Hatena::ブログ(Diary)

タスカプレミアム このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

5165992
 | 

2008年08月23日(土) Andy pops his head in.934993

[]これからの女子サッカー これからの女子サッカーを含むブックマーク

なでしこのファンを幻滅させてはいけない - 北京オリンピック 河崎三行コラム : nikkansports.com

犬飼会長は自身が球団社長を務めていた浦和レッズのレディースチームを念頭に置いているのだろうが、レッズが女子チームを維持し、一部の選手とプロ契約まで結べるのは、男子チーム関連で稼ぎ出す巨額の収入があればこそなのだ。

 女子サッカーチームは、金を生み出さない。入場料収入も、関連グッズの収益もほとんど見込めない。そのくせチームや試合の運営に人や時間が取られる。生み出さないどころか金食い虫である。それでも女子チームを維持し続けるには、クラブの資金的体力と愛情と信念が必要だ。

あれだけ活躍しても女子リーグには人は来ないし、第一入場料を取ってないところも多い。オリンピックの女子代表は見る人いるだろうが、その後にどう人気を繋げるか。犬飼さんも吠えてるだけで具体的に協会が金は出さんのだろ。

ZAKZAK - 世界が称讃!なでしこ…FIFA会長「日本No.1」

資金豊富な男子とは違い、親善試合も海外遠征もないために、この試合がなでしこジャパンの今年ラストゲームだったからだ。

8月の段階でもう今年の国際試合が無いのか。強化に真面目に取り組んでないことの証明。

 また、田嶋幸三専務理事は「勝てた試合だった。やはりメダルを取るのはやはり難しい」とした上で、「女子サッカーは、常に世界のベスト10にいますから」と、トップ3を目指すなでしこにはほとんど意味のない“安心理論”を展開してみせた。このノーテンキさが、日本がカラを破れない要因かもしれない。

アメリカやブラジルとはとてつもない差がある。アメリカでは女子プロリーグも再開するし、待遇を改善しないとどうしようもないだろう。よく10回やって1回勝てるかどうかという表現があるが、アメリカとは20回やっても1回も勝てたためしはない。

大体、アジアでまともに女子サッカーをやってるのは韓国、北朝鮮、中国、豪州と日本だけ。参加している国自体が少ないんだから。FIFAランクベスト3を目指さないと。日本協会に女性理事がはいらんと改善せんのかもな。

[][]livedoor ニュース - NHKは日本一の“いい会社” livedoor ニュース - NHKは日本一の“いい会社”を含むブックマーク

役人も真っ青のことするな。 NHKは存続も含めて考えた方がいいでしょう。

[][]決勝 - 懲役3年執行猶予5年、重いっちゃー重いが軽いわな 決勝 - 懲役3年執行猶予5年、重いっちゃー重いが軽いわなを含むブックマーク

上野も凄かったが恩師的立場でテレビに出まくってるあの解説者を代表監督から外したソフトボール協会も相当な英断だった。

宇津木妙子 - Wikipedia

ソフトボールでのオリンピック金メダル獲得は日本ソフトボール協会の悲願で、同協会はアテネ大会終了後に宇津木との監督契約を延長せず、男子代表監督の井川英福に引き継がせた。この際、宇津木自身は退任に消極的だったが、シドニーに次ぐ2度目の敗戦の責任を問われて押し切られたとされる。その後、北京オリンピックはアテネで主将だった斎藤春香が監督となった。

 | 
カテゴリー
2000 | 07 | 10 |
2001 | 01 |
2002 | 01 |
2003 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
あわせて読みたい なかのひと Subscribe with Bloglines