Hatena::ブログ(Diary)

プッシー五味の daily news

2017-01-07

[]TheSpringSummerの2年半ぶりの2ndアルバムTrash & My Young Heartsとその発売について

みなさん、新年明けましておめでとうございます。2017年始まったばかりですが、いかがお過ごしでしょうか。たいして良いことなんか無いような気もしてますが、それは今に始まったことでも無いし。なんとか生き延びていってください、今年も。

LOSTAGEとしては去年末に地元奈良NEVERLANDにて、毎年恒例行事となりつつある私の主宰しているTHROAT RECORDSの大忘年会イベントから特に何もやってませんが、年始は1/19に横浜FADでART-SCHOOLとライブがあります。ツーマン企画なんで持ち時間長めで勢いよく2017年幕開けたいところです。

バンドとしてはそのあとタイに行ったり、地元奈良toeとライブがあったり、なぜか温泉宿でライブやったり、新ドラマー加入して再始動するGEZANとのライブが新代田であったりと色々いい感じのライブ決まってますんで、みなさんチェックの方よろしくお願いします。

http://lostage.co/


で今年2017年レコードレーベル兼店舗のTHROAT RECORDSなんですが、ついこないだ1/4に大阪を拠点に活動する4ピースギターロックバンドTheSpringSummerの約2年半ぶりになる2ndフルアルバムTrash & My Young Heartsをリリースしました。アルバム制作の方はかなり前から、もう1年以上前からだったと思います、やってて。途中一回全部進行をバラしたりとか、いろいろあったんですがなんとか無事発売することが出来ました。ひとまずホッとしてます。

D

THROAT RECORDSってレーベルは元々自分のやっているバンドLOSTAGEの音源リリースのためにやり始めたレーベルで、当初はLOSTAGE以外のアーティストのリリースとかするつもりもなくただ自分のやることを形にするためだけに作ったものなんですが、縁あって今回のTheSpringSummer、Zやskillkillsのアルバムのアナログリリース、Crypt Cityのライブ音源のCD、RopesやTADZIOにdancebeach/T.V. DINNERS、ハセケンさんやGEZANにuri gagarnもそう。地元からRed Sneakersやdandylion、AYNIW TEPO等々、気づけば結構色んな人達の作品リリースに関わらせてもらいました。タイミングとか縁だけで成り立ってるレーベルだなという感じがしてます。非常にありがたいです、身近にこういった素晴らしい音楽を奏でる人達がいるっていうこと。感謝しかありません。

奈良っていう地方都市を拠点に細々とやってる弱小レーベルなんで、出来ることと出来ないことがはっきりしてます。出来ないことの方が圧倒的に多いと思う、普段みんなが手にするCDやレコードをリリースしている会社やレーベルと比べても。金もないし、大した影響力もない、知名度もコネもない。一体こんな俺みたいなのと関わってて何がいいことあるのかという気もするんですが、ただ俺にしか出来ないことっていうのが多分あります。具体的に俺にしか出来ないことはコレである、っていうのははっきり説明出来ないんですが。あるんですきっと。そういう風にバンドも今までやってきたし、自分達にしか出来ないことって何だろうっていうのはいつもまず最初に考えてます。バンドの活動も、曲を作る時も、何かを発信する時も。出来てるかどうかはわかりません、結果がわかりやすく出てるのかどうかもわからない。ただそうやって考えて行動するのがいいと思ってやってきました。自分のいる意味、やる意味っていうか。

そのためにはちょっと無理目のハードルを設定してそこに挑むっていう作業を繰り返すことになるんですが、それが今回TheSpringSummerのアルバムリリースに関してどうしたらいいかっていうのを考えた結果、THROAT RECORDSが辿り着いたのが大手の流通を使わずにどんだけ売れるか勝負してみるっていうことだったんだと思います。規模が縮小したなとか、売り逃がしてるなとか、そういう風に考える人もおそらくいると思うけど、むしろ攻めのタームに入ったと自分では思ってる。

