ほしみんの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-17 ことば

[] 米国務省から見た言語習得難易度 23:41  米国務省から見た言語習得難易度 - ほしみんの日記 を含むブックマーク  米国務省から見た言語習得難易度 - ほしみんの日記 のブックマークコメント

[YONHAPNEWS WORLD SERVICE : JAPANESE NEWS - 韓国語は「超高難易度言語」、米国務省の職務評価]

米国には英語が母語じゃない人も相当数いるそうだけれども、最大多数は英語話者だから、母語が英語である人間にとっての難易度って考えたらいいのだろう。と、わざわざ断るまでもないことを書いて本題に。

日本語とアラビア語が難易度が高いというのは、鈴木孝雄先生の著書で見たことがありました。中国語*1、韓国語も難易度が高いのですね。この英語が母語の人が日本語を学ぶの逆、日本語が母語の人が英語を学ぶのも難しいのかなとも思います。まあ、そんな単純にひっくり返してしまえるような話じゃないでしょうけれども。

*1:どの中国語かわからんけれども。北京語とか上海語とか全部?

2006-06-04 見えるとうれしいものと、そうじゃないもの

[][] 三つ子の魂…… 20:52  三つ子の魂…… - ほしみんの日記 を含むブックマーク  三つ子の魂…… - ほしみんの日記 のブックマークコメント

英語辞書がらみブックマークを整理しているときに気づいたこと。

[英語辞書批評の在り方]

[山岸勝榮英語辞書・教育研究室]の論考の一つ)

英語辞書批評の在り方に関連しては、私はかつて下記のような論文を発表したことがあります。それらは主に、「アンカー・サンライズ問題」と「宝島問題」を辞書関係者として論評したものです。前者は、『アンカー英和辞典』の発売元である学習研究社が、著作権を侵害したとして、『サンライズ英和辞典』の発売元である旺文社と同辞典編者・小川芳男氏を相手取り、その発行・販売の差し止め、総額4,000万円の損害賠償、謝罪広告を求める訴訟を、昭和63年(1988年)1月28日に、東京地裁に起した一件を取り扱ったものであり、後者は、代々木ゼミナール講師・副島隆彦氏 & Dictionary-Busters が、宝島社発行の『欠陥英和辞典の研究』(1989)で、研究社発行の『新英和中辞典』(第5版)および『ライトハウス英和辞典』(初版)を《日本でいちばん売れている英和辞典はダメ辞典だ!》というキャッチコピーと共に、激烈に批評した一件を取り扱ったものです。

副島隆彦さんの名前をこんなところで見るとは思いませんでした。つか、昔、上の記事読んでいるはずなんですが、そのときはたぶん副島隆彦さんなんて知らなかったのだと思います。

英語がらみで、するどい指摘もあるけれども、トンデモ発言が多いという評判の副島隆彦さんですが、山岸勝榮教授の書いているものを読むと昔から変わっていないんだな〜と。

2005-07-23 違うモノは違うでいい

[][] 些末な一致をもって、全体の一致を強弁する 02:26  些末な一致をもって、全体の一致を強弁する - ほしみんの日記 を含むブックマーク  些末な一致をもって、全体の一致を強弁する - ほしみんの日記 のブックマークコメント

この前の日記(http://d.hatena.ne.jp/hoshimin/20050721#1121958347)の話。


わずかな諺の一致から民族性がそっくりだとする発言を読んで、次の記事で紹介されていた話を思い出しました。


地獄の箴言: 「英語=日本語」説


上の記事では無茶なこじつけで漢字と英語とが同語源と言っている人*1を紹介して、おいおいと突っ込みを入れています。日本語と韓国語朝鮮語*2に対してこういうことを言う人がたまにいます。

日本語と琉球語が古い時代に枝分かれしたと認められているのとは違い、日本語と韓国語朝鮮語は、どちらかが他方の起源である、同根の言語である、といった説は認められていません。日韓朝の言語は、文法が似ていて翻訳プログラムが作りやすいそうですが、まあ、日本語や韓国語朝鮮語と文法が似ている言語は世界を広く見渡せば結構あるという話です*3。また同じ漢字圏ゆえ、似通った語彙も多いわけですが、それは外来語の部分で、根っこにある基本語彙は大きく異なります。

もちろん、いくらかは似ている部分*4は当然あるでしょう。これだけ近く影響し合っている国どうしなのですから。ただ、それをもって日本語と韓国語朝鮮語は同根の言語であると主張するのはあまりに無茶です。

なんで違うものを無理矢理に同じものだと言いたいのかよくわかりません。違うものは違うでいいと思うんですけれどもね。

*1:ネットから消えていますが、Web Archiveに少し残っています。kanntann

*2:現在の朝鮮半島の言語は、韓国の韓国語と北朝鮮の朝鮮語で、少々語彙が違っているようなので、「韓国語」とか「朝鮮語」とまとめずに、ちょっと煩雑ですが「韓国語朝鮮語」と書きます。

*3:何で読んだっけ、この話……。

*4:もしくは、似ているとみなしたいもの……でしょうか?

2005-05-25

[] 「悩ましい」 20:37  「悩ましい」 - ほしみんの日記 を含むブックマーク  「悩ましい」 - ほしみんの日記 のブックマークコメント

難しい問題に対して「なんとも悩ましい問題だ」っていうのを最近よく聞くようになったのですが……。「悩ましい」という言葉にはエロいにおいがあるから「なんとも頭の痛い問題だ」とか言った方が良いんじゃないのかと思ったりします。

2005-04-14 子供は子供のなかで

[] 子供の言葉 00:55  子供の言葉 - ほしみんの日記 を含むブックマーク  子供の言葉 - ほしみんの日記 のブックマークコメント

甥っ子が少し前から保育所にいくようになったのですが、保育所に行くようになってから、ぐっと口から出てくる言葉の数や、その使い方が良くなりました。

スティーブン・ピンカーやマット・リドレーの著書の中で、ジュディス・リッチ・ハリスという人が「子供は同じ子供の集団の中で育っていく」とかなんとかいっていると書かれているのを読みました*1。子供は大人からも多くを学ぶけれども、それ以上に自分と同じ子供と刺激しあうことで多くのことを学んでいく。甥っ子の言葉が保育所に通うようになってぐっと発達したのをみて、ああ……、こういう事なのかと、まあ、そんなことを考えました。

甥っ子だけの話ではなく、妹(甥の母親)の友人のお子さんたちもそんな感じだそうです。いらんことを覚えてきて困るという愚痴がたいがいセットになっているようですが。

*1:ジュディス・リッチ・ハリスの著書、邦訳を買ってはいるんですが、まだちょっとしかよんでません。http://d.hatena.ne.jp/hoshimin/20050204#1107520542。マット・リドレーやジャレド・ダイアモンドに浮気中です。