宮本大人のミヤモメモ このページをアンテナに追加

2016-10-23

コミティア118にゼミで参加します。 10:46 コミティア118にゼミで参加します。を含むブックマーク

【イベント当日の日付でアップしています】

 10月23日のコミティア118に「宮本大人ゼミナール」としてサークル参加します。

 スペースはS50aです。

 いつものようにゼミの卒論集を売ります。今回の新刊はなんと1年半遅れの4期生の卒論集です。5期生のが5月に出てるので順番前後して申し訳ございませんが。ゼミ史上最多の19本の論文、全676ページ!完全に鈍器です!目次は以下の通りです。

 

maps vol.4

発行:明治大学国際日本学部宮本大人ゼミナール

[2016年10月23日/A5/676頁/1500円]

<目次>

p.001 伸ばした手の先に                   宮本大人

p.003 P.A.WORKS オリジナル作品にみる地域性      

p.033 Perfume のイメージはどのように変化していったか    

p.082 なぜゲーム『ポケットモンスター』は長年愛され続けているのか?

p.127 サブカルチャー史におけるYMO           

p.168 「考察本」とは何か                 

p.216 野球漫画において遊撃手描写はどのような変遷をたどったのか

p.256 なぜジャニーズファンはメンバー同士の仲の良さを好むのか

p.294 人気が出ているアニメMAD に働いている要素とは   

p.334 アカペラ動画はアカペラ文化にどのような影響を与えたか

p.364 スタジオジブリ作品が描く日本の学園物語       

p.394 山ガールはどのように生まれ、変化してきたのか    

p.427 なぜ『モンスター娘』というジャンルが注目され始めたか 

p.447 『Hanako』・『Oz magazine』に女性が求める価値とは  

p.476 ROCK IN JAPAN FESTIVAL の思想と発展         

p.503 POV 形式モキュメンタリー映画論           

p.545 旅行情報誌『るるぶ』はどのように旅行情報を提供してきたのか

p.579 なぜショップ袋は再利用されるのか          

p.609 現在の日本のファッションと音楽の相関性について  

p.638 日本のグルメマンガのテーマ変遷と現在のトレンド   


 バックナンバーも売ります。北九大時代の『メディアとサブカルチャー』は2号が品切れ、前回コミティア116で在庫が発掘できなかった5号も今回はあります。明大『maps』は1号が品切れです。以下、各号の目次です。


メディアとサブカルチャー vol.1

発行:北九州市立大学文学部比較文化学科宮本大人ゼミ

[2007年3月24日/A5/402頁/1000円]

<目次>

はじめに 宮本大人

・イラスト投稿雑誌上で行なわれるコミュニケーションについて

・「きもの」と称される衣服ファッション雑誌に見られる平成の「きもの」は「サブカルチャー」か−

・オリジナル映画とリメイク映画の比較研究−『リング』と『ザ・リング』を比較して−

野比のび太論〜『ドラえもん』におけるのび太のもつ意味〜

ケータイ文化と若者のコミュニケーション

・女性向け恋愛ゲーム市場の安定と拡大

・2ちゃんねるはどこが新しいのか〜従来メディアとの比較・電車男を題材として

・『水曜どうでしょう』はなぜ全国で知られるようになったのか

野球マンガの魔球表現に関する研究

・「クチコミと広告の関係」について−『ビーズアップ』と「アットコスメ」を対象として−

・マンガの絵における同一キャラクターのデフォルメのされ方の違いについて−なぜ、等身が変わるのか−

・複製技術時代における「主体」の変容について



メディアとサブカルチャー vol.3

発行:北九州市立大学文学部比較文化学科宮本大人ゼミ

[2009年3月21日/A5/632頁/1200円]

<目次>

はじめに 宮本大人

小倉祗園祭りについて−メディアとしての小倉祗園太鼓−

・私たちを癒す「萌え」〜急速なBLの広がりの中で〜

現代日本における「セレブ」とは何か

・スポーツマンガと表現

・映画における子供たち−子供の仲間集団と大人たち−

・進化を続けるてれび戦士NHK教育テレビ天才てれびくん」が描く子供たち−

・『ジョジョの奇妙な冒険』における「家族」表現

ヴィジュアル系の特徴とは―ヴィジュアル系のオタク性、ジャニーズ系のオタク性を比較して―

・3つのセサミストリート〜日本版セサミストリートが受け入れられなかったのはなぜか〜

ジョージ朝倉作品と映画について

・「ギャル」というスタイルについて〜ギャルスタイルと現代女性の「理想像」〜

・エッセイマンガにおける作者の自画像について

・広告する私達−私達と広告の間で何がおこっているのか−

・考察、映画『七人の侍』とアニメ『SAMURAI 7』−映画とアニメ、そして現代における「侍」像を見る−

・ストリートファッションにおける“個性派”とは何か

・80年代の少女たちと少女マンガの少年たち−〈私〉は〈彼〉から何を得るのか−

・「パフィー」ブームはどのようにして起こったのか−日本、アメリカ、そしてまた日本へ−

・中間的マンガとはなにか−志村貴子作品はなぜ「中間的マンガ」にみえるのか?−

・日本の見世物について―現在の見世物における障害者とは―



メディアとサブカルチャー vol.4

発行:北九州市立大学文学部比較文化学科宮本大人ゼミ

[2010年3月20日/A5/590頁/1200円]