レーベルを始めた頃は右も左もわからず、今までのやり方を踏襲してその型に当てはめて実行するっていうことでしばらく続けてきたんですが、繰り返すうちにそのシステマチックな事の運びに疑問とか不安とか湧き上がってきて。このままでいいのかっていうか。こういうのもう性格的な問題も多分あると思うんですが、どんどんそこから外れてやってみたい、やってみたいというかそうやっていかないと先がないような気がしてきた感じです。実際この辺のシステムとか業界が今どうなってるのかはわかりません、感覚的に時代とフィットしてないんじゃないかという感じです、勘みたいなやつです。このまま大昔に定められたパーセンテージで作ったものを売ってても俺らに未来なんかないんじゃないか、というそんな感じがしてます。次の一手をどうするか、今までのやり方とどう変えるのかっていう危機感みたいなのがずっとあります。これって自分でリリースにまつわる全部に関わってないとそんなに気にならないのかもしれないですが、そういうやり方を選んでしまった以上、やばいなやばいなと毎日考えながらやるしかなくなってきたわけです。ほんとやばいです。

自分の周りにも自分と関係のないところにいる人にも思うけど、今危機感のない音楽家がとても多いと感じます。別に俺ってすごい先いってるよねとかそういうことを言いたいんじゃないです、ただそう思う。多くの素晴らしい才能が時代遅れの価値観の元、緩やかに死んでいってるように見える。

音楽を作る、録音する、作品を売る、演奏する。一連の作業がルーティンになって、当たり前になって、そして惰性化していく感じ。音楽を作って売る、音楽じゃなくてもそうかもしれないですがその過程に当たり前とか予定調和とかそういうのは要らない。それに安定した仕事として生業として関わっているとしても。じゃないとヤバイものは出来上がらないし、ヤバくないのを聴いてる時間もないしそんなもの欲しくないでしょう多分みんな。みんなが自分の生を削り取って稼いだ金を俺たちの作ったものと交換してくれって言う覚悟要るでしょ。だってなんでも聴けるから、携帯とかで、しかも無料で。

長い時間をかけてメンバーが作ったもの、内容は間違いないでしょう。それを届けるのがTHROAT RECORDSやってる俺の仕事です。誰に、どうやって伝えるか。数の勘定ももちろん大事ですけど、こいつにどうしても聴かせたいっていう気持ちを、絶対聴きたいっていう奴に届ける方法を今探してるところです。1000枚売ったら、5000枚売る、5000枚売ったら2万枚売るとか、そういうのもういいでしょう。それが全てなわけない、そんなのはもうナンセンスだし、ダサい。

もしかしたら間違ってるかもしれないし、失敗かもしれない。わからないですけど、自分にしか出来ないことってなんだろうって。今も考えながらこれ書いてます。

応援してもらえたら助かるっていう気持ちはめちゃくちゃあるんですけど、同情されたら終わりやなっていうのも同時に感じる。

ここが入り口になればそれだけで、ようこそって感じ。


このブログここまで読んでる奴にはいつか絶対俺らのやってること届けたいと思ってます。まだ今じゃないかもしれないけど、俺らとしか見られへん景色が絶対ある。




ちょっと長くなりましたが、今年2017年も何卒THROAT RECORDSとこのレーベルや店に関わる音楽のこと、よろしくお願いします。


スプサマの新譜の入手方法は以下をチェックよろしくどうぞ。

http://throatrecords.tumblr.com/

2016-10-23

[]生活2016:2日目出演 CryptCItyについて

いよいよ出演バンドの紹介も最後になりました。2日目出演CryptCityについて。

f:id:hostage:20161021040726j:image:w360

多分LOSTAGEが1番一緒にライブやってて、CryptCityもLOSTAGEと1番一緒にライブやってると思う。ここまでバンドの紹介、稚拙な文章で色々な事を書いてきたけどこのバンドに関しては言葉に置き換えて伝え切る自信なし。

