Hatena::ブログ(Diary)

hoshikuzu | star_dust の書斎 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

hoshikuzu|star_dustの日記について

書く内容の方針とかはフラフラしているのです。あまり考えていないかも知れません。面白いなぁと思うこと、大事なことだなぁと思うことを書いています。あんまり悲しいことは書かない主義。

 | 

2006-03-06 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

WinnyのDownフォルダをインターネットゾーンにする件

WinnyのDownフォルダをインターネットゾーンにする (高木浩光@自宅の日記, 2006/3/2)を読みながら以下の文献を思い出しました。

3/7追記:以下の掲示板にはVBSのソースがきちんとついてます。参考にさせて頂いて「実際にやってみた」ことがあるのですが。

「インターネットゾーン」のフォルダも作れます.VBS
WSH Lab.掲示板
●ばんのしゃーによかばんた さん 2005年 11月 21日 17時 12分 44秒
http://www.roy.hi-ho.ne.jp/mutaguchi/bbs/list148.shtml

といいますか、これってフォルダへのショートカット作成なのですよね、はい。Mark of the Web や ZoneID はファイル単位の制御ですから今回のような役には立ちませんし…う〜ん。

ふと思い立って、えむけいさんの以下のページを眺めつつ。あかんやっぱり、私には手に負えないのでした。私のアイデア倒れはいつものこと。でもWindows上でのハードリンク/ジャンクションの作成って魅力的ですよねぇ。

RFIDは「獣の刻印」? キリスト教的立場から警告する新刊

RFIDは「獣の刻印」? キリスト教的立場から警告する新刊
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20060306202.html
( via セキュリティ風味なニュース 3/6 ::Stressful Angel )

ところでRFIDの獣の刻印説の論証ではデミアンの666でいったのか616でいったのかどちらなのでしょうか。というより獣の刻印そのものは私は信じませんけれど。終末論やら黙示録やらは全部拒否なのでして。

どうやら3世紀頃の文書が最新技術でようやく解読された結果、これまで獣の数字として知られいていた”666”の本当の数字は”616”であった、ということが分かったそうです。(上の写真が、その問題の解読された写本)

"666"は獣の数字に非ず - 新約聖書に新たな研究結果::叡智の禁書図書館

でも、ここの記事以外にも海外の類似記事を読むと、今知られているヨハネ黙示録の資料というのは、今回解読された資料より150〜200年以上後になってからの資料でこちらの方がより古い資料みたいです。あと、当時はキリスト教徒が迫害を受けていて、この資料も非常に政治的な文書であり、暗号が使われていたということみたいです。まあ、キリスト教徒虐待で有名なネロを表す数字と言われていますし、納得ですね!

"666"は獣の数字に非ず - 新約聖書に新たな研究結果::叡智の禁書図書館

今日の聖書学では、ローマ皇帝ネロを指すという説が最も支持を得ており、ほぼ定説となっている。即ち、皇帝ネロ(Nero Caesar)のギリシア語表記(Νερων Καισαρ, Nerōn Kaisar)をヘブライ文字に置き換え(נרון קסר, Nrwn Qsr)、これを数値化し、その和が666になるというもの。ヘブライ文字はギリシア文字のように、それぞれの文字が数値を持っており、これによって数記が可能である。この説は、直前の皇帝崇拝らしき記述とも、意味的に整合する(一説によれば、貨幣経済の比喩とも)。写本によっては、獣の数字は666でなく、616と表記されているものもある。この場合は、本来のラテン語式に「ネロン」ではなく「ネロ」(נרו קסר Nrw Qsr)と発音を正したものと解釈できる。

獣の数字::Wikipedia

sekiyosekiyo 2006/03/07 00:40 ヨハネ黙示録の 666 という数字に関しては、エンゲルスの「原始キリスト教の歴史によせて」(1894年)でも考察されていますネ。聖書学者からは無視されてるようだけど ...

hoshikuzuhoshikuzu 2006/03/07 11:11 >sekiyoさん
コメントをありがとうございます。頂いた情報の周辺をちょっと検索してみました。

マルクス『資本論』第一巻の(生産物・商品の)交換過程の説明において、通貨の性質についての考察をする上で、マルクスはヨハネの黙示録から引用をしているそうです。シャレ的といいますかネタ的にですね。以下のように。
ヨハネの黙示録「彼らは自分たちの力と権威とを獣に与えるために心をひとつにする。そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。」(17章13節と13章17節をつなげています)

ドイツ観念論の代表である「対立物の、動的発展的な統一を唱えた」弁証法を唱えたヘーゲルの、後継者のひとりでありヘーゲル左派の指導者であり神学者・歴史学者のブルーノ・バウアーが、「獣の刻印」とは、ローマ通貨にその顔が刻印された皇帝ネロのことであると喝破したらしいですね。これを受けて、マルクスは『資本論』でネタにしているわけでした。このへんの事情をエンゲルスが晩年に書き残しているということになりますね。

まぁネタなんで、多くが必然的にクリスチャンである神学者さん達にはとうてい受け入れがたいと思います。RFID=獣の刻印説も、ネタであると思っていれば良いのですけれど、RFID獣の印説提唱者は案外本気で言っているかもしれませんねぇ。

参考
●ネロ皇帝の顔が刻まれたローマコインを持つ男の肖像
http://diary.jp.aol.com/applet/anrmuan/msgcate10/archive

●早稲田一九五〇年・史料と証言 5号
http://www13.plala.or.jp/abete/shisho5.txt

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hoshikuzu/20060306
 | 
最近のコメント
Connection: close