think two things このページをアンテナに追加 RSSフィード

     Profile Archive
hrkntrの最近読んだ本 あわせて読みたいブログパーツ

| 作編曲 | Music | Classic | Jazz,Inst. | Pop,Rock | Soundtrack |
| | メモ | 呟き | テレビ・映画 | Hatena | 未分類 | 購入CD | 購入本 | 購入DVD |

0000 | 01 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 04 | 05 | 07 | 10 |
2016 | 03 | 04 | 08 | 12 |
2017 | 01 | 03 |

2005-08-31 Wed

[] 買い物

SONY MDR-Q23SL H アウトドア用ヘッドフォン

SONY MDR-Q23SL H アウトドア用ヘッドフォン

これより高値で買ってしまった・・・。

[] ヘッドフォン

接触が悪くなってきた。もっといいのを買おう。

2005-08-30 Tue

[][] 悔しい

探している本が見つからない。Amazonか。

2005-08-29 Mon

[] 雑誌

DTMマガジン 2005年9月号

フリーウェアの紹介の時は思わず買ってしまう。そういう人は少なくないだろうな。

[][] ロシアン・ブラス

今日の「クラシック倶楽部」を録画しておいた。5人の金管だけで「展覧会の絵」をやってしまおうというロシアン・ブラス。「さすが!」という瞬間と「あれ?」という瞬間が入り混じる。意気込みを買えということか。

[] バリーダグラス

彼の録音をせっかく買ったので、前に聴いたラフマニノフピアノ協奏曲第2番」を聴き直す。

ドロドロとうごめくような動きを旋律以外でやっていることが多い曲だが、ダグラスはそういった部分を聴かせる技量に秀でていると思った。全然あざとくないし、他の動きの邪魔にもなっていない。「ああ、こういうことをやっていたのか」と気付かされるのだが、ダグラスは決して「こういうことをやっているのだ」的な弾き方をしているわけではない。この違いを表現するのは難しい。それから、勝手な先入観で失礼だがアメリカ人らしくないと思った。音楽はずっと流れているように聞こえる。明瞭さが特徴ではあるけれども、突出した音色がドカンと来ることは稀で、一つの音はその一つ前の音が連れてきたもので、また一つ次の音を呼び繋げる。弱音への丁寧な取り組みは、オーケストラにも伝染している。そういうところが、アメリカ人らしくない。オーケストラはロンドン響。

[] 月曜日

月曜日はスピリッツ。今週は「ともお」に憩う。「バンビ〜ノ」はどうなる?

[] ご褒美

ジャケットが佐伯祐三だった。字に自信なし。合ってた。

バリーダグラスの「展覧会の絵」

2005-08-28 Sun

[] サンソン・フランソワ

サンソン・フランソワの弾くショパンマズルカを聴く。ボンヤリとした感じで、興奮は多くない。でも曲が終わると、驚きがやって来る。今さっきまであった雰囲気がサッと無くなるからだ。今まで起こっていたことは何だったのだ? そして繰り返し持つことになるフランソワとの時間キーシンが弾くショパンのマズルカを聴いて、若者に似合うなんて書いたが、全く見当違い。マズルカの包容力が大きいのだな。まだまだ深められる形式だと思う。

[] フランクブリッジ

「フランク・ブリッジ」の検索で来られた方が居るようです。いいですよね、この作曲家。僕は大好き。NAXOS、頑張れ。

[] 想像

音楽での想像力と、文学での想像力についてだけれども、色々と考えているうちに、混乱してきた。駄目じゃないか。文学作品を書く際は、どういう想像力が必要とされるのだろうか? 混乱しているのは、それが分からないからなのか。音楽であれば、もやもやとしながらも、得たい響きのイメージを作り出しておいて、それを実現するための技法や、音域・調性を選んでいく。出来上がったものの響きを確認する。自分が求めるイメージ、聴いた時の感興、第三者の意見などを何度も出し入れしながら、整理していく。けども、手を加えたからと言って良くなるわけでもないし、時間をかけて作ったから万全のものとも言えない。あれ、文学っぽいね。でも、これは想像力の話ではないか。得たい響きのイメージを生み出す素はなんだろう? 音楽なら、音色の引き出しを頭の中に貯めておかないと、響きのイメージは貧弱になっていきそうだ。やっぱり分からない・・・。