D

出来ればこの動画なんかも見ずに、今すぐ現場に直行してください。


体感しないと凄さがわからないと思う。






CryptCity、俺が一番好きなバンドな。






CryptCity official HP こちら





2016/10/22(SAT)&23(SUN)/IBARAKI SPACE U

LOSTAGE presents [ 生活 2016 ]

f:id:hostage:20161014003956j:image:w360

f:id:hostage:20161014010119j:image:w360

会場 茨城県 スペースU古河  http://spaceukoga.wix.com/spaceukoga

OPEN/START OPEN 13:00 / START 13:30(両日とも)


10/22(SAT) 出演

LOSTAGE / bacho / COMEBACK MY DAUGHTERS / NOT WONK / ROTH BART BARON / マヒトゥ・ザ・ピーポー / TheSpringSummer


10/23(SUN) 出演  

LOSTAGE / ART-SCHOOL / ASPARAGUS / bed / Crypt City / HINTO / LITE


出店  

THROAT RECORDS / RR / R食堂 / ドラヤキワダヤ / LIFE SHOP / ねこや / 魚進 / cafe couwa / The Shrimps / toonice / MORTAR RECORD / 3p3b / 十三月の甲虫 / KiliKiliVilla   


席種・料金

スタンディング-前売り 各1日券 \4,800/2日通し券 \8,800(税込み)  

※出演者は都合により変更の可能性あり  

※出演アーティストの変更等による払い戻しは行いません  

※いかなる場合でもチケットおよびリストバンドの( 紛失・破損・焼失) 再発行は致しません

※チケットは当日リストバンドと交換になります  

※6歳以上はチケット要  


チケット発売中      

■ぴあ(P:) 0570-02-9999       

■ ローソン(L:73328) 0570-084-003  

■ e+ http://eplus.jp/  

■ LIVE HOUSE FEVER 03-6342-7899  



■主催:THROAT RECORDS / ATFIELD inc.    

■企画制作:THROAT RECORDS / ATFIELD inc.  

■協力:PAINTBOX / LIVE HOUSE FEVER  


INFO

03-5712-5227 (エイティーフィールド) http://www.atfield.net/

2016-10-22

[]生活2016:2日目出演 ASPARAGUSについて

LOSTAGE presents 生活2016の1日目が終わりました。ご来場いただきました皆様、関係者各位ありがとうございました。2日目もよろしくおねがいします。

楽し過ぎて、半分もう終わってしまったことがちょっとさみしい、2日目も昨日より楽しもうと思います。多幸感でアドレナリン出過ぎて死ぬかもしれない。

2日続けてイベントを企画するって普段のライブハウスだとなかなか出来ないことなので、新鮮。両日のペース配分とか全く考えられてないですけど、初日から気合い入れ過ぎ。共演者と現場スタッフ、お客さん達の作ってくれた最高の雰囲気の中演奏させてもらえてほんとありがたいといつも思ってます。

このBlogのLOSTAGE presents 生活2016告知となんらかの発信基地としての更新は今回ASPARAGUSと次回CryptCityの紹介でひとまず終了になりますが、あらためて仲間のバンドのことを考えるいい機会になりました。たいした文章ではないですが気にしてくださった皆さんありがとうございます。

では最後になりましたが、出演バンド2組の紹介といきましょう。

まずは横浜を拠点に活動する3ピースASPARAGUSについて。

f:id:hostage:20161021081555j:image:w360

ご存知の方もおられると思いますが、ASPARAGUSといえば彼らの主催する名物企画BKTSで我々LOSTAGEは毎回お世話になってます。

BKTSっていうのはASPARAGUSを軸に、昨日生活2016初日出演のCOMEBACK MY DAUGHTERSとthe band apart、そして我々LOSTAGEの4組で行われるライブイベントのタイトル。一番最初に開催されたのは2005年の9月でその時はその4バンドに加えて生活2016の2日目出演のCryptCityやART-SCHOOLでベース弾いてる中尾憲太郎さんがいたsloth love chunksも参加してたんですね、活動終わってしまったんで2回目からは不参加でしたけど。時が経ってもあの頃と同じように共演出来るっていうのは個人的に感慨深いです。

