット社会情報端末を飛躍的に及ぼし、マタイ効果を

拡張、加速させる。2045年が、人工知能の進化の特異点になって、世界が

一変する可能性があるという。極々、少数の天才が、世界を支配する日である。

最近、シネマで、その類の物語を見たが。 マタイ効果が現れ出ている現実は、

何ともいえない味がする。 味はパッ いや、 アジャ・パー ですか。

 世間とは、アジャ・パーというと、味わい深くなる。 ったく!

・・・・・・

5382,閑話小題 〜2階建オープンバス

2015年12月09日(水)

   * 2階建オープンバス

 家内が義妹とディズニーランドに遊びに行った二日目の昼頃に、東京駅近くで

オープン2階建バスをみつけ、空席が残っていたので、50分で1600円と手ごろも

あって、乗車した。その車上からの都内遊覧が、何とも優雅。ビューポイント

のガイドは運転手がするが、それで充分とか。分かっていたら、先週の土曜夕方の

同級会の前に一時間早く上京し、乗っていただろう。これも幾つかのコースが

あるようだが、これは御のぼりの時間つぶしのチョイ観光に丁度良い。

東京の一極化と地方の格差は更にすすむ一方。 年1〜2回の上京なら良いが、

住みとなると別問題だが。母校がセカンドステージの1年間の大学生?を募集

しているが、関東圏なら入学するが、週に三日間の上京は、腰痛持ちでは無理? 

   * ISのテロが、本格的に世界各国に飛び火

 アメリカも、カルフォルニア無差別テロで、ISによる世界各国のテロが

本格的になってきた。ことの本質は、地域間格差と人種格差による差別問題。

それとオゾン層破壊と温暖化による砂漠化による貧困化が格差をよび、テロに

結びついている。特に露骨な格差社会のアメリカはテロの温床として、一度

飛び火を始めれば、延焼は避けることが不可能。その意味で、この数ヶ月、

続いているトルコ、パリ、ロシア旅客機の爆発テロ、アメリカの乱射テロは、

大きな転換期の象徴になる。恐ろしいのは一匹狼型のテロ。二年半前の

ボストンマラソンの爆発テロも、周到に計画された二人による、そのテロ。

 これは、テロという手段のゲリラ戦。それが、日本を含めた世界各国で、

日常的に起こる危険に晒されることになる。国対国の大戦から、一匹狼による

ソフトターゲットに対するミニサイズのネットゲリラ戦トレンドとは!

これ、考えてみれば、宗教戦争? 文明の相克である。

・・・・・・

5017,幸福優位7つの法則 −7

2014年12月09日(火)

    【幸福優位7つの法則ー幸福と成功の意外な関係】ショーン・エイカー

  * 法則6: 20秒ルール

 森(現役)から、サバンナ(御隠居)の生活に移動するについて、まず考えた

ことは、ウツ対策。そこで、毎日の習慣を、更に厳格にする実行することにした。

< 4時起床。この文章の修正と完成、アップの後、一時間のミニサイクリング。

 9時から11時半まで、読書と、ブログの下書き。

午後からは、スポーツジムポタリング図書館、テレビなど自由時間にあて。

17時から20時までは、居間で食事やテレビなど。そして20時過ぎに就寝。>

 20分ほどの誤差は出るが、ほぼ毎日この日程である。我ながら真面目だが、

習慣(日程)は第二の天性と信じ、このパターンを続けている。この20秒

ルールを、早速、取り入れたが、早朝など、寒さで布団から出れない時、

ピッチャーから投球を受け、制限時間20秒以内の投球動作のイメージを持つと、

何故か不思議に行動に移れる。コツはキャッチャーが球を渡すタイミング。

  ー要点を纏めるとー

≪ 私たちは「単なる習慣の塊」。そして、習慣は「初期設定」を変更しないと

 変えられない。そして初期設定は、一番楽なこと、に集約されていく。

著者はギターが趣味だが、忙しくて弾く機会がなかった。そこで一念発起、

「毎日30分ギターを弾く」誓いを立てた。 習慣が身につくには21日かかる

研究結果から、21日分のカレンダーに?マークをつけることを想像していたが、

その計画は4日で頓挫。そこで、著者が学んだのは、[一番の問題は、「ギター

ギターケースに入れられ、リビングソファーから歩いて20秒かかるクローゼット

にしまってあること」] そこで著者はギタースタンドを購入、ソファーの座る

位置から手が届くよう配置したところ、21日後に著者は、?マークが21並んだ

カレンダーと、ちょっと上達したギターテクニックがついたという。 

この二つの事例の違いは、クローゼットまでギターを取りに行く、20秒しか

かからない行動の「面倒くささ」が習慣化を拒んでいた、ということ。 

重要なのは、「望ましい行動」を「最も抵抗の少ない道にする」ということ。

 著者は正反対の実験へと自らを進める。彼は帰宅後にだらだらテレビを観て

しまう習慣を何とかしたいと思いつつ、やめることができずに、オフィスから

自宅に戻ると、リビングテーブル上にあるリモコンでまずテレビのスイッチ

を入れてしまうのだ。そこで、テレビのリモコンから電池を抜き、リビング

から20秒かかる部屋の引き出しにしまい、代わりに積ん読の本を自分が座る

位置に置いた。もちろんギターも手に届く場所にある。当初は、帰宅すると、

電池が抜いたことを忘れてリモコン操作してガッカリしたが、そこで引き出し

まで電池を取りに行ったか? 面倒だから行かないのである。立ち上がって

テレビまで行って操作するのも面倒だと。その代わりに、すぐそばにある本を

手に取ってパラパラめくったり、手許にあるギターを弾いて時間を過ごすよう

になった。著者は、テレビ番組に対する興味が薄れている自分に気づいた。

そしてその代わりに読書とギター練習という、より「望ましい」習慣を

身に付けた自分を発見した。≫

▼ 老齢化には、これは有効に働く。とにかく、億劫になってしまうが、

 ピッチャーの20秒以内の投球制限のイメージを持って次の動作に移る

習慣化は、有効になっている。これは実際に回数を重ねるしかない。で、

「大リーグで、来年から更に厳格に実行される」とニュースで報じていた。

・・・・・・

4650, 老後の生活破綻、そして死 ー3

2013年12月09日(月)

     「老後の生活破綻 - 身近に潜むリスクと解決策」西垣千春(著)

  * 健康面から見る、高齢社会の現実

 ー健康面から、高齢社会の現実を要約するー

日本人の要介護期間は平均約七年と、2008年にWHOより報告されているが、

軽いものを含めると十年前後。介護を要するきっかけは、脳血管疾患が最も

多いものの、認知症や老衰、関節疾患、骨折・転倒とばらつきがある。認知症

老衰、関節疾患の多くは緩やかに進行するが、脳血管疾患や骨折は突然起きる

ことが多く、生活の急変をともなう。65歳以上の死因別死亡率は、約半数が

心疾患、ガン、脳血管疾患の三大病で亡くなっている。後期高齢者は増加すると、

肺炎や、老衰で亡くなるものが増える。注目するのは、不慮による事故による

死亡が死因の6番目にあること。 交通事故、入浴中や、転倒によるもので、

予期せぬ人生の終末は、周囲のものにとっても後悔を残す。

60歳以上の自殺者は、全体の3割を占めている。

55〜65歳で三番目の死因が自殺。

高齢者の自殺原因で、健康問題が半分、経済問題4分の1が動機になっている。

まずは、ウツになり、それが自殺につながる。目先に迫ってくる死の影に慢性

の鬱症がつきまとう。 恩師、上司、同年代の友人、配偶者、時には子供の死

などが身の回りに次々に起きて、周りのつながりが、どんどん減る。さらに

体調が悪くなり慢性的に不調を抱え、収入も減り、医療費の支出が増えたりして

経済的に不安定になる。それらが増るのに対し、鬱憤を晴らすチャンスが減る。

それが自己否定になり、生きている意味を感じられなくなる。高齢者の自殺の

6割が健康問題。その中で、ひたすら峠を歩くことになる。・・・ 》

▼ 峠からみる下界も時に美しく光り輝くこともあるが、人間の肉体は生もの。

 時間とともに、腐っていくのが老いであり、病気である。それをカバーする

には、運動と読書と趣味の深耕を続けること。その気力が衰えれば、思い出の

宮殿に入るしかない。欧米の公園で年寄りがボンヤリ座っている姿は、思い出の

宮殿の中にいる抜け殻の姿。50歳代で、数人の友人が亡くなったが、老いの

経験をしないで済んだプラス面もある。としても、長く生きたい。

特に、これから10年、厳しいが面白いはず。眺めは良いが、風は冷たく強い。

荷物を一度下ろして、思いきった整理の時!

・・・・・・

4285, 閑話小題 ー痴呆老人?の罵声

2012年12月09日(日)

  * つれづれに ー痴呆老人?の罵声と娑婆

 最近、近所で徘徊している?80歳過ぎの痴呆のような老人がいた。

一年前から2〜3回見かけるが、服装は普通だが何か変。一月以上前になるが、

駅に向かっていたところ、その老人が突然、7mほどの道路の反対側で並列

状態で歩いて大声で喚き出した。私を罵倒しているような、しかし何を言って

いるか意味不明。見ると目をさける。100mほどすると、そこは土手で民家

が無くなる。恐ろしくなったのか、少し離れて更に大声で喚いていた。

汽車時間がギリギリだったので、通り過ごしたが、列車に乗ってから急に腹が

立ってきた。帰った後に警察に相談に行って「収容をしないのか?」というと

「無理」。それと「言っていること自体が本当かどうか?」と。実は痴呆でなく、

私の現状を近所で聞きかじった「寂しい老人性欝病者の鬱憤ばらい」か、

など考えてしまった。それにしては異常な怒りかた。上下の黒スーツ

ワイシャツ、14時からして、「近所の孤独死をした老婆の49日法要の

帰りで酒が入った勢いか?」と仮説を立てると、怒りは増す。

「怨みの時代」の一現象だろうか、何だろう、これは。 私の事業整理は内情を

知らない人からすれば計画倒産そのもの。 私には外海の大津波(金融恐慌)

が内海に向って押し寄せているのが実感できるので、この事業整理には割り

切りが出来ている。しかし倒産にしては、今でも自宅に住み続けているし、

大型車はそのまま。(20年乗った査定ゼロ車など知る由もない)毎日、何処

かに出かけ、それまでと変わらない生活。誤解され罵倒されても仕方ない状態。

その上、旅行バックを持っていれば・・ あれは軋轢のあった地元の人の罵声を

代表したと思えば、一つの具象として分かる現象。シラミの世界は、こんなもの、

真当に生きれば当然!と、納得するしかない。地元に住む限りは半年に一度は、

と割切っているが・・ ゾンビ?は無感覚で襲いかかってくる。 

私が「死にぞこない!」と怒鳴り返せば大打撃だろうが、痴呆老人との言い争い

レベルに下がる。でも、面白い? あの怒り、色いろな顔を思いかべ当てはめる

とドレもコレもピッタリ。その数の多さに今さらの感がする。神様は丁度良い

タイミングにボケ老人を遣わし、忠告したと感謝するしかない。 ここで、

アメリカ、中国、韓国、そして日本の選挙と政権交代が進行中。 変動期には

何かが起こる可能性が大きい。株式・国債相場の暴落か戦争を機会に世界経済は

恐慌に入る。ある朝、突然に始るが、それを境に想像を遥かに超えた日々になる。 

特に経営者は厳しい。それより何気なく病院で検査を受けた結果が、

死の病の宣言!の方が、よほど恐いか。人生は喜劇、かつ悲劇。 

2018-12-08 閑話小題 〜理想は、72〜3歳で余命3年と…

[] 06:17 閑話小題 〜理想は、72〜3歳で余命3年と… - 堀井の「居間 客室 読書室」 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20181208061645j:image

   * 理想的な死に時てっさ…?

