星のつぶやき このページをアンテナに追加 RSSフィード


PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。


個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

2017-07-30

[]個人サイト更新 20:39 個人サイト更新を含むブックマーク

https://urbansky.sakura.ne.jp/

ちょっと思うところあって、個人サイトの「ギャラリー」に掲載した過去約1年分の星雲・星団写真について、各種画像処理前の「撮って出し」の画像を各ページに載せてみました。なお、今後「ギャラリー」に追加していく写真については、最初から「撮って出し」の画像も載せる予定。また、1年以上前の写真についても、徐々に追加していきたいと思っています。


さて、この更新をした理由ですが……

多くの人が目にする「天体写真」というのは、程度の差こそあれ、様々なテクニックを駆使して見栄えがするように加工されたものです。一方で、撮ったままの画像をまとまって目にする機会というのは意外とありません。これが天体写真に過剰に期待を持たせている、あるいは「最初から『加工後』くらいに撮れていないとダメ」という誤解を生む原因になってやしないかというのが気になっていたのです。単なる取り越し苦労かもしれないのですが……。

そこで今回の更新です。街なかから撮影した場合、光害に埋もれて目的の天体がロクに見えないことがしばしばですが、これを見れば、どの程度写っていればリカバリーできるのかという目安くらいにはなるはずです……なるといいなぁ(^^;


東京都心からだと実に酷い写りなのが一目瞭然*1で、これより悪い状況というのはなかなかないと思うのですが、それでもやり方次第であのくらいまでは持っていけるので、郊外に遠征なんて行けない、という人も臆せず踏み出してくれたらいいなと思います。

*1:M33とかは特に酷いと思います(^^; https://urbansky.sakura.ne.jp/gallery/M33_161230.html

にゃあにゃあ 2017/08/01 01:24 この撮って出しの企画は、とても勇気づけられます。私も最初は「みんなどうしたらこんな綺麗な写真がとれるんだろう?」と思っていました。そのあとコンポジットとか長時間露出とかいろんな技があるのを知ったので、「まずはこれがスタートだよ」というメッセージが伝わるような気がします。

HIROPONHIROPON 2017/08/01 23:48 そうそう、そうなんですよ!

撮影条件を書いてあるところは多いですが「じゃあ、具体的にどのくらい写っていればOKなのか(なんとかなるのか)」を
示しているところってほとんどないですからね。撮影条件の記述はたしかに参考にはなりますが、空の状態が違えば
直接参照するわけにはいきませんし……。

自分も結構「えいやっ」で撮っているところがあるので偉そうなことは言えませんが、最低限の目安くらいには
なってくれるんじゃないかと期待しています。

オヤジオヤジ 2017/08/04 09:28 これ、大賛成です。
そうなんですよね、2015年11月から天体観測を始めたのですが、庭では白飛びして。
光害フィルタを着けたら、少し、赤い雲とか見えるようになったのですが、コンポジットも知らなくて、失望してました。
これは、良い企画だと思います。

HIROPONHIROPON 2017/08/04 22:51 「撮って出し」の状態で星雲が写ってないのを見て「失敗だった」と諦めて画像処理を行わない人も
いるという話も聞いたことがありますし、そういうケースを少しでも救うことができれば、ですね。

特に、一般的なノウハウ本やサイトでは空の暗い理想的なケースを取り上げていることが多いので、
ここまで真っ白な作例はなかなかないのじゃないかと思います(^^;;;

きよりんきよりん 2017/08/05 02:30 わたしも超光害地川崎周辺在住なので非常に励みになります。
しかし、はれませんねえ...orz

HIROPONHIROPON 2017/08/06 00:02 今夜はかろうじて薄雲越しに月が見えていますが、この月明かりと湿度では
機材を出す気にはなかなかなりませんね(^^;

結果、ストレスのはけ口が機材の方に……orz