バコツって呼んでるけど、馬の骨って意味なんでしょうか。どこの馬の骨かわからないオッサン達の大運動会っていう感じです。不定期なんですがASPARAGUS主体のイベントなんで、彼らの作品リリースとか大きな動きに沿って開催されます。前回がたしか2012年なんでもう4年も前ですね…。大運動会っていうかオリンピックみたいな感じかな…笑。

なんでこんなに不定期かっていうとASPARAGUSが超のつくマイペースな活動スタイルだからなんですが、やりたいことを納得いくまでやったりやりたくないことはやらないぞというスタンスは我々も同じだと思っています。BKTSは固定のメンツで毎回やってるけど、好きな人達ととことんやり切るスタイルっていうか、そういうのも最高。

ASPARAGUS並びにBKTSには沢山の思い入れが俺にもLOSTAGEにもあるんですが、個人的に大切にしている思い出が2つあって。

1つはツアーの時にライブイベントのアフターパーティがオールナイトであったんですけど、確か福岡だったと思う。

その時にそこでBKTS出演バンドの皆がアコースティックの弾き語りをやることになったんですよね、でもそれまで俺アコギで弾き語りってやったことなくて。その時に忍さんにやってみなよって言われてやったのが俺の弾き語りの初ライブ。その後俺が忍さんのギター良いですねって物欲しそうにみてたら同じものをメーカーにかけあって安く手配してくれた。今もそのギター使ってますけど、あの弾き語りのライブやそのギターがなかったらNEVERLANDやNAGISAみたいな曲は出来てなかったと思う。人や楽器が呼んでくる曲ってあるなって思います。

もう一つはLOSTAGEが4人編成から3人編成に変わった俺のやってきたバンド史上最もヘビーな時期に観たライブ。3ピースで出す音の厚みとか、堂々としたステージでの佇まいがあの頃の自分にとってとても大きかった、諦めずに続けられたのはASPARAGUSとあとspiral chordもなんですけど、実際ライブも何度も見て感じて、自分の中の血になっていってたと思います。

多分これから俺はずっとアコースティックギターで弾き語るライブを続けていくと思うけど、あの時声かけてもらってなかったら1人で音楽と向き合うっていう時間も今と違ってたかもしれない。

多分これからも俺達は3人でクソカッコ良いライブをやり続けていくと思うけど、あの頃も今もカッコ良い先人達の背中を見ることが出来てなかったら、今俺こうやって感傷に浸りながらBlogを更新することもなかったかもしれない。


感謝と尊敬しかありません。



あとね、メンバーのMCが面白過ぎるので毎回それも楽しみ。



感謝と尊敬と笑い。




最高。



D

ASPARAGUSの所属する3p3b official HP こちら





2016/10/22(SAT)&23(SUN)/IBARAKI SPACE U

LOSTAGE presents [ 生活 2016 ]

f:id:hostage:20161014003956j:image:w360

f:id:hostage:20161014010119j:image:w360

会場 茨城県 スペースU古河  http://spaceukoga.wix.com/spaceukoga

OPEN/START OPEN 13:00 / START 13:30(両日とも)


10/22(SAT) 出演

LOSTAGE / bacho / COMEBACK MY DAUGHTERS / NOT WONK / ROTH BART BARON / マヒトゥ・ザ・ピーポー / TheSpringSummer


10/23(SUN) 出演  

LOSTAGE / ART-SCHOOL / ASPARAGUS / bed / Crypt City / HINTO / LITE


出店  

THROAT RECORDS / RR / R食堂 / ドラヤキワダヤ / LIFE SHOP / ねこや / 魚進 / cafe couwa / The Shrimps / toonice / MORTAR RECORD / 3p3b / 十三月の甲虫 / KiliKiliVilla   


席種・料金

スタンディング-前売り 各1日券 \4,800/2日通し券 \8,800(税込み)  

※出演者は都合により変更の可能性あり  

※出演アーティストの変更等による払い戻しは行いません  

※いかなる場合でもチケットおよびリストバンドの( 紛失・破損・焼失) 再発行は致しません

※チケットは当日リストバンドと交換になります  

※6歳以上はチケット要  


チケット発売中      

■ぴあ(P:) 0570-02-9999       

■ ローソン(L:73328) 0570-084-003  

■ e+ http://eplus.jp/  

■ LIVE HOUSE FEVER 03-6342-7899  



■主催:THROAT RECORDS / ATFIELD inc.    

