湯湯ブログ

2005-02-28 『台湾の旅』 旅サラダ

今回は、「朝だ!生です旅サラダ」(2005/2/26)で放送された台湾の旅の後半を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

烏來(ウーライ)温泉 川底温泉

台北県烏来郷烏来村

台北の東南約28kmにある小さな温泉町烏來。『ウーライ』とは、ここに住む原住民族タイヤル族の言葉で『温泉』を意味します。

烏來爆布やロープウェー、タイヤル文化村などのある、台湾北部の代表的な観光地の一つです。

烏來温泉は、弱酸性の炭酸水素塩泉で無臭透明、肌がすべすべになるなどの効用があります。

この烏來温泉の南勢渓という川の露天風呂付近の河原では、「手堀り」でも温泉を楽しめます。

川底からは、かなり熱い温泉が出てくるので、川の水をうまく入れ込んで、温泉が出来上がります。

トロッコ列車

台北県烏来郷烏来村

台湾で唯一のトロッコ列車として親しまれている烏來名物の観光トロッコです。

このトロッコ列車、ふもとの烏來駅から瀑布站までの約2.5キロを結ぶ路線を、約10分ほどかけて走ります。

もとは材木運搬に使用されていた軌道を観光用に再利用したものです。

昔は台車を人が押していたそうですが、いまではエンジン搭載のガソリンで動いています。

春秋烏来(チュンチョウウーライ)

台北県烏來郷堰堤3

全客室数わずか23室の最高級リゾートホテルです。

木・石・水をテーマにセンス良くまとめられたインテリアは、ホテルの中は、台湾であることを忘れ去るほどです。

自然の陽光をふんだんにとりいれた設計がなされ、癒しの空間が広がっています。

なかでも「翠湖芳庭」とよばれるSPA(高級エステサロン)は最高です。

マッサージルームには、更衣室からトイレまで完備され、大きな窓からは、烏来の自然が一望できます。

林華泰茶行(リンファタイツァーハン)

台北市重慶北路2-193

150年の歴史を持つお茶の卸問屋です。

店舗面積は 約200坪。広い店内には茶葉がたっぷりと詰まった大きな茶筒が所狭しと立ち並び、中国茶の芳香 が立ち上っています。

ヨーロッパ貴族の間で、東洋美人と呼ばれ、その独特の香りと味わいが珍重されていた、紅茶に近い発酵度の高い烏龍茶「東方美人茶」も買うことができます。

烏鐵茶道(ウーティエツァーダオ)

台北市観光茶園文山区指南路3-38-25

台北郊外の木柵茶区一帯の猫空(マオコン)にある茶藝館です。

ここでは、月明かりの下で茶葉を摘み、夜発酵させて作るという、とても珍しいお茶「月光茶」が楽しめます。

また、地鶏と茶葉を使った「茶葉料理」も味わうことができます。

紫藤廬(ツートンルー)

台北市新生南路3-16-1

この古い建物は、当初は学術文化の討論や台湾民主運動の拠点として使われました。その後、1981年に茶芸館としてオープンし、現代の茶芸館ブームの草分けとなりました。

お茶の淹れ方は基本的に宜興式小壺品茶(宜興焼きのセット使用)、蓋杯品茶(茶漉し付きマグカップ使用)、天目小茶碗品茶(天目のミニ茶碗使用)の三つに分けられます。

店員さんはお客の好みや天候に合わせ、適切なお茶をアドバイスしてくれます。

寒舎(ハンシャ)

台北市文人區指南路3-40-6

観音茶を中心に栽培しているお茶農家の茶芸館です。

鉄観音茶は烏龍茶の中では中程度の発酵の「半発酵茶」に分類されます。

他の台湾茶と違うところは、最後の発酵を止める為の火入れを炭火焙煎していることで、このため、濃厚な味わいの中にほうじ茶に似た香ばしさとまろやかな甘みが出てきます。

茶葉は艶のある黒味がかった色で小さく固くよじれており、茶湯の色は明るいアンズ色をしています。

濃厚な味とほのかな花の香りとの絶妙なバランスで、すーっとした喉越しがあります。

又、このお茶には脂肪を分解させる酵素がたくさん含まれており、ダイエット効果や、酔い覚ましの効果などが認められています。

あなたの旅を探してみませんか

2005-02-27 『台湾の旅』 旅サラダ

今回は、「朝だ!生です旅サラダ」(2005/2/26)で放送された台湾の旅の前半を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

廸化街(ディーホワチェ)

台北市大同区廸化街

日本のアメ横のような問屋街です。

正月近くの休日には露店が立ち並び、正月の飾り付けや食材が売られて、買い物客・冷やかしの人たちでごった返します。

TAIPEI 101(タイペイ イーリンイー)

台北市信義区市府路45 

台北信義地区にある101階建てで高さは508メートルの世界最高の高さを誇るビルです。

正式名を「台北金融大樓」と言います。

展望台から見る景色は素晴らしく、そこに至るシースルーのエレベーターもなかなかの迫力だそうです。

分速1000mで地下1階から展望フロア89階までを39秒で移動する世界最高速度です。

衆流素食(ジョウリウ・スーシー)

台北市龍江路102

素食とは肉食を禁じる仏教の教えから発祥した料理、つまり、日本でいう精進料理のことです。

なかでもこのレストランは、現代人の嗜好に合わせ、よりおいしく、よりスタイリッシュに素食を楽しめるようにと、各種斬新なメニューを提供しています。

料理はいずれも素材が何であるかを想像できないものばかりです。

士林夜市(スーリンイェシー)

台北市大東路、基隆路間のエリア

夜市は台北駅から北に5キロほどの「劍潭」駅の北側出口から歩いてすぐの場所にあります。

士林夜市は台北市で最大規模を誇るナイトマーケットの一つで、陽明戯院(映画館)、慈誠宮を中心に、文林路、大東路、大南路などにぎやかな通りから成り立っています。

なかでも、士林市場は1910年に建てられた古い歴史を有するマーケットです。

各種の台湾小吃(B級グルメ)は内外にその名を馳せており、B級グルメを求めてここを訪ねる観光客は後を絶ちません。

「大餅包小餅(春巻のようなもの)」、「石頭火鍋」、士林名物、ジャンボソーセージ衣服CDおもちゃ、アクセサリー、屋台料理、デザートなどさまざまな種類の店がひしめいていて、どこも熱気でいっぱいです。

龍山寺(ロンシャンスー)

f:id:hotspring158:20050227201920:image 写真提供JTB

台北市広州街211

1737年に建立された、台北の発祥の地、萬華の一角にある台北市最古の中国廟です。

総面積一千八百坪余り、中国南方の宮殿式建築で、本尊をおまつりした正殿を、前殿、東西の鐘楼、鼓楼、そして後殿が囲む「回」の形をした構造となっています。

本殿中心に観音菩薩、両側に文殊、普賢の両菩薩、さらにその左右両側には四海龍王、十八羅漢、山神、土地神の神様が、後殿には媽祖、関帝君、文昌帝君、水仙尊王、子授け女神の註生娘などありとあらゆる仏神が祭られているで、龍山寺に来ればどんな願いもかなえられるといわれています。

あなたの旅を探してみませんか

2005-02-26 『この冬おすすめ 雪の絶景露天と海の幸』 いい旅・夢気分

今回は、「いい旅・夢気分」(2005/2/16)で放送された白川郷の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

白川郷

f:id:hotspring158:20050226201030:image

岐阜県大野郡白川村

1995年12月6日ユネスコは「白川郷・五箇山の合掌造り集落」を”世界 遺産”として登録しました。

国内では、白神山地、屋久島、姫路城、法 隆寺、京都に次いで6番目の世界遺産です。

同集落は今後、住民が生活を営みながら 、人類共有の遺産として保護、保存されることになります。

合掌造りは、昭和14年にドイツの建築家ブルーノ・タウトの「日本美の再発見」により紹介され、以来その価値が広く認知されるようになりました。

合掌造りという名前の由来については、建物の形が、合掌が両手を合わせる仏教の拝礼の形式に似ているところから来ています。

白川郷の合掌造りの第一の特徴は、急な屋根勾配です。合掌丸太の長さが梁とほぼ等しく、屋根が60度前後の正三角形になっています。

この地域は豪雪地帯であり、急な屋根勾配は、雪が滑りやすく雪下ろしの負担が軽くなるとともに、水分を含んで茅が腐ることもありません。

また、構造的に日射受熱量が夏に最も少なくなるので、涼しく生活することができます。

第二に、規模の大きさです。

梁間がほかの地方の合掌造りと比べ長く、合掌丸太も長大となり見る者を圧倒します。

この建物規模を活かし屋根内部を多層式にすることで、本地域の主要産業であった養蚕や焔硝製造を建物内で行えるようにしています。

第三に、屋根部分に釘を使用していないことです。

豪雪地帯であり、風の強い本地域では、家屋全体が柔らかく揺れに強い必要があります。このため、梁を柱の中心で固定する「シャチ」を用いたり、屋根が揺れても復元するように、藁やネソ(マンサクの若木)で部材を締め付ける工夫が凝らされています。

また、配置においても工夫がみられます。

ほぼ全ての家屋が妻側を南北の方位に向けて建てられています。

特に白川村では、南北に貫通する庄川に沿って風が吹き抜けるため、表面積の少ない妻側を南北の方位に向けることにより、風の抵抗を最小限にしています。

ほとんどの家屋が同一方向を向いているため、景観的に非常に整った印象を与えます。

野外博物館 合掌造り民家園

岐阜県大野郡白川村荻町2499

自然地形を生かした広い園内に廃村になった飛騨加須良集落の合掌造り民家を移築し、25棟の民家が立ち並んでいます。

神社、寺本堂までも合掌造りで昔のままに保存公開されています。

復原した各民家では、伝承(民具作り)ごとが実演され、予約によって参加体験(そば打ち、機織り)もできます。

茅葺き屋根の合掌造り民家内部には養蚕の道具類などが展示されています。

世界遺産の荻町合掌集落にあり、実際に合掌造り民家の内部を見学できるのも魅力です。

合掌乃宿 孫右エ門

岐阜県大野郡白川村荻町360

庄川沿いに建つ合掌造りの宿です。

部屋からは川が眺めることができます。

囲炉裏を囲んでの食事を楽しんでください。

白川郷の湯

岐阜県大野郡白川村荻町337

世界文化遺産 白川郷荻町合掌集落内に所在する世界文化遺産唯一の宿泊設備を伴った温泉施設です。

露天風呂からは傍らを流れる庄川が見渡せ、ジェットバスやハーブの香りが漂うミストサウナが配置される内風呂も好評です。

平瀬温泉 藤助の湯 ふじや

岐阜県大野郡白川村平瀬303-16

今宵の宿は12軒ある温泉宿の一つ、藤助の湯ふじやです。平成14年。昔ながらの温泉旅館だったふじやに、新しい顔ができました。

古民家を移築して造られた新館です。

白川村の宿巡り・あなたの旅巡り

2005-02-25 『冬のみちのく青森 雪見露天と囲炉裏の宿』 いい旅・夢気分

今回は、「いい旅・夢気分」(2005/2/23)で放送された青森の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

十和田湖

青森県上北郡十和田湖町

十和田湖は、湖面標高401メートル、面積59.8平方キロメートル、最大水深は326.8メートルで日本で三番目に大きな湖です。

十和田火山の噴火で形成された湖で、カルデラ湖特有の青みがかった奇麗な水を豊富に抱えています。

湖上遊覧船で、変化に富んだ外輪山を湖上から眺めることができます。

中山半島と御倉半島が一望できます。

奥入瀬渓流は、十和田湖から流れ出る奥入瀬川が織りなす渓流です。

子ノ口(ねのくち)から蔦川と合流する焼山までの約14kmを、早瀬や淵、瀞となって流れ、両岸に大小の滝を落とし、変化に富んだ渓流美を展開しています。

秋には頭上を覆うブナ、カエデ、ヤマモミジ、ミズナラ、オノグルミなどの樹林が色付き、気分を癒してくれます。流れに沿って遊歩道が整備されています。

八甲田温泉 遊仙

青森県青森市駒込深沢766-2

八甲田山北東麓、田代湿原近くにある一軒宿の温泉です。

湯は明治のはじめより自然湧出したものです。

湿原一帯に貴重な植物が群生し、宿の周りにはレンゲツツジの群生が見られます。

八甲田の山並みの素晴らしい自然にめぐまれた温泉です。

酸ヶ湯(すかゆ)温泉

青森県青森市八甲田山1

酸ヶ湯は、江戸時代から湯治場として栄えてきた山の温泉宿で、十和田八幡平国立公園の北部、八甲田の主峰大岳の西麓に位置する、標高約九百メートルの清涼な高地にあります。

