Hatena::ブログ(Diary)

Science for all Japanese

2008-04-26

4th - 5th par in chap 3

[3-4]

TECHNOLOGY AND SCIENCE

Technology Draws on Science and Contributes to It

技術と科学

技術は科学を利用し科学に貢献する

In earlier times, technology grew out of personal experience with the properties of things and with the techniques for manipulating them, out of know-how handed down from experts to apprentices over many generations. The know-how handed down today is not only the craft of single practitioners but also a vast literature of words, numbers, and pictures that describe and give directions. But just as important as accumulated practical knowledge is the contribution to technology that comes from understanding the principles that underlie how things behave―that is, from scientific understanding.

昔は、物事の性質や物事を操作する技能についての個人的な経験や、職人から見習いへと何代も伝えられてきた方法から技術が生まれてきた。近年伝えられる方法は、職人個人個人の技能だけではなく、指示を与える言葉や数や図で書かれた膨大な文献にもある。しかし、蓄積された実践的な知識と同じ程度に、物のふるまいの根底にある原理を理解(つまり科学的に理解)することによって培われる技術への貢献は重要である。

[3-5]

Engineering, the systematic application of scientific knowledge in developing and applying technology, has grown from a craft to become a science in itself. Scientific knowledge provides a means of estimating what the behavior of things will be even before we make them or observe them. Moreover, science often suggests new kinds of behavior that had not even been imagined before, and so leads to new technologies. Engineers use knowledge of science and technology, together with strategies of design, to solve practical problems.

工学は、技術を開発し使うための科学的な知識の体系的な応用であり、職人の技能だったものからそれ自体が科学になるまで成長してきた。科学的な知識によって、実際に物を作ったり観察する前にその物のふるまいを予測する手段が得られる。それだけではなく、科学によってそれまで考えられなかった新しい物のふるまいが示唆され、それによって新たな技術が生まれることもしばしばある。技術者は科学と技術の知識を用い、設計の工夫と合わせて現実の問題を解くのである。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hoyt/20080426/1209206016