■企画制作:THROAT RECORDS / ATFIELD inc.  

■協力:PAINTBOX / LIVE HOUSE FEVER  


INFO

03-5712-5227 (エイティーフィールド) http://www.atfield.net/

2016-10-21

[]生活2016:2日目出演 LITEについて

おつかれさまですみなさま、本日我々LOSTAGEチーム前日に茨城古河の現場スペースUに夕方頃到着。先ほどサウンドチェックとリハーサルを終えて宿にチェックインしました。現場スタッフの協力もあり去年より音響システムがパワーアップしてました、ご来場のみなさまはお楽しみに。

f:id:hostage:20161021034842j:image:w360

直前の更新にはなりますが本日の出演者紹介は東京を拠点に活動するインストゥルメンタル4ピースLITEです。

LITEとの邂逅はライブハウスでの共演ではなく確かあれは神戸のBLUE PORTだったと思うんですが、何か別のバンド目当てで観に行ったライブに出演していたのを目撃してそのライブに感動してメンバーに話しかけたのが最初だったような気がします。ベロベロに酔っぱらっていた気がするので、不確かではあります。

当時インストのロックバンドってあんまり知らなかったんですが、海外だとtortoiseとかghosts&vodkaとかちょっと気になって聴いてみたり日本だとその辺りの流れ受けてtoeが頭角を現してきてた時期だったんじゃないかな。

LITEも今は日本初世界行きのグローバルな活動しているけど、その頃はまだそういうのも全然なくて(知らなかっただけかもしれない)。いまや世界に誇る日本のバンドですよね、最近もmouse on the keysとのスプリットを米topshelfからリリースして、秋には北アメリカにツアーに行くみたい。すごい。

楽器を使って音だけで表現することを突き詰めていくことの成果が国境を越え、言語の壁を越え、感覚にダイレクトに伝わっていくって素晴しいことだと思います。

D

ポリリズミックな楽曲とダイナミックな演奏にツインギター(キーボードも導入されてたりしますが)とベース&ドラムのアンサンブルが素晴しく、LITEにしか出せない音の世界が確立されてる。カッコ良いていうのは、自分達にしか出来ないことをどれだけ自覚的にやってるかっていうことなんだと改めて思わされます。

俺なんか昔から歌を歌うのが好きで、バンドでドラムもギターもベースもやったことあるけど歌はずっと演奏しながら歌ってたんですよね。歌うっていうか大きな声を出すのが好きで。意味の無い言葉を声に出してるだけでも全然いいんですけど、飽きてくるじゃないですか。だから歌詞とかも書くようになって。いまだに歌詞書くの苦手ですけど。

曲作ってる最初の方とかメンバーとセッションしてるとき、仮歌みたいなの何言ってるかわからない言葉になるまえの声を出して。その時とか歌詞が乗って意味が発生してきた時とはまた違った原始的な快感ある、感覚が開いていくような。

LITE観たり聴いたりしてるとその感覚の扉が開く感じします、eastern youthとか聴いてるとまた全然ちがう扉ガーンて開くんですけど。

自分の中から出てくるメロディとかリズムってなんなんだろうとか、人と道具を使って一緒に演奏するってどういうことなんだろうとか、色んなことを考えさせてくれます。

自分が歌うのと同じように、楽器を操り演奏し、何かを伝え、それが世界に拡がっていく。そんなに歳も違わない彼らが世界を相手に活躍している話を聞くととても誇らしい気持ちになります(そしてちょっと悔しい)。

明日22日もLITEは自主企画で(詳細こちら)恵比寿のLIQUID ROOMにUKとUSからバンドを招聘して(日本からもskillkillsが参加)ライブが行われるようです。日程被ってるイベントの告知してる場合じゃないんですけど、彼らの活動の仕方は素晴しいですから、茨城来られなくても東京ならって方は是非チェックしてみてください。