 歯医者は仕方がないとして、年一度の検診を止めて10年以上になる。

その時、75歳を死期に設定し、プラマイ(±)3年で、あとは自然死にすりゃ

良いさと…。 としても、イザとなると慌てふためき、後悔して悶え死ぬのが、

『死』である。先日、東京の同級会での隣席の人が、『膵臓がんで。3年前に

ステージ3で、余命3年の確率10%、1年が3割と宣言されて、この1年で、2度、

転移手術をして、現在に至っている。』と何げなく語る。その時、自然に出た

言葉が、『自分にとって理想的な死に方は、余命3年と宣言され、4年で75歳で

死ぬと思って、この10数年、生きてきた。羨ましいよ!』と… 励ましを込め

語ると、何かハッとしたようだった。まだ他人事だから言える言葉。まずは、

目先を最善を尽くし一日を味わい尽くすしかない。75歳を死期にした私自身の

問答でもあったのが、そのまま、首元に突きつけられた問題である。今年も

終わろうとしているが、なにはあれ病院に行かないで済んだことが、今年の

最大の収穫。 その時からプッツンまでの間に、一生を生きるというが、

私の生涯で、良かったこと6、悪かったこと1だった、そのままを圧縮されて

覆いかぶさってくるなら寧ろ興味がある。昨日今日と、アフリカサバンナ

の夕景の写真をネット上から選択したものだが、これが現時点の私の「死界」

イメージ。地獄も天国も、現世、それも、過去録にある。それに基づいて、

近づき、至高体験として味わうのは自分でしか出来ないこと! 

「求めよ、さらば与えられん!」 それも至極上等な光を求めて。

 そのバカの壁を乗越えて、光を観に、さあ行かん。 

『…アフォか!』 

  『どっちが?』 

『…どっちも!』 

  『どうでも良いんじゃない?』

『…どうでもよくない!』

  『良かったでしょ?』

『…良かった! 実に良かった』

  『楽しそうだったよ!』

『面白くて、楽しくて、嬉しくて、哀しくて、苦しくて!』

『すべてがオボロでさ?』

  『どうでもいいことに拘って、クヨクヨしてね…何度も注意をしたよ!』

『それも娑婆の味わいと気づくに、生涯掛かってしまいました!』

  『霊的自己問答だね!』

『自分でも、気味が悪いよ!‘御向かい’が来そう!』

  『じゃあ、さいなら!』 『危ない危ない!』

 〜この続きは、気が向いたら再び!〜

ところで、去年の「つぶやき」と、3年前の脈絡が丁度よく繋がる。 

 …そういうこと!

――――

6113,『今日のつぶやき』 ー読書日記

2017年12月08日(金)

           『今日のつぶやきリリー・フランキー (著),

                    ロックンロールニュース (著)

   * 「つぶやき」の力

「初めてエッチしたとき、ウンコが逆流したら、きっとこんな 感じだろうな

 と思った」(女のつぶやき 匿名希望) 

図書館の返却コーナーで見つけ、ここを立ち読みをして、何で?と思い、暫く

して思わず吹き出し借りてきた。 自然に出た「つぶやき」なればこそ、

言葉に不思議な力がある。女でなればこそ、男は無理。いや… いるか? 

詳細は各自が考えて。 「まえがき」の冒頭からしていい。

<言葉でも、思考でもなく、その中間に位置した心の無人駅のような場所から、

 つぶやきがやってきます。のども通らず、脳さえも通過してないところから、

つぶやきは吐き出されます。…「本日定休日」の札を眺めながら「俺が来ると、

いつも閉まっている……」 むろん、店が悪いわけではない。定休日なのです。

本人は、つぶやきが、声になっていることさえ気づかない。誰にいうでなし…

 …そう、人は言葉にしなくとも、常に何かをつぶやいています。つぶやきに、

恥じらいもモラルも、気づかいも、自尊心も悪意もない。故に、赤裸々です。>

 リリー・フランキーブログに毎日、一般人から投稿される脱力つぶやき

並べた本。どうしても、下ネタが多くなる。特に女ものはシリアスになる。

  〜まず目だったつぶやきより、

「挿入しながら別れ話」

「脱童貞。即性病」

「明日からがんばろう」

「初めてのグリーン車。なのに隣がヤクザ」

「家の中で気配を感じて振り返ると、サボテンが置いてあった」

「彼氏から「オマエ彼氏いないの?」って聞かれた。

            (セフレだったの?・埼玉県・29歳)

「騎乗位でギックリ腰」(女のつぶやき 寄る年波・36歳)

▼ これを書き写してながら独り、「朝っぱらから、何だ!」のつぶやき

 4月〜11月の早朝の自転車上で、声こそ出さないが、独りつぶやいている。

平日のNHK・BSのゴールデン・タイムに、数年前から、朝昼晩の3回も、

日野正平が全国を5人のチームを組んで、「NHKの印籠」を持った水戸黄門

ごとく、自転車で駆け巡る番組を放送している。三カメの5人を含めると合計

10人になる。 その一つのカメラが自撮りカメラ。その「つぶやき」が、日野

正平目線の世界に視聴者との同化に誘う。休憩の小さな店での食事風景が様に

なっている。 日々、刻々変化している景色と、擦れ違う人達との交流と、

無意識から出てくる「つぶやき」が、日野正平の内面世界に引込んでしまう。

 早朝、この文章を書上げ、ネット上にアップ。 その直後に出発し、独り、

自転車で鳥の鳴き声を聞きながら信濃川の土手を走っていると、至福な世界に。

そこで、溜まったマイナーな毒素を吐き出すイメージを持つ。これを8年、散歩

を含めると40年近くになる。これに海外ツアーと、読書習慣が加わる。

そうでもしなかったら、遥か前に、自滅をしていたのだろう。

で、私の今日の「つぶやき」は、「何じゃ、お前は、ったく!」

 <「お前は」には、他者とこれまでの自分を含む> で、

  「まっ、いいか!」

・・・・・・

5381,閑話小題 〜70歳の峠は −?

2015年12月08日(火)

  * 都会の同級会でなければ聞けない話題

 東京の同級会も終わって、日常に逆戻り、平凡な日々が始まった。

大学の同級会では、地方では聞けない面白い?話題が幾つかあった。 

東京は大都会。16人それぞれの5分間スピーチが刺激的である。

過半数以上が、息子、娘が30半から40歳を過ぎようというのに、

結婚しない愚痴が、多かった。その中で印象に残った話題から・・

・「嫁が東欧系のルーマニア人。そこは東欧で最貧民国で、容姿は良いが、

 貧しい国の出身者は、心も貧しい。 アジアならフィリピン、韓国、

 インドネシア。東欧なら、ハンガリールーマニアポーランドなどが、

 貧しく、人間性まで問題あり。」と舅目線の悲痛な叫び。

・息子が結婚したが、結婚式をあげない。 で、「どうして?」と聞くと、

「仲間内で誰もしないし、お金が勿体ないから」という。 また、知人に

 冠婚葬祭の関係者がいるが、最近扱った200組の結婚式で、一組も仲人

 を立てた式がない。時代が変わり、「家制度」が、根底から崩れたのか。

・この数年間、商売が持ち直していたが、今年になって、変調の兆しが・・

 来年は、この数年来の反動がくるはず。商売を止めようか、思案のしどころ。

・白馬でリゾートホテルを経営しているが、その7割が、オーストラリア人

 スキーに対し、異常なほど興味を持っている。それでも不景気不景気

セブンイレブンフランチャイジーを千葉で開業している。 妹と、同級の

 A君の奥さんが姉妹で、A君と親しかったこともあり、上京してきた妹を

 紹介され結婚。 その後、A君が開業をしたのをみて、それまでの商売

 からセブンを開業した。 店の売り上げは、全国平均と同じ67万円。

 息子が継いでいるが、奥さんは、何処か大手の会社のキャリアもあり、

店には入らないため、今でも手伝いに入る。年収は、家屋敷が自前もあり、

 優に?2千万円を超えている。

▼ それぞれの人生が、さまざま垣間見れて面白い。地方だと、赤裸々の

 内わけ話は、出来ないが、都会だと、普段の生活に関わりが薄く、

 平気で内内の話が出来るから、面白い話が聞ける。

・・・・・・

5746,なぜ本を読むといいか? 〜7

2016年12月08日(木)

        <本を読む人だけが手にするもの>藤原和博

  * 確実によい本に出合う方法はあるのか?

