星のつぶやき このページをアンテナに追加 RSSフィード


PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。


個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

2017-07-20

[]「SDレデューサーHDキット」レビュー その2 星像テスト 01:59 「SDレデューサーHDキット」レビュー その2 星像テストを含むブックマーク

先にファーストインプレッションとして、外観と周辺減光を中心にビクセン「SDレデューサーHDキット」の簡易レビューをお届けしました。なかなか期待を持たせる結果でしたが、この時点では星像の確認ができていませんでしたので、最終判断は保留となっていました。

今回、うまく晴れ間に出会えたので「SDフラットナーHD」と「レデューサーHD」について簡単に星像テストを行ってみました。

使用した鏡筒はED103S、カメラはEOS KissX5、カメラアダプターは「直焦ワイドアダプター60DX EOS用」と、ハードウェアは前回と同様です。

撮影条件は、感度ISO1600、露出30秒の1枚撮りで、ダーク補正、フラット補正等は行っていません。撮った画像の中央および四隅の480ピクセル四方を切り出して表示しています。なお、画像をクリックするとオリジナルサイズの画像が見られます。


まず「SDフラットナーHD」について見てみます。

f:id:hp2:20170721015812j:image:w640

写野周辺部まで、星像はほぼきれいな点像を保っています。ED103Sで補正レンズなしでの直焦点撮影を行った場合、二枚玉アポクロマートの宿命で、残存する像面湾曲や非点収差によって視野周辺部の星像は周辺方向に伸びてボケる*1のですが、これがきれいに補正されています。

周辺減光の少なさ、F値の増加量の小ささを考えると、撮影用として積極的に常用してよいと思います。


次に「レデューサーHD」の星像です。

f:id:hp2:20170721015900j:image:w640

こちらも、写野周辺部まで乱れの少ない星像。従来品の「レデューサーED(F7.7用)」では千鳥紋状に星像が崩れ*2、大変見苦しいものでしたが劇的な改善です。

厳しく見れば、周辺部において星像の内側に青、外側に赤が見える形でわずかに「色ずれ」が見える(倍率色収差?)のですが、この程度なら個人的には許容範囲内です。


結論

前回の結果も踏まえると、少なくともAPS-C以下のフォーマットを使用しているユーザーにはほぼ手放しでお勧めできます。性能を考えれば価格も大変リーズナブルで、「ビクセンもやればできるじゃないか!」というのが率直な感想です。

35mm判フルサイズでの評価については、手元に機材がないために言及できませんが、ここまでの検証では「宣伝文句に偽りなし」という印象なので、十分に期待できます。ただしこの場合、鏡筒が従来品であるならドローチューブの改修が必須です。


しかし、せっかく写真性能が上がってきているだけに、鏡筒の対物レンズにおける錫箔のでっぱりだけが本当に残念。上の作例でも、錫箔による回折で輝星に「ひげ」が生えてしまっており、見苦しい感があるのは否めません。今年のCP+のレポートでも書きましたが、課題として認識はされているようなので、一刻も早い改良が望まれます。

ねお丸ねお丸 2017/07/21 06:54 これは素晴らしい結果ですね。
旧レデューサーの周辺部は結構荒れたでしょうから、ビシッと点像になったのは嬉しい限りですね。
ビクセン、やれば出来るじゃないですか!
これなら旧レデューサーの倍の値段を取っても納得出来ます。

HIROPONHIROPON 2017/07/21 21:37 旧レデューサーの星像の崩れは、縮小してもなお気になるレベルでしたからねぇ。
これで安心して撮影できるというものです。

一方、商品ラインナップの面で、旧レデューサーを残してあるというのは
価格を重視する層にとってはありがたいことではないかと思います。
6万円近くともなると、無計画にホイホイ買える感じでもなくなりますしね。

忍者忍者 2017/07/23 14:44 テスト結果大変参考になりました。
私は、ED81Sを持っていますので、以前からレデューサは気になっていました。
買うならこれです。ただ、ドルチューブの内部改造は必須ですが、レデューサ+カメラ、レデューサ+冷却CCD、場合によってはオフアキを付加すると、ドロチューブへの加重とピント合わせ加重が心配です。HIROPONさんの考えがあればぜひお聞かせください。

HIROPONHIROPON 2017/07/23 20:39 ウチの場合、つけている機材が軽量級のものばかりということもありますが、
接眼部の強度不足は感じたことがないです(フリップミラー使用時を除く)。
タカハシのものと比べると弱いと言われますが、海外製の望遠鏡でよく使われている
安価なクレイフォードに比べればはるかに良好だと思います。
なんだかんだ言っても、ラック&ピニオンはスリップの心配があまりないので助かります。

心配があるとすれば、デュアルスピードフォーカサーを使っていた場合に、これが
スリップしないかですが……こればかりは試してみないとなんとも。

これでなお強度不足を感じるようなら、Moonlite Focuserあたりと接眼部を交換することに
なるのでしょうけど、そこまでするなら鏡筒ごと交換してしまった方が良さそうな気がします。

忍者忍者 2017/07/24 14:07 コメントありがとうございました。
過去天頂付近で苦労したことや鏡筒のバランスがとれなくおもりを使ったこともあり極力軽くしていました。何を重視するかとしっかりした対策ですね。

HIROPONHIROPON 2017/07/25 00:43 ちょっと探してみたら、海外でED81Sの接眼部をMoonlite Focuserに交換した例が出てきました。
https://www.astromart.com/classifieds/details.asp?classified_id=856090

もっとも、かなりガッチリしていて重そうなので、それこそバランスで苦労しそうですね(^^;

忍者忍者 2017/07/25 23:25 Moonlite Focuserはがっちりに見えます。英語が苦手なので内容はわかりませんが、海外の個人・メーカーは発想等自由ですね。手軽に購入/試せると良いのですが。
明るい光学系は、メシエを制覇したらそのうち検討したいと思っています。ありがとうございました。

HIROPONHIROPON 2017/07/25 23:49 Moonlite Focuser、一応、国内代理店のZizcoから購入は可能ですが、メーカー直販と比べると1.5倍以上の
ぼったくり価格になるので、もし買うとすれば直販ですが……いずれにしても実物を触って試せないのは
怖いですよね。

このあたり、サードパーティが元気なアメリカは羨ましいなと思います。まぁ、あっちはあっちで
広い国土に店舗やメーカーが点在している形で、どのみちアクセスは困難そうな気はしますが(^^;

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hp2/20170720/1500569989