星のつぶやき このページをアンテナに追加 RSSフィード


PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。


個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

2017-02-14

[]ステライメージ8 ファーストインプレッション 02:25 ステライメージ8 ファーストインプレッションを含むブックマーク

f:id:hp2:20170215020009j:image

2月14日、ステライメージ8(SI8)が発売となり、アップグレードを申し込んでいたウチにも商品が届きました。早速インストールしてテスト……と思ったのですが、発売日当日に早くも8.0aへのアップデータが。ユーザーの方は忘れずにアップデートしておきましょう。


さて、以前の記事でSI8への期待と不安について書きましたが、これらの項目がどうなっているかが気になるところです。また、今回のバージョンアップの目玉ともいうべき新UIはどんな具合でしょうか?


UIについて

f:id:hp2:20170215020010j:image

SI8を起動すると、「自動編集モード」と「詳細編集モード」のどちらを選ぶかのダイアログが出てきます。前者を選べば新UIが、後者を選べば従来通りのUIが現れます。なお、これらのUIは起動後も互いに行き来が可能です。


UIでは、ファイルの読み込みはWindowsの標準のパネルを使う仕様になりました。その結果、読み込みは高速に。ただ、こちらはこちらで仕様上、撮影情報やサムネイルが事前に確認できないので、一長一短といったところです。

f:id:hp2:20170215020011j:image:w640

機能はほぼ一か所のパネルにまとまっていて見通しはいいのですが……できることが従来UIに比べると極端に少なくなっています。ガンマフラット不可、ヒストグラムの表示不可、デジタル現像不可、かぶり補正不可、マスク処理不可 etc, etc……。一般的なフォトレタッチソフトと比べても本当にごくごく基本的な処理しかできず、かなり物足りなさを覚えます。むしろ「これで一体どうしろと?」という困惑が先立つ感じ。

UIとしては完全に初心者向けで、極端に多くの枚数を一括処理する必要がない限り、ステライメージの使用経験者があえて使う必然性はほとんどないように思います。


動作速度について

これについては、残念ながらほとんど改善がないようです。

UIにおいて、ファイルの読み込みに異様に時間がかかるのはSI7までと全く同様。非常にストレスを感じます。ソフト自体の動作や処理速度についても、体感できるほどの違いはなさそうです。


コンポジット時の位置合わせ精度

個人的には、これに期待していたのですが……残念ながらこちらも大きな改善は見られませんでした。

f:id:hp2:20170215020013j:image

f:id:hp2:20170215020014j:image

SI7の自動位置合わせにおいて、ズレが誤検出された一連の画像をSI8で処理してみると……やはり突拍子もない結果に。併進ズレや回転ズレの数値が違うので、アルゴリズムに何らかの改良は入っているのでしょうけど、根本的なところは変わっていないようです。

f:id:hp2:20170215224039j:image

ちなみに位置合わせにかけたのはこんな画像(各画像サイズ:5196×3458ピクセル)。1月2日に撮影したM76の写真です。EdgeHD800においてオフアキシスガイドを行ったもので、一連の画像は全体を通して2ピクセル以下のズレしかありません。実際、どこをどう見ても、1000ピクセル以上ズレたり何十度も回転しているわけがないんですが、なぜこんな結果になるのか、まったくもって理解不能です。


RAW読み込み時の問題について

これも旧UIにおいては改善なし。キヤノンRAWファイルを開くと、相変わらず「Canon CR2ファイルを読み込み中…」のダイアログがいちいち最前面にポップアップします。

一方、新UIの方ではそうした挙動はなく、これならバックグラウンドで走らせても邪魔になりません。なんでこんな簡単なことが旧UIの方でできないのか、理解に苦しみます。


そのほか気づいた点

マニュアル*1はモノクロ中綴じの非常に簡素なもので、内容としては新UIの簡単な説明と、作例を使ったチュートリアルです。旧UIおよび機能についての説明はSI7のマニュアル*2に丸投げするという割り切りよう。多少はコストダウンに効くのかもしれませんが、逆に言えば機能面はSI7から進歩がないということの裏返しでもあり、メジャーバージョンアップとしてどうかという感じはします。


で、肝心のマニュアルの中身ですが……これが大変よろしくない。チュートリアルが載っていると書きましたが、正確に言えば「製品DVDに同梱されているサンプル画像の処理方法」が書いてあるだけです。

例えば、ホットピクセル除去やガイド不良のフレームを選別するためのパラメータについては「0.9と入れてください」とか「1.7と入れてください」といった具合に具体的な数字が直接指定されているだけで、なぜその数値を入れるのか、数値を変えたらどうなるのか、そしてそもそもこれらのパラメータがどういった意味を持つのか、といった部分の説明がまったくありません。

ダーク引きの処理にしても「(ファイルリストから)ダーク画像を指定してください」とあるだけで、ダークフレームの作り方はおろか、そもそもダークフレームというものの意味すら説明されてないのです。


UIは、作りとしては明らかに初心者向けなのですが、そのマニュアルがこれでは初心者は困ってしまうでしょう。また、どうにか一通りの処理ができるようになったとしても、パラメータや操作の意味が分からないのでは上達するはずもありません。


さらに、上で例に挙げた「ホット/クールピクセル除去」のパラメータでは、旧UIパラメータと数字の表し方が異なる(新UIでは0〜1、旧UIでは0〜100%)というひどい状況で、わざとユーザーを混乱させてるんじゃないかと疑いたくもなります。