 本の選択能力を磨くには、どうしたらいいか。

“どのよんなジャンルでもいいから、数にあたることが大切”と著者はいう。

あたり前のことだが、その中で、著名人の読書指導書を、何処かで読んでおく

べきである。ツボを心得ているかどうかで選択肢が変わってくる。

それ以前に、あらゆるジャンルの絶対量の読書が必要になる。

 〜その辺りを、第5章に具体的に述べてある。

≪・“こうしたよい本に出合う機会は、当然のことながら、読書の量を

 重ねれば重ねるほど多くなる。「これだ!」という本を数えたことがない

から確かなことはいえないが、私の場合、おそらく300冊ぐらいだろうか。

300冊という数字だけを見れば多いかもしれないが、それでも3千冊読んで

の300冊だ。9割の本は、私の感性には引っかからなかったということ。

でも、それで損をしたとは思わない。無駄な本に出合わずに効率的に本を選ぶ

ことなど、どだい無理だと思っているからだ。

・また、他人の脳のかけらをつなげて新しい視点を獲得したいと思うならば、

自分には相場観のないジャンルや著者の本を手に取ることも大切だ。相場観を

持たない世界では、だれだって効率もクソもない。全く外れになる可能性も、

おおいに歓迎しよう。そのリスクを取ることで、リターンが得られるのだから。

・大事なので、結論を繰り返す。

本当に自分に必要な本と出合いたいと思う人には、「乱読」の習慣化をすすめる。

予想もしなかった考え方に出合ったり、本を介して未知の人物との遭遇が将来

起こる可能性もある。その化学反応は、読む前にはわからないことが多い。

本に即効性を期待する人もいるが、私は違うと思う。

本1冊の値段は文庫本で500円前後、新書で700円〜900円、単行本

1300円〜2000円程度である。買ったうちの9割がダメでも我慢できる。

外れる確率は高くても、偶然の出合いがあるほうが、よほど面白い物語に

なると思う。それは人生における人間との出会いと変わらない。 人生における

偶然の素晴らしい出会いを、効率的に設定することなどできはしない。

本との出合いも、同じなのである。数をこなそう。≫

――

▼ 現実の体験や読書評を連日書いてきたが、一つのテーマに対して、

 その選定から、起承転結をマトメルに膨大のエネルギーを入れている。

文字の認識度が低いためである。子供の頃から漫画が好きで、絵からの

認識度があるが、読書脳は希弱のベース。 まして、文章化など・・ 

 それに気づいたのが学生時代。それを取り戻す為、毎日2時間以上の読書量

の確保と、日記と、メモを小まめにとることにした。 で、辿りついたのが、

ブログ、この雑記帳的随想日記である。 大学を卒業直後、何か足りないと

気づき、一年間、独学に近い状態で、産能大学で遊学。フィールド(現場)の

情報を効率よく残すには、如何すべきか? そこで得たのが、記録方法。

この随想日記の原型の方法、カード日記である。それも、大型カードに、

記録を残し、日付を入れて、毎日、得た知識のカード化。新聞切抜きは、

それを二枚重ねホチキスでファイル状にして、カードに挟んで茶封筒に入れる。

 ところが、これに問題が生じてきた。そうすると、最少単位のテーマ

二度と見ることがなくなる。その弊害が、その習慣の自然消滅の原因になって

しまう。 現在のブログに、毎日、同月同日の文章をコピペをしているのは、

かって書いた内容を、一年に一度、目を通す為である。また、ブログ内検索で、

思い出すキーワードで過去文を瞬時に引出している。実際、この随想日記は

私には非常に有効なシステムになっている。「私は無能で、遊び好きで、怠け者」

と自覚しているため、習慣化という第二の天性を多く重ねるしかないことを、

人生で学んできた。 他者の冷たい蔑視に、殆ど気にしないでいられるのは、

<少し離れてみれば、所詮、石の形、大小が違えども、砂利、砂でしかない> 

 を自覚しているため。 良質の量の増加は、質の自然変化を促す。それも、

 砂利の中の比較世界の話、アフォと、パーの違い。

トランプクリントン女史の討論を見れば、自明? 韓国の女子たちも然り。

すると、安倍・麻生コンビも如何だろう?と 自然考えてしまう。・∀・)ニヤ

                              娑婆!                 

・・・・・・

5016,幸福優位7つの法則 −6

2014年12月08日(月)

  【幸福優位7つの法則ー幸福と成功の意外な関係】ショーン・エイカー

 * 法則:ゾロ・サークル ―小さなゴールに的を絞り少しずつ範囲を広げる

 面白い法則である。私の場合、それまでのサークルの外に、飛び出すステップ

そこで、まず自分の周囲に円をひいて、サークルつくり、直面する問題に真正面

からぶつかってきた。その前に、何となくイメージをして、その実現のため、

具体的手順に入っていった。そこに一歩踏み出すと、具体的問題、難問が、次々

出てくるため、ひたすら、真正面から全身でぶつかるしかない。それが、いつの

間にか技になっていく。恐ろしく辛いが、これほど真剣勝負で面白いこともない。

そのプロセスを、冷笑している人たちの気持ちが、面白いほど見えてくる。

ゾロ・サークルを、少しずつ大きくするのは大変だが、一歩飛び出して、ゼロ

から、一人で、自分の周りに新たな線引きをするのも、孤独というより、孤立業

になる。その実践をし、最後は、自分で尻拭きまでした経験そのままを述べる。 

 ー以下の切り口は、新鮮で新鮮で面白いー

≪ 現在のアメリカ南西部がスペインに支配されていた時代、「ゾロ」という

 仮面をつけた英雄が出没していた。彼はアメリカ古典的ヒーロー。毅然と

して、礼節をわきまえていた。しかしゾロの物語には、あまり知られない部分

がある。最初から勇敢な戦士ではなく、性急で、忍耐や規律という面で荒削り

であった。 その無力さで挫折をいていた彼の前に現れたのが、老剣士、

ドン・ディエゴ。老剣士は、アレハンドレに、熟達と勝利は、「努力と時間」

によってのみもたらされると言って聞かせ、徹底的に鍛え、一人前にしていく。

 その時の訓練手法が「ゾロ・サークル」。小さな円を彼の周りに書き、

その中で自在に闘えるよう鍛練をする。そして自在に闘えるようになると、

円を大きくして、さらに難しい技の訓練していった。ここで重要なのは

「コントロール感覚」だ。問題は、一番初めの小さな円内から習得しなければ

ならなかったこと。この「コントロール感覚」は、ストレスも仕事量も、自分

の能力を超えると、真っ先に失われてしまう。仕事でも家庭でも、とりあえず

努力する範囲を小さく狭くして、その努力が意図した通りの効果を上げていく

しかない。「コントロール感覚」、つまり、自分が自分の運命の主人公である

という感覚が、幸せと成功をもたらす最大の推進力となる。この時、重要なの

は、その人が実際にどれぐらいコントロールできるかではなく、

その人が「どれぐらいコントロールできると思っているか」である。

この感覚が身についている人は、自分の成果を正しく認識できる。これを

「内的統制感」と呼ぶ。逆にコントロール感覚が身についていない人は、

自分を正しく認識できない。そのコントロール感覚を身につけるに、まずは、

「正しい自己認識」という、一番小さな「ゾロ・サークル」を作ること。

そのためには、自分の気持ちや感情を、ネガティブなのもポジティブなのも

書き出したり、人に話すなどして、客観化すること。実験で、ひどい落ち込み

から一番早く回復する人は、自分の気持ちを認識しそれを言葉で表現できる人。

 まず自分の感情を把握してそれを言葉にすること。そしてそれができたら、

自分以外のビジネス人間関係などにゾロ・サークルを広げていく

ステップを踏む。・・ ≫

▼ 三年前の時には、さっそく、「節目時に」をテーマにして書いた。

 そして『自己を見つめる』という本を借りてきて読書日記を書いた。

これは正しい自己認識をするため。『自分の居場所のみつけかた』

ユング』『哲学人』『ツレがうつになりまして』や、老いに関する本

を熟読し、その感想文も、書いていた。 ところで最近では、死と、

老いの関するのが多くなっている。

・・・・・・

4284, 閑話小題 ー毎年、100万人が定年退職

2012年12月08日(土)

    * 毎年、100万人が定年退職

 団塊の世代が今年から100万人単位で定年で退職をむかえている。大よそ

5〜6年として500万人以上。退職後に家では古女房が待ち構えていて、

日が経つにつれブツブツ小言が続く。 定年退職後、会社組織から開放され

自由になったら、今度は家で古女房が束縛してくる。大きい家ならまだまし

だが、小さなマンションなら身の置き場がなくなる。趣味の一つや二つも

あればよいが、趣味を持っているのは女房の方。成るほど粗大ゴミ、産業

廃棄物とは、よくいったもの。今までは、仕事も家庭の憂さも外ではらせたが、

年金暮らしで小遣いは激減。逃げ場は、公営のスポーツジム図書館

家で愛想良く相手にしてくれるのはペット位。月に1〜2度、馴染みの居酒屋

で似たもの同士が噂話で他人の誹謗と古女房の悪口。それなら、まだ良い。

前の会社のOB会とかの飲み会で昔の自慢話か愚痴。

万人に当てはまるので、この辺りで止め!

  * 昨日で、結婚39周年

 昨日で結婚39周年になる。当日に大雪が2mもあり、結婚式が遅れたこと

を思い出した。結婚相手と仕事の選択で人生の大方が決まってしったと思い

知らされる。互いに首輪をつけ、相手のゴム紐を持ち合い拘束しあう、それを

夫婦愛というらしい。が、そのゴム紐と首輪が年齢とともにジワジワと互いを

絞めあう。 とはいえ独り暮らしというと、これもまた厳しい。老いるほど、

それは増す。現在、色いろあって自宅名義が家内になり立場が逆転。

ことあるごとに居候扱い。で毎年、昼か夜、外食をしていたが、

飲み会もあって、今年は無し。

  * 不気味な雰囲気だが

 この16日と19日の日韓の総選挙で今年の世界各国のトップ交代が終了

するが、これから二週間が危ないのでは? マヤ暦では2012年12月21日

人類滅亡?の日といわれる。信じてはないが、タイミング的にみて不気味。

* 自民党大勝という選挙予測が出てきたが

 自民党の圧倒的大勝の選挙予測が出てきた。これでは前回の民主党の大勝

をさせた同じ失敗を繰り返すことになる。小選挙区制の欠陥で致し方がない

としても、大勝は良くない。連立政権の方が土建屋政治の後戻りを阻止する

力が働く。この予測も自民圧勝阻止を狙った何処かの国の情報操作の可能性

もある。 思いの外、石原・維新が伸び悩んでいる。当初の勢いからして、

もっと勝ちそうだったが、これも終わってみないと分らない。 

北のミサイル尖閣列島にでも打ち込めば選挙に大きな影響を示すだろうに。

もしミサイルが再び失敗したら、どうなるのだろう? 体制崩壊もある。

2018-11-30 閑話小題 〜下ネタABC、そしてDEF

[] 06:11 閑話小題 〜下ネタABC、そしてDEF - 堀井の「居間 客室 読書室」 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20181130061113j:image

   * たまには下ネタを… 

 下ネタと、旅の話は、なかなか難しい。生々しい話を、あっさりしたした

内容にしなくてはならないため。下ネタについて、母親から「具体的な話を

してはならない」と硬く禁じられてきた。それを欧米人が、一度、ブラック

ジョークの架空の話として楽しむ文化があった。そこには知的センスが必要。

 過って若い娘たちが、彼氏との関係の深さを暴露しあう?言葉の隠語として、

『ABCの、どこまでいった?』の言葉をドラマなどで聞いてから30年程経過する。

面白そうなので、<下ネタABC>で検索すると、これがなかなか。

 さらにDEFがあるそうな! いやzまで…。 

 ――

≪ 恋愛のABCは、「彼とどこまで行ったか?」という男女の関係性の深さを表す

 隠語のようなもの。 最もスタンダードな恋愛のABCは下記のような意味がある。

  A:キスをすること

  B:ペッティング(エッチの前段階までの行為)

  C:エッチ

下ネタなので、それを分かりやすく、話しやすくすることができる恋愛ABCは、

1980年代に生まれており、徐々に世の中(当時の若者を中心に)広がっていきた。

80年代は不良用語が流行った時期でもあったので、不良の少年少女が用いる言葉

としてABCで恋人との関係を表すことが流行ります。

 その後、アイドルの沖田浩之『E気持ち』という流行曲がヒットしたことで、

一般にも広まるようになりました。隠語とはいえ、世の中に広く知れ渡ったのは

ネットもない時代にスゴいなぁ…という感じですね。

 ただ、今ではABCやペッティングの意味を知らない人がほとんどではないか。

恋愛観も世代によって変わるので、ずっと語り継がれる言葉ではなかったことが

わかります。

・ABCの純粋な続きとしては、下記のようなものがあります。

  D:妊娠すること

  E:結婚すること

  F:家族になること

 地方によってDEFの意味や順番が違うこともあるようですが、おおよそ上記

のような意味で通っています。また、「Z」はアルファベットの終わりなので、

何かしらの「終わり」を表す言葉が意味としてついたようです。    ≫

ーー

▼ 考えてみれば、手っ取り早く「H」、いや「C」から入る…のが自然?