名物の「ヒバ千人風呂」は、80坪の総ヒバ造りの浴室の中に、「熱の湯」、「冷の湯」、「黒滝」など5つの浴槽があります。

ちょっぴり白濁したお湯の泉質は酸性硫黄泉で、神経痛、胃腸病、婦人病などに効果があります。

混浴ですが、午前8時〜9時は女性専用となります。

津軽ねぷた村

f:id:hotspring158:20050225193508:image

青森県弘前市亀甲町61

津軽を一度に楽しめる観光施設です。

大小様々な、弘前ねぷたの常設展示、民工芸の実演・展示販売そして作る喜びと感動が味わえる体験学習もできます。

平成14年4月には、リニューアルオープンでさらに充実され津軽三味線の展示や演奏が行われる予定です。

岩木山嶽温泉 縄文人の宿

青森県中津軽郡岩木町常磐野字湯ノ沢14

郷土文化を感じさせるものが色々と置かれている宿です。

客室は母屋の他に「さなぶりの家」(農家の休みを意味する)、「やかた」、「東日流の家(つがるのやかた」の離れが二棟あります。

さらに母屋から少し離れた場所にある女性専用の「安寿姫の隠れ家」もあります。

「さなぶりの家」は、六畳と八畳二つの部屋がある平屋建てで、囲炉裏のある昔懐かしい雰囲気です。

アソベの森 いわき荘

青森県中津軽郡岩木町大字百沢字寺沢28-29

岩木山は古く「アソベの森」と呼ばれ、神が宿る「モリ(森)山」として、津軽の文化を育んできました。

岩木山を望む絶好の場所に「いわき荘」があり、館内はモダン和風に統一されて洗練された雰囲気です。

青森ヒバをふんだんに使ったは木の芳香が心地よい大浴場もあります。

岩木山神社

青森県中津軽郡岩木町百沢字寺沢27 

創建1200余年の歴史を持つ岩木神社は、「奥の日光」・お岩木さまと呼ばれ、正面に岩木山を望み、杉木立に囲まれた長い参道に楼門(重要文化財)、奥に中門(重要文化財)があり、さらに拝殿(重要文化財)、本殿(重要文化財)が立っています。

社殿や楼門は、江戸初期から元禄時代にかけて、代々の津軽藩主が造営・寄進したものです。

木材は青森県産ヒバを使用し、古いものでは390年の風雪を耐えた建造物です。

旧暦8月1日の奥宮神賑祭(お山参詣)は重要無形文化財に指定され、1週間、精進潔斎した人々が白装束で街道を練り歩き、神社参拝の後、『さいぎ、さいぎ』の登山囃子で、奥の宮を目指し、山頂まで(約6km)を行列します。

十和田湖畔・弘前宿巡り

2005-02-24 『冬の京都スペシャル』 旅に香り時の遊び

今回は、「旅の香り時の遊び」(2005/2/22)で放送された京都の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

金閣寺(北山鹿苑寺)

京都市北区金閣寺町1

足利三代将軍義満が、西園寺公経の山荘の跡に「北山殿」と呼ぶ別邸を造ったのが始まりです。

応永15年義満が没するまで政治の中心となりますが、彼の死後、遺言通り夢窓国師を開山とし義満の法号鹿苑院殿から二字をとり、鹿苑寺と名づけられました。

大半の建物は応仁の乱などに焼失し、さらに昭和25年に一人の学僧によって放火され焼失してしまいました。

現在の建物は昭和30年に再建されたもので、昭和62年には、金箔が全面張り替えられ、きらびやかな姿を蘇らせました。

鏡湖池に臨む三層の楼閣の金閣は、初層は寝殿造りの「法水院」、二層は武家造りの「潮音洞」、第三層は唐風の「究竟頂」となっており、三つの違った様式で造られてされています。

二層と三層は漆の上から純金の箔が張ってあり、屋根は椹の薄い板を何枚も重ねたこけら葺きで、上には中国でめでたい鳥といわれる鳳凰が輝いています。

また、衣笠山を借景とした池泉回遊式庭園は室町時代を代表する名園として知られています。

東寺 五重塔

京都府京都市南区九条町1

東寺は平安遷都(794年)の翌々年、桓武天皇が平安京鎮守のため、朱雀大路の最南端・羅城門の東西に建立した寺の一つで、西寺に対し東寺と呼ばれています。

空海(弘法大師)によって真言密教根本道場とされ、寺号も「教王護国寺」と称されるようになりました。

五重塔は天長3年(826年)に着工し877年に完成しました。

現在の塔は徳川家光の寄進によって再建された総高57mの現存する日本の古塔中最高の塔です。

東寺の伽藍配置は、奈良時代の寺院建築形式で、南大門・金堂・講堂・食堂(じきど う)・北大門が一直線に並び、南大門の東に五重塔、西に潅頂院、その北に空仏像、空海の遺品など多くの文化財が保存されています。

東寺では、毎月21日に全国屈指の規模の「弘法市」が開かれています。

古伊万里や掛け軸など様々な骨董品が境内に並び、多くの人でにぎわいます。

清水

京都市東山区清水1-2

京都を代表するお寺のひとつ。平安朝以来“清水(きよみず)さん”で親しまれてきた観音信仰の霊場で西国三十三所めぐりの第16番の礼所にもなっています。

伝承によれば、宝亀9年(778)、延鎮上人が観音の夢告により開山し、この延鎮上人に帰依した坂上田村麻呂が、延暦17年(798)に十一面千手観音立像を安置すために仏堂を建てたのが始まりとのことです。

本堂は「清水の舞台から飛びおりたつもりで・・・」という諺でも有名な舞台造りで、139本の巨大な柱の組合せに支えられて断崖の上に建っております。

この本堂の裏手が「えんむすびの神さま」として若い女性に人気の地主神社になります。

本殿前に左右の守護石で「めくら石」という一対の石があり、一方の石から一方の石へ目を閉じたまま歩くことができれば、恋の願いが叶うといわれています。

「音羽山清水寺は、1200余年前、すなわち奈良時代の末、宝亀9年(778)の開創になります。

奈良子島寺の延鎮上人が「木津川の北流に清泉を求めてゆけ」との霊夢をうけ、松は緑に、白雲が帯のようにたなびく音羽山麓の滝のほとりにたどり着き、草庵をむすんで永年練行中の行叡居士より観世音菩薩の威神力を祈りこめた霊木を授けられ、千手観音像を彫作して居士の旧庵にまつったのが、当寺のおこりであります。

その翌々年、坂上田村麻呂公が、高子妻室の安産のためにと鹿を求めて上山し、清水の源をたずねて延鎮上人に会い、殺生の非を諭され、鹿を弔うて下山し、妻室に上人の説かれたところの清滝の霊験、観世音菩薩の功徳を語り、共に深く観世音に帰依して仏殿を寄進し、ご本尊に十一面千手観音を安置したのであります。

その後、上人は坂上公を助け、協力して更に地蔵尊と毘沙門天とを造像してご本尊の両脇士とし、本堂を広く造りかえました。

音羽の滝は、清水滾々と数千万年来、音羽の山中より湧出する清泉で、金色水とも延命水ともよばれ、わが国十大名水の筆頭にあげられる。ここより「清水寺」の名がおこったわけであります。」(清水寺公式ホームページより)

長楽寺

京都市東山区丸山町626

建礼門院ゆかりの長楽寺は、延暦24年(805)、桓武天皇の勅命により、最澄を開基とし、観音菩薩を本尊として創建されたといわれています。

室町時代に、国阿が時宗の寺としました。

安徳天皇の母、建礼門院は、文治元年(1185)、壇ノ浦で死にきれず、源氏に捕らえられてこの寺で出家し、天皇の菩提を弔ったと『平家物語』は伝えています。

石段を上りつめると本堂があり、建礼門院の供養塔があります。

書院には安徳天皇の直衣(のうし)を再現した幡が保存されています。

建礼門院の画像をはじめ、一遍上人像など慶派の仏像も見られます。

錦市場

京都府京都市中京区錦小路通青町〜高倉

豊臣秀吉の天下統一後の頃に開設されて以来、400年余り、京都の人々に「にしき」と呼ばれ、親しまれているのが錦市場です。

錦小路通のうち、寺町通から高倉通までの長さ約400m、道幅3mの商店街に136軒の商店が軒を連ねています。

扱っている商品は、京野菜、漬物、鮮魚、佃煮、豆腐、おばんざいなど、実に多彩です。

今も地元の人や観光客など連日多くの人で賑わう、まさに「京の台所」です。

北野天満宮

京都府京都市上京区馬喰町

菅原道真公を祀る三大天神の一つです。

菅原道真公が亡くなった後、京都は落雷、地震が続いたため、道真公のたたりだと思い、霊を慰めようと創建されたものです。

「天神さん」の愛称で親しまれ、受験生の合格祈願で有名な神社として知られています。

境内には50種約2000本の梅が植えられ、例年2月初旬から梅苑が公開されています。

毎月25日は「天神さん」の市があり、骨董品や古着・衣料品などの露店が並びます。

特に12月25日は「終い天神」、1月25日は「初天神」と呼ばれ、多くの参拝者が訪れてにぎわいます。


京都市内の宿巡り

2005-02-23 『雲仙冬景色』 るり色の砂時計

今回は、「るり色の砂時計」(2005/2/20)で放送された長崎・雲仙の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

妙見岳

長崎県南高来郡

雲仙は、島原半島の中央に聳える普賢岳、国見岳、妙見岳などを中心とし、北に鳥甲山、吾妻岳、九千部岳、南に高岩山などからなる火山群の総称です。

絹笠、九千部、雲仙の3火山群に分かれ、絹笠火山群が一番古く、雲仙火山群が最も新しい。最高峰は1,359mの普賢岳(平成新山は1,486m)です。

しかし1990年の噴火によりこれまで1359mだった普賢岳は高くなって1486mになりました。噴火でできた新しい頂は、平成新山と名付けられました。

仁田峠展望所、妙見岳ロープウエイ展望所からは有明海、天草、長崎方面の雄大な景色や平成新山の岩山が眺められまます。

寒さが厳しい時期には、妙見岳では、霧氷を見られる時があります。

新湯共同浴場

長崎県南高来郡小浜町雲仙

雲仙温泉街の南の方に位置する新湯共同浴場です。

ご近所の土産物屋で入浴券を買い入浴します。

石の四角い湯船がひとつあり、ほんのりと白濁した半透明の湯があふれています。

湯は高温と中温と書かれた2つのパイプから掛け流しになって浴槽を浸しています。

雲仙地獄

長崎県南高来郡小浜町雲仙

温泉街の中心で湯煙をあげる雲仙地獄は雲仙を代表する観光名所です。

白煙を上げているのは30あまりの硫気孔で、あたりには硫黄の臭いがたちこめています。

地獄は邪見地獄や大叫換地獄、清七地獄など、場所によって様々な姿を見せています。

キリシタン殉教碑や映画『君の名は』で有名になった真知子岩もあり、一周約30分で地獄めぐりができます。

地熱でゆでた名物「温泉たまご」も美味しいです。

お山の情報館

長崎県南高来郡小浜町雲仙320

雲仙お山の情報館(雲仙)が今年7月、雲仙温泉、雲仙国立公園を知るための施設としてオープンしました。

展示の大きなテーマとして「温泉」を取り上げ、火山と温泉のしくみのついてジオラマ模型などを使って解説してあります。

主な展示は、島原半島ジオラマ模型、雲仙の野鳥・植物・昆虫・見所データベース、仁田峠ライブ映像、雲仙の四季自然ムービー(約12分)火山と温泉のしくみ、温泉解説、雲仙・小浜・島原温泉の映像情報などがあります。

