星のつぶやき このページをアンテナに追加 RSSフィード


PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。


個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

2017-01-08

[]HDD更新 20:29 HDD更新を含むブックマーク

天体写真をはじめ、手元のデータは現在、PCの4TB HDD*1にオリジナルを、NAS上の4TB HDD*2×2(RAID 1)にそのバックアップを取る形で運用しています。

しかし、天体写真のRAWファイル、16bit FITSファイルや惑星を撮影した無圧縮動画ファイルなど、容量を食うファイルが激増した結果、あっという間に残り容量が心もとなくなってきました。年末の段階で、PC側、NAS側ともに使用率が95%に達しようとしています。

NAS履歴を追ってみると、わずかここ1年で1.2TBを食いつぶしている計算。明らかに失敗の動画や写真を捨てれば少しは容量が空くとは思うのですが、選別が面倒なうえ、こんな勢いでデータが増えるのでは、早晩またいっぱいになるのは目に見えています。


そこでこの連休中に、HDDを大容量のものに更新することにしました*3。狙いは8TBクラスのもの。6TBは価格的に魅力がありますが、上記のような勢いでデータが増えるのでは1年半もすればまた買い直しということになりそうですし、10TBはまだちょっと高すぎます。

本音としては、円がもう少し高くなるなりして値段が下がってから買いたいところですが、今の円安傾向では今すぐ値段が下がることは考えにくいですし、むしろ年末の仕入れ価格のまま変動がストップしているこの連休中の方が有利かもしれません*4

f:id:hp2:20170108201446j:image

というわけで、土曜日に秋葉原に行って買ってきました。「WD Red 8TB WD80EFZX」3台で、しめて税込11万400円。ほぼ最安値で買っているはずですが、消費税だけで8000円以上取られています。財布にやさしくない……orz

f:id:hp2:20170108201447j:image

WD80EFZXは、HDD内部にヘリウムを充填してプラッタなどの空気抵抗を減らし、発熱や消費電力、騒音の低減をはかる「HelioSeal」技術を採用しています。このヘリウムが漏れないよう、WD80EFZXでは外装にネジ留めではなくレーザー溶接を用いています。HDDの外見が、普通のHDDと比べて全体的にノッペリした感じに見えるのは、この関係があるのだろうと思います。

f:id:hp2:20170108201448j:image

ただ、これが見た目だけの問題ならいいのですが、おそらく同原因でHDD底面のネジ穴の位置が変更になっています(側面のネジ穴は従来通り)。これで困るのが底面からHDDを固定するタイプの機器。実はウチのNAS、PCともにドンピシャで、結局、トレイにネジ2本だけで固定せざるをえませんでした。

PCの方は別途アダプタ経由で5インチベイに設置することも考えたのですが、ケーブルを引き回し直すのが面倒だったのと、エアフローが明らかに悪くなるので見送りました。まぁ、激しい動きや振動が加わるわけではないですから、おそらく大丈夫でしょう。


音や性能に関しては、今のところ可もなく不可もなく。少なくとも、ヘリウム充填技術を採用したからといって、体感レベルで劇的に何かが変わる、というものではないようです。


【2017.1.12 追記】

ちょっと訂正。本格的に使い始めてみると、音は明らかにWD Red 4TBよりうるさいです。アクセス音はガリガリとかなり派手に鳴りますし、回転音についても(NASの筐体と共振している可能性はあるけど)唸るような低音が気になります。とはいえ、巷のレビューを見ているとSeagateのものよりはマシなようですし、他に代わるものもないので、こういうものだと諦めるしかないようです。


ともあれ、これで容量にだいぶ余裕ができました。おそらく2〜3年は大丈夫でしょう。しかし、これで容量が足りなくなったら次はどうしましょうかね?昔ほど飛躍的にHDDの容量が増えるという感じではないですし……。NASの方もいよいよ4ベイかなぁ( ̄w ̄;ゞ

[]予定外の出費 20:29 予定外の出費を含むブックマーク

HDDを買いに土曜は秋葉原をうろついていたわけですが、無事HDDを買い終えたところで、せっかく秋葉原に来たのだからとスターベースやシュミットを冷やかしに…………ハッ!!

f:id:hp2:20170108201449j:image

……おかしい、なぜこんなものが手元にあるのだ?(笑)


というわけで、OPTOLONGのCLS-CCDフィルター(CLS-CCD for EOS APS-C)をつい買ってしまいました(^^; CLS-CCDはいわゆる「光害カットフィルター」に属するフィルターです(CLSは"City Light Suppression"の意)。LPS-P2フィルターがあるのになぜ?と思われるかもしれませんが、この両者、かなり性格が異なります。

f:id:hp2:20170108201450p:image


f:id:hp2:20170108201451p:image

上はLPS-P2、下はCLS-CCDの透過特性のグラフ*5 *6です。これを見ると、LPS-P2は光害成分である水銀ナトリウム由来の輝線はカットしますが、他の波長は極力通すようになっています。一方、CLS-CCDはむしろ逆に、天体由来のOIII(496nm, 500nm)、Hβ(486nm)、 NII(654nm, 658nm)、 Hα(656nm)、 SII(672nm)のみを通し、それ以外は積極的にカットするような設計になっています。