 遣り逃げ?があるから… 問題は相手の見定め。家庭内離婚を含め9割は破綻し、

緩やかな不幸が生涯続くのが実態? でも、しないより遥かに良い?のが結婚。

今では男女別なく「B」だけを好む傾向があるとネットにあったが、成るほど。

早々に結婚し『君を愛す』より、「B」を広く遊んだ方が楽しい? 性格と相手

によりますが?<もうぞう同士が、妄想で結婚、夢破れて9割になる>で、… 

                              ー終わり

 〜次回は、「恋のHIJKとは?」に続く…   

・・・・・・

017年11月30日(木)

6105,閑話小題 〜夕陽は‘日の名残り’色

   * 「夕景の美しさ」について

 カズオイシグロの『日の名残り』で、

<夕方がいちばんいい。わしはそう思う。みんなにも尋ねてごらんよ。

 夕方が一日で一番いい時間だって言うよ。>の言葉が印象的だった。

暗闇色の漆黒と残照の赤褐色の色合いが、生と死、そのままを現している。

 夕景といえば、世界各地の日没の輝きを目の当たりにしてきた。

その感激と感動そのままを描写した幾つかの文章と、夕映えの写真も数多く

見てきた。 学生時代に読んだ船舶王・オナシスの自伝に一場面。 

 死期を悟ったオナシスが、ギリシャのエーゲ海にある故郷で、夕景の中、

幼馴染と酒を飲みながら昔を偲び邂逅し、涙ながらに踊る場面が今でも強く

心に残っている。最期は、愛人のマリヤカラスでなく、妻のジャクリーン

でもなく、幼馴染との魂の邂逅に涙を流す… 

 エーゲ海の夕景といば、サントリー二島と、ミコノス島の夕景が絶品。

夕陽が大自然自身の魂そのものを写しだす瞬間である。魂の故郷とは、

『幼児期の想い出』と『両親の温みの感触の想い出』である。 

  

   夕陽の詩では、八木重吉の詩が良い!

 

  ゆう焼をあび 手をふり 手をふり 胸には ちさい夢をとぼし 

 手をにぎりあわせてふりながら このゆうやけをあびていたいよ  

                         〜『夕焼』より

  あの夕焼のしたに 妻や桃子たちも待っているだろうと 

 明るんだ道をたのしく帰ってきた         〜『夕焼』より

  ゆうぐれの陽のなかを 三人の児が ななめの畑をのぼってゆく 

 みていれば なきたい            〜『ことば』より

  

  私は、友が無くては、耐へられぬのです。しかし、私には、ありません。

 この貧しい詩を、これを、読んでくださる方の胸へ捧げます。そして、

 私を、あなたの友にしてください。      〜『「序」秋の瞳』より 

☆ 孤独の際から叫び出ている愛と孤独の絶叫の詩。 夕景は切ない!

 死と生の刹那そのままが、景色に反射するからである。八木重吉だったか、

は忘れ、かつ不正確だが、

<夕陽に向かって手が千切れるほど いつまでも手をふっていたいよ>

 の詩が頭によぎる。

【 みじめなということは低きところにおる人ではなくて、

   進むことのできなくなった人です。      〜(八木重吉) 】

 …それでも這ってでも進まなければならない時が、人生に何度もある…

 それも、夕暮れ時には、身につまされる言葉。

・・・・・・

2012年11月30日(金)

4276, 100の思考実験 ー2

「100の思考実験:あなたはどこまで考えられるか」ジュリアンバジーニ(著)

   * ギュゲースの指輪

 印象的だったのは「ギュゲースの指輪」である。

  〜ウィキペィデアに次のようにあった。

≪ カンダウレス王の治めるリュディア国に住む牧人のギュゲースはあるとき

 地震にあった。地震の後に畜群を放している山の手に洞窟を見つけた。

入ってみると中には玉座に遺体が置かれていた。その遺体は金の指輪をしており、

ギュゲースはその指輪を盗み出した。戻ってきたギュゲースは指輪を身につけて

あれこれと探るうちに指輪を内側に回すと透明になって体が見えなくなり、

外側に回すとまた見えるようになることに気づき、悪だくみを思いついた。

家畜の様子を告げる伝令として宮殿に入ると、透明になって后に近づいて姦通、

密謀してカンダウレース王を殺し、位を簒奪した。豪富で知られるクロイソス王

はギュゲースの子孫である、という伝説が当時行われていた。

プラトンは「国家」の談義では兄グラウコンがこの話を引用して

「人は知られなければ悪事を働くのものだ」と述べて、プラトンのこれに反対

する形で「悪事は知られなければ構わないという考えは良心を腐らせ悪しき

結果となる」と述べている。≫

▼ ギュゲースの指輪は、人間の心の奥に潜んでいる不道徳性を試す物語。 

 人にさえ知られなければ、誰も誘惑に駆られ多くの悪事をするが、他人に

なると声高に非難をする。もし、私がギュゲースの指輪を持っていたとしたら、

恐らく何をしでかすか分からない。見せかけの自分と、本性の自分は全く違う

ことは、自分の心を考えれば分かること。「指輪物語」は、これをヒントに

つくられたという。ギリシャの哲学者プラトンが、2千数百年も昔に、この

人間の性を物語にしていたというから恐れ入る。性善・性悪説の論争に似ている。 

若い時には純粋で理想に燃えて社会に出るが、何年もしないうちに垢に汚れ、

何時の間にか良心を腐らた世俗人になってしまう。それを他人には見えるが、

自身には見えないから、その矛盾が直接、自分に跳ね返ってくる。

その結果、精神分裂になり、自分の壁をつくって篭ることになる。

それからして、カントの道徳律は重要である。「仮言命法」としてではなく、

「定言命法」である。仮言命法とは,「もし…なら…べきだ」というもの。

道徳律においても、「人から信用されたいのならば、嘘をついてはいけない」

「早起きは三文の得」などがそれ。それに対して、条件なしに「…すべきだ」

とだけ命ずることを定言命法(無上命法)。 人間、良心に反する行為は、

すべきでないということ。しかし、・・  この「しかし」が、人間を

迷わせる内語になる。悪事は結局、回りまわって自分に帰ってくる。で、! 

・・・・・・

2015年11月30日(月)

5373,楽しむことを人生の目標に 〜�

   * シリアスで、面白い格言

 自虐的な格言ばかりだが、鋭く心の弱点を指摘しているものばかりを、

選んである「面白い格言」集があった。 老いるとは、神の視線で、己の

生涯を振り返る視線を持つこと。そこから目を背け、他人に対して、悪魔の

目線で批判をしたがる。それが老いの厭らしさである。ある時は、神様。

ある時は検事に。ある時は、優しい天使に変身、漂う老境は、寂しい。

≪ ・馬鹿には会いたくないというのなら、まず自分の鏡を壊すことだ。

   〜フランソワ・ラブレー(フランスの人文主義者、作家/1483〜1553)

・もし神様を笑わせたいのなら、君の将来の計画を神様に話してごらんなさい。

 〜ウディ・アレン(米国の映画監督、俳優、脚本家 / 1935〜)

・我々は、幸福になるためよりも、幸福だと人に思わせるため四苦八苦する。

 〜ラ・ロシュフコー(フランスの貴族、モラリスト文学者/1613〜1680)

・人は自分の友に秘密を話すが、その人にもまた友がいるのだ。

 〜トルストイ(ロシアの小説家、思想家 / 1828〜1910)

・母親は子供を男に育て上げるのに20年かかるというのに、他の女性は20分で

 男をバカにしてしまう。〜ロバート・フロスト(米国の詩人/1874〜1963)

・見て見ぬふりして下さい、先生、何年かたてば笑い話ですから。(マーシー)

 人生って買い物カートみたいなものなの!私たちひとりひとりカートを

 もってる、そして世界はスーパーなの!世界はすばらしい物でいっぱい…

 あなたのカートを押して行くのよ、チャーリー・ブラウン! (ルーシー)

 〜チャールズ・M・シュルツ(米国の漫画家、スヌーピーの作者/1922〜2000)

・私を会員にするようなクラブには入りたくない。

 〜ウディ・アレン(米国の映画監督、俳優、脚本家 / 1935〜)

・いとしい女にはあんな長所、こんな長所があると君が信じて疑わないのは、

 ひとえに想像力のなせるわざである。

 〜スタンダール(フランスの小説家『赤と黒』著者/1783〜1842)

・お世辞を言うには金がかからないが、大多数の者はお世辞に対して大金を

 支払っている。 〜トーマス・フラー(英国の聖職者、歴史家/1608〜1661)

・私の一番つらかった戦いは、最初の妻とのものだ。

 〜モハメド・アリ(米国の元プロボクサー /1942〜)

・医者は人間を弱いもの、

 弁護士は人間を悪いもの、

 牧師は人間を愚かなものと見る。

 〜ショーペンハウアー(ドイツの哲学者 / 1788〜1860)

・勇敢の誉れ高い人のなかには、ただ逃げるのが怖かっただけの人もいる。

 〜トーマス・フラー(英国の聖職者、歴史家 / 1608〜1661) ≫

▼ 「お世辞」を、いかに巧妙に言えるかどうかが、知性? そうじゃない?

  ー世界はすばらしい物でいっぱいのスーパーなのー も良い。

 こういうのはどうだろう。《世界は、大都会なの。コンビにも、スーパーも、

百貨店も、高級専門店もある。逆に、下町には貧民街もある。世界は、喜びも、

悲しみも、いっぱい詰まっているの。別に買わなくてもいいから、チャンとした

身なりの服装と、身すぼらしい服装を二着と、少々のお金を持っていれば、

何処に行けるの。良くないのは、少々の金と、一着しか、持ってないことよ!

その世界しか知らないのは、不幸と幸福が裏腹ということが知りえないからよ!》

・・・・・・

2013年11月30日(土)

4641, 閑話小題 ー「考えないこと」こそ罪

 朝日新聞の‘論壇時評’で、作家の高橋源太郎がー暗い未来「考えないこと」

こそ罪ー をテーマに書いていた。「馬鹿な考え休むに似たり!」としても、

社会の常識を疑い、逆照射をしたり、哲学書を生半可とても、融かすように

学び続けるしかない。だから、考えようとしない人は直ぐに分る。まともな

順にA,B,Cと分け割り切っている。その全ては過去の自分の行蔵に含まれており、

険しい山道の道標の自分の姿でもある。死刑囚の『無知の涙』永山則夫著

という書があるが、「考えないこと」からくる罪は、無知から生まれ出る。 

過去の記憶のフラッシュは、B,Cの自分の行蔵が殆ど。他人の評価は別として、

私自身としてAに到着したのは、還暦辺りか、それとも65歳の辺り。

いや、Cのまま? ABCが混在しているのが人間だから人生は面白い。 

経済震災と自然震災もあって? この結果に終わり、あたかもオセロの白駒が、

黒駒に変わったような経験をしてから、更に考えざるを得なくなっている?

