星のつぶやき このページをアンテナに追加 RSSフィード


PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。


個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

2017-02-27

[]まつりのあと 22:25 まつりのあとを含むブックマーク

CP+のあった週末はちょうど新月期でした。CP+出撃のタイミングと睡眠時間、天気の様子をにらみながら撮影の機会をうかがっていたのですが、GPVの予報では土曜の夜半ごろから雲が取れる予想になっていました。天気図でも移動性高気圧の圏内で、風も割と穏やかそう。

そこで、CP+のレポートを書き終わった夜半前、いつもの公園に「系外銀河砲」EdgeHD800を携えて出撃してきました。

f:id:hp2:20170227213615j:image

撮影の準備をしていると、おそらく公園に隣接している設備の警備員と思しき、制服姿の人が近づいてきました。実はこの方、先日「しし座のトリオ」や「回転花火銀河」を撮っていた時にも巡回していた人で、天文にもそこそこ詳しい様子。このときは事情説明がてら、機材やこちらが以前撮った写真を肴に、5分ほどちょっとした天文談議に花を咲かせたのでした。

今回は「おっ、今日もやってますね♪」という挨拶から始まるや、目ざとく鏡筒が前回と異なる(ED103S→EdgeHD800)ことに気づくなど、相変わらず「ただもの」ではないことをうかがわせます。セレストロンの社名もご存知でしたし、おそらく元・天文少年だったのではないかと……(^^; さらにこの日は、同僚の警備員も巻き込んで写真を見せながらの「事情説明」。短い時間でしたが、天文趣味普及に一役買えたかと。「不審者リスト」から確実に外れたであろうことも朗報です(^^;;;


さて、この日の第一ターゲットは「黒眼銀河」ことM64。かみのけ座にある大型の渦巻銀河です。以前ガイドシステムを新調した際に、試運転がてらテキトーに撮影したことはありますが、本格的に狙うのは初めて。以前撮った感じでは、特徴である「黒眼」は容易に移りますが周縁部は存外淡く、捉えにくそうな印象がありました。今回はどうでしょうか?

f:id:hp2:20170227213616j:image:w640

2017年2月26日 EdgeHD800(D203mm, f2032mm) SXP赤道儀

Canon EOS Kiss X5 SEO-SP3, ISO100, 露出900秒×8コマ, IDAS/SEO LPS-P2-FF使用

セレストロン オフアキシスガイダー+Lodestar+PHD2によるオートガイ

ステライメージVer.7.1eほかで画像処理

この夜はガイドの調子がどうも悪く、赤経側がオーバーシュートしがち。結果として東西方向にわずかに流れてしまいましたが、とりあえず主要な部分は捉えることができました。外周にはさらに淡いハロが広がっていますが、フラット補正やノイズ処理等を行っていくと埋もれてしまう程度。空の明るいこの場所でそこまできちんと出そうと思えば、少なくとももう倍は露出が必要なんじゃないかと思います。

一方で、天頂付近に昇る上に真冬に比べるとシーイングがマシだったおかげか、「黒眼」にあたる暗黒帯の微細構造や、時計回りに渦を巻いている様子がある程度見て取れます。「黒眼」以外はのっぺりした印象がある銀河ですが、じっくり撮ってみると案外興味深いものです。


ちなみに同夜、Twitterで状況を発信しながら撮影していたら、相互フォローはてなブログユーザーのrnaさんも偶然同時刻に同対象を街なかから撮影していることが判明しました。「天体撮影あるある」ですが、こういうのがリアルタイムで分かるというのは面白い時代です。あの夜、いったい何本の鏡筒が黒眼銀河に向いていたんでしょうか?

f:id:hp2:20170227213617j:image

黒眼銀河を撮り終わったら、次は前々回に取り損ねたおとめ座の「ソンブレロ銀河」ことM104を狙います。こちらも以前、ED103Sで撮ったことのある対象。とはいえ、系外銀河の常で見かけの大きさが小さいため、それらしく見るにはトリミングが必須でした。なので、以前から長焦点鏡で狙ってみたかったのです。