ギターの武田くんはバンド以外にも仕事として日本のバンドやアーティストが海外にツアーに行ったりするサポート申請の代行や、バンドマン向けに税金とかお金の運用の仕方の講習会開いたり(べつに怪しくないやつ)生き方もカッコ良いですよね。井澤くんもレーベルやって海外のバンドのリリースとかツアー手伝ったりさ。


最高やな。



でも俺武田くんとはシモネタしか話したことないんですよね、明後日も多分。








LITE official HP こちら





2016/10/22(SAT)&23(SUN)/IBARAKI SPACE U

LOSTAGE presents [ 生活 2016 ]

f:id:hostage:20161014003956j:image:w360

f:id:hostage:20161014010119j:image:w360

会場 茨城県 スペースU古河  http://spaceukoga.wix.com/spaceukoga

OPEN/START OPEN 13:00 / START 13:30(両日とも)


10/22(SAT) 出演

LOSTAGE / bacho / COMEBACK MY DAUGHTERS / NOT WONK / ROTH BART BARON / マヒトゥ・ザ・ピーポー / TheSpringSummer


10/23(SUN) 出演  

LOSTAGE / ART-SCHOOL / ASPARAGUS / bed / Crypt City / HINTO / LITE


出店  

THROAT RECORDS / RR / R食堂 / ドラヤキワダヤ / LIFE SHOP / ねこや / 魚進 / cafe couwa / The Shrimps / toonice / MORTAR RECORD / 3p3b / 十三月の甲虫 / KiliKiliVilla   


席種・料金

スタンディング-前売り 各1日券 \4,800/2日通し券 \8,800(税込み)  

※出演者は都合により変更の可能性あり  

※出演アーティストの変更等による払い戻しは行いません  

※いかなる場合でもチケットおよびリストバンドの( 紛失・破損・焼失) 再発行は致しません

※チケットは当日リストバンドと交換になります  

※6歳以上はチケット要  


チケット発売中      

ぴあ(P:) 0570-02-9999       

ローソン(L:73328) 0570-084-003  

■ e+ http://eplus.jp/  

■ LIVE HOUSE FEVER 03-6342-7899  



■主催:THROAT RECORDS / ATFIELD inc.    

■企画制作:THROAT RECORDS / ATFIELD inc.  

■協力:PAINTBOX / LIVE HOUSE FEVER  


INFO

03-5712-5227 (エイティーフィールド) http://www.atfield.net/

2016-10-20

[]生活2016:2日目出演 HINTOについて

いよいよイベントLOSTAGE presents 生活2016今年もやってきました。当日の天気は曇り〜晴れの予報になってました。晴れると出店スペースがほんと気持ちのいい場所なんで、なんとか晴れてほしいところです。雨でもライブ自体は屋内のスペースで、イベント中も出入りは自由になってます。

f:id:hostage:20161022083028p:image:w360

本日の紹介は東京拠点に活動する4ピース、安部兄弟率いるHINTOです。

f:id:hostage:20160811104408j:image:w360

wikipedia情報によると、安部の兄貴が2009年頃から曲作りをはじめて、2010年の新木場COASTで開催された残響レコード主催のイベントが初ライブだったようです(wikipediaの信憑性はとりあえずおいといて、便利ですねこれ)。そのライブ実は我々も出演してたんですよね、大きなイベントで沢山のバンドが出演していたので共演っていう感じでもなかったんですが。これも何かの縁でしょう。

去年の生活2015でもキセルが出演してくれていましたが、兄弟で一緒に活動しているっていうのはLOSTAGEやHINTOもそうだし、過去の生活シリーズ出演者の中ではskillkillsの弘中兄弟なんかもそう。Zも前期は根本兄弟が一緒にやってました。