館内案内や自然観察会なども行っています。

雲仙みかどホテル

長崎県南高来郡小浜町雲仙320−6

歴史ある温泉地、雲仙にありながら、テーブルにズラリと並ぶボリューム満点のバイキングが楽しめる新感覚のホテルです。

雲仙焼窯元

長崎県南高来郡小浜町雲仙304

1918年大正7)ごろ、小浜に窯をもっていた本多親基氏が雲仙小地獄に築窯したのが始まりです。

1955年昭和30)、石川靖峰氏が素朴な焼き締めの雲仙焼きを再興させました。

現当主の石川照・ハミ夫妻が1991年、普賢岳の火山灰をうわ薬に使った深みのある色合いの油滴天目の焼成に成功しました。

独特の光沢を放つ焼物です。

場所は、湯の里共同浴場の前にあり、ギャラリーを併設しています。

湯元ホテル

長崎県南高来郡小浜町雲仙316

創業300有余年という歴史を誇る雲仙“湯守の宿”です。

元禄8年の創業以来、諸大名の陣屋として利用され、多くの文人貴人にも愛されてきた老舗です。

湯元の名が示すように、大浴場には豊富な湯があふれています。

血行をよくし、万病や美容にもよいと言われる足湯など、多彩な湯殿があります。

2005-02-22 『この冬おすすめ 雪の絶景露天と海の幸』 いい旅・夢気分

今回は、「いい旅・夢気分」(2005/2/16)で放送された熱海・河津・下田の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

熱海梅園

静岡県熱海市梅園町

明治19年(1886年)、横浜の資産家が出資して作った梅園が始まりです。

初川のほとりに梅の花が、約3万4000平方メートルの斜面いっぱいに咲きます。

例年1月から3月にかけて「梅祭り」が開かれます。

冬至梅、八重寒紅など、古木を中心に64種730本ほどの梅が、早咲き、中咲き、遅咲きと時期をずらしながら次々に花を咲かせるのが特徴です。

伊豆の味処 錦

静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本971-35

新鮮な魚介類のボリュームたっぷりの丼物中心に、白子や肝などの珍味が味わえるお店です。

「料理とともに感動を味わってもらいたい」とのことから、新鮮な魚介を使った11種の丼物は、どれも豪華でボリューム満点です。

人気の『海の幸丼』は、北川漁港であがったヒラメや、ウニ・イクラなど10種ものネタが器をうめつくしている逸品です。

樋ノ口園

静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1315

女峰を品種改良した珍しい「鬼怒甘(キヌアマ)」のいちご狩りが楽しめます。

鮮やかな赤色も人気の鬼怒甘は、女峰より大粒で、味は甘味と酸味のバランスがよく、ボリュームもあるので食べ応えも十分です。

章姫も栽培していますがお土産用の販売のみ。痛みやすい章姫を美味しく食べていただきたいとのこだわりが伝わります。

かね吉

静岡県賀茂郡河津町見高123-5

貸切の岩露天風呂があります。

今井浜海岸のそばに佇み、館内随所には季節の野の花、地元工芸作家ギャラリーや読書スペースがあります。

客室の竹籠に備長炭、お茶のお香などが置かれており、、きめ細やかな気配りが感じられます。

河津桜

静岡県賀茂郡河津町河津川沿い

静岡県賀茂郡河津町で毎年3月上旬に満開になるピンク色の早咲きの桜です 。

伊豆の温暖な気候と早咲きの特色を生かし毎年2月上旬から開花しはじめ約1ヶ月を経て満開になります。

河津桜の原木は、河津町田中の飯田勝美氏(故人)が1955年(昭和30年)頃の2月のある日河津川沿いの冬枯れ雑草の中で芽咲いているさくらの苗を見つけて、現在地に植えたものです。

金谷旅館

静岡県下田市河内114-2

下田市街から稲生沢川の上流へ約三Km程の山あいに蓮台寺温泉と河内温泉があります。

「金谷旅館」は、その河内温泉の一軒宿として、金谷山を背景にする緑に囲まれた二千坪の敷地の中、江戸の末より百三十余年の歴史を刻んでいます。

伊豆一の木造大浴場「千人風呂」と、木造の女湯としては国内最大の「万葉の湯」、何れも泳げる程の広さと深さがあり、その大きな浴槽に自家源泉の豊富な湯があふれています。

爪木崎

静岡県下田市須崎1235-1

この岬の最先端には、青い海と空をバックに白亜の灯台があり、300万本ともいわれる野水仙の群生地として有名です。

須崎半島の東南端に位置し、西側は断崖、東側に伊豆七島が望める眺めの美しいところです。

また、周辺は自然公園となっていて、遊歩道が整備され、植物、野鳥、昆虫などの自然観察の好適地となっています。


今回は、「いい旅・夢気分」(2005/2/16)で放送された熱海・河津・下田の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

熱海梅園

静岡県熱海市梅園町

明治19年(1886年)、横浜の資産家が出資して作った梅園が始まりです。

初川のほとりに梅の花が、約3万4000平方メートルの斜面いっぱいに咲きます。

例年1月から3月にかけて「梅祭り」が開かれます。

冬至梅、八重寒紅など、古木を中心に64種730本ほどの梅が、早咲き、中咲き、遅咲きと時期をずらしながら次々に花を咲かせるのが特徴です。

伊豆の味処 錦

静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本971-35

新鮮な魚介類のボリュームたっぷりの丼物中心に、白子や肝などの珍味が味わえるお店です。

「料理とともに感動を味わってもらいたい」とのことから、新鮮な魚介を使った11種の丼物は、どれも豪華でボリューム満点です。

人気の『海の幸丼』は、北川漁港であがったヒラメや、ウニ・イクラなど10種ものネタが器をうめつくしている逸品です。

樋ノ口園

静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1315

女峰を品種改良した珍しい「鬼怒甘(キヌアマ)」のいちご狩りが楽しめます。

鮮やかな赤色も人気の鬼怒甘は、女峰より大粒で、味は甘味と酸味のバランスがよく、ボリュームもあるので食べ応えも十分です。

章姫も栽培していますがお土産用の販売のみ。痛みやすい章姫を美味しく食べていただきたいとのこだわりが伝わります。

かね吉

静岡県賀茂郡河津町見高123-5

貸切の岩露天風呂があります。

今井浜海岸のそばに佇み、館内随所には季節の野の花、地元工芸作家ギャラリーや読書スペースがあります。

客室の竹籠に備長炭、お茶のお香などが置かれており、、きめ細やかな気配りが感じられます。

河津桜

静岡県賀茂郡河津町河津川沿い

静岡県賀茂郡河津町で毎年3月上旬に満開になるピンク色の早咲きの桜です 。

伊豆の温暖な気候と早咲きの特色を生かし毎年2月上旬から開花しはじめ約1ヶ月を経て満開になります。

河津桜の原木は、河津町田中の飯田勝美氏(故人)が1955年(昭和30年)頃の2月のある日河津川沿いの冬枯れ雑草の中で芽咲いているさくらの苗を見つけて、現在地に植えたものです。

金谷旅館

静岡県下田市河内114-2

下田市街から稲生沢川の上流へ約三Km程の山あいに蓮台寺温泉と河内温泉があります。

「金谷旅館」は、その河内温泉の一軒宿として、金谷山を背景にする緑に囲まれた二千坪の敷地の中、江戸の末より百三十余年の歴史を刻んでいます。

伊豆一の木造大浴場「千人風呂」と、木造の女湯としては国内最大の「万葉の湯」、何れも泳げる程の広さと深さがあり、その大きな浴槽に自家源泉の豊富な湯があふれています。

爪木崎

静岡県下田市須崎1235-1

この岬の最先端には、青い海と空をバックに白亜の灯台があり、300万本ともいわれる野水仙の群生地として有名です。

須崎半島の東南端に位置し、西側は断崖、東側に伊豆七島が望める眺めの美しいところです。

また、周辺は自然公園となっていて、遊歩道が整備され、植物、野鳥、昆虫などの自然観察の好適地となっています。

2005-02-21 『この冬おすすめ 雪の絶景露天と海の幸』 いい旅・夢気分

今回は、「いい旅・夢気分」(2005/2/16)で放送された金沢・越前の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

井ノ弥

石川県金沢市上近江町33-1

近江町名物の海鮮丼のお店です。

一日中行列の切れ目がないほどの人気のお店です。

「市場の中の食事処だから、新鮮で安くてうまくてボリュームがあるのは当たり前」というご主人の心意気そのままに、丼にはたっぷりのネタがまさにてんこ盛りです。

ひがし茶屋街

石川県金沢市東山1

卯辰山麓を流れる浅野川の川岸には、今でもお茶屋建の風情のある古い街並みが残り、昔の面影をとどめています。

日も暮れると、今でも軒灯がともる茶屋から三味線や太鼓の音がこぼれてきます。

五木寛之著「朱鷺の墓」の舞台としても知られています。

平成13年11月には、国の重要伝統的建造物保存地区に選定されています。

金銀箔工芸さくだ

石川県金沢市東山1-3-27

金銀箔工芸さくだは、紅殻格子も美しいひがしの茶屋街のすぐ近くにあります。

400年の伝統を持つ金沢の金銀箔。ここでは、職人たちの作業風景を見学できます。

予約をすれば、金箔貼りを体験でき、金箔をちりばめた、自分だけの箸をデザインすることも可能です。

金屏風や工芸品の展示のほかに、あぶらとり紙や金箔入りローションなどの販売もしています。

曲水苑

石川県金沢市七曲町ハ132-1

兼六園から湯涌温泉への道の四季折々の自然に恵まれた山里の一軒宿です。

温泉はナトリウムカルシウムの塩化物泉で、神経痛やアレルギー性疾患など多くの病に効果があります。

露天風呂・桧風呂が人気です。

料理は天然岩魚をメインにした山菜料理を満喫していただけます。

湯涌温泉 日本料理 さかえや

石川県金沢市湯涌町イ161

「湯桶温泉」は、養老2年(718年)に泉で羽を癒す白鷺を見て発見されたと言われています。

また、大正ロマンの詩人画家竹久夢二が愛人の彦乃と滞在したことで有名な温泉です。

金沢市街を流れる浅野川をさかのぼった山間に位置します。

1300年前から湯が湧き、江戸時代には歴代の加賀藩主の湯治場として利用されました。

大正時代にドイツで開かれた鉱泉博覧会でいち早く温泉の効能が認められています。

10軒ほどの宿があり、金沢の奥座敷として利用されます。

名勝「兼六園」へは車で20分ほど。

「日本料理さかえや」は、四季おりおりの草花で迎えてくれる宿です。

懐石風料理が人気です。

東尋坊

福井県坂井郡三国町東尋坊

福井県の北端に位置する東尋坊は白山火山脈の一端で、男性的な岩が約2キロにわたって日本海の荒波に突き出しています。

奇岩と断崖絶壁が続く東尋坊は、国の天然記念物に指定されています。

輝石安山岩の柱状節理という地質学的にも珍しい奇岩で約2キロ先に浮かぶ「雄島(おしま)」とともに奇岩群はいくつもあり、それぞれ名前が付けられています。

『福井県の勝山市にある平泉寺に、東尋坊という暴れん坊がいた。

怪力の持ち主でいつも暴れ周り、多くの民百姓を困らせていた。

また、同じ寺住で真柄覚念というお坊さんがおり近くにすむあや姫とう美しい娘をめぐり恋のライバルでもあったそうです。

ある日覚念は 酒盛りをやろうと東尋坊を この断崖に誘い出し酒をたらふく飲ませ、隙を見て突き落としたそうです。

すると天はにわかに曇り、雷鳴がとどろき海は大荒れになった。

時は今から八百年程前、寿永元年四月五日。以来毎年四月五日になると大時化になり、東尋坊の怨霊と人々は恐れていました。

しかし、幾十年が過ぎたある日、その話を聞いた諸国行脚の坊さんが供養のうたを海に流したところ、怨念が解け、時化がおさまったそうです。』その後この地を東尋坊と呼ぶようになったそうです。

かねとも

福井県丹生郡越前町くりや

越前海岸国定公園に位置する、絶景と味覚の宿です。

越前水揚げの四季折々旬の活魚を、技を凝らした料理で味わえます。

日本海の荒波を眺め、天然温泉で心と身体を温めて、五感で旅情を満喫できる宿です。

2005-02-20 『北海道 網走・知床の旅』 旅サラダ

今回は、「朝だ!生です旅サラダ」(2005/2/19)で放送された網走・知床の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

おーろら号

道東観光開発株式会社網走営業所(流氷観光船)

