ほしみんの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-01-06 趣味

[][] 部屋の片付け 01:54  部屋の片付け - ほしみんの日記 を含むブックマーク  部屋の片付け - ほしみんの日記 のブックマークコメント

わいの部屋はさまざまな本やらグッズやらに占有されていて、そういった品々はなかなかに捨てがたいものが多く、部屋の片付けは、とてもできそうにないと思っていました。けれども、思い切ると結構できるものですね。自転車を部屋に入れようと思って、先月から大掃除をしてました。懐かしいものが大量に出てきましたが、ぼんぼん捨てたり、売ったりしましたよ。PC-88のモニターなんかが出てきて、どうして昔捨てなかったんだろうかと思ったりもしましたが、存在を忘れていたので、捨てていなかったのでしょう。時間はかかりましたが、かなり部屋が広くなり、自転車とローラーとを部屋に入れることができました。これでテレビ観ながら自転車こげます。

2006-11-30

[] 自転車の歩道通行規制改善 21:36  自転車の歩道通行規制改善 - ほしみんの日記 を含むブックマーク  自転車の歩道通行規制改善 - ほしみんの日記 のブックマークコメント

[自転車の歩道通行解禁へ 通常国会に道交法改正案(共同通信) - goo ニュース]

自動車の免許取るときに、上の話は知るはず(記事中に出ている「自転車通行を認める標識」のことを知るわけですし)です。僕も当然知っていたはずです。けれども、自動車の免許を取ったのは1x年前で、当時は覚えていたのかもしれませんが、その後、瞬く間に忘れてしまったようで(あと、免許は身分証明書にしかなってなかったのですよね……。免許取得から、ごくごく最近まで)、ちっと前、バイクの免許を取る際に、道交法とか調べていて、歩道は原則禁止というのを知り(もう、「思い出し」というレベルじゃなくて、完全に新規の知識でしたよ)、そうだったの?!……と驚いた覚えがあります。標識あるところ以外、自転車は歩道を走っちゃダメだったのか……と。もっとも、ママチャリで歩道を走るのは怖いことが多いので、知った後も歩道を走ってましたが。交通法規はできるだけ守ろうとしていますが、交通法規を守って自動車に引っかけられたんじゃあ割にあわないので、少々のことはご勘弁ってところです。まあ、自転車が安全に走るスペースも無いのに車道を走れというのも無茶な話なわけで(ほとんど車が走っていないときなら、別にいいですけど)、今回、ちっとましな向きに法が改められるようですね。

追記:これ書いたときは、よさげに思ったのですが、その後、他の人の文章を読んで、うさんくさく感じるようになりました。その辺、また、あとで書こうかと。(2007/01/27)

[] ピストと危険な乗り方 22:04  ピストと危険な乗り方 - ほしみんの日記 を含むブックマーク  ピストと危険な乗り方 - ほしみんの日記 のブックマークコメント

ピストは、[固定ギアの走りを楽しむ! ピストな自転車]ってな自転車のこと。

ピストはフランス語で、綴りは"piste"(英語では"track")。意味は「自転車専用競技場」で、そこから派生してピスト/トラック競技用の自転車もピストと呼ばれるようになったようです。固定ギアの自転車なのでfixie、fixedとか言われることもあるようです(昔、フィクシーという言葉を知ったときに書いたもの、http://d.hatena.ne.jp/hoshimin/20060913#1158158609。)。

このピスト、ノーブレーキ仕様で公道を走る人がいるとか。ただですね……、無茶苦茶、ピスト乗りとしての技量がある人ならまだしも、へたくそがそれやるのは勘弁してくれと思います。まさに走る凶器です。しかも、ノーブレーキピストによる公道での草レースなんかもあるそうで……。交通規制をしてやるなら、そういう血の沸くような競技は楽しいでしょうし、じゃんじゃんやればいいと思います。見物するのも面白いだろうなと思います。が、車や歩行者なんかが多くいてる公道でするのは迷惑この上ないです。

ピストの語源を調べたときに見たページ:

[Matoken's meme | フィクシー(fixie)]

[自転車用語集]

自転車用語集には"pista"と書かれているけれども、"piste"じゃないのかな……と。[Cyclisme - Wikipedia]とか見ても、Cyclisme sur pisteとか書いてある。まあ、フランス語ってわいにはわからないから*1、間違っているかもしらんが。

*1[フランス語翻訳 - livedoor 翻訳]を使って仏英翻訳をして、何が書かれているかをちょろっとだけ見た。まあ、翻訳ソフトがあってるとはかぎらんからねえ……。プラス、わいの英語力もねえ……。ははは。

2006-10-28 落合峠

[] 落合峠にゴー 21:41  落合峠にゴー - ほしみんの日記 を含むブックマーク  落合峠にゴー - ほしみんの日記 のブックマークコメント

先輩とともに、チャリンコで落合峠まで。美濃田の淵キャンプ場から落合峠まで。約32kmほどの道のりでした。天気は曇りで、ちっとばかし雨が降りましたが、数分もせずにやみ、走るのに不都合はありませんでした。景色観るには不都合な天気でしたが。

[落合峠]

[落合峠]