途中、薄雲に邪魔されたりしましたが、なんとか天文薄明開始前までに予定枚数を確保することができました。

f:id:hp2:20170227213618j:image:w640

2017年2月26日 EdgeHD800(D203mm, f2032mm) SXP赤道儀

Canon EOS Kiss X5 SEO-SP3, ISO100, 露出900秒×8コマ, IDAS/SEO LPS-P2-FF使用

セレストロン オフアキシスガイダー+Lodestar+PHD2によるオートガイ

ステライメージVer.7.1eほかで画像処理

明るく、集光のしっかりした銀河なので、撮るだけなら都心からでも楽々です。この銀河は実に均整の取れた形で、何度見ても惚れ惚れします。うまくいけば暗黒帯の微細構造の片鱗くらいは写るかと期待しましたが、さすがにそこまでは無理でした。

f:id:hp2:20170227213619j:image:w640

それでも元の画像をよく見ると、暗黒帯の場所によってわずかに明暗のムラが見られました。ハッブル宇宙望遠鏡HST)の撮影した画像と見比べると、たしかに暗黒帯の明暗を反映しているようなので、さらに露出時間を延ばす*1、画像復元をかける、CMOSカメラでスタッキング&ウェーブレット処理を行う、といった方法を使えば、もう少し微細構造をハッキリさせられるかもしれません。

もちろん、口径が大きくないとそもそも解像しないわけですが、それ以前にやっぱりシーイングですね。高度が比較的低いので、気流の乱れの影響を受けやすいのが難点。東南アジアのような低緯度地域なら、高度が高くなる上に気流も安定しているので、もっと明瞭に写るのでしょうけど(^^;

[][]EOS Kiss X5外部電源化 その後 22:25 EOS Kiss X5外部電源化 その後を含むブックマーク

f:id:hp2:20170227213620j:image

先日作成したEOS Kiss X5用外部電源、今回が初めての実戦投入だったのですが、特に問題なく動作し続けてくれました。バッテリーは復活させたSG-1000を使いましたが、丸々4時間動作させても3段階ある容量表示ランプの1つが点いたり消えたり……という程度の減り方なので、たとえ日没から夜明けまで間断なく使い続けたとしても十分持ちそうです。

バッテリー残量を気にしなくていいのは本当に楽。電圧もリアルタイムで確認できますし、自分で言うのも難ですが、いいもの作りました( ̄▽ ̄)

*1HSTの写真を見ると分かりますが、銀河はまだまだ外側に広がっています。その意味でも、露出はもっとかけてもよさそうです。もっとも、それだと中心部は飛んでしまうので、理想的には多段階露光すべきですが……この小さい対象相手にそこまでやるか?という議論は残ります。

MattMatt 2017/02/28 13:55 Hiroponさん
Mattです。ソンブレロ素晴らしくきれいに撮れてますね。
黒眼も素晴らしいです。 両方とも次回好天に恵まれた際は狙いますよ〜!
ただ77EDIIなのでサイズは期待できそうもないです。

EdgeHD800、私も欲しいのですが資金が貯める前に他のものが欲しくなり、そっちを買ってしまうので宝くじでも当たらないと買えないかもです。
それにしてもISO100 15分を点像で撮影の軸合わせの極意を教えてほしいものです。

HIROPONHIROPON 2017/02/28 21:34 Mattさん>

黒眼もソンブレロも特徴がハッキリしていて、比較的短焦点でも見栄えがしますからね。
出来上がり、期待してます(^^)

> EdgeHD800

私が2013年に買った時は、セール中だったこともあって税込でも128000円。手を出す気になる価格でしたが、
円が安くなったうえに消費税も上がって、今じゃ17万前後。ちょっと立ち止まって考える価格ですよね……( ̄w ̄;ゞ

> 軸合わせ

PoleMasterがあったればこそ、というところでしょうか(^^;
これを使わずに2000mmで効率よくガイドを成功させようと思えば、じっくり時間をかけてドリフト法で
追い込んでいくしかないと思います。たぶん極軸望遠鏡だけでは精度が足りません。

MattMatt 2017/02/28 22:06 どうもありがとうございます。
新宿、渋谷から10kmの撮影場所なら調布辺りですかね。
しかしすごいですね。
私、お安い 1000mmのC8–Nなら持ってますが、ベランダは狭いし、北極星も見えない。
庭も南側なので家が邪魔で北極星もが見えないので。。。 家を壊すか。。。

KENKEN 2017/03/01 00:04 こんばんは!
まつりで何か意中のモノは見つかりましたか?