「兄弟でバンドやるってどんな感じなんですか?」

とか

「仲良いですね」

とか多分どの兄弟も今まで言われ続けてきたんじゃないでしょうか。俺らも耳にたこが出来るくらい同じこと言われ続けてます、これからもずっと多分言われる。

正直仲が良いから一緒にやっている、というわけでもなくて。ただ俺達の場合ですけど、出身が奈良の田舎でそこにずっといたから他に一緒にバンドやろうっていう人にあまり出会わなかっただけっていうか。兄弟だと意志の疎通も楽だし、実家に一緒に住んでたから同じような音楽普段から聴いてたし。

安部兄弟の場合はどうなんだろう。

ただキセルとかと話してても感じましたが、兄弟の間合いみたいなのは多分ある。育った環境とか習慣とかからきているのか、DNAレベルのグルーヴなのかはわかりませんけど。実際兄弟でバンドやってる人達ってけっこういますよね、oasisみたいに喧嘩して解散しなかったらいいんですけど。

逆に俺は聞いてみたいことあるんですが、岩城的な立ち位置の人に。

「兄弟でやっているバンドで兄弟じゃないところから一緒に活動するのってどんな感じなんですか」

っていう。多分やりにくい部分てあるんじゃないの、やりにくいっていうかわかりにくいところ。もう岩城も長く一緒に居過ぎて半分親戚化してきてるような気もしますが。遠くの親戚より近くの他人っていうじゃないですか。親戚も他人もどっちでも近くにいたら頼りになるからな、バンドって近いよなんか。

D

この飄々とした佇まいと、独特の間が最高にイカしてるバンド。

淡々としたMCを挟みながら、独特の間合いで聴かせる安部コウセイ氏の歌は唯一無二だと思います。ライブではもしかしたら安部兄弟のグルーヴが垣間見えるかもしれません。安部兄弟と五味兄弟の見比べ聴き比べなんかも、いいかもしれませんね笑。



そういえばHINTOは大阪PANGEAで共演した際に、ライブ中のMCで突然「生活に出たい」と言い出して、安部の兄貴が。それ観ててそのあと楽屋で「一緒にやりましょう」って誘ったら「ツアーで忙しいから無理と思う」って…。

なんなんだろうあの人。



なんとかスケジュール調整してくれて今回生活シリーズ初出演、よろしくおねがいします。




HINTO official HP こちら





2016/10/22(SAT)&23(SUN)/IBARAKI SPACE U

LOSTAGE presents [ 生活 2016 ]

f:id:hostage:20161014003956j:image:w360

f:id:hostage:20161014010119j:image:w360

会場 茨城県 スペースU古河  http://spaceukoga.wix.com/spaceukoga

OPEN/START OPEN 13:00 / START 13:30(両日とも)


10/22(SAT) 出演

LOSTAGE / bacho / COMEBACK MY DAUGHTERS / NOT WONK / ROTH BART BARON / マヒトゥ・ザ・ピーポー / TheSpringSummer


10/23(SUN) 出演  

LOSTAGE / ART-SCHOOL / ASPARAGUS / bed / Crypt City / HINTO / LITE


出店  

THROAT RECORDS / RR / R食堂 / ドラヤキワダヤ / LIFE SHOP / ねこや / 魚進 / cafe couwa / The Shrimps / toonice / MORTAR RECORD / 3p3b / 十三月の甲虫 / KiliKiliVilla   


席種・料金

スタンディング-前売り 各1日券 \4,800/2日通し券 \8,800(税込み)  

※出演者は都合により変更の可能性あり  

※出演アーティストの変更等による払い戻しは行いません  

※いかなる場合でもチケットおよびリストバンドの( 紛失・破損・焼失) 再発行は致しません

※チケットは当日リストバンドと交換になります  

※6歳以上はチケット要  


チケット発売中      

■ぴあ(P:) 0570-02-9999       

■ ローソン(L:73328) 0570-084-003  

■ e+ http://eplus.jp/  

■ LIVE HOUSE FEVER 03-6342-7899  



■主催:THROAT RECORDS / ATFIELD inc.    

■企画制作:THROAT RECORDS / ATFIELD inc.  

■協力:PAINTBOX / LIVE HOUSE FEVER  


INFO

03-5712-5227 (エイティーフィールド) http://www.atfield.net/