北海道網走市港町先

網走の冬は、遥かシベリアのアムール川河口付近から漂着した流氷が、オホーツクの海を一面に埋め尽くします。

冬の流氷観光の人気が1月20日〜4月第1日曜日まで運行する流氷砕氷船「おーろら号」です。

船底が氷塊にぶつかり船全体が振動する迫力は圧巻です。

また、流氷とともに訪れる動物たち。悠然と飛ぶオジロワシや流氷の上でのんびりと昼寝をするアザラシにも出会えるかもしれません。

流氷をじかに体験するなら海岸に降りて行くのもいいでしょう。

網走の海岸は岩礁が少なく、砂浜が続いています。

ニツ岩から前浜までの海岸線、鱒浦から北浜までの海岸線、ともに流氷が接岸した時には、すぐ間近で見ることができます。

流氷の時期以外でも、天都山の「オホーツク流氷館」に行くといつでも本物の流氷を見ることができます。

オホーツク湧鮮館

北海道紋別郡湧別町港町45番地2地先

湧別は、日本三大漁場のひとつといわれるオホーツク海の中央部に位置し、東に日本一の汽水湖で ある国定公園サロマ湖を擁し西部および東南部に「八」の字形に広がる町です。

湧別で水揚げされるマガキは冬が旬です。

味,生産量共に高い評価を受けていることから年々養殖が盛んになってきました。

そのまま生で,あるいはレモンや三杯酢などでさっぱりと食べると美味しく食べられます。

寒さで身がおいしくしまっているのが湧別産のカキの特徴です。

ホタテ・ホッカイシマエビ・毛ガニ・カキなど、オホーツクの幸満載の湧別漁港。湧別漁業協同組合直営店「オホーツク湧鮮館」では、旬の魚介類の購入が可能です。

八代水産

北海道網走市明治86

目の前がオホーツク海のカニ専門店です。

生け簀がたくさんあり、自分の目利きで選んだカニを、その場で焼きガニにして食べられるコーナーもあります。

ノロッコ号

流氷のシーズンに知床斜里〜網走 の間を運行するJR北海道のトロッコスタイルの素朴なリゾート列車です。

車窓から流氷に覆われたオホーツク海を一望しながらゆっくりと走ります。

車内は番屋風の飾りつけ、ダルマストーブ(石炭ストーブ)が置かれ、車内販売のスルメを焼いて食べることができます。

ちなみに”ノロッコ”という名称は”トロッコ列車”と”ノロノロ走る”を掛けた造語です。

アクアサービス流氷

北海道斜里郡斜里町文光町57

流氷ダイビング・流氷ウォーキングの現地専門サービスです。

知床・斜里町は北海道の北東端、知床半島のオホーツク海側(北側)にあります。

ダイビングする場所は斜里町ウトロの市街地はずれ、丁度『知床国立公園』の入口あたりになります。

ダイビング ポイントはハウスから50〜100m位沖ですが、流氷の上を歩いて行くことが出来ます。

ボンベなどの荷物はソリに乗せて持って行きます。

ウトロの流氷は、海一面が流氷で覆われるような流氷のため、ダイブする為に、流氷に直径3〜6m程の穴を開けてエントリーします。

知床ファンタジア

斜里町ウトロ温泉 オロンコ岩特設会場(流氷自然公園)

知床ファンタジア。それはオホーツクの海に押し寄せる流氷と厳しい寒さを逆に楽しんでしまおうという知床の冬のイベントです。

「オーロラファンタジー」はそのメイン・イベントです。

昭和33年に知床夜空に現れた本物のオーロラの感動を何とか再現したいという想いから生まれました。

従来の直線的なレーザーアートの手法とはまったく異なり、麦ワラをいぶした煙でスクリーンを作り出し、そこにレーザー光線を投影し、自然の風雪と麦ワラの煙が広がりと奥ゆきのある三次元のスクリーンを生み出し、これらの揺らめく粒子がたおやかに漂うオーロラを再現しています。

これにサラウンド効果満点の迫力あるサウンドが、より一層幻想的な空間を創りだしています。

ダイナミックな音響とレーザーが織りなす幻想空間が知床に出現します。

このイベントは地元のあらゆる分野の人々のボランティアに支えられており、まさに地域ぐるみのイベントといえます。

知床自然センター

斜里郡斜里町字岩宇別531

知床国立公園の玄関口、知床峠と知床五湖への分岐点に位置し、知床に関するさまざまな情報を集めたインフォメーション基地です。

見どころは何といっても高さ12m、幅20mの大型スクリーン「ダイナビジョン」です。

大スクリーンいっぱいに広がる原始の自然を迫力の映像で楽しめます。

各種自然体験プログラムも季節にあわせて楽しめます。

断崖絶壁を舞うオジロワシや羅臼岳山頂から知床岬突端までの空撮、流氷の訪れなど四季すべての美しさをダイナミックに見せてくれます。

2005-02-18 今回は、「いい旅・夢気分」(2005/2/16)で放送された山形・秋田の旅

今回は、「いい旅・夢気分」(2005/2/16)で放送された山形秋田の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

銀山温泉 瀧見館

山形県尾花沢市銀山新畑中山522

銀山温泉は江戸時代に繁栄した「延沢銀山」に由来し、温泉街としては銀山川沿いに自然湧出した源泉を、銀山閉鎖後、仙台と尾花沢を結ぶ街道に山師たちが温泉宿を開き、そのまま内湯にして旅館を建てたのが始まりと言われています。

その後、湯治場として賑わいました。

渓谷に佇む静かな温泉地の名はテレビドラマ「おしん」の舞台にもなり、一躍有名になりました。

銀山川の両脇に大正時代に建てられたレトロな木造3〜4層の和風旅館が軒を並べ、大正浪漫を感じさせます。

また、夜になるとガス灯が点り、いっそう雰囲気ある情景をかもしだします。

この温泉街には公共温泉浴場や「和楽足湯(わらしゆ)」という足湯もあります。

「瀧見館」のレトロ浪漫漂う館内は、木のぬくもりも柔らかにモダン和風の内装で飾られ、人に優しく感じられます。

純和風の落ち着いた雰囲気の部屋からは豪壮な瀑布を見ることができます。

泥湯温泉 奥山旅館

秋田県湯沢市高松字泥湯沢25

泥湯温泉は川原地獄のすぐそばの宮城県との県境に近い高松岳の北の麓に湧く小さな温泉郷です。

湯が濁っていることから名がついた泥湯温泉。その昔、「湯に浸かるのを恥ずかしがる娘の為に天狗が湯を濁らせた」とうい伝説が残っています。

「奥山旅館」は、黒塗りの木造旅館で、大正元年の創業です。

湯量が豊富なことから混浴の大露天風呂はじめたくさんのお風呂があり、立ち寄り客にも人気の宿です。

食事は鯉の甘煮など地元で取れるものが多く、手作りで納得のおいしさです。

秋は川蟹やナマズなどの珍味も味わえます。

秋の宮温泉郷 鷹の湯温泉

秋田県雄勝郡雄勝町秋の宮字殿上1 

秋田県の最南端、栗駒山系の山の中にひっそりとたたずんでいる「秋の宮温泉郷」は温泉宿が12軒あります。

湯量豊富で、県内でも一番古い温泉地として知られています。

鷹の湯温泉、稲住温泉、湯の又温泉、湯の岱温泉で秋の宮温泉郷を形成しています。

それぞれ泉質が違い、源泉の温度もみな70℃から90℃以上と高温です。

秋の宮温泉郷に宿泊すると、温泉郷内に点在する源泉の違う12軒の旅館のお風呂を湯めぐりで楽しめます。小野小町をモチーフにした巾着にて3ヵ所まで入浴ができます。

湯野浜温泉 ホテル満光園 

山形県鶴岡市湯野浜2-22-8

山形県鶴岡市にある湯野浜温泉は日本海に面し、波の音と松風の聞こえる海浜の温泉郷として有名です。

天喜年間(1053〜1058頃)に付近の漁夫が海辺で亀が温浴しているのを見て発見した故事に由来し、元の名は亀の湯と称されていました。

東山温泉、上の山温泉と並び奥羽三楽郷の一つとされ、古くから歓楽地として栄えています。

北に霊峰鳥海山と白砂青松の大砂丘がそびえ、南には奇岩怪石の磯が続きシーサイドに立ち並ぶホテル旅館の目の前が海水浴場です。

夏にはマリンスポーツを楽しむ家族や若者、景勝に見とれる観光客で大変賑わっています。

また、日本海を真赤に染めて沈む夕陽は荘厳です。

「ホテル満光園」は、和室からは、眼下に雄大な日本海の眺めることができます。

また、夕日は湯野浜随一の眺望を誇ります。

食事は、 風情あふれる造りの囲炉裏(いろり)会食場でいただきます。

新鮮な海の幸とやわらかい炭火の灯りに旅の疲れを癒すことができます。

露天風呂(女性)は、高台という立地条件から、囲いを最小限に抑え開放感のある造りになっています。

手打ちそば たか橋

山形県尾花沢市五十嵐1468-11 

山形を代表する民謡「花笠音頭」の発祥の地と知られる尾花沢市。そばとスイカの名産地でも有名です。

また、俳人・松尾芭蕉が「奥の細道」の道中に、尾花沢の豪商で俳人の鈴木清風と出会い、この地に10日間滞在したとされています。

「たか橋」では、尾花沢産玄そばを殻ごと挽いた香り高いそば粉を使い、「挽きたて、打ちたて、茹でたて」にこだわっています。

店の一押しは、自家製辛味大根のしぼり汁で食べる板そばです。

最上峡 芭蕉ライン観光

山形県最上郡戸沢村大字古口86-1

最上川と河畔の自然が織り成す最上峡の、見事な景観を観ながらの川下りです。

芭蕉をはじめとした多くの文化人を魅了する最上川船下りは、日本全国に名高い観光イベントです。

新緑を見るなら5月、紅葉は10月、水墨画のような雪景色を眺めるなら2月と、その季節毎に美しい風景が楽しめるます。

船頭さんの唄う最上川舟歌が、1時間の船旅を風流に演出してくれます。

富樫絵ろうそく店

山形県鶴岡市山王町10-52

参勤交代で幕府に献上した由緒ある絵ろうそくは花紋燭とも呼ばれ、顔料で描く華やかな色彩と繊細な手描き模様が特徴です。

「富樫絵ろうそく店」では、その伝統的な模様の描き方をやさしく指導してくれ、所要時間1時間程度で自分だけの絵ろうそくを作ることができます。

2005-02-17 『山と海の絶景の立ち寄り温泉スペシャル』 旅の香り時の遊び

今回は、「旅の香り時の遊び」(2005/2/15)で放送された伊豆の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

北川(ほっかわ)温泉 黒根岩風呂

静岡県賀茂郡東伊豆町北川

北川温泉観光協会の「北川温泉マガジン」によると「昭和の初め、北川一の潜水の名人といわれた鳥沢惣太郎という男がいた。

素潜りでサザエやアワビを捕っていた惣太郎は、現在の黒根岩風呂よりやや港寄りの海底にある不思議な岩の存在がいつも気になっていた。

周りの岩は海草で覆われているというのに、その岩だけは決して海藻がつかないのである。

これはもしや温泉が湧いているのでは、と考えた惣太郎は、波打ちぎわから十メートルほど入った崖下、不思議な岩のある辺りを目測して掘り進めた。

すると三八〇尺(約115メートル)ほど掘ったところで摂氏90度の温泉が噴き出したのだ。

噴湯の高さは二間(約3.6メートル)に及び、噴出量は毎分九斗(約160リットル)、全く塩気のない温泉だったという。

早速浜辺に温泉を引いて野天風呂を造り、部落の人に開放した。

北川の人々に愛される、町の温泉浴場ができたのだ。」という話があり、これが北川温泉の始まりとのことです。

波打ち際の公営露天風呂「黒根岩風呂」は「アメリカが見える」のキャッチフレーズでおなじみです。

北川温泉の宿泊者は無料で入浴できます。

黒根岩風呂は国道から少し下った温泉街の入口にあります。

この野天風呂は海岸の波打ち際にあるため、道路から階段を降りていきます。

海岸には石組された10人ぐらいが入れる野天風呂と男女別の脱衣場があり、お風呂は混浴で水着は不可だが女性専用タイム(19:00−21:00)があります。

湯船の中には「アメリカを見ながら入れる野天風呂」という碑があります。

海の朝市

静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3354 東伊豆町役場駐車場内

毎月土・日曜日・祝日に開催される「海の朝市」は、地元で取れた新鮮な魚介類を中心に地元の特産品が並ぶ市です。

今が旬のキンメダイがたくさん並べられています。

鮮魚はもちろんだが、特産品のみそ漬けはぜひ買って帰りたい一品です。

ウレシイことにキンメダイのみそ汁と干物は無料サービスです。

また、会場内にはおにぎり、釜飯、寿司なども売っています。

特に釜飯はキンメダイやシイタケなど、旬の食材を炊きこんだ朝市限定メニューです。

沢田公園露天風呂

静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2817-1

沢田公園露天風呂は仁科燈台近くの高台に位置しており、湯舟のすぐ前は断崖絶壁、眼下に駿河湾を一望できます。

下を運航する遊覧船や漁船の向こう側に見える三四郎島を眺めながらの入浴は壮大な気分になれます。

特に、夕日に映える海を見ながらの入浴はファンタジティックです。

岩造りの湯船と脱衣所は男女別にありますが、湯船は一度に5人も入ればいっぱいになるので、人気の時間帯は1時間ぐらい待つことがあります。

泉質はカルシウム、ナトリウム硫酸塩泉で、切り傷等に効能があります。

2005-02-16 『山と海の絶景の立ち寄り温泉スペシャル』 旅の香り時の遊び

今回は、「旅の香り時の遊び」(2005/2/15)で放送された信州・奥山田の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