[][] Wiki

気になっている。これがあれば、明瞭になれそう。

[] 目当てのものは無かったけれど

夏のロケット (文春文庫)

夏のロケット (文春文庫)

「夏のロケット」。某ダイアリーにて感想が書いてあって、いいタイミングで品を手に取れたので。出会いが大切。

もう一度「捨てる!」技術 (宝島社文庫)

もう一度「捨てる!」技術 (宝島社文庫)

新書の「捨てる!技術」はタイトルだけで敬遠していたけれど、やっぱり読んでからだろ、と。

[] 音楽が気になって

ハムレット」(ローレンス・オリヴィエ主演・監督

これの音楽はウォルトンなのだ。

ロビン・フッド冒険

こちらの音楽はコルンゴルトOSTをなぜか持っている。

2005-08-27 Sat

[] エゴグラムを久しぶりに

以前にもエゴグラムをしたことがある。きちんとしたカウンセラーが用意してきたものを使って、結果をもとに、カウンセラーに色々コメントももらった。それを切っ掛けに色々考えた末に、大胆に人生の舵を切ったような気が。久しぶりにやってみた。キーワードに登録されているURL

エゴグラムによるあなたの性格診断結果

1.性格

仕事熱心な事と、好奇心の旺盛なのが、大きな特徴です。社会の仕組や伝統は無視しないが、常に何か新しい物を探し求める性格です。斜めに構えた常識タイプと云えるかも知れません。貴方のようなタイプの場合は、意気込みばかりが先行して、整合性の有る行動力が伴って行かないと云う場合が少なく有りません。地味な努力を忘れないようにすると共に、興味本位で出しゃばり過ぎないように、注意する事も必要です。

2.恋愛結婚

貴方は恋人配偶者に対して、何時も賑やかに振舞い、相手がそれに従って呉れる事を望んで居ます。それかと云って、相手が貴方に輪を掛けた馬鹿騒ぎをする人では、又旨く行かないでしょう。貴方の批判眼は鋭いので、はしゃぎ過ぎの襤褸を見逃さないからです。貴方はかなり我儘なタイプなので、相手に対して何時も自分の意に叶うような動きを求め過ぎる嫌いが有ります。心すべきでしょう。

3.職業適性

職業の選択には困らないタイプです。大概の仕事は一応こなすのですが、性格的に最も適性の有る仕事は、独創性と表現力プラス探求心が要求される仕事です。カメラマンデザイナー、芸能、芸術全般、企画宣伝業、美容師モデルその他です。堅くて地味な仕事では、貴方の本当の良さを、十分に活かし切れない恐れも多分に有ります。

4.対人関係

自分のペースで動き過ぎる嫌いこそ有りますが、一寸行き過ぎ位が、貴方の持味なのですから、それはそれで良いのだと思わなくてはいけません。但し、失敗を他人の責任に転嫁したり、真剣に反省しなかったり、と云うような生き方は宜しく有りません。絶えず自省を繰り返しながら、尚かつ前向きに、どんどん突っ込んで行くと云う生き方が、貴方のようなタイプには、最も似つかわしいのです。

占いでも、他の性格診断でも、職業絡みはいつもこういう結果。これって地道な仕事をする能力がなくて夢見がちってことでは・・・? おそろしいおそろしい。ま、大概の仕事は一応こなすということなので、能力が枯れてしまった後には、大概の仕事を選ぶようにしよう。

恋愛・結婚に関しては、関連者に状況を確認したところ、部分的には当たっているけど、完全にこういった傾向ではないようです。安心。

2005-08-26 Fri

[] ふと気付けば

はてなにしてから、PCに入っているRSSリーダーアプリを起動していなかったな。はてなでダイアリーを書いているだけで、それなりな情報が引っ掛かってくるということかな。

特に、はてなブックマークには助かっている。はてなブックマークが出来る前は、会社での休み時間に面白いサイトを見付けたりすると、URLを私用メールアドレスに送ったりしていた。家で見ようと思って。けれど家でメーラーを起動した時には、URLを送ったことなんて忘れていることが殆どで、新しく来たメールに埋もれていっているわけ。それに運良くそのメールに気付いても、URLを送った時の興奮状態や盛り上がりを忘れてしまっていて、ブラウザを起ち上げもしないという状態。