筆者は「日々の暮らしに目を奪われ、考えないことが、如何に罪を積み上げて

いくことを知るべき」という。   ーその辺りの一部よりー

《「憎悪の差別語をまき散らして憎悪をかき立てる『凡庸な悪』と、社会は

如何に向かい合うべきか」の座談会の出席者たちは、いわゆる「在特会」の

「朝鮮人は死ね」といったヘイトスピーチの主張に、かってハンナ・アーレント

がユダヤ人虐殺の中心人物であったアイヒマンについて語った「凡庸な悪」を

見いだす。深みのない「凡庸な悪」であるからこそ、底無しに広がってゆく

可能性があると指摘。彼らは特殊なのではない。

 私たち社会の中に、彼らの考えに同調する素地があるのだ、と。

だが、その「凡庸な悪」に染まり、世界を滅ぼそうとしているのは、「在特会」

とそれを支持している人たちだけなのだろうか。アーレントは、アイヒマン裁判

を傍聴し、彼の罪は「考えない」ことにあると結論づけた。

彼は虐殺を知りながら、それが自分の仕事であるからと、それ以上のことを

考えようとはしなかった。そこでは、「考えない」ことこそが罪なのである。

私たちは、原子力発電の意味について、あるいは、高齢化や人口減少について

考えていただろうか。そこになにか問題があることに薄々気づきながら、

日々の暮らしに目を奪われ、それがどんな未来に繋がるのか「考えない」

でいたのではないか。だとするなら、わたしたちもまた「凡庸な悪」

の担い手のひとりなのかもしれないのだ。》

▼ 年末年始になると、中学、高校、大学、そして趣味などの忘年会に出席。

 学歴が上がるほど、「凡庸の悪」の人が間引きされ?少なくなる。それが、

その場の空気を綺麗にする。「凡庸の悪」の傾向の強い人は、とにもかくにも

考えない。その代わりに、他人との比較と噂が主たる世界。そこから出る毒ガス

で脳が侵され、噂を嘘に変えていく「凡庸な悪」の担い手、無知の涙に浮かぶ

シラミ。で、どの会にも一定の割合で存在する。逆に「考えるとは何か?」

という問いかけは哲学の問題。「考えないことの罪」は、人類そのものの原罪。

だから、人は学び続けるしかない。その結果、我が内なる(過去・現在)B・C

に出会う。その姿を見ている視線が、Aなる自分、考える自分になる。

・・・・・・

2014年11月30日(日)

5008,人は死ぬとき何を後悔するのか? 〜4

         『人は死ぬとき何を後悔するのか』小野寺時夫(著)

  * 治療を後悔する人が多すぎ

 読むにつれ憂鬱になるのが、病院経営の利潤が優先され患者はグチャグチャ

にされる実態?である。父が亡くなる直前にポツリといった一言、「あんなに

苦しむなら、手術をしなければよかった!」 死を覚悟した時、「どのみち

助からないのに、あの激痛を長時間も耐えなければならなかったか?」

の疑問が生じるのは当然。 ー治療に対する後悔する原因を要約するとー

・ここで外科医だった当事者の著者が、末期ガン者の手術のやり過ぎの実態に

 強い疑問を投げかける。 転移している場合、根こそぎの切除は不可能に

かかわらず、大掛かりな手術をするケースがあまりに多い、と。 食道ガンの

名医が、転移している膵臓ガンも切るため、その方が好い加減な手術になる。 

・日本では、「手術して直る可能性が高いのか」「再発する可能性が高いのか」

「再発するならどれ位生きれるのか」などを、医者が説明せず、患者の方も医師

に質問しないのが普通だが、欧米人には考えられないことという。

・抗がん剤が効くのは、ある種の白血病、悪性リンパ腫、睾丸ガン、小児ガン、

7割位の人に有効で、5年生存率も6割を超えている。問題は、それ以外のガン。

延命効果があるのは10人に1人。著者が外科医だった頃、試みた中で殆ど

効果はなかった。新薬治験という誘惑があるが、これも薬品会社のモルモット

かわりか、法外の費用になる。新薬治験効果があった話はほぼ聞かないという。

・また民間療法も、あまりの法外の費用面で、「一千万単位の借金を背負った」

 という話があまりに多いとか。家族が苦し紛れで、自宅を抵当に入れケース。

これなど、少し冷静に考えれば、効果などある訳がないが、溺れるもの藁をも

すがるで、家族全体が破滅に向かう。代替治療という‘無法地帯’が、世の中

にはある。岩盤浴、低周波装置、ガン免疫療法などなど、幾らでもある。

しかし、著者の知る限り、全て効果は無かったという。

▼ 高齢の転移したガンの手術は考えた方がよいことになる。治療の後悔も、

 情報と知識不足が原因。それで目先は助かっても、長期間の苦しみが待ってる。

人生の晩年は、厳しい『生老病死』が待つ。やはり「手遅れで余命半年」が、

一番良い? その瞬間から地獄のような日々になるが、これも人生。同年代の

4人に1人は、そうして逝った!どうしたら良い?今を充実させ、楽しむしかない。

「死んで花実が咲くものか」で、死にかける前に、元気なうちでなければ、再び

よい目に会えない。さて今日は何を楽しもうか?面白そうなことは幾らもある・・ 

・・・・・・

2016年11月30日(水)

5738,閑話小題 〜2016/11/30 今年も、あと

    * つれづれに年末

☆  今年も、あと一月になるが、早いもの。リタイア直後にたてた

  スケジュールそのまま、毎日を過ごしている。毎週金曜日のシネマ通いは、

  これまで3週、休んだだけで合計44回、通っていた。一週だけ二日続け

  行ったこともあった。2年に1回あるかなしかの百点評価はなかったが、

  95点が2つあった。あと残り5週あるが・・

☆ ニュースとしては、英国のEU離脱と、米国のトランプが大統領選で勝利。

  これは日本、アメリカ、世界各国にとっての大転換を意味する歴史的一大事。

  アメリカがグローバル化政策を止める決断をしたことになり、欧米の凋落の

  道標になる。 それに勢いづいた欧州のテロは、とまることなく続く。

☆ 体調は、すこぶる元気。サントリーの販売戦略に乗せられ、「セサミンEX」

  「ロコモア」を常用するようになった。これが体調にプラスに働いている。

  両方とも、一日の目安の半分にして合わせ飲んでいる。腰痛も、腰痛ベルト

  を新調したことと、夜半の寝返りを意識的にしていることもあって調子がよい。

   何はともあれ、無事健康が一番。

☆ この随想日記も5700のテーマを超えている。時どきスランプになるが、

  精神のバランスを保つプラス要素になっている。

☆ 去年に一番上の姉の連れあいが亡くなったのに続き、今年は長岡駅近くに

  住む父方と、母方の従兄が2人亡くなった。ついに、身近な親族の順番が

  まわってきたようだ。平均年齢が80歳なら、何の病気で亡くなったかは

  問題はなくなる。老衰による三大疾患の何れかでしかない。

☆ 世界的大規模の天変地異は、無かったが、国内では熊本と鳥取で発生した。

  200年〜300年スパンの大地震の周期に入ったようで、不気味だが。

☆ 今年は会社整理の関する弁護士からの連絡は一切なし。 

  この激変の時代、6年近く前の問題なぞ遥か彼方の問題ということか。

  元もと銀行債権以外、一切無いのだから、当然といえば当然か。

☆ 去年の今時分、寝室のTVにブルーレイを加えたのを切欠に、WoWoWの二台目

  契約をした。そこは居間とは違って、映画、ドラマを見るには最適空間。

  一年間、面白そうな映画を次々と入れていたところ、最近、「制限一杯に

  近づいています」の表示。数えてみたら300本。一日、一本見ても一年は

  かかる。それでも、番組表に面白そうなのが次次と出てくる。そこで、

  過去分を消去するが、これが惜しいくて堪らない。これは完全に映画御宅。

   ネットブログ御宅に、映画御宅に、スポーツジム御宅に、チャリ御宅。

  そして近い将来、プツン!といきたいが、その前に色いろイベントもある

  ようだ。 としても、まあ、幸せなことで。

2018-11-29 閑話小題 〜貴乃花のギャラって、どの位?

[] 05:53 閑話小題 〜貴乃花のギャラって、どの位? - 堀井の「居間 客室 読書室」 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20181129055330j:image

   * 下世話の話だが…

 新聞の週刊誌・見出しに、嘘か本当か? 貴乃花の全財産が財布内の数千円

しかないと語っていた>とあった。しかし、これだけ注目されているネーム

バリューなら、ギャラは最低一時間100万円だろうと推測していた。

  〜そこで、ネット検索ですると〜

≪「・貴乃花が1時間番組に出たら、ギャラ150万円が最低ラインですね。

  現役ならまだしも、元スポーツ選手としては別格です。

・また、テレビよりニーズは多くないものの、CMでも1クール2000万円は超える。

・今後、芸能人としてコンスタントにテレビに出れば、年収3億円は堅いでしょう」

 テレビ出演ともなれば高収入が約束されている貴乃花だが、

それ以上にワリのいいビジネスが「講演会」。

講師派遣会社関係者が語る。

「・貴乃花が講演会を開けば、ギャラは90分300万円以上となります。

・今年亡くなった星野仙一氏が同額、

・超高額の講演料を取るとして知られる橋下徹氏でも200万円ですから、

 いかに破格なのかは一目瞭然ですね。 

特に貴乃花は、ふだんは寡黙なイメージが強いだけに、参加者だけにまとまった

考えを語る講演会に大きな値打ちが生まれるんです。ギャラが300万円でも

『プロフェッショナル論』や『育成論』『相撲道と日本の心』といったテーマ

でひっきりなしに講演依頼があるのは間違いない。超人気講師になるのは確実」≫

――

▼ 『空即是色』で、「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあり」である。

 部屋持ちの親方で、年頃の不安定な弟子を持ち、相撲道とか自分でも訳の

分からないことを呟き。平成の大横綱という実績と知名の首輪を掛けられ、

理事会では、力士時代は下っ端で、優勝経験も無くて、マトモに口をきかず、

相手にしなかったのが御前呼ばわりをする。実績がないほど、劣等感が強い。

その上に、並みの横綱・北勝海の八角が理事長、大乃国が副理事。何で、俺様が

並みの理事なの?と思うのは至極当然のこと。 それより、いびり出された

悲劇の純粋無垢の元親方としてのタレントとして名を売り、あわよくば政界に

出て、スポーツ大臣の方が遥かに将来性がある。 ‘あのバカが!といって、

モンゴル横綱に媚り、イビリ出したあの何方がたの相撲協会は? 如何のなる

のでしょう?’ 本来は、これで目出度し目出度し!だが。 本当でしょうか? 

 騙され、ボロボロの可能性の方が、高く思われるのは、私だけでなないのでは? 

腹グロ狐や、ハイエナがタニマチに屯する。そして、女性が、それもコテコテの

プロが…。こと人生からすると、天気晴朗なれド波高し! 格段に、面白そうだ。

元もと、壁をつくってあったから、その辺りの泥の汚れは最小。ただ、無菌が?

我ながら、よほど閑で、如何でもよいことを書いている。ただ浮かび上がって

くるままを書いているのが面白いからだ! 世間様そのものじゃ、ないですか!

良いにつけ、悪いに?つけ、前の奥さん、最高のマネジャーだったんじゃない?

 愛想をつかれた? そりゃ、つくさ! 母親をマネジャー!という手がある。

とすると、虫は付かないが、面白みが半減? 