満山荘

長野県上高井郡高山村奥山田温泉

奥山田温泉は、山田温泉を越え、高山温泉、五色温泉を過ぎて、長野県の志賀高原の南、南志賀にあります。

自然に恵まれた標高1500メートルの深山温泉です。

奥山田温泉は広大な牧場の敷地内に宿が点在している温泉地です。

奥山田温泉には何軒かの旅館とホテルがありますが、その中で「満山荘」は北アルプスと語り合う雲上の宿として親しまれています。

牛の逃亡よけのゲートを越え、牧場に入ったすぐの所に満山荘はあります。

宿の外観は旅館というより山小屋かペンションのようです。

「昔ながらの山宿」の持つ雰囲気があり、洒落た「新しい山の宿」といった感じがします。

特に食事処はネイティブアメリカンカルチャーと和の情緒が巧く融合していて、窓外の森のライトアップも含めて、演出はなかなか見事です。

ここの温泉は、最も温泉らしいといわれる硫黄泉で、全量掛け流しの天然温泉でです。

浴槽は大きな内湯と小さな露天、小さな内湯と大きな露天があって、男女交代制で使うようになっています。湯船は全て手作りで、それぞれの浴槽で、温度差が異なっています。

風景館

長野県上高井郡高山村山田温泉

信州高山温泉郷

松川渓谷沿いに点在する七つの温泉の一つが山田温泉です。

温泉が発見されたのが800年前で、現在の地に引湯して開湯したのが200年前という歴史のある温泉です。

風景館は、寛政7年(1769年)に創業し、山田温泉の開湯当初からの老舗です。

風景館の名物は、150階段を下った渓流沿いの仙人露天風呂です。

その昔、仙人だけが知り得た秘湯中の秘湯の為、別名「仙人露天風呂」とも言われています。

朝日屋亭

長野県上高井郡高山村山田温泉

朝日屋亭は、風景館の従業員全員が手造りで旧民家を改築して開いた食事処です。

囲炉裏を囲んで味噌田楽などの懐かしい味噌料理が自慢のお店です。

他にも、味噌煮込みうどん香ばしい焼きおにぎり、元祖小四郎みそ汁、漬物等があります。

2005-02-15 『近場の秘湯で雪見風呂 栃木・名物料理の宿』 テレビ東京 土曜ス

今回は、「テレビ東京・土曜スペシャル」(2005/2/5)で放送された栃木の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

川俣温泉ホテル 仙心亭

栃木県塩谷郡栗山村大字川俣881-8

f:id:hotspring158:20050215151503:image川俣温泉は、川治温泉から鬼怒川上流へ約25Kmの所にあります。

途中で切り立ったV字の谷が迫る名勝瀬戸合峡や川俣湖を眼下に眺めることができます。

かつて平家の落人が逃れ住んだ地、そんなロマンに浸りながら入る温泉もまた格別です。

鬼怒川を眼下に見据える川俣温泉の噴泉橋からは、高さ15mに吹き上がる間欠泉を見ることが出来ます。

川俣温泉の発祥と言われる「藤四郎の湯」は渓谷の露天風呂です。

四季折々の美しさを堪能できます。

また夜の星空を見ながらの露天風呂も最高です。

鬼怒川の源流沿いの露天風呂に身を任せ、名物「石焼噴泉煮」で舌鼓を打ちながら緩やかな時間を過ごし下さい。

深山(みやま)茶屋

栃木県塩谷郡栗山村湯西川1

深大寺の開基・満功上人作と伝えられる水神本尊・深沙大王像が祀られている「深沙堂」の脇を通り抜け、国分寺崖線(ハケ)を登り詰めたところに「深山茶屋」は、あります。

湯西川のきれいな水と最適な気候で育ったそば。

毎日挽くという100%のそば粉を使い、表情をみながらつくりあげる名物の『十割そば』を食べましょう。

湯西川の郷土料理・落人の囲炉裏料理も食べられます。

店内には板の間に囲炉裏が切られ、シカ肉に味噌をからめて焼く鹿味噌が人気です。

氷のぼんぼりとかまくら祭り

湯西川温泉特設会場・花と華(湯西川国際ホテル)近く

f:id:hotspring158:20050215151330:image湯西川温泉の冬の風物詩。舞い降りる雪の中に浮かぶ氷のぼんぼりのほのかな灯と暖かいかまくらの中で、湯西川温泉ならではの風情が楽しめます。

ここ雪深い湯西川温泉特設会場で開催される「かまくら祭り」は毎年1月末から2月末日の約1ヶ月間行われ、年々盛大になり今年で12回目を迎えます。

数多くのかまくらが立ち並び、昼間は甘酒の無料サービス、かまくらの中で有料によるバーベキューも楽しめます。

夕暮れになると、氷のぼんぼりに灯がともされ幻想的で、ファンタスティックな世界に変わります。

メイン会場のほかに、2月の毎週土日、地元の沢口自治会の人たちが湯西川沿いの沢口河川敷にミニかまくらを作っています。

夕方、そのミニかまくら一つ一つにろうそくの明かりが灯ると幻想的な雰囲気になります。

2005-02-14 『春の足音が聞こえる〜指宿市・山川町』 るり色の砂時計

今回は、「るり色の砂時計」(2005/2/13)で放送された指宿の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

池田湖

鹿児島県指宿市池田中

池田湖は火山の陥没で生まれた湖で周囲19キロ最深部233m、九州最大のカルデラ湖です。

10数年前地区の人が池田湖を怪物みたいなものが泳いでいるのを見たと言う事からマスコミでも話題となった幻の怪獣イッシーで有名になりました。

イッシーの代わりに?実際に住んでいる体長2m胴回り50センチもある大うなぎが棲息しています。

寿命も人間と同じくらい生きるようです。

大ウナギはボート小屋で飼われており無料で見学できます。

池田湖から眺望できる雄大な薩摩富士[開聞岳」が眺望出来、湖をモーターボートで遊覧できます。

湖畔では春は菜の花、夏はサンセットコスモスが咲き乱れます。

魚見岳

鹿児島県指宿市東方1765

市中心にそびえる標高215mの魚見岳。桜、ツツジなど、四季の花が咲き誇る山頂までは車で登れ、眺望は360度広がり、眼前に錦江湾と干潮時に陸続きとなる知林ヶ島、遠くは霧島や桜島まで望めます。

昔はこの上から魚群の動きを見て漁に出るかどうか判断したのでこの名があります。

山頂一帯が魚見岳自然公園として、桜並木や展望台を整備されています。

公園全体では約1000本の桜が植えられ、春の花見シーズンには、絶好のビューポイントになります。

砂むし会館 砂楽

鹿児島県指宿市湯の浜5-25-18

指宿名物の砂蒸し風呂が楽しめます。

摺ヶ浜では、お湯の流出路がいく筋も現れ、あちらこちらから湯気が立っています。

海岸に湧き出る温泉熱を利用した、まさに天然のサウナです。

熱い砂に包まれてじっくりと汗をかけば、疲れもほぐれて心身ともにリフレッシュできます。

砂に埋まって10〜15分で全身から汗が噴き出します。

指宿フェニックスホテル

鹿児島県指宿市十二町4320

九州最南端の温泉地・指宿にある南国のリゾートホテルです。

温暖な気候に恵まれ、パムツリーや鮮やかな花々がホテルを彩ります。

全ての客室から海が見渡せるロケーションと、黒潮からの海の幸を盛り込んだ会席料理も、この地ならではの醍醐味です。

このホテルにも砂蒸し風呂があります。

内薗賢漬物商店

鹿児島県山川町福元稲荷町5776-3

山川の瓶壷漬を製造販売。山川漬の製造工程を見ることができます。

内薗賢漬物商店の製造場には、ひと抱え以上ある大きな甕壷がずらりと整らび、その壷の中には、飴色をしたシワシワの大根がぎっしり詰まっています。

山川漬は、大根を1カ月以上乾燥させ、干し終わったら木臼に入れて叩きながら塩をまぶして甕壷に入れ、6カ月あまり熟成させて出来上がります。

この漬け込み方式は漬物として類のない深みのある神秘のアメ色の光沢をひきだし、風味、歯切をもった商品を生み出しています。

徳光(とっこう)神社

鹿児島県揖宿郡山川町岡児ヶ水386   

創建、明治30年。宝永2年(1705)に琉球より唐イモ(サツマイモ)を持ち帰り鹿児島に広めた前田利右衛門を祀っている神社です。

利右衛門を「玉蔓大御食持命」という神様として祭っています。

徳光神社は、利右衛門の出身地である山川町岡児ヶ水の西方、松におおわれた台地にあります。

サツマイモを持ち帰り、飢饉の苦しみを救った利右衛門の偉業は、約300年過ぎた現在にまで語り崇められ、地元の人々は彼のことを「からいもおんじょ」、「からいも翁」と呼び、尊敬の思いを寄せています。

菜の花館

鹿児島県揖宿郡山川町岡児ヶ水1723-3

錦江湾と開聞岳の眺望が楽しめる、雄大な自然に抱かれたログ調のペンションです。

ホームパーティー感覚のバーベキュー、地元ならではの海鮮料理、四季折々に楽しめる旬の料理など、味の楽しみ方も豊富です。

自然の中での天然温泉100%のかけ流し大露天風呂もお楽しめます。

日本百名山の開聞岳登山の拠点です。

長崎鼻パーキングガーデン

鹿児島県揖宿郡山川町長崎鼻1575

薩摩半島最南端に位置し、わが国ではじめて各種の熱帯・亜熱帯植物を屋外で育成、展示し、小動物を放し飼いにしている動植物自然公園です。

園内には約1000種の亜熱帯植物が繁り、熱帯性の貴重な動物を放し飼いにしており、オラウータンの空中散歩やフラミンゴ、インコ、ネズミ、ミニブタなどの動物ショーが行われています。

出演動物たちとのふれあいや記念撮影も出来ます。

長崎鼻岬や開聞岳、東シナ海を見渡す絶景の地です。

鹿児島・霧島温泉郷・屋久島 (るるぶ楽楽)

鹿児島・霧島温泉郷・屋久島 (るるぶ楽楽)

2005-02-13 『鹿児島・奄美大島の旅』 旅サラダ

今回は、「朝だ!生です旅サラダ」(2005/2/12)で放送された奄美大島の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

田原製菓店

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋松江12-8

奄美大島の特産である黒糖を使った、かりんとうを製造・販売しているお店です。

黒糖は、元和9年(1623年)中国からはじめて製造法が伝わってから360余年の古い歴史をもっております。

奄美大島の黒糖は、さとうきびの汁をそのまま煮詰めてつくられる伝統的な製造方法を現在受け継いでいます。

黒糖はその独特な味と香りを持った自然食品として人気があります。

「田原製菓店」の黒糖かりんとうの原料に使っている黒糖は、加計呂麻島産の厳選されたものだけを使用しています。

昔ながらの素朴な甘みと歯ごたえがたまらない逸品です。

名瀬市あたりからわざわざ買いにくる常連客も多いという。

積染色工芸

鹿児島県大島郡笠利町須野ベズル493

奄美における養蚕の歴史は古く、奈良朝(西暦710〜793年)以前から手紡ぎ糸で褐色紬がつくられていたようで、奈良東大寺や正倉院の献物帳に「南島から褐色紬が献上された」との記録がのこされております。