その点、はてなブックマークはいい。僕自身のダイアリーは毎日見るので、その連動でブックマークも見る。すると、URLを保存した時の空気がそこにフワッと現れる。これが大事なんだよね。そのサイトを見て面白いと思った諸要因も一緒に保存されている感じ。それに昼間に保存した時から保存ユーザーが増えていたり、コメントが増えていたりするのも面白いし。

[] ピアノ音楽名盤

前からアンテナには入れてあったのだが、改めてダイアリーでも紹介(勝手にすいません)。

301 Moved Permanently

過去記事などを読ませていただき、かなり購買欲を刺激されている。聴いていないものばかりだな。プレトニョフやボレなども気になるが、とりあえずウィリアム・カペルは見つけたら買おうと決めた。チェルカスキーもこの前のテレビ放映見るまで眼中になかったが、こちらのブログを読ませていただいて、今まで注視してこれなかったことを悔やんでみたりしている。

それにしても「GREAT PIANISTS」のシリーズ、買っておけば良かったな・・・。あんなにどこにでも置いてあったのに。再発売、しませんよね。

[] 早速のものと、久しぶりなもの

なぜ仕事するの? (角川文庫)

なぜ仕事するの? (角川文庫)

レコード芸術 2005年 09月号

レコード芸術 2005年 09月号

久々に買うと、広告楽しい

2005-08-25 Thu

[][] これも買おう読もう

なぜ仕事するの? (角川文庫)

なぜ仕事するの? (角川文庫)

[] iモード事件

iモード事件 (角川文庫)

iモード事件 (角川文庫)

読了

この人、3年しかDoCoMoに居なかったのか! そんなイメージ無いな。iモードのような大きなムーヴメントの切っ掛けになる人格って、どんなだろ? 渦の中心であることの面白さを教えてもらった気分。会ってみたい。読み終わって残ったのは、僕にもきっと出来ることはあるという期待。何て単純。パワフルになった、僕。

夏野剛さんのバックボーンも見えて面白かった。この人、報道とか見てると胡散臭いのだ。唇薄いところとかw けど、この本でちょっと見直す。夏野さんの著作も買ってみよう。

[] ベートーヴェン交響曲

今、カラヤン/ベルリン・フィル演奏で第4番を聴いている。この曲、好きだな。9曲の中で一番好きかも。

ベートーヴェンの交響曲を聴いた順番を思い出してみる。

これ全部、「エコーインダストリー」という怪しげなレーベル。原盤はグラモフォンなので、いわゆる海賊盤だ。けども、これしか売っていなかったのだから仕方ない! ヴィルヘルム・ケンプのピアノや、アンセルメドビュッシーバーンスタインガーシュウィンヴァーシャーリラフマニノフ(!)、全部このエコー・インダストリーで聴いた。はっきり言って、感謝している。今は正規盤を買い直しているし、許してもらおう。

話を戻して、第4番と第8番は初鑑賞の記憶曖昧。好きになった契機だけ書けば、第4番はARTSのペーター・マーク盤で開眼し、Altusのムラヴィンスキー盤が背中を押してくれた。一番好き。第8番は未開拓、実は。

[] やっぱりアルゲリッチは特別だ・・・

この前に買ったアルゲリッチの弾くショパンピアノ協奏曲第1番」を聴いている。

凄い才能と言うのは瞬発力を持っている。アルゲリッチの変幻自在な演奏を聴いて思う。この演奏の素晴らしさ・面白さは、この曲を初めて聴く人にもすぐ理解できるだろう、と。

この録音はスタジオで収録されたものだと思うが、そんな雰囲気は聞こえて来ない。場所はコンサートホール、これから始まる演奏に期待し胸を高鳴らせる大観衆を前に、その注目に応えるべく演奏されたかのような真剣さがある。フレーズを慈しむような表情はあっても、演奏が淀む瞬間は全く無い。常に前に前に。アルゲリッチは走り続ける。