・・・・・・

4275, この非常事態に、万一の備えがあるの? −4

2012年11月29日(木)

   * 長岡冬景色 ーある同級生の死

 昨日の朝、高校の同級生から電話が入った。20年以上、毎年開かれていた

同級会のメンバーの1人が一昨日の夜、自殺をしたという。近郊の町で家業を

継いでいる人で、明るくサッパリとした性格で皆から好かれるタイプ。

本人が居るかどうかで、同級会の明るさが違うほど。その男が自殺とは、一瞬

耳を疑い、息を呑んでしまった。「この非常事態に、万一の備えがあるの?」を、

今月の15日に、ここで書いた。その前日の地元紙に、

* 同級生の老舗会社の倒産記事が出ていた。20年前に工場が

 火災で全焼、しかし保険で建替えて、無借金経営と聞いていた。

* その翌週には、計算サンターの社長をしている会社が、TVと新聞に大々的

 に、「不正に雇用調整給付金を受給。それも内部告発により調査の結果。不正分

を全額返済のため、刑事告訴はしないが、悪質なため発表した。」と報じられた。

全国ニュースにならなかったのが不幸中の幸いだが、銀行系もあり処分は

厳しいと推察される。

* そして今週は、彼の自殺である。 親戚や近所の自殺は身近であるが、

 同級生は初めて。まさか、このテーマで書いた警告が、そのまま、ごく身近で

直ぐにたて続けて現われ出るとは。3人とも傍からみれば、これ以上の堅実経営

はないかと思われた会社。そのため、ことさら驚きは大きい。それにしても

自殺とは、よほどのことがあったのだろう。同級会のメンバー内の話としては、

去年春に私が先ぶれに破綻。そして、この11月にたて続きに3人が、続いた。 

以前から、「2012年問題(時代の断層の年)」が言われてきたが、

今のところ何も起きていない。しかし極身近から、このように生々しく

起こるとは思いもしなかった。 恐慌の大波は根こそぎ、全てを破壊していく。

これが地方の特殊要因でなく、世界、日本レベルの大波の地方の一現象でしかない

ところが恐ろしい。まだ経済の大津波(恐慌)の本体は外海、到達は来年辺り? 

・・・・・・

6104,閑話小題 〜再び「幸福アドバンテージ」について −1

2017年11月29日(水)

    * 一般的な、幸・不幸のバランスは…

【 <幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ>は、アランの言葉。

「幸福優位」7つの法則! 法則1の「ハピネス・アドバンテージ」、日本語では

「幸福優位性」。良いことは、幸せな人に、肯定感3:否定1の割合以上の人に 

 集まる。「努力すれば成功する。成功すれば幸せになれる」ではなく、幸福な

ポジィティブな気持ちを持っていることが結果として成功する。】

 この法則について、何度か書いてきた。そこで、一般人は? ウツ病患者は?、

その位の数値だろうか? そこでポジティビティー比を調べてみた。

 … … …

・大多数の人のポジティビティー比が「2:1」前後。

・うつ症状の人は「1:1」以下。うつ病の患者のポジティビティー比は…

 平均で、「0.5:1」。治療により、ある程度回復した人は…平均「2.3:1」。

 完璧に回復した人は…平均「4.3:1」と、非常に高い。

 うつ病の治療とは…ポジティビティー比「3:1」以上を目指すこと。

 で、抗鬱剤を与えられ、それが重症化して、薬中毒者が…

・「結婚生活に満足している夫婦」の比は…「5:1」程度。

 … … …

▼ 亡くなった一人を含めた4人の姉を事例に見ると、一概には決して括れない。

 心の持ちようも重要だが、相手との相性と、親から引継いだ素質がある。だが

相性の悪いマイナーは、どうもこうも。 土台、「3:1」は?、無理の話!

 私事になるが、6年余り前の節目で、30年以上職住分離を長岡と新潟に分けて、

可能な限り(出身校の同期生を除き)地元との接触を避けてきた。そして、40歳

過ぎてからは、海外ツアーに出ることで、近場の岩場に埋没しないように(縛られ

たくない一心で)注意をしてきた。40,50代の年2回の海外が、唯我独尊の社会

生活を過ごすに丁度良い息抜きに、更にピークにあったストレスの解消のベスト

のイベントになっていた。

 しかし、65歳で職を失い、岩場の住の「閑居」の生活圏に入ることになり、

「木(私)」を守るための「門(習慣)」として考えたのが、

<17時に一人晩餐に入り、20時就寝、0時から死者のポーズ… から始まる奇抜

の生活習慣。> 「生活習慣は第二の天性」。当初は少し戸惑ったが、このとおり

実践で、近くの森林や、町からの侵入者を防いでくれていた。御蔭で、ポジティ

ビティを「5対1」程度に何とか保っていた。 老いた際のマイナーの猛毒度は、

思いの外、高い。それもあり、他者の低いポジティビティー比が、透けて見える

こと屡々。狙いをつけてやってくるのは、何故か平均1.5:1レべルが多い。

普通レベルより、チョッと下、いや…?ここで止め。ほぼ全員が、自分は3:1

以上と信じているから問題がない? 私さえが5:1と思い込んでいるのだから。

これは身に沁みる問題。まあ、本人が「楽しい!」って言ってんだから、

それはそれで…   〜で、以下の内容に、何故か丁度よく続いていく。

・・・・・・

5007,人は死ぬとき何を後悔するのか? 〜3

2014年11月29日(土)              

        『人は死ぬとき何を後悔するのか 』小野寺時夫(著)

   * あるレビューより

 ーまずは、アマゾンのレビューを要約するとー

≪ 日本のガン治療の疑問を述べている。著者はあくまでも高度の進行がんに

 おいては手術・抗がん剤治療、免疫療法をするのではなく痛み・苦しみを

和らげながら静かに看取る方を良しとしている。タイトルの「何を後悔するのか」

はまさしく「効果の無い、苦痛を伴う無駄なガン治療は後悔えをする」に

他ならない。著者も57歳のときに喉頭がんを経験。妻が劇症の白血病を発症

すると休職して介護に専念。気力体力の限界まで精魂を傾けられたことは

大きな心のやすらぎである一方、死の直前、呼吸困難で苦しませ、穏やかに

逝かせてやれなかったことへの悔恨にさいなまれていた。どの言葉の一つ一つ

が説得力に満ちていて、実践的な「死に方準備ケーススタディ集」でもある。

・がんは大急ぎで治療する必要がないのです

・死は生の延長上の遠い淵にあるのではない。人は“死にまとわれながら

生きている不安定な存在

・死に直面すると、金、権力、名誉のある人の方が、不安、怒り、落ち込みが

 強いそれまで力のあったものが、死には全く役立たなくなるから

・生前に本当によく尽くし合っていなければ死ぬときによい介護を受けられない

 死ぬときに奥さんのいじめが気にかかる人は、恥を忍んで奥さんに詫びるか、

 今からでも懸命に尽くす姿を見せるなどの対策を講じておくのが安全

・唯一確実なボケ予防策は「高齢でも女性に関心を持ち続け、行動すること」

・死ぬ時に至って自分の生き方を他人と比較するのは全く無意味

・高齢になってもよく歩いている人ほど「コロリ死」が多い

・ホスピスの入院患者で、何かに没頭して楽しめる人はとても幸せな人

・死を迎える部屋は個室がお勧め

・「鎮静(麻酔などで苦痛を抑え入眠状態にする。続けると数日で死に至る)」

 は、早めに医師に願っておく。それもひとつの死生観。死の準備は本来、

 病状に応じたオーダーメードであるべき

・日本は多くの人が「自分の望まない死に方」をしている国

・孤独感が原因の激痛がある

・「低カロリー、低たんぱく質」でゆるやかに最期へ向かう… ≫

▼ この要約を読み返すたび、どれもこれも更に深く心に染みる。近い将来、

 恐ろしい現実が間違いなく待っている。恐ろしいが、覚悟はしてないと。

心の拠りどころは、50歳代の10年間で、30年分を圧縮し過ごしたこと

さらに、このブログに行蔵や、思いや、青春時代の日記などを書き残したこと

が心強い。この奇跡のような私の生。ビッグバン以来、ここまで続いている、

この「私」という存在。それを満足し生きてきただけでも、充分に元を取れた

感がする。この文章を書いていて気づいたことが、後悔の逆は、感謝、感激、

感動、満足、ということ。老いの『俺たちに明日はない』の日々を楽しめるか

どうか、だが。

・・・・・・

5737,閑話小題 〜リア充

2016年11月29日(火)

 「リア充」という聞きなれない言葉を耳にして、それ何?と、検索すると、

最近、ネット上で流行りだした言葉。一言でいえば、「現実が充実しない

コンプレックス症候群」の心理状態の意味。私のスケジュールをこなす

のを傍でみると「リア充」の患者? 自問自答してみると、そうではない。

 何かの会で、忙しそうな風で、『昨日は、△▽、一昨日は○◎、明日は××

の予定で時間が足りないほど忙しい。で貴方たち、普段何してるの?』と宣う。

「私はすることが多いけど、あなた方は家に引き籠ってるようだけど」が、

言外に見え隠れ。リア充症候群かどうか?は不明だが。「そんなの断って、

本でも読んでたら?」という見方もあることに気づいてない。それぞれ生き方

が、あるから、それも良いのだろうが。この、付き合いに忙殺されていることを

幸せに思う人に対し、「それにつけても、私って何?」と、落ち込む人もいる。

 家内も週に5日は、次々とかかってくる電話に応じ何処かにお出かけ、

残り2日は家事に専念する「リア充」の張本人。けっこう多い内向きの友人

について、「何で外に出ないの? 外出が週一から二日。お金も暇も学歴も

あるのに?」と宣う。「貴女が行動的で、知人・友人が普通だよ」と言うと、

不思議そうな顔をする。 それに対し私は、早朝のミニ・チャリと、スポーツ

ジムと、週一のシネマ館のみだが、私は内向きのリア充のため?

「リア充コンプレックス」はない。TVとPC、シネマとSJ通いがあればよい。

  〜その辺りから 

≪ 少し前に、こんな文章がTwitterで話題になったのを知っているでしょうか。

 中学生「小学生の頃は良かった」。 高校生「中学の頃は良かった」。

 大学生「高校の頃は良かった」。社会人「学生の頃は良かった」。

 退職後「働いてた頃は良かった」。 いい加減気づけよ、今が一番楽しい事に。

―私たちはしばしば過去の自分と今の自分を比較し、「あの頃は楽しかった…」

なんて言いがち。でもよく考えれば、その時その時が一番楽しいってことでは?