<目次>

はじめに 宮本大人

・若手ジャニーズグループにみる男性アイドルの変容

・日本のアニメに見る戦争の記憶―アニメの中の大爆発描写の考察―

・ヤンキーの変遷と嗜好

・物語の「機能」からみるライトノベル電撃大賞受賞作品から―

・「サザエさん」はなぜ今もテレビで続いているのか

・ロリータファッションのセカイ―ロリータファッションが志向するもの―

少年マンガのヒーローたち―『ジャンプ』から読み取る今求められているヒーロー像とは?―

電子音楽からみる80年代リバイバル

スターバックスコーヒーのブランド戦略について

・現在のお笑いブームとは―ファンの存在―

・ロック・フェスティバルの魅力〜時代と共に成長してきたフジ・ロックとサマー・ソニック

・現代メイク論

・マンガに読む地域性の描かれ方

・韓国の恋愛ドラマの比較分析

・現代ニッポンのキャラクター

・メディアは魔女をどう表象してきたか

寺山修司作品の中の見世物小屋

・アニメ作品にみる決断主義ゼロ年代


メディアとサブカルチャー vol.5

発行:北九州市立大学文学部比較文化学科宮本大人ゼミ

[2011年3月19日/A5/226頁/600円]

<目次>

はじめに 宮本大人

・BL漫画における女性登場人物の特徴とその意義

ユニクロは何をもたらしたか―現代人のファッション観―

資生堂CMからみる女性の表象のされ方

・イケメンブームはなぜ起こったのか―女性の異性意識の変化とメディア戦略―

声優のアイドル化―声優という存在はどのように変容したのか―

・日本のカフェ史

・現在の韓流ブームについて―二つのブームから見るブームの要因―

富沢ひとし作品研究―富沢ひとし作品におけるマンガ表現―

編集後記座談会


【明治大学国際日本学部宮本大人ゼミナール】

maps vol.2

発行:明治大学国際日本学部宮本大人ゼミナール

[2013年3月31日/A5/360頁/1000円]

<目次>

掘り起こした石を積むように 宮本大人

彩雲国物語』が読者を惹きつけたもの−主人公・紅秀麗の描かれ方

ハードコアコミュニティにおける情報発信‐シーンを作るメディアー

おうちカフェにおける「カフェ」の意味−インテリア雑誌と料理ブログの分析を通して−

人気・不人気ゆるキャラのゆるさの違い−キャラクターデザインに注目して−

現在のアイドルの年齢分布にみるアイドル性−「20才」を過ぎても−

2000年代のアニメ作品における黒髪ロングキャラの傾向−黒髪ロングが与えるキャラクターの存在感

ソーシャルメディア炎上個人とソーシャルメディアの炎上の関わりの推移−

下北沢の歴史と今後−下北沢再開発

“ 選ばれし子どもたち” の成長とそのきっかけ−アニメ「デジモンアドベンチャー」論

DAWがスタジオ・自宅にもたらしたもの−DTM時代のレコーディングー

2000年代以降の深夜ドラマの挑戦−放送作家劇作家が手掛けるドラマから−

アニメ『クレヨンしんちゃん』の世界観−日常と非日常のホームドラマー

松本人志に見るロック要素−著書、コント、トークの分析から



maps vol.3

発行:明治大学国際日本学部宮本大人ゼミナール

[2015年3月25日/A5/414頁/1000円]

<目次>

世界に釣糸を垂らす 宮本大人

ライブ会場での光モノ使用はどのように普及したか

ゲーム実況は「オワコン」か

おジャ魔女どれみ』論

海外の「少年合唱団」はどの様に受容されてきたのか

漫画に描かれるホームレス者

世界中にハローするキティちゃん

商業施設と街との関係にはどのような変化が見られるか

「女の子写真」、その後

百合」を読む日本人男性の性意識変化の実例と実証



maps vol.5

発行:明治大学国際日本学部宮本大人ゼミナール

[2016年5月5日/A5/510頁/1200円]

<目次>

意味は、あるんです 宮本大人

おやすみプンプン』論

東京ディズニーランド/シーにおけるゲスト像の変化

3D ホラーゲームの特徴とその変遷

よつばと!』論

デモンズソウルは非同期型オンラインの先駆けか

ショタの研究

東京事変の活動は椎名林檎にどのような影響を与えたのか

女子高生向け現代少女漫画に描かれるファッションの役割

「女子旅」の定番はどのように変化してきたのか

SEKAI NO OWARI の表現とファン

なぜ朝食ブームは起こったのか

擬人化キャラクター」とは

着回し特集から見る女性ファッション誌

なぜ人は“ カフェ” でコーヒーを飲むのか

ご当地キャラと観光

「 当て馬男子」論

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20161023/1477100813