つまり、CLS-CCDは輝線を発する天体専用と言っていいでしょう。具体的には惑星状星雲や超新星残骸、もっぱらHαで輝く散光星雲など。逆に、系外銀河のような連続光で輝く天体には向きません。「光害カットフィルター」というよりはむしろ「複数のナローバンドフィルターを組み合わせて1枚にしたようなもの」と理解すべきかと思います。


これで、網状星雲のような天体や暗めの散光星雲を撮るのが少しは楽になるといいのですが……。

f:id:hp2:20170108201452j:image

一応、LPS-P2-FFとCLS-CCDの外見を比べてみます。写真だとやや分かりにくいですが、CLS-CCDの方が多くの波長をカットするということで、透過してくる光は暗く感じます。

f:id:hp2:20170108201453j:image

裏側はこんな感じ。LPS-P2-FFは開口部とほぼ同サイズのガラスを使っているのに対し、CLS-CCDでは円形のガラスの上下をマスクするような構造になっています。前者は全面をフルに使うため、わずかな蒸着の瑕疵も許されませんが、後者の場合、たとえ多少蒸着不良の箇所があっても、マスク部分に回すことができれば良品として出荷できます。ガラスを円形に切ると無駄が出るとか、逆にコストアップになりそうな部分もありますが、そのあたりは歩留りとの兼ね合い。おそらく、いろいろ考えられたうえでこの構造になっているのでしょう。


開口部は、縦方向のサイズが両者ほぼ同一である一方、横方向についてはLPS-P2-FFが枠ギリギリまで四角く開いており、円形のCLS-CCDに比べコーナーの分だけ広くなっています(最大幅はどちらも同程度)。ただ、どちらもセンサーサイズからすれば十分に開口しているといっていいと思います。本当に問題がないかどうかは、試写してみないと何とも言えませんが。

CLS-CCDの方で特徴的なのは、フィルター下部の「爪」の部分。LPS-P2-FFの方も似たような作りになっていますが、爪はCLS-CCDの方がずっと長くなっています。マウント内にフィルターを取り付けたとき、この「爪」がバネの働きをして内壁に突っ張り、フィルターが固定されるのですが、CLS-CCDは爪が長い分、この「突っ張り力」が強く、かなり強固にマウントに食いつきます。撮影中に外れる心配がないのはいいのですが、結果として付け外しが非常に固く、やりにくいものになってしまっています。もっとも、Astronomikの同様のフィルターを見ると、構造は違えど爪の長さは似たようなもの。こっちが世界標準なんでしょうか……(^^;

f:id:hp2:20170108201454j:image

あと、両フィルターを光に透かして見ると、CLS-CCDはほぼ全面にわたって均一な一方、LPS-P2-FFはフィルター枠に近いところに明確な「蒸着ムラ」のようなものが見られます。上で書いた、開口部とほぼ同サイズのガラスを使うことの欠点が出た感じです。

実際に画質に影響しているかどうかは不明ですが、これまでも画像の四辺に沿って青っぽくカブる現象がしばしば見られたので、もしかするとこれが原因かもしれません。CLS-CCDでこの現象解決するようなら、このLPS-P2-FFを何か別のフィルターに入れ替えることも考えないといけないかもしれません。

*1WD Green WD40EZRX

*2WD Red WD40EFRX

*3:「増設」はデータ管理が面倒になるのと、トータルのHDDの故障率が上がるので却下。

*4:実際問題としては、残り容量的にもはやためらってる時間的余裕はなかったりするのだけど。

*5:両図とも各メーカーのサイトより

*6:横軸が異なることに注意

オヤジオヤジ 2017/01/15 06:22 記憶媒体への投資凄いですね。!(汗)
昔、テープストレージが安く成った時期がありましたけと、今、テープのドライブが30万とかで無理。
ハードディスクを、重ねる事になるんですかね。
ブルーレイは、チェクしてませでした。

HIROPONHIROPON 2017/01/15 13:38 自分で作成したオリジナルデータは失ったら取り返しがつかないので、保護するための投資は惜しみなく……
と言いたいところですが、正直これ以上は勘弁してほしいですね。

本文にも書いたように古いデータは捨てればいいんですが、改めて処理し直すと技術の進歩や
自分のテクニックの向上なんかもあって、なまじ救えるデータがあるのが困ったところ。
使い終わったダークフレームやフラットフレームくらいかなぁ、ためらいなく捨てられるのは……(^^;

Blu-rayは一応、BD-R DL対応のドライブを持ってはいるんですが、それでも高々50GBですからねぇ。
一晩分の動画ファイルすら入らないんだから、とんでもない時代になったものです。