 

そんなことを気づかせてくれる素敵な文章ですね。近頃私たちは、この

「その時その時を楽しむ」という意識を忘れがちです。ではなぜ、この感覚が

薄れてきてしまっているのでしょうか。「昔は良かった…」となげくだけなら

ともかく、今の自分の日々がなんとなく充実していないかのように感じてしまう。

これは単なる懐古主義や、思い出補正という言葉では片付けられません。

では本当の原因はなんなのか。それはずばり“リア充”です。

 

もうすっかり定着しつつある“リア充”という言葉。このなんともあいまいな

「リアルが充実している人」という言葉を聞いた時、私たちはどんな人物を思い

浮かべるでしょう。交友関係が広くて、素敵な恋人もいて、日々何かに打ち

込んでいて人生をエンジョイしている…なんてイメージが思い浮かぶと思います。

ではこのリア充という言葉を使うのはどんな時か。

「あの子はリア充だからいいよねー」「私はリア充じゃないから…」

私たちがこの“リア充”について言及する時、多くの場合リア充と自分自身とを

比較するような文脈で使っていませんか? 逆に「私こそがリア充だ!」と声高

に主張するような人はいないですよね。

私たちが日常を省みるとき、自分よりワンランク上の存在=リア充を勝手に

想定してしまっているのではないでしょうか。

「仕事はやりがいもあるし楽しい…けれど、恋人ないからリア充じゃない」

 ・・(略)

この“リア充”は、他人とは限りません。過去の自分と現在の自分を比べ、

「あの頃は楽しかった…」と感じてしまうこともあるはず。過去の思い出を

懐かしむということは、もちろん悪いことではありません。しかし思い出に引き

ずられるあまり、今の自分の幸せを見失ってしまうのは悲しいことですよね。

 

他人に捕らわれず、自分の日常を受け入れ、日々楽しむ。それこそが真の

リア充の姿ではないでしょうか。そうした気持ちこそが新しい出会いを受け

入れることにつながり、そうすれば、愛情やパートナーにも恵まれ、結果的に

いわゆる「リア充」になることができるのです。

表面的なリア充を手放すことこそが、真のリア充につながる。

一見難しいけれど、簡単なこと。ぜひがんばってみてください! ≫

――

▼ 去年、家内に、『TV、PC、スポーツジム通いの平凡の日々に、飽きない?』

 というから、『現役時代は、圧倒的なプレッシャーがあった。現在の生活も

慣れば、それなりに面白い。差引同じぐらい!』と応えていた。親戚の法事で

何時もボヤク80歳半ばの人、現実に溺れて川を渡れないで、リア充コンプ

レックスに取りつかれた人。 周りを見渡せば死屍累々に思えるが、

これも私のリア充の上から目線か? 

・・・・・・

5372,楽しむことを人生の目標に 〜�

2015年11月29日(日)

 今だから言えることだが、あの会社清算?倒産?騒ぎの時、意外と冷静に

一つ一つを見極めている自分が、もう一人、間違いなくいた。30年来、月次監査

で長岡から新潟の事務所に来ていた税理事務所の担当が、あきれた顔をして、

『楽しんでますね!現在、何が起きて、何をしているか分かってないのでは?』

と苦言。幾つかの修羅場を経験してきた感覚が本人には理解できないだけ。

心の奥は、『こんな経験は二度とない。とにかく、冷静に処理し、この現象を

インプットするしかない』と、本能に従うしかない。万一の場合の備えがあれば

こそ、いえることだが・・ いざ修羅場に立ち、その視線から見えてくる現象は、

リアルだが、滑稽でさえあるが、それを楽しむとなるとう、生易しいことでない。

≪ ・楽しまずして何の人生ぞや。 〜吉川英治(日本の小説家/1892〜1962)

・幸福だけの幸福はパンばかりのようなものだ。食えはするが、ごちそうには

  ならない。無駄なもの、無用なもの、余計なもの、多すぎるもの、

  何の役にも立たないもの、それがわしは好きだ。〜ヴィクトル・ユーゴー

        (フランスのロマン主義の詩人、小説家/1802〜1885)≫

・幸せを数えたら、あなたはすぐ幸せになれる。

         〜ショーペンハウアー(ドイツの哲学者/1788〜1860)

・この人生は生きる価値があると言えるだろう。

  なぜなら、人生は自分で作るものであるからだ。

 This life is worth living, we can say, since it is what we make it.

  〜ウィリアム・ジェームズ(米国の哲学者、心理学者 /1842〜1910)

・汝の幸せは、他人の幸せによってつくれ。

  〜ヴォルテール(フランスの哲学者、作家、文学者、歴史家/1694〜1778)

・他人のために暮らすのはもうたくさんだ。せめてこのわずかな余生を、

  みずからのために生きようではないか。

  〜モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト /1533〜1592)

・幸福な人生を阻む大敵は外にあるのではなく、内にある。

  すなわち、あなたの心の中に潜んでいる。

  〜ウィリアム・ジェームズ(米国の哲学者、心理学者 /1842〜1910)

・「幸福を必要としないこと、それがおまえたちの幸福だ」と、神は言った。

 〜セネカ(ローマ帝国の政治家、哲学者、詩人 /紀元前1頃〜紀元後65)

・幸福には、明日という日はありません。昨日という日もありません。

  幸福は、過去のことを記憶してもいなければ、将来のことも考えません。

  幸福には、現在があるだけです。今日という日ではなく、ただいまの

  この瞬間があるだけです。〜ツルゲーネフ(ロシアの小説家/1818〜1883)

・人間がこの世に存在するのは、金持ちになるためではなく、幸福になるため。

  〜スタンダール(フランスの小説家『赤と黒』著者 / 1783〜1842)

▼ 幸福の状態は、生きている限り避けることの出来ないマイナスに対して

 3倍のプラスが必要。出来たら9倍というが、探し、習慣化をすれば可能。

老いて思い出すことは、自然に任せておけば、マイナスばかり湧き出てくる。

それは意図的に変えることは可能である。それより、いま現在を楽しむことが、

プラス感情を育ててくれる。だから、積極的に楽しみを探さなければならない。

今では、TV・パソコンという優れものがあり、手じかに、楽しむことが

出来る。楽しむには、少々の金と、知識と、時間と、知恵と、幸せ脳が必要

である。幸せ脳とは、感動、感激、感謝できる能力。

・・・・・・

4640, 閑話小題 〜都知事の狼狽

2013年11月29日(金)

  * 「徳洲会」資金提供問題で、都知事の狼狽

ーまずネット記事よりー《 猪瀬直樹知事が大手医療法人「徳洲会」から

5,000万円を受け取っていた問題で、猪瀬知事は、会見でも、個人的な借金だと

する点を強調している。さらに現金受け取りの前の和食店での面会についても

明かした。猪瀬知事は「借用証 徳田 毅殿 (去年)11月20日5千万円也、僕の

住所とサインです」(その借用書は最近作ったものでは?)の質問に「それは誤解。

これは、間違いなく原本」と述べた。》 

 この一連の会見の内容からして、明らかに逮捕に準じる資金提供。

検察も逮捕をするしかない?だろう。政治家としての叩き上げではないため、

副都知事の場合と違ったトップの立場の身の処し方が出来なかった。マスコミ

上がりの正直さが、そのまま表立ってかシドロモドロ。言い訳するほど、

自分の立場を悪くする。政治世界は一寸先は闇。これで逃げ切ることは難しい! 

2020年まで安泰と思っていただろうに。

それとも、石原慎太郎の知恵で難局を何とか乗りるか? 

   * ストーブリーグが面白い

 落合の中日のGMの就任で、ストーブリーグが俄然、面白くなってきた。

巨人の小笠原が中日に、逆に中日の井端が巨人に移籍。他に、広島からFA

宣言した大竹寛投手(30)が、巨人への移籍を表明した。更に、有力選手

2〜3人が移籍してくるだろうから、これで来年の巨人の独走がみえてきた。

その巨人を他球団が叩き潰し、原監督を引きずり物語が面白そうだ。

 ーネットの記事からー

《 落合GMは井端は「戦力外の選手には金額提示はしない」と、来季の構想外

 ではなかったことを強調。そのうえで「彼に対してはそれなりのものを例年

払ってきた。故障でメスも入れたし、億以上を出すリスクを球団が背負えるか、

という判断」と、年俸大幅ダウンの提示を説明した。球団は井端に対し、野球

協約に定める年俸の減額制限を大幅に上回る今季年俸1億9000万円から

1億6000万円減の3000万円を提示したとみられる。

▼ 小笠原が3000万、井端は4500万と大幅ダウンという。厳しいものだが、

 それでも井端の方が、お買い得? 原監督は、優勝をしていれば今期で辞め時

だった。早く言えば飽きてしまった!ということ。 江川監督、ヘッド兼任の

バッテリーコーチに桑田、GMに野村元監督あたりが面白そうだが! 

更に「巨人は27日、西武から国内FAを宣言した片岡治大内野手(30)と

都内のホテルで初交渉」というニュースで報じていた。

2018-11-24 閑話小題 〜「公正世界仮説」という認知傾向! 〜2

[] 06:21 閑話小題 〜「公正世界仮説」という認知傾向! 〜2 - 堀井の「居間 客室 読書室」 を含むブックマーク

f:id:horii888888:20181124062136p:image

f:id:horii888888:20181124062134p:image

   * さらに、「公正世界仮説」について…

 この「公正世界仮説」を読んでいて奇妙な気持ちになっていた。

「上手くいったのは、やり方が正しくて、失敗したのはやり方が間違っていた」

と思っていた。ところが、これはあくまでも因縁の「因」で、間接原因の「縁」

が重なった「因縁」の結果、「運」が生じる。 私たちはえてして、因ばかり

目がいき、大事な「縁」を忘れがちになる。 事業が好転している時には、

<上手くいったのは、「公正世界仮説」でいうプラス要素の御蔭で、逆に

マイナスの「縁」の場合は如何であったか考えようとしない。たまたま、

順風の追い風の黄金色の大白鳥が到来した背中に辛うじて乗れただけ。 

 ルノーのゴーンからして、それを体現した人。現実社会は、この仮説を妄信

している人達で構成されている。 移民社会の資本主義のアメリカ社会で、

暴動が起きないのは、この「公正世界仮説」があるため、移民は、

<いつか俺だって、大当てをして金持層に入るんだ>という夢を持っている。

そのプロセスで、<いま、ここで、自分が存在している>と… 

そのサクセス物語の夢があるから、生きていられると。

 しかし現実は、これが妄想でしかないと、ここで大胆に暴いてしまう。

世界は、半径500m、直径1kmの世界の重なりをベースで構成されている。

この小さな世界の住民は、それが現実であり、その外界の実感が全くない。

旅の御人の世界は非現実世界でしかない。 裸の王様を揶揄をしているが、

実は己自身の姿。<上手くいっている人は正しい人で、全て許され、失敗した

のは悪い人で、リンチの対象の悪党。直径1kmの御池の岩に閉じこめられた

渦巻く鬱憤の世界で互いの首輪の紐を引張りあって、終生(余生)を過ごす。

 社会の何が公正? 平等と公平とは違う。<資本主義社会のルールに則て

正しく手順を踏んで無事、こうしている何処が悪い?」。嘘をつけ!

 何処かの大統領、ドン様、首相、書記長を、少し凝視すれば分かること。

で、そのチョッとした不公正の御蔭で何とか、面白可笑しく生きられて、

何をおっしゃるウサギさんが、私たちの実情?… 

 

(別記: ところで数日前、TVで様々な動物に小型カメラを装着し、

 それぞれの動物目線で、日常の内容を映しだす面白い番組を放映していた。

その一つに、羊の牧畜犬の首輪からの録画で、犬社会の面白い現実を垣間見る

ことが出来た。 首輪のせいか?仲間内の数匹から徹底的に攻撃され、命から

がら、隅に追い出された犬が、外から羊を狙って忍び寄る狼を気づき、恐怖の

ため、雄たけびをあげて、狼の存在を他の牧畜犬に知らしめた場面があった。

弱者には弱者の役割の存在を、生々しくレポートしていた。これこそ、

「公正世界」というのだろう。

< 老いて、傷つき、片隅で狼の影に怯え(笑) 早朝に、吠える代わりに、

これを書いている我姿とて自嘲している> と書けば、丁度よいオチになるが… 

・・・・・・

4635, 夫婦格差社会 〜どういう男女が結婚するのか ー4

2013年11月24日(日)

     『夫婦格差社会 - 二極化する結婚のかたち』橘木 俊詔 (著)

 * パワーカップルの最たる医師同士と、法曹界の収入は?