この褐色紬と称されている織物は、当時(天智天皇在位の頃)本土で行われていた古代染色の梅染、桃染の技法が奄美にも伝えられ、奄美に生植するテーチ木、チン木、フク木などの草木を用いて染色されたものであり、後のテーチ木泥染めの「大島紬」の源流をなすものとされております。

「積染色工芸」は、この大島紬を製作販売している工房です。

黒色の大島紬ではなく、テーチの代わりにさまざまな植物で染め泥染するため、色とりどりの大島紬を作っています。

新穂花(あらほばな)

鹿児島県名瀬市末広町1-6

奄美の大自然の恵み薬草をはじめとする天然食材にこだわる奄美薬膳黒糖酒家です。

郷土料理とそれを現代風にアレンジしたオリジナルメニューが揃っています。

女性には嬉しいセットメニューが充実で、様々な味を少しずつ楽しめると好評です。

また黒糖焼酎は150種を揃えています。

マングローブ茶屋

鹿児島県大島郡住用村役勝7

マングローブとは、海水と真水が混じりあう塩沼地に生息する植物群のことです。

奄美住用村の「マングローブ原生林」は、オヒルギ(北限)とメヒルギというヒルギ科の2つの植物を中心に形成されています。

奄美大島の「マングローブ原生林」は、沖縄・西表島についで国内2番目の規模です。

国定観光公園マングローブ茶屋は、そのマングローブ原生林の高台にあります。

観光遊歩道・展望台などがあり、原生林散策・バードウォッチング・ボートでのジャングルめぐりなどがあります。

観光遊覧船や貸しボートも備えていて、マングローブの大自然を満喫できます。

マリンスティション奄美

鹿児島県大島郡瀬戸内町ヤドリ浜

瀬戸内町は、奄美大島の最南端に位置し、南部大島、加計呂麻島、請島・与路島等の島々で構成されています。

その中心に位置する大島海峡は世界でも稀有の美しい海底を誇り、色とりどりの珊瑚礁や目のさめるような熱帯魚の行きかう海中は、まさにマリンファンタジアな世界です。

また、ここは釣りマニアにも最高の地で、大物釣りが一年中楽しめます。

「マリンスティション奄美」は、白い砂浜のヤドリ浜に面したリゾートホテルです。

日本でも有数な珊瑚礁を巡るダイビングには最適な場所にあります。



奄美大島―自然と生き物たち

奄美大島―自然と生き物たち

2005-02-12 『かまくらで味わうあったか鍋 豪雪! 福島の旅』 テレビ東京 土

今回は、「テレビ東京・土曜スペシャル」(2005/2/5)で放送された福島の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

会津日中温泉 ひさゆりの宿 ゆもとや

福島県耶麻郡熱塩加納村大字熱塩字 大畑29

会津の奥屋敷で、蔵とラーメンの街、喜多方から車で20分、米沢と会津の県境、日中ダムの真下に位置するのが日中温泉です。

昔から薬湯として利用され、静養・保養に利用されています。

「ひさゆりの宿・ゆもとや」は、山間の一軒宿です。

のんびりと温めのお湯につかり、ゆったりとした時間を過ごすには最高の宿です。

温泉は含土類弱食塩泉で、摂氏40度とややぬるめなのが特徴です。

大浴場と檜の露天風呂があり、山間の自然の絶景に驚かされます。

ゴールドハウス目黒

福島県耶麻郡北塩原村桧原大府平原1172-4

「桧原湖」は裏磐梯にある北塩原村の真中に位置し、裏磐梯高原の無数の湖沼の中で周囲約40kmと最大の湖で、明治21年7月の磐梯山の噴火によって長瀬川が堰き止められてできた湖です。

湖を巡るには、遊覧船とレンタルボートが利用できます。

遊覧船でゆっくりと景色を楽しむのもいいが、レンタルボートに乗って行う釣りもおすすめです。

トラウト(イワナ・サクラマス・レインボー)、ブラックバス(スモールマウス・ラージマウス)、ハヤ、コイ、フナそしてワカサギと種類も豊富で魚影も濃いのでよく釣れます。

冬のシーズンは特に、氷上のワカサギ釣りに人気があります。

繊細な釣り とはまさにわかさぎ釣りの代名詞といっても過言ではなく、穂先を通し数々の微妙なアタリがあります。

また、厳寒の大自然の中にドッブリと漬かっての独特の趣も、魅力のひとつといえるでしょう。

氷に穴をあけるアイスドリルと暖をとるためのヒーター、それと穴の氷をすくうアミだけで、 子供も女性でもわかさぎ釣りが楽しめます。

「ゴールドハウス目黒」は、地酒や山菜、地元のそば「桧原そば」ほか、「磐梯山噴火饅頭」「手づくり噴火味噌」などユニークなおみやげがあるドライブイン・宿です。

2階はレストランになっていて、「庄助だんご汁定食」などが人気です。

桧原湖へのバス釣りレンタルボートもあります。

あべ食堂

福島県喜多方市緑町4506

蔵とともに、全国に喜多方で有名なのが、喜多方ラーメンです。

札幌・博多とならび日本三大ラーメン のひとつに数えられています。

市内には、120軒以上ものラーメンの店があり、腕と味を競い合います。

その魅力は、何といっても、程よくゆであげたコシのある太メンとコクのあるスープです。

店主それぞれの趣向も数々あれど、酒どころの名声を集める喜多方ならではの水のうまさが生きています。

「あべ食堂」は、蔵をそのまま利用した喜多方ラーメンの店です。

豚骨と煮干しからとったスープ、弾力あるちぢれめんなどオーソドックスな味です。

2005-02-11 『氷の湖まるごと遊ぼう』 テレビ東京 土曜スペシャル

今回は、「テレビ東京・土曜スペシャル」(2005/2/5)で放送された北海道然別・帯広の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

然別湖畔温泉ホテル 風水 

北海道河東郡鹿追町字然別湖畔

(しかりべつこ)は大雪山国立公園の南に位置するカルデラ湖で、道の天然記念物・ミヤベイワナが生息しています。

「風水」は、然別湖の湖畔に建ち、全客室・大浴場・露天風呂より湖を眺めることができ、四季折々の風景と料理を楽しめます。

然別湖ネイチャーセンター

北海道河東郡鹿追町字然別湖畔

豊かな自然に恵まれた然別湖(しかりべつこ)周辺のフィールドを利用して、カヌー、熱気球、ネイチャートレックなど、各種アウトドア体験を実施しています。

おすすめは、然別湖でのカナディアンカヌー、とくに、うっすらと霧に包まれた湖面を行く、早朝のツアーは実に神秘的です。

周囲に生い茂る原生林は、野生生物の宝庫で、エゾシカやモモンガが顔をのぞかせることもあります。

平和園本店

北海道帯広市大通り南12-1

駅前に焼肉の「平和園」ののれんを掲げた、最初のお店です。

夜にはライトアップされた店先のミニガーデンでほっと一息つけます。

焼肉の豆知識も紹介しています。

2005-02-10 『世界遺産に泊まる 富山・山里の人情宿』 テレビ東京 土曜スペシ

今回は、「テレビ東京・土曜スペシャル」(2005/2/5)で放送された富山の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

民宿 勇助

富山県南砺市相倉591

世界遺産相倉集落の合掌造りの宿です。

世界遺産に登録された日本の文化と歴史、そして心を味わうことができます。

囲炉裏を囲んでの食事、朱塗りの御膳には山の幸、川の幸を中心に料理が作られています。

また、地酒を飲んで心から温まり、ゆっくり五箇山の夜が楽しめます。

割烹 かわぐち

富山県新湊市中央町19-31

ヒラメやカニが自慢の割烹料亭です。

富山湾の河口でしかとれないという珍しい「白エビ」の料理がいただけます。

代表的な白エビ料理のひとつがさっくり香ばしい『かき揚げ』、生で食べる以上にしゃっきりとしています。

平村ふれあい温泉センター 湯〜楽

富山県南砺市大崩島96-2

五箇山平村にある共同浴場です。

サウナ付きの大浴場と庄川を見下ろせる露天風呂が人気です。

檜の露天風呂からの眺めは最高です。

2005-02-09

今回は、「旅の香り時の遊び」(2005/2/8)で放送された韓国の旅の前半を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

大門(ナンデムン)市場

ソウル

南大門市場は大韓民国 ソウル特別市、漢江の北に位置する繁華街です。

600年の歴史を誇る市場で、ソウルの人々の生活を支えつづけてきたのが南大門市場です。

南大門市場は一種独特の文化空間を作り上げており、市場自体が「韓国の縮小版」といってもいいくらい韓国の一般的生活が入り込んでいる市場です。

最近は競争率や現代化の面で遅れをとって、一番人気の座を明洞(ミョンドン)に奪われてしまい、さらに東大門市場のすさまじいスパートにおされぎみの南大門市場だが、それでもまだまだ人気スポットの座は不動のものです。

実に韓国を訪れる観光客の58.7パーセントは南大門市場を訪れるといわれています。

カルチジョリム専門店 旺盛(ワンソン)食堂

ソウル 南大門市場

カルチの煮付けの店の中でも、有名な食堂です。

やわらかな肉が好まれて食べらるカルチジョリムとは、カルチ(太刀魚)、ジョリム(煮つけ)という意味で、寒い冬には、体の心から温まるこの料理は人気のメニューです。

大根の上に脂の乗った太刀魚を乗せさらに赤唐辛子とスープを加えて煮込んだ一品です。

南大門市場にはカルチジョリムの専門店が他にもたくさんあり、店の外のコンロでぐつぐつ煮ています。

家族会館(カジョクフェガン)

全州(チェンジュ)

ソウルから高速バスで約4時間、列車で約3.5時間の全州は、ビビンパッの発祥の地でもあり韓国内でも「食の都」として有名な地。それに、韓国内で初めてチーズが生まれた地でもあります。

道庁の北側に、家族会館はあります。2階へ上がると、広く感じがいい綺麗な店です。

石焼きビビンバ(トルソッビビンバ)を注文すると、テーブルの上には乗り切らないほどの20種類のおかずが添えられています。

熱々の石焼きビビンバは野菜系中心の具材です。

焼肉も肉を野菜で巻くしおかずが山盛りです。

コチュジャン村

淳昌(スンチャン)

コチュジャンは韓国料理には欠かせない調味料で、1700年代後期から作られるようになったとされています。

王朝の始祖(李成桂)が淳昌を訪れた際に 農家に立ち寄ってコチュジャンを添えた料理を口にし、 それを大変気に入ったことから宮中に進上されるようになったといわれています。

今も韓国を代表するコチュジャンの名産地として有名です。

淳昌コチュジャンと同じ材料を使ってもよその土地では同じ味が出ません、 それは玉泉池といわれる清らかな水と、 発酵に最適な気候だといわれています。

この村にはコチュジャンをはじめ、テンジャン(韓国味噌)、 カンジャン(韓国醤油)など調味料の製造元が軒を連ねています。

コチュジャンは、麦芽汁ともち米の粉を粥状になるまでかき混ぜ、さらにもち米の粥と混ぜた後で、唐辛子粉、塩などで味を加減し、容器に詰め表面に塩をまぶし、太陽にあてて10ヶ月程度置くと完成します。

2005-02-08 『津軽・地吹雪の里を行く』 テレビ東京 土曜スペシャル

今回は、「テレビ東京・土曜スペシャル」(2005/2/5)で放送された青森津軽の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

ホテルグランメール山海荘

青森県西津軽郡鯵ヶ沢町大字舞戸町字鳴戸1

クラシックインテリアが印象的なおしゃれなホテル。

築5年の建物で日本海の美しい夕映えが楽しめる開放的な造りになっています。

浴室から、客室からも日本海が望め、夏は日本海に沈む夕陽が堪能できます。

海の幸をアレンジした料理にも定評があります。

雪国地吹雪体験

青森県北津軽郡金木町

奥津軽の冬の厳しい気候を、貴重な体験として楽しむ金木名物の地吹雪体験ツアーです。

モンペ・角巻・カンジキを着用しての「地吹雪体験」や馬ソリ・冬の生活民具体験などが楽しめます。

ツアーの終わりには郷土料理の「じゃっぱ汁」が味わえます。

また、オプションで太宰治ゆかりの地や、津軽三味線会館などの見学、ストーブ列車の乗車もできます。

自伝 津軽三味線ひとり旅

自伝 津軽三味線ひとり旅

2005-02-07 今回は、「るり色の砂時計」(2005/2/6)で放送された熊本県高森町の旅

不思議な動きをするウォーターパール

今回は、「るり色の砂時計」(2005/2/6)で放送された熊本県高森町の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