それにしてもあいかわらず、マゾいお写真(笑)
ちょうどブログ村にて伊豆の天城高原で撮られた黒眼銀河がありましたが、正直差がよく分かりません(;^_^A アセアセ・・・
(ま、もろもろ条件は違いますが)
こう言うの見ると「池袋から20kmの荒川土手でも撮れるかしら」
なんて思ってしまうのですが・・・

HIROPONHIROPON 2017/03/01 00:13 Mattさん>

> 新宿、渋谷から10kmの撮影場所なら調布辺りですかね

いや、もっともっと都心寄り……23区内です。

距離も、新宿からは10kmほどですが、実は渋谷からだと7kmちょっと。
おまけに県境を挟んで8kmほど先には川崎がありますし、
そのほか、半径3km以内にもそこそこ有名な繁華街がいくつも……。

まぁ、そんな環境下でも、やり方次第で案外なんとかなるものです(^^;

> C8-N

おおっ、結構なスケールの大砲をお持ちですね。(たしかKENさんもお持ちだったような)
長さがあるので運用がそれなりに大変そうですが、
焦点距離が1000mmあれば系外銀河なんかも十分楽しめそうです。

ベランダだと……普通の間取りならそうなりますよね(^^;
腹を決めてドリフト法で追い込んでいくのがやっぱり確実かもしれません。
「1コマの露出時間中にずれなければいい」と割り切って調整すれば、
そこそこの手間で済むんじゃないかと思います。

HIROPONHIROPON 2017/03/01 00:27 KENさん>

こんばんわです(´▽`)ノ

> 意中のモノ

やっぱり、ビクセンの「SDレデューサー HDキット」ですかね。
現行のレデューサーの性能が、画質、周辺減光ともにあまりにアレなので、
発売されたら少々高くても行くと思います。

実際、不満を持っている人はかなり多そうなので、相当売れるんじゃないかなぁ……。

> マゾいお写真

ありがとうございます(ぉぃ

まぁ、明るくて比較的撮りやすいのばかり狙ってる、ということもありますから
そこは割り引いて見ていただいて(^^;

でも実際、メシエ天体なら都心からでも十分行けると思いますよ。
大体、空が暗かったとはいえ、18世紀の性能の悪い口径5〜7cm程度の望遠鏡かつ眼視で
発見できたくらいの明るい天体ですからねぇ……(^^;

MattMatt 2017/03/01 06:47 HIROPONさん
失礼いたしました。 HIROPONさんはセレブさんだった。
世田谷かまさかの田園調布!

HIROPONHIROPON 2017/03/01 07:57 > Mattさん

「公園が」ですけどね(^^;

それに、自分自身はセレブどころか安月給もいいところ。
そうでなければタカハシとかでガッチリ固めるんですが(T_T)

GG 2017/03/01 17:41 kiss外部電源化ですが結局自分の購入したものは通電すると煙が出てしまい焦げてオシャカになってしまいましたが別のものを買った所OK。表示パネルがないのでテスターで電圧調整する必要がありましたが無事作動することを確認しました。お陰様でこれから電池の残容量を気にすることなく撮影に専念できそうです。本当に有難うございました。

上杉蒼太上杉蒼太 2017/03/01 19:43 やっぱり春は系外銀河。M64もM104もとっても綺麗に撮れてますね。暗黒帯のある銀河はコントラストが鮮やかになって写真写りもいいですよね。M104……昨年はテスト程度にしか撮らなかったので今年はちゃんと挑戦してみます。

HIROPONHIROPON 2017/03/01 23:01 Gさん>

うぉうっ!発煙って、大丈夫でしたか?
どこかでショートしたんですかね……?

ともあれ、結果的に外部電源化成功おめでとうございます。
快適さが段違いなので、撮影楽しんでください(^^)

HIROPONHIROPON 2017/03/01 23:24 上杉さん>

春のパン祭り……ならぬ銀河祭りですね(^^;
これから段々天気の移り変わりが速くなってくるので、機を逃さず撮っていきませんと。

去年は1月中旬からGWくらいまで毎週末悪天候に祟られましたが、今年の関東ははその点、
天気に恵まれて助かってます。

> M104
撮るだけなら簡単な部類だと思うんですが、シーイングの関係もあって、詳細を撮ろうとすると
案外大変かもですね。渦や暗黒帯の詳細が写っているのは軒並み口径30cmクラスが多いので、
シーイングのみならず、口径20cmの限界というのもあるんでしょうけど……。