凄いのはアルゲリッチだけではなくて、指揮のアバドもだ。彼にもアルゲリッチと同じ種類の情熱はあるが、丁寧な表情付けを失わないクールさもある。けど、アルゲリッチの温度からも遠くない。この協奏曲のオーケストラパートがこれほど雄弁に再現されたのを初めて聴いた。アバドの才能も特別だったのだ。僕などがおこがましいですが、見直しましたw

音楽は生き物。特に再現芸術とも言われるクラシック音楽は、今音楽が生まれ出る興奮を、そして今音楽が変化する意外性を強くアピール出来れば、その素晴らしさ・面白さはもっと認知される種類の音楽なのだと思う。そのアピールのためのサンプルとして、この演奏はずっと覚えられていて欲しい。

2005-08-24 Wed

[] 気になる新譜たち

気になる新譜がかなり増えてきた。

これは今日発売らしい。オーケストラは、僕の中での評価急上昇のロンドン交響楽団。指揮はフリューベック=デ=ブルゴス、この人は好きでも嫌いでもない。上原彩子がロンドン交響楽団との共演を果たした翌日に収録されたそうだ。カップリングは「展覧会の絵」。今手元に広報用のチラシがあるが、上原彩子の笑顔がちょっと怖い。

これは駆け足で試聴してきたが、とても整理された画期的な録音の予感。第5楽章頭の弦楽器超高速フレーズ、かなり速いのに細やかな表情が聞こえてきた。凄い。大きなスピーカーで聴きたい。欲しい。

これは通常のCDだが、新譜はどうも初SACD化らしい。ジャニスの全録音を集めたい! 凄いテクニックだもの。このCDはタワーレコードフリーペーパーにも紹介されていて、それによれば「絶品」とのこと。気になる! ドラティ指揮/ミネアポリス響の管弦楽編曲版とのカップリング。

ピラミッド

ピラミッド

鳥山雄司神保彰和泉宏隆のユニットアルバム。凄い組み合わせ過ぎないか、これ。と言うか、この3人、同じ大学の同級生らしい。何て豪華な同級生なんだよ・・・。

[] 初花凛々

初花凛々 (初回限定盤)

初花凛々 (初回限定盤)

シンプルな響き。けど、それほどダレずに聴き通せた。Coccoの声質の吸引力だろうか。サビ以外の旋律は、飽きの来ない、独特なものだと思う。素敵。しかし、そんなにもてはやすほどの曲だろうか? サビは好きになれないしな。この前、ミュージックステーションにこのバンドが出ているのを見たが、Coccoのこれまでをわざとらしく物語風に紹介していて、言い過ぎを覚悟の上で言うが、反感を持った。これからだよ。並録曲のほうが良いかも。

2005-08-23 Tue

[] 早速

アムステルダム (新潮文庫)

アムステルダム (新潮文庫)

iモード事件 (角川文庫)

iモード事件 (角川文庫)

[] ピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の思い出に」

昨日は普段使っているヘッドフォンが見当たらず、適当な作りの安物を使っていたのだけど、音質の悪さの原因はこれだった模様。いつものを見つけて聴きなおせば、ピアノの音が潰れているようなことは無くて、良い音楽を聴けた。早とちりをしたことが恥ずかしい。バレンボイムのピアノは重い音で、個性的。弦の二人も濃い歌を紡いでいる。ちょっと言葉が出てこない。激流の中に身を浸しているような。

2005-08-22 Mon

[] ピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の思い出に」

久々に聴くと、録音が悪さに驚いた。特に幅広い音域を担当しているピアノの音の潰れようは、耳を覆いたくなるほど。何を聴き取ればいいのか分からなくなる。とりあえず、デュ=プレの音を暫く聴いてみよう。

[][] 欲しい本

アムステルダム (新潮文庫)

アムステルダム (新潮文庫)

iモード事件 (角川文庫)

iモード事件 (角川文庫)

[] スピリッツ

今朝も購入。なのに「バンビ〜ノ」休載。渇きが癒えない・・・。

2005-08-21 Sun

[]

Chopin, Liszt: Piano Concertos / Martha Argerich, London Symphony Orchestra

Chopin, Liszt: Piano Concertos / Martha Argerich, London Symphony Orchestra

ついに入手! 楽しみ!