現時点での結論

まだごく一部の機能を軽く触っただけなので、後々印象が変わる可能性はありますが、メジャーバージョンアップとはいっても、大きな変化は「初心者モード」とでも言うべき新UIが追加されたという点だけと言って過言ではありません。ソフト自体としてはパフォーマンスの上積みも機能面での追加・進歩もほとんどなく、バージョン番号にして小数点以下の変化しかない感じです。率直に言ってSI7ユーザーは無理にアップデートする必要はないと思います。

ただ、最近広がり始めてきた天体撮影用CMOSカメラなどを使っていて、数十〜数百枚といった大量の画像を機械的に処理していかなければならない場合には、新UIが役に立つ場面もあるかもしれません*3体験版で使用感を確認してみることをお勧めします。


それにしても、国産でほぼ唯一の市販天体写真処理ソフトがこの体たらくでは本当に困ってしまいます。開発リソースにも限りがあるのは分かりますが、自動処理と称した子供だましの初心者モードを付けるより前に、やるべきことが多々あると思うのですが……。

*1:製品のサポートサイトからDLできます。

*2:こちらも製品のサポートサイトからDLできます。

*3:ただし、上で書いたように自動位置合わせが信用しきれないのは相変わらずなので、過度の期待は禁物です

オヤジオヤジ 2017/02/15 23:30
HPへのコメントありがとうございます。
基準点を打ってのコンポジットは、何も変わって(枚数が多くなるとずれまくり)いなくてちょっとがっかりです。
ステライメージ7を使い尽くしたかと言われたら5%位しか使ってないので判らないのですが、変わってないことが多いですかね。(汗)

HIROPONHIROPON 2017/02/16 00:44 SI7から、あまりにも変わらなさすぎですね。

今後のバージョンアップに期待……と言いたいところですが、なまじ新UIを導入してしまったがために、
次バージョンからは開発の手間が余計に必要になるのが予想されるところ。

アストロアーツに、果たしてそれを乗り越えて機能改善していくだけの力があるかどうか
実は結構心配しています。

けむけむけむけむ 2017/02/16 04:26 オヤジさん経由できました (^o^;
まったく同感です。
いくらなんでも、これで終わりぢゃないよね?と思いたかったのですが... うううむ... です。
ホントにこれだけでSI7->SI8だって話だと、諸々考えないといけないと思いました。

xchihiro7xchihiro7 2017/02/16 13:29 ステライメージは6?の試用版を一度入れたのですが、ファイルダイアログが遅すぎて使う気になれませんでした。レイヤー満載の巨大なTIFFが同一ディレクトリにあるとほんと悲惨で。8でそこは改善されたのですね。スターシャープとかソフトウェアビニングとか試したいことはあるのですが、未だに手出しできていません--; 8の試用版入れて見るかなあ・・

HIROPONHIROPON 2017/02/16 21:47 けむけむさん>
ようこそいらっしゃいました(^^)
やっぱりみなさん、抱く感想はだいたい同じようで。

このバージョンアップ……なんか既視感があると思ったら、タブレットPCが
流行り出したころに出たソフトにしばしばあった「タブレットモード」。
できることが少ない、旧UIと統一性がない等々、そっくりです。

「操作を簡単に」というつもりで作ると、多かれ少なかれこうなってしまうのですかね?

とりあえず製品アンケートには思いのたけを叩き付けてきました(^^;

HIROPONHIROPON 2017/02/16 21:53 kojiroさん>
ファイルダイアログが遅いのは、残念ながら基本そのままです。

新UIの方では、ファイルを開くのにWindows標準のパネルを使うようになったので
ここだけは速いですが、エクスプローラからファイルをドラッグ&ドロップするのと
同じともいえるわけで……果たしてこれを改善と言っていいのかどうか(^^;

とりあえず、体験版を試してみるのがおすすめ。後ろ向きな意見ですが、SI7から
悪くなっているわけでもないので、新規導入ならアリかとは思います。

ちゃんちきちゃんちき 2017/02/18 19:54 「Canon CR2ファイルを読み込み中…」これが出なくなっているだけで
バージョンアップの価値ありと思っていただけに残念です

HIROPONHIROPON 2017/02/18 23:24 いや、ほんとに。全く同感です。
メッセージ自体にほとんど意味がないくせに、無駄に邪魔ですからねぇ。

作業の進行状況を伝えたいのかもしれませんが、だったら新UIのようにプログレスバーに
なっていればよかっただけの話で、わざわざユーザーの操作を妨害する仕様にしなくても……。

とりあえず、アンケートで不満点をぶちまけてきたので、せめて次バージョンでは
改善されていることを願いたいところですが……さて。

あぷらなーとあぷらなーと 2017/02/28 01:17 はじめまして。
私の周りでは皆さんバージョンアップしてるようなのですが、6.5から7になってあまりにもコンポジット速度が遅くなったので8への移行も躊躇しています。7との比較、大変参考になりました。また勉強しに参ります。

HIROPONHIROPON 2017/02/28 21:16 あぷらなーとさん>

ようこそいらっしゃいました(^▽^)

実はこの記事の後、もう少しSI8をいじってみて、メトカーフコンポジットがかなり優秀に
なっていることなどを確認してはいるのですが、総合的にはSI7からの進歩がなさ過ぎて
なかなか詳細なテストをしたり記事を書いたりするモチベーションが……orz

新UIからだと天文用CMOSカメラの画像のDebayerができないような話も聞きますし、
SI7→SI8で恩恵受ける人って、かなり限られるんじゃないかと思います。