あたりで紹介されていますが、落合峠は徳島でかなり景色の良いところだとか。

ただ、美しい景色を観る余裕など登りの時は無し。きつかった。これまでで一番きつかった。下りになって、やっと余裕ができました。美濃田の淵キャンプ場から落合峠の間には、棧敷峠(桟敷峠。さじきとうげ)があります。棧敷峠までで、ほとんどの体力を使い果たしました。棧敷峠から落合峠まではそんなに厳しくなかったんですが、前半で死にかけになっていましたから、最後は足が震え、ゲロ吐きそうになりまして、自転車を道の脇に止めて、ウィンドブレーカーを着て、寝転がっていました。落合峠まで到達してから帰ってきた先輩によると、僕が寝転がっていた場所は、峠まで残り約1kmの地点だったそうです。あとちょっとだったのか……と思いつつも、その1kmは、僕にとって、ほぼ確実にゲロ吐いてぶっ倒れるであろう距離でしたから、あきらめることにしました。下りは足をほとんど使いませんが、落合峠から棧敷峠への帰り道、棧敷峠の手前に短い登りがあります。寝転がっていたのと、下りに足を使わなかったのとあわせて、なんとか、そこを登れるぐらいに体力が回復してくれましたが、棧敷峠に着いたときは、またもや、ふらふらになってました。そこからはほぼ完全に下りで、下に降りてからは、あっても10mぐらいの登りしかない平坦な道で、まあ、なんとか出発点に帰り着きました。

つかれて、へろへろになりましたが、良い経験ができました。

最後へたれてしまいましたから、いずれリベンジを。……できるといいなあ。

kdkd 2006/10/29 04:30 なんでも評点からトラックバック辿って来たんだけど、この突っ込み記事ってネタですよね?我輩は猫であるにマジレスしたら面白いみたいな。

うはうは 2006/10/29 04:50 管理人さん、この調子でわざと空気の読めない、もとい、空気を読まない突っ込みをあちこちの有名サイトにやっていたらぜったい、あんたも有名サイト管理人になれる
評点は2ちゃんねるでは有名なたぐいのネタ元サイト。あんたみたいにマジに突っ込んでるふりする香具師もたまにいる。
がんがれよ

hoshiminhoshimin 2006/10/29 12:52 コメントどうもです。

>kdさん
その記事だけぽろっと読んで、自分がどうにも受け入れられない記述があったから、ネタと気づかすにマジレスしてしまいました。もうちょっと、ネタをネタと見抜けるようにしようかと。

>うはさん
追記に書きましたが、ふりじゃなくて、マジなんですよ。
だから、よけい痛いわけですけれども……。
「評点は2ちゃんねるでは有名なたぐいのネタ元サイト。」ということですが、そういうサイトだったのですね。今後も、あの手のサイトの記事をマジにして、ひっかかりそうな気がしますが、まあ、できるだけひっかからないように気をつけたいところです。

2006-09-13 チャリンコほか

[] いろいろ 23:43  いろいろ - ほしみんの日記 を含むブックマーク  いろいろ - ほしみんの日記 のブックマークコメント

・ビーチクルーザー

[特集 自転車]

ビーチクルーザーなんてタイプの自転車もあるのね。

ビーチクルーザーはその名の通り海沿い用に作られた自転車。大きな特徴として、ビーチクルーザーの多くはペダルを後ろに漕ぐとブレーキがかかる「コースターブレーキ」が採用されている。これはサーファー達が片手でサーフボードを担いで海へ出かけるための仕様だ。そのため急ブレーキにはあまり向いていない。ゆっくりと景色を楽しむにはぴったりの車種と言える。

サーフボード片手に担いでチャリンコ全力疾走なんて、そうそうやれないやろうから、上のような仕様でええのやろうね。

サーフィンはしないし、海が近場にあるわけでもないしで、自分で買うことはないだろう。けど、ビーチクルーザーを検索して眺めるのはいいなあ。ハイカラなデザインで見ていて楽しい。

・フィクシー

[若者の人気を集めるブレーキなし自転車「フィクシー」]

フィクシーという呼び方は、「フィクスト・ギア」(fixed gear:固定ギア)を縮めたもので、固定されたシングルギアとチェーンを介して後輪とペダルが連結されていることを意味する。

これで街中走るのはスリルありそう。僕は……やめとこ。

上の記事は、次の自転車の歴史ネタも面白いです。

 おかしなことに、19世紀後半に固定ギア構造の自転車が初めて登場したときは、「安全自転車」として広まった。巨大な前輪のせいで乗り心地が不安定だった「ハイ・ホイール」(ダルマ自転車)にとって代わったためだ。

 その後間もなく、ハンドブレーキとフリーホイール[ペダルを止めても回転する後輪の機構]が開発されたが、フィクスト・ギアは初期の『ツール・ド・フランス』も含め、数十年間人気を保った。

最後。

 ワータネン氏は、「これは禅に通じる。いったん道路の流れになれてしまえば、その混沌の中で漂うことができる」と語る。

なんでも禅にすればいいってものじゃあないような……。でも言いたいことは何となく分かるような……。


・BMX(BicycleMotoccross)

[BMX STREET?]

[BMXとは?]

BMX自体は知っていたけれども、何の略称かきちんと調べたこと無かったので、見つけたモノを書いておく。