    ー要所を抜粋するとー

《 現在、医師の女性の占める割合いは20%。50年前は10%。

 現在の医学部の女子学生は40%を占めている。とすると近い将来、半分

近くが女医になると読み取れる。今だ役所、企業での女性の位置が低いが、

医療現場では、さほど、その障害がないことが挙げられる。現在、一億以上の

高所得者のうち、7人に1人が医師である。特に、開業医の収入が多いことは、

巷に知られている。男性医師の4人に1人、女性医師の3分2が、医師と結婚。

男子が少ないのは、収入が多いので、専業主婦の相方でも困らないことがある。

医師以外に、36・5%が薬剤師、看護婦、医療技能職の医療従事者がいる。

ちなみに、学生時代知り合った場合、に妻の方が子供育てを考え、負担の

比較的軽い、精神科、眼科、皮膚科を選ぶケースが多いという。

開業医が2千5百万、勤務医が、その半分の1230万。

医師カップルは2千〜5千万。開業医で夫婦で運営すれば、一億超える

ことも珍しくない。医師夫婦こそ、スーパーカップルといえる。》

▼ 収入から見ると、医者は一種の特権階級の住人。医師のパワーカップルに

 比べ、法曹界の収入は心もとない。女性が司法試験に合格し弁護士になる

プロセスが大変な割に収入が少ないこともあり適さないこともある。男性弁護士

からみて、弁護士の妻は6・6%にとどまり、医師の比率から見て6分の1になる。

それだけ医師の収入条件が良い。難関の司法試験に合格し、司法修行を終えても、

法曹職を得られない人が2割もいる。しかし、米国社会の後追いをする日本も、

訴訟社会になっていくので法曹職も、将来性がある。情報化、グローバル化社会

は、弱肉強食、一強多弱が更に進み、階級社会が固定化する。そこに生じてくる

のは激しい階級間闘争。とすると、第三次世界大戦が東西冷戦とすると、第四次

世界大戦は、民族間と、階級間の、果てしない戦争になる。それも、テロという

手段が頻繁に使われる不安定な社会が現れ出る。その反面、パワー階級は、

今もだが・・ 特別区という別世界に住むようになる。まあ、あまり明るくない

殺伐とした近未来が待っている。TPPは、アメリカ社会に右ならいということ。

厳しい階級社会が、本格的に来るということ! 第二次大戦から20年余の社会

主義化した、あれは、むしろ奇跡?地元の病院の眼科の先生が夫妻と聞いたこと

があった。歯医者はドクターではないが・・収入は似たようなもの?

・・・・・・

6099,閑話小題 〜チョイト哲学、「死」について

2017年11月24日(金)

                 <反・幸福論 佐伯啓思>

     * 「老いとは、死に至る重篤な病」だってさ!

 人生の一大事の「死」について、数多く引用し考えてきた。知識を持った

人間は、身近な人の死から自らにもやがてやってくる死の恐怖の予感に恐れる。

しかし、それは誰も自ら経験をしたことがない故、どれもこれもいい加減である。

死の問題を真正面に捉えると、深くニヒリズムに迷い込むことになる。その最たる

ことが、人生など「永遠の無=死」を前にして、無意味だという「生」に対する

否定な考えである。しかし、その真逆の「生」への極限の追及の本質を考える

足場が、そこに見てとれる。 永遠の無の中の、確かな「いま、ここ、私」…

――

≪ 終末の迎え方、「死に方」は、知恵や努力やカネやコネで人為的に操作できる

が、「死」そのものは、まったく人間を超えたものなのです。人は、「死」を前

にして、まったく無力であり、ただ頭を垂れるほかない。ここでは、全ての人間

の営みも文明も一気にすべての意味を失ってしまう。どれほど、人間が壮大な

建造物を建て、富を築き上げても、「死」を目の前にしたら何の意味もない。

近代人が理想とする「自由」も「幸福追求」もすべてが死を目の当たりにすると、

色あせてしまう。あらゆる存在を無意味化してしまうという点で、「死」は

「絶対的無意味」というしかありません。われわれは、しばしば「死を恐れる」

とか「死が怖い」といいますが、それは、「死に方が怖い」ということでしょう。

普通われわれは、「生」から「死」へと一挙に相転移するわけではありません。

「生」と「死」の間には、「生」でも「死」でもないような「病」と「老」がある。

「生」は徐々に力を失い、意味を薄めていき、世界は色あせていき、あげくに

「死」に至る。そのプロセスが苦しく、つらく、想像を絶するようなものであり、

屈辱的でさえあるのです。「死」に至るには、もはや「生」ともいえない「生」

を送りざるをえない。それに比べれば「死」は救済とさえいえるでしょう。

「生」の究極の時間からの解放であり、苦をもたらす物理的身体からの解放です。

「絶対的無意味」である「死」に対し、怖いも恐ろしいもありません。怖ろしさや

恐ろしさは、何かある意味を持った存在や事態についていえることだからです。

… 「死」は恐怖どころか救済であるのです。

しかし、この「絶対的無意味」は、こちら側でまだ生きているわれわれにとって、

何かある種の妙な感じを与えることも事実でしょう。≫

――

▼ <老いは死に至る重篤な病> とは、言い得て妙だが、現実である。

 死は、どうにもならない、ただ、ひたすら受け入れるしかないのです。

私も健康寿命の平均年齢に至り、いつ何時、介護に入っても不思議でない時節に

入っている。「老いていく」とは、「老いというの病の進行」とは、知らなんだ。

スポーツジムで、私の病の進行度は、これ如何に? と俯瞰すると、成るほどと。

「人生、良いところは還暦まで!」と曽野綾子女史が宣っていたが、その通り!

そして、12年近く経過したが、思いの外、「良いこと」が数多あった。それは、

「長年続けていたからこそ」の中の刹那な一瞬にあった。生きてきたように「老い」、

「病になり」、最後は「のた打ち回って死んでいく」。それで「良いんじゃない」

タップリと「麻薬」?を盛ってもらい、天国の階段を… 実際は真逆だろうが。

・・・・・・

5367,世間、社会、会社の意味とは ー?

2015年11月24日(火)

          ーなぜ日本人は「世間」を気にするのかー三浦朱門著

   * 西欧生まれの「社会」と、日本の「世間」はどう違うのか

 「社会」と、「世間」の違いは、日本社会と欧米社会の違いが起因する。

 欧米社会は一神教のキリスト教などの上に成り立っており、日本の

「世間」は、多神教のような無宗教的要素が作り上げた自然成立した

人間関係から出発している。 〜その辺りから〜

≪・「社会」と「会社」の二つの単語の元になった英語の「ソサエティ」

と「カンパニー」は、単語の形こそ違え、その語源は大変似ているのです。

カンパニーの本来の意味は「つきあい」といったところでしょう。語源は

カメラ」で、今の日本語では写真機の意味になりますが、古いイタリア語の

「部屋」の意味です。古い英語で、同じ船に乗りあわせている船員の集団も

カンパニーです。これは当人たちのありようとは別に、一緒に企業を作る、

船を運行する、といった人間関係です。ここでは個人が仲間を裏切って、

勝手な行動を取ることを許さない厳しさがあります。

・「ソサエティ」もこの単語の語源のラテン語で、「仲間」とか「同盟」

といった意味です。「カンパニー」と同じような意味ですが、この場合は、

個人差やあり方に幅を認めている感じがあります。たとえば「同盟休校」

というのは、一人一人の学生は専攻も思想も違うが、その違いを超えて

何らかの要求を掲げ、申し合わせて一斉に学校を休むことです。

英語の「ソサエティ」の訳語である「社会」の構成メンバーは、さまざまの

個人が所属していることを承認しているのです。社会学の原型となる思想に

よって、後世に影響を与えたオーギュスト・コント(フランスの社会学者、

哲学者、数学者。一七九八~一八五七)は十九世紀前半に活躍した学者です。

彼は当時のヨーロッパの無政府状態を眺め、それを再統一するために、

実証主義(実際の状況から、そこに原理を見出そうとする考え)によって

何らかの原理、一定のルールを見出そうとしました。

・実証主義は「ポジティヴィズム」と言いますが、ポジティブは「確かな」

というのが本来の意味です。よけいなことを書いたような気がします。

しかし、それというのも、新しい単語である「社会」と日本の古い言葉である

「世間」との間に、かなりの距離があることを言いたかったのです。

ですから「社会性がないぞ」と言われると、何言ってやがる、という気が

しても、「そんなこと、世間には通用しないぞ」と言われると、ふと、

たじろぐものがあるのではないでしょうか。人間の集まりを示す言葉には、

西欧の近代社会が規定した、現実の事物から導きだした具象的に説明できる

理論を根拠にした「社会」なるものと、日本の「世間」のような、人が生活

してゆくうえで自然発生的に生まれた対人関係を意識することの二種類が

あるように思えます。≫

▼ 一神教は、神と僕(しもべ)との契約がベースにある。そこは、

 契約の原理が存在するのに対し、「世間」の世界は、曖昧な世界である。

だから曖昧な噂が、常に漂い、それに互いに怯えることになる。個々が

自立していることを前提にした社会に対し、曖昧な私の集まりの「世間」は、

不確かな事実の上で、ものごとが判断されている。そして「集団馬鹿」の

一員として、一生を終えていく。

・・・・・・

5002,閑話小題 ーつれづれに独り思うことー1

2014年11月24日(月)

   * 早朝、独り思うこと 

 現在の毎日の課題は、「既に残された時間は少なくなった分、

生きる面白さを味い尽くさないと!」になる。

 生きる面白さは充分に味わってきた。そして、あと何年、

生きるか分からないが、これからも、その余白に生きる面白さを

味わい付け加えることになる。生きる面白さには、味気ないことが

背後に膨大にあるが、それはそれで充分、価値があること。

 

 暇もあってか、過去をジックリ思い出すことが多くなった。

その度に多くの現象を改めて多面的にみることができる。

面白かった!という記憶が、非常に多いが、知らぬ間に、

面白くない記憶を消し、目をそむけてきた。

 とにかく、読書時間を持っていたことと、行動してきたのが

良かったのだろう。両親の影響も、あまりに大きい。

 「何事も取り組んだことが面白く楽しくなるまで、集中し続ける」

が、両親から学んだこと。そのために、世の中の流れをつかみ、

無駄を見極め、そのエネルギーは最小にすること。

一般の価値観は、娑婆の価値観。自分の価値観を見据えること。

そのためには、俗にいう「C」さん達と、距離を置くこと。

要するに「世間」を見切ること。それを20代から実践したため、

『色即是空、空即是空』の心持ちに少しでも近づけた?

早朝の時間の活用が、それを手助けてくれた? そうでもないか。

 ランチに週二回いっていたのが、今では週一である。

<昼飯は本来、ジャンクフードで、抜いても良いのでは!>

と思い立ってからだ。スナックとバナナ一本で充分と思えば、

それでもよい。実際のところ、惣菜売り場のパックの『つけ麺』か、

インスタントのカレーライスで、腹持ちがする。年齢もあるが・・