高森湧水トンネル公園

熊本県阿蘇郡高森町1034-2

高森町の南阿蘇鉄道の高森駅の南にあるのが高森湧水トンネル公園です。

このトンネルは開通するはずであった延岡と熊本を結ぶ九州中部横断鉄道のトンネルで、昭和48年12月に工事に着手したが昭和50年2月に突然大量の水が噴出し、それ以後も度重なる出水事故発生で2055m掘った時点で工事を一時中断しました。

現在トンネルは高森町の水源地として利用されており、常時毎分32トンの勇水量があり高森地区の貴重な水瓶となっています。

またウォーターパール(写真)と言って水に特殊な音波を与え球体にし、ストロボの光の発行間隔の調整で流れ出る水玉が下に落ちたり上にあがったり停止したりと不思議な動きをする装置があります。

高森湧水農園

熊本県高森町

高森湧水トンネル公園のすぐ近くにある果樹農園です。

高森の湧水で育ったぶどう、いちご狩りをお楽しみください。

高森田楽村

熊本県阿蘇郡高森町814-2

囲炉裏を囲んで高森の郷土料理の田楽が味わえる店です。

根子岳を背景に、ヤマメや豆腐、コンニャク、そしてつるのこ芋を串で刺し炭火にて焼きあげ秘伝の田楽みそをあぶりながら当地の郷土料理をお召し上がり下さい。

また、地どり、肥後の赤牛等の焼肉も炭火にとってもジューシーに召し上がれます。

炭火焼きやヤマメの背越も人気があり、地元の素材で作る甘めのタレが自慢です。

阿蘇乗馬クラブ ブルーグラス

熊本県阿蘇郡高森町高森2814

熊本県阿蘇郡高森町にある乗馬クラブで、阿蘇五岳をバックに乗馬が楽しめます。

レストラン、宿泊施設を完備し、根子岳と馬を眺めながら食事ができます。

休暇村南阿蘇

熊本県阿蘇郡高森町高森3219

休暇村は以前は国民休暇村と呼ばれ、日本の風景を代表する国立公園や国定公園の中に清潔な宿泊施設と各種のレクリエーション施設をそなえています。

世界最大級のカルデラで外輪からなる阿蘇山は、火の国熊本らしい壮大で美しい景観が魅力です。

標高650mの高原にある休暇村南阿蘇は、阿蘇五岳とその豊かな森を背景に赤い屋根と白壁が調和するリゾート基地です。

各種スポーツ施設や天文台、野草園などがそろい、周辺にも多数の見どころが点在しています。

高森温泉

熊本県阿蘇郡高森町2830

休暇村南阿蘇のすぐそばにある平成6年にオープンした町営の観光福祉型温泉です。

建物はゆったりした二階建て、外観は社寺づくりです。

一階には大浴場やサウナ露天風呂、歩行浴、スロープ付き小浴場、家族風呂、100畳の大休憩室のほか二階には小休憩室やプレイルームなどを備えています。

豊前屋本店

阿蘇郡高森町高森1231

創業明治3年の豊前屋本店は、自然に恵まれた南阿蘇の地に湧く名水「白川水源」や「高森湧水」を使って、醤油、味噌などの調味料を、伝統の技で醸しあげてきた老舗です。

山見茶屋

熊本県阿蘇郡高森町高森3628

天井の高い店内はゆったりとくつろげ、高台からの眺めも絶景です。

熊本の馬肉を石板で焼いて透明な特製ダレで食べる馬肉焼が人気です。

炭火の囲炉裏を囲んで食す田楽も賞味ください。

2005-02-06 『宮崎の旅』 旅サラダ

今回は、「朝だ!生です旅サラダ」(2005/2/5)で放送された宮崎の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

ラグジュアリー・グランデ

宮崎県宮崎市山崎町浜山

「シーガイア」は、宮崎市の北側海岸寄りに位置しています。

このあたり一帯は、フェニックスグループの施設があつまっており、ホテルが2軒、コテージ、コンドミニアム、

動物園&遊園地ボーリング場、各種グラウンド、そしてダンロップフェニックストーナメントで知られるゴルフクラブがあるなど、あらゆるレジャーを体験是できる、リゾート一色の地域です。

ラグジュアリー・グランデは、「ホテル・ウィズイン・ホテル(ホテルの中にホテルを創る)」というコンセプトのもとに、「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の40階、および6、7階を最高級の施設とサービスをご提供する「ラグジュアリー・グランデフロア」として2004年10月にオープンしました。

墨亭丸岡

宮崎県宮崎市中央通8−25東京屋ビル1F

宮崎のブランド鶏「みやざき地鶏」のもも焼きが美味しく食べられるお店です。

もも焼きはもちろん、おさしみもとっても美味しいただけます。

そして、こだわりの1つが塩。岩塩を使っていて、もも焼きはもちろん、タタキなども塩で食べると最高です。

椎葉の秘蜜

宮崎県東臼杵郡椎葉村

椎葉村の農家らでつくるプロジェクトH(ハニー)推進協議会は、地元にこだわった特産のはちみつ「椎葉の秘蜜」の販売を始めました。

同協議会は村内でできるはちみつの特産品化を目指すとともに、昔から伝わる伝統養蜂(ようほう)を継承しようと、2004年3月に発足しました。

「みつはすべて村内で採れたもので、村外、ほかの製品と混ぜない」、「より熟成したみつを採るため、採蜜時期は毎年九月十五日以降とする」など条件を満たした商品にはすべて公認のラベルを貼るなどの「公認地蜜五か条」を制定し「まろやかで、食べると口の中でジュワーっと広がる感じ」の蜂蜜のブランド化に励んでいます。

尾前神楽

宮崎県東臼杵郡椎葉村

毎年12月の第2土曜日に行われる夜神楽です。

当日は、午前10時頃より御幣切り、午後1時頃六社山の神社本殿へ神迎えに登ります。

宮司以下、神楽子や村人が山上の本殿に登り本殿祭を行い、本殿の拝殿で、一神楽・大神神楽・花の手・扇の手の四番を舞ます。

本殿祭が終わると、太鼓を打ちならしながら山を下り、拝殿に戻り神前に御幣等をおさめ、神楽は午後六時頃から始まります。

2005-02-05 『宮城〜峩々〜秋保〜松島』 いい旅・夢気分

今回は、「いい旅・夢気分」(2005/1/12)で放送された宮城の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

遠刈田(とおがった)温泉 センターの湯

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉

遠刈田温泉は蔵王山の東麓にある古くからの温泉地です。

遠刈田温泉街の西に温泉神社があり、その前に蔵王町営福祉センターがあり、「センターの湯」はその1階にある、立ち寄りの湯です。

お湯の色は薄い褐色、掛け流しのお湯が勢いよく流し込まれています。

普通の浴槽と熱い浴槽と2つに分かれていますが、普通でも熱い、熱い方はもう「熱湯風呂」って感じです。

温泉としてはやや濃い目のお湯です。一切循環等はしていません。

浴室は広いのですが、ひなびた感じで「非観光地の温泉」を味わいたい方にはおすすめします。

賛久庵(さんくあん)

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉北山21-13

秋田県にあった築140年以上の曲がり家を移築して店舗にした和食処です。

大きな梁が天井を巡り、昔の囲炉裏端の雰囲気が感じられます。

人気は豆腐料理のオンパレードの「豆腐づくしセット」、3つのオススメ品がまるごと頂ける「賛久庵膳」です。調理法の多彩さに驚き、おいしさも再認識できます。

峩々(がが)温泉

宮城県柴田川崎大字前川字峩々1

峩々(がが)温泉は蔵王の東麓、標高800mにある山の中の温泉です。

蔵王エコーラインから、途中で北へ向かう道を下ると、渓流沿いに一軒宿の温泉が見えてきます。

嘉永年間(1847〜1853)羽前国 宝沢村(現在の山形市)の猟師六治が狩りの最中にこの湯を発見し、手負いの鹿が濁川沿いに湯あみをしていたところから「鹿の湯」と名付けられたと言われています。

明治2年(1869)群馬県人 竹内時保は勝海舟・木戸孝允らの知遇を受け、北海道開拓使 黒田清隆男爵に従い、東北地方の巡視を行っていた時、蔵王 刈田岳山下の硫黄採掘に際し、荒廃した「鹿の湯」を発見し、霊泉である事を直感的に察し、「峩々温泉」と名前を改め湯を開きました。

開湯後は終始一貫して療養湯治温泉を守り続けています。

湯の平、四万と共に日本三大胃腸病の名湯として知られています。

青葉城址

宮城県仙台市青葉区天守台青葉城址

伊達62万石の居城,仙台城(青葉城)城跡です。

東と南を断崖が固める天然の要害に築かれた城は,将軍家康の警戒を避けるために, あえて天守閣は設けなかったといわれています。

残念ながら今では城は消失し,石垣と再建された隅櫓が往時をしのばせるのみです。

「青葉城資料展示館」では,伊達家ゆかりの武具や調度品が展示され、さらに300インチの大画面シアターでコンピューターグラフィックスによる青葉城復元映像などが見られます。

周囲には仙台ゆかりの土井晩翠や島崎藤村 の文学碑もあります。

仙台朝市

宮城県仙台市青葉区中央

100メートルほどの路地におよそ90店舗が軒を連ねる仙台朝市。

1950〜1951年頃(昭和25〜26年)に青空市場として発足して以来、徐々に発展を重ねてきました。

朝市という呼び名で親しまれているが夕方まで開いています。

狭い通りに魚屋さんや青果店、雑貨店など、いろんなお店が並んでいて昔ながらの懐かしい雰囲気です。

鮮魚をはじめ、野菜、果物、菓子類、肉類、総菜などが市価の2〜3割程度で購入可能です。

また朝市通り入口付近の駐車場脇では、路上販売をしている店もあり、昔ながらの市売りの会話で地元の人たちや観光客に親しまれています。

熊野洞

宮城県仙台市太白区秋保湯元字上原54-24

秋保温泉街から南に約500メートル程の所に、「秋保工芸の里」があります。

「秋保工芸の里」は伝統工芸産業の振興と後継者の育成の場として、昭和63年 4 月にオープンしました。

現在、 9 工房があり、異業種の工人達が軒を並べ伝統工芸の魂を秋保で継承していこうと創作活動に励んでいます。

その中の「熊野洞」は、仙台たんす、伝統こけし、江戸独楽などの木工製品を製作しています。

作製の過程を直接見学することもでき、伝統工芸品の趣を肌で感じることができます。

仙台箪笥」は欅の木目を生かした"仙台木地蝋塗"の地元特産品で、全国でも高い工芸評価を受けています。 元々、太刀や羽織を入れる箪笥でしたが、用途に合わせて様々な種類に発展し、 趣味のタンスとしても愛用されています。

正面の舞錺金具はもちろん、引き手、隅金具に至るまで、 そのひとつひとつが細かい工程を経た手打ちのもの。黒漆焼き付け塗装でしっかりと取り付けられています。

また、抽斗は日本産桐の白木づくりで、男性的な外観と対照的な柔らかいぬくもりが感じられます。

伝承千年の宿 佐勘

宮城県仙台市秋保町湯元

「伝承千年」の名が示す通り、いにしえの息吹が感じられる宿です。

遠く飛鳥時代から湧き続ける「名取の御湯」が佐勘の家宝。その伝統を頑なに守りながら、理想の快適性を追求した近代和風建築が、不思議な落ちつきを約束してくれる。

「佐勘」によると「文禄2年(1592)12月、佐藤勘三郎は火災に見舞われ、屋敷も湯宿も全焼し石倉を残すだけでした。当時、火元には再建のための御料木材を払い下げないという規則がありましたが、藩主の湯浴御殿であるということで特別に許可され再建されました。その際、佐藤勘三郎は再度の火災を恐れ、紀州高野山に祈願し「貧女の一灯」と崇められた聖火を火縄に託して、48日間道中苦労を重ねて、持ち帰りました。この火は新築された炉端に移され以来今日まで400年もの長い間、昼夜をわかたず燃え続けています。」 といういわれがあります。

