Hatena::ブログ(Diary)

ほくそ笑む このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-03-23

分析したいけどデータがない!そんなときはウェブスクレイピング!

献本いただいたので紹介記事を書きます。

Rによるスクレイピング入門

Rによるスクレイピング入門

本書はウェブスクレイピングという、ウェブ上の情報を収集する技術について書かれた本です。

ウェブスクレイピングはデータ分析者にとって非常に有用な技術です。

データ分析をしようと思ったとき、どうやってデータを集めるかというのが問題になる場合があります。

例えばテキスト解析をしようと思っても、ちょうどいいデータセットが手元になく、自分でデータを集める必要があるといった場合があります。

その場合、WikipediaTwitter などからデータを収集するためには、ウェブ技術やプログラミングについて学ぶ必要が出てきます。

例えばウェブ技術の一つである HTML を学ぶとなると、たくさんのマークアップタグがあり、いくつかのバージョンが混在し、ブラウザによっても微妙に異なるといったことが多くの書籍には書かれているわけですが、こういった知識は、単にウェブからデータを収集したいだけの分析者には必要のない知識だったりします。

本書は、そういったウェブ技術やプログラミングに疎い分析者が、ウェブ上からデータを収集するために必要な最低限の知識を学ぶための最短コースを提供しています。

内容としては初心者向けに一通りのことが書かれており、知識はないけど手っ取り早くできるようになりたいという人が最初に手に取るのにちょうどいいと思います。

本書で使用される統計言語 R では、ウェブスクレイピングを簡単にするためのパッケージが利用でき、プログラミング初心者でもわりと容易に自分の思った通りのスクレイピングコードが書けるようになると思います。

章別に見ていくと、次のような感じです。

  1. Rの基礎知識
  2. ウェブ技術
    • HTML, CSS, XPath, XML, JSON, HTTP, OAuth
    • httrパッケージ, XMLパッケージ
    • 正規表現stringrパッケージ)
  3. ウェブ API 入門
  4. ウェブスクレイピング実践編
    • rvestパッケージ, Selenium (RSeleniumパッケージ)
  5. ウェブ API 実践編
  6. オープンデータ

1章ではRの基礎知識を簡単に説明しています。ただし、ウェブスクレイピングに必要な知識だけに絞って簡潔に説明されています。

2章は基本的なウェブ技術についてです。ここも要点をしぼって説明されていますが、結構なページ数がさかれています。

例えば、CSSセレクタやXPathは、ウェブドキュメントから自分の欲しい部分だけを抜き出すときに、その要素の指定に使われる重要な技術です。

また、抜き出した情報にも余分な情報がある場合もあり、そのような場合は正規表現を使った文字列処理が必要になります。

XML や JSON はウェブから情報を取得する際に返却されるデータ形式としてよく使われるものであり重要です。

このように、本書では膨大なウェブ技術の中でもウェブスクレイピングに必要な情報だけに絞って解説しているというところがポイントだと思います。

3章はウェブ API についてです。ウェブスクレイピングというと HTML ページを解析して情報を抜き出すというイメージがありますが、サイト側が用意した API があるならば、それを使うことが推奨されます。これについては著者自身がブログで説明していますのでそちらをご参照ください。

4章と5章は実践編です。ここでは様々なサイトから実際にデータを抜き出すための方法が具体的なコードと共に提示されます。

6章はオープンデータについてです。現在さまざまな団体がデータを公開しており、これを活用したデータ分析について書かれています。

まとめ

本書はデータ分析者にとって重要な技術であるウェブスクレイピングについて、初心者向けに要点をしぼって解説された本です。

分析したいけどデータがないとお困りの方、ウェブスクレイピングを手っ取り早く学びたいという方におすすめの一冊です。

Rによるスクレイピング入門

Rによるスクレイピング入門

関連

Python によるスクレイピング

Python によるスクレイピングの本も立て続けに出ていますね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証