1階にある男性用には2つの露天風呂があり、趣を変えた入浴が楽しめます。

上段にあるのが檜風の屋根をつけた桶風呂で、木の香漂うやさしい肌触り。

女性用は湯舟が大きめな岩風呂が一つあります。

2005-02-04 『新潟・村上 鮭物語』 旅の香り時の遊び

今回は、「旅の香り時の遊び」(2005/1/18)で放送された新潟の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

六斎市(ろくさいいち)

新潟県村上市役所脇の道路 

毎月、2と7のつく日に立つ六斎市は、活気あふれる市民の市場です。

村上郷土資料館前から三之町の小路にびっしりと露店が立ち並びます。

近郊の農家でとれた新鮮な野菜や特産品、漬物、魚などの旬の幸を売るお店のほか、衣料品や日用雑貨、生花にいたるまで色々なお店が立ち並び、大勢の買い物客で賑わいます。

イヨボヤ会館

新潟県村上市塩町13-34

「イヨボヤ」とは「魚の中の魚」という意味の方言で、村上地方では「鮭」のことを指します。

イヨボヤ会館は、三面川沿いにある「鮭公園」内にある日本で初めての鮭の博物館です。

館内には鮭漁の漁具やその漁法、鮭を使った郷土料理法などが展示解説され、鮭のすべてがわかります。

地階には鮭の生態観察室もあります。

割烹 新多久

新潟県村上市小町3-38

料理はもちろん、主屋は国の登録有形文化財として登録されている老舗割烹です。

樹齢600年のケヤキがある庭を眺めながら食事をすることができます。

鷹の巣温泉 四季の郷・喜久屋

新潟県岩船郡関川村大字鷹の巣1076-1

磐梯朝日国立公園の朝日岳を源流とする荒川の渓谷ぞいのつり橋を渡って奥の方にある宿です。

露天風呂付き1戸建て離れ家8棟がと、2階建ての別館があります。

硫黄の香りがする無色透明のつるつるする温泉です。

浴槽の湯は53℃の源泉をやや水で薄めてありますが掛け流しです。


秘密の隠れ宿厳選80軒―ふたりで過ごす温泉ヴィラ (ニューズムック―旅美人SPECIAL)

野湯&源泉宿の旅―温泉を掘る・創る・楽しむ

名湯秘湯の旅―いい湯いい宿いい味覚 (ブルーガイドL)

2005-02-03 『雪の群馬・栃木 絶景露天と故郷の味』 いい旅・夢気分

今回は、「いい旅・夢気分」(2005/2/2)で放送された群馬・栃木の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

わたらせ渓谷鐵道

群馬県桐生市

路線名に「渓谷」と冠している通り、渡良瀬川の渓谷に沿って走る鉄道です。

春から秋には、土・日曜・祝日を中心に、渡良瀬川に沿った大間々〜足尾間を「トロッコわたらせ渓谷号」が運行されています。

水沼駅構内には露天風呂もある水沼駅温泉センター、通洞(つうどう)駅近くには足尾銅山などの観光地があります。

きじの宿 梨木館はせを亭

群馬県勢多郡黒保根村宿廻285

梨木館別館のはせを亭は、純和風平屋造りで、特別個室6室のみの贅沢な一軒宿です。

全室に展望檜風呂が備えられ24時間入浴できます。

部屋からは赤城山を背景に庭園が眺められます。

東日本最大級の雉の養殖園を直営し、雉鍋や刺身のきじ料理が名物です。

朝食、夕食ともに部屋で食事がとれ、朝食は8時〜10時の間で指定することができます。

また、敷地内にはホタル池、館内にはリラクゼーションルームがあります。

足尾銅山観光

栃木県上都賀郡足尾町通洞9-2

昔から廃坑までの足尾銅山を再現する国内最大の坑内観光地です。

観覧電車で入る坑内では、江戸時代の手掘りの様子から機械化された銅採掘の作業工程までが人形や当時の会話を交えて再現されています。

キャラクター「源さん」と一緒に、CG映像で歴史を旅する探検シアター「銅(あかがね)資料館」も楽しめます。

松屋旅館

栃木県上都賀郡粟野町深程1660

松屋旅館から15分内(自動車利用)には、個性豊かな7つのコースが点在し、ちょっと足をのばせば、さらにたくさんのゴルフコースが広がっています。

さらに、つつじで有名な城山公園、紅葉の素晴らしい百川渓谷はじめ、名瀑・名木など自然の景観を楽しめます。

花茶寮

栃木県塩谷藤原町大原652-1

関東を代表する温泉地、鬼怒川温泉。その温泉街の入口に花茶寮はあります。

花茶寮は温泉と懐石料理が楽しめる日帰り温泉です。

門の暖簾をくぐるとちょっと高級感のある数寄屋風の建物と手入れの行き届いた庭があります。

「相田みつを心の美術館」を併設していて、相田みつをポストカードや和風小物等のグッズも販売しています。

近くには同じ経営の和風旅館「花の宿 松や」があります。

花と華

栃木県塩谷郡栗山村 湯西川 601

湯西川の豊かな大自然に囲まれた大きな長屋門が目印の温泉宿です。

貸切露天をはじめとする10ヶ所のお風呂を楽しむことができます。

夕食はいろりを囲んでの「平家お狩場焼」が評判です。

会津屋豆腐店

塩谷郡栗山村湯西川1003

昔ながらの製法を守る手作り豆腐の店です。

昭和初期から作り始め、旅館におさめてきましたが、滋味の深さが口コミで伝わり店内で食べられるようになりました。

4〜11月は冷や奴、12〜3月は湯豆腐のみで、添え物のおからも美味しくいただけます。

2005-02-02 『白銀の世界に浸る 福島・雪見露天巡り』 旅の香り時の遊び

今回は、「旅の香り時の遊び」(2005/2/1)で放送された福島の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

高湯(たかゆ)温泉 安達屋旅館

福島県福島市町庭坂字高湯21

吾妻(あづま)山麓、標高750mの高所に湧く高湯温泉は、山形の蔵王高湯、白布(しらぶ)高湯とともに、「奥州三高湯」と呼ばれた古くからの湯治場です。

約10軒の宿があり、硫黄を含んだ乳白色の湯は、胃腸病、糖尿病など、さまざまな効能があり、高い薬効成分は、「東北の草津」ともいわています。

創業1607(慶長12)年の安達屋はこの高湯温泉の元湯にあたり、日帰り入浴も可能です。肌がつるつるになるいわれる霊泉「薬師の湯」が評判です。

また、この温泉は、今から約四○○年前の慶長十二年に伊達家の家臣であった当館初代・菅野三四郎が夢枕に現れた役の行者の「温泉を探し諸人のためにつくせ」というお告げにより、この地を探しあて岩石を取り除いたところ温泉が涌き出たのが始まりです。

あぶくま親水公園

福島県福島市岡部字上川原地先

福島市内を流れる阿武隈川は白鳥の飛来地としても知られる場所です。

毎年10月中旬(〜3月末)になると、シベリアから4000kmの旅をしてやってきた白鳥やカモたちでにぎわいます。

あぶくま親水公園の桟橋は、川岸までゆるやかな坂になっているので誰でも安全に下りて、土でできた岬から白鳥にエサをあげることができます。

信夫山(しのぶやま)

信夫山は西側の羽山、中央部の羽黒山、東側の熊野山の三山の総称です。

福島市のシンボル的存在で市の中心部に位置し、別名を青葉山といいます。

古代から山岳信仰で栄え、山中には岩谷観音の磨崖仏をはじめ、由緒ある寺社や遺跡も多くあります。

山頂からは福島市市街地や吾妻・安達太良連峰の眺望が見事です。

近年は公園として整備が進み春は花見で賑わうなど福島市民の憩いの場として親しまれています。

田楽茶屋・御山角屋

福島県福島市大明神8

信夫山の麓の信夫山公園内にある懐石料理店です。

窓の外に広がる美しい景色を眺めながら、そばや懐石料理を食べることがでます。

創業110年の歴史を感じさせる店内には、囲炉裏が切ってあり、炭火を囲んでくつろげます。

つなぎなしの手打ちそば「笙幻(しょうげん)そば」は、香り、歯ごたえともに絶品です。

土湯温泉

福島県福島市土湯温泉町

吾妻山の山懐に佇む土湯温泉郷です。

温泉街を縫うように荒川が流れています。

近くには磐梯スカイラインがあって四季を問わず観光拠点となって賑わいます。

春から夏は花々が咲き乱れ、近くには箕輪スキー場もあり、冬も楽しめます。

伝統こけし発祥の地としても有名です。

まつや物産店

福島県福島市土湯温泉町

土湯温泉街にあるこけし工房の店です。

こけし作りが見学できます。

奥土温泉 鄙の宿・東海温泉

福島県福島市土湯温泉町字川上27-2

土湯温泉から荒川沿いに約500m上流にあるのが奥土温泉です。

東海温泉は、山の中にある源泉掛け流し温泉の静かな宿です。

山の自然が満喫できる「露天風呂」や、日本庭園に面した「庭園檜風呂」、巨石を配した露天風呂「鄙の湯」があります。

冬に氷結する「糸滝」は見事です。

新野地温泉・相模屋旅館

福島県福島市土湯温泉町字野地2

安達太良連峰の北端、鬼面山山麓に佇む一軒宿の温泉です。

吾妻連峰の南端でもあり、登山やトレッキングに絶好の位置といえます。

磐梯吾妻スカイラインへは約5分ほどです。

湯は沼ノ平の爆裂火口まで約5kmのせいか湯煙上げる硫黄泉、宿の裏手は野趣満点の荒涼とした景観です。

2005-02-01 『福井の旅』 旅サラダ

今回は、「朝だ!生です旅サラダ」(2005/1/30)で放送された福井の旅を紹介します。

湯湯ブログで、旅気分を味わってください。

浜坂鮮魚店

福井県坂井郡三国町宿1-12-25

三国港で獲れた手の生き生きとした魚、甘エビ、越前がになどを安く直販しています。

三浦硝子造花製作所

福井県坂井郡三国町宿2-8-17

町はずれにあるガラス造花の工房です。

色ガラスを溶かして作った花びらや葉を組み合わせ、桜、松、柿(かき)などの盆栽に仕立てています。

最近は三国焼などと並ぶ町の特産品の一つになっています。

荒磯亭

福井県坂井郡三国町米ヶ脇4-4-3

三国漁港直送の厳選素材にこだわった美しい懐石料理が人気の宿です。

凝った器や荒磯柄でトータルした渋い館内の演出も女性に好評です。

見事な夕陽と軟石・笏谷石(しゃくだにいし)を使った露天風呂は旅の疲れを癒します。

越前水仙の里公園

福井県丹生郡越廼村居倉43-25

水仙の花と香りが一年中楽しめる「水仙ドーム」や、水仙の歴史がわかる「水仙ミュージアム」、また、俵万智の歌碑などあります。

高台にある「水仙ミュージアム」からの眺めは格別で、荒波の日本海と、素朴な水仙がすばらしい景色を作り上げています。

月下旬〜2月下旬頃、呼鳥門から越廼村あたりの山肌にも咲き誇った水仙が見られます。

森六

福井県今立郡今立町粟田部26-20

福井の中でもそば処として知られる今立町。なかでも「森六」は、明治4年創業の老舗のそば店です。

地元そばを使うほか、「おろしそばを引き立てるのは大根です」と大根にもこだわりがあり、水分が豊富で甘味のある青首大根。辛味があり身もおいしいという練馬大根。辛味が強く搾り汁だけを使うねずみ大根と信州地大根。これらを季節によって使い分け、ブレンドしています。

卯立の工芸館

福井県今立郡今立町新在家9-21-2

越前和紙の職人技を見学できる工芸館です。

建物は1748(寛延元)年に建てられた旧西野平右衛門家を移築したこの地方独特の伝統家屋です。

卯立という壁を立ち上げた屋根があり、しかもその位置が玄関の上にあるという全国でも珍しい建築です。

内部では伝統工芸師が昔ながらの道具を使って和紙作りに励んでいる。

長田製紙所

福井県今立郡今立町大滝29-39

全国1位の手漉き和紙産地、今立町で襖紙をつくる傍ら小物や明かりなど和紙の作品作りに取り組んでいる。

Connection: close