カラヤン/ベルリン・フィルベートーヴェン交響曲第4番&第6番」

カラヤンの演奏をまとめて聴きたいのですよ。特にベートーヴェン。

Bitter

Bitter

何となく。安かったし。流行りましたよね、昔。

2005-08-20 Sat

[] USBキーボード

暫くPCからの異音は発生していなかったので、何もしていなかったのだが、最近起動時の異音が再発・・・。結局USBキーボードを買った。あっさり解決。異音は鳴らず、かなり快適。

[] クリヤマコト

昨日、東京JAZZ2004の映像を見た。僕はこの人のほうが真摯だと思う。音楽世界平和を語ることは、はっきり言って恥ずかしい。この人はそれをやる。菊地某がコメントした世界平和と音楽の関係は本当のことなのかも知れないけど、それでも期待をしなくてはならないと思う。

2005-08-19 Fri

2005-08-18 Thu

[] バイロン・ジャニス

車でバイロン・ジャニスのラフマニノフを聴く。いい音でタッチの特徴がよく聞き取れた。調律は軽い感じだが、軽薄な音色には陥らず、独特な雰囲気なのだ。この人、何者なのだろう? 他の録音が欲しい。

2005-08-17 Wed

[] 長距離運転

疲れた。

2005-08-16 Tue

2005-08-15 Mon

[] 最近

周囲が色々と騒がしい。僕は流されないぞ。

2005-08-14 Sun

[] 唐突に

青山二郎の話 (中公文庫)

青山二郎の話 (中公文庫)

おわらない夏 (集英社文庫)

おわらない夏 (集英社文庫)

[] 義経

佐藤継信、死んじゃった。こんなに安定した役者が居なくなるのは痛いよ・・・。義経郎党、どうなるんだ! 役者の成長が追い付くのか不安です。今井翼那須与一は良かったな。滑舌もタッキーよりもいい。これは意外な収穫でした。かつらも似合う。再来年くらいの大河でぜひ復活を。

[] いかん

吹奏楽を聴き過ぎると、耳が覚醒してくる。切り上げよう。

[] 聴覚

音の作り手は、やはり聴くことが大切なのだな。半年近く公の場では演奏せず、専ら聴くほうに徹していたが、自分の耳が変わってきていることに驚いた。何をどうすれば良くなるか、分かる。表現したいことが蓄積されているようで、実践してみたくなってきた。ピアノを聴くことが、ある意味鍛練になっていたのかも知れない。今、僕に合奏させたら凄いよ。棒持った瞬間に駄目になるかも知れないが(笑)

[][] 鑑賞記録

長生淳

初めてきちんと聴いた。意外にメロディックな曲を書いているのだな。分かりやすすぎて、何かを掴みとるまでの楽しみのようなものが少なかった。打楽器の使い方は手が混んでいると思う。Vで終わるのは流行りなのか?

ホルジンガー

長生淳さんの曲よりも、愉しさに振り切っていて、僕は好きな方面。変にそれらしく現代ぶるよりも、個性が感じられる。打楽器もこちらのほうが充実はあるのかも。それにしても巧いトランペット。書くほうも書くほうだが、吹くほうも吹くほうだ。戦いは吹き手の勝ち。

フィリップ・スパーク

演奏するほうには充実があるのかも知れないが、聴き手に訴えかけるものは少ない。この曲が悪いのか、演奏が悪いのか、分からない。愉しさが軽薄なのだよ・・・。

ウィットロック

これは力のある作品だと思った。アイデア豊富だし、音の重ね方が良いと思う。場面場面の切り替えも唐突ではなく、一貫して厳しい響きがある。ただ冒頭のキーになるテーマを使い過ぎな感じ。リズムや調やテンポで、もう少し変容させたくなる。使い続ける意味が、創作の背景にあるのかも知れないが、聴いただけでは分からない。

[] ベルリン・フィルウィーン・フィル

先日録画した芸術劇場を見る。青島広志さん、笑えました。アルバン・ベルクは流し聴き。今度きちんと聴きたい。そしてベルリン・フィルとウィーン・フィルのメンバーによるホルンアンサンブルを聴く。楽しそうで素敵な集団です。客席にウィーン・フィルのメンバー、ステージにベルリン・フィルのメンバー、という感じでスタート。ガブリエリの曲はいいですね。で、気付いたのですが、プロのホルン奏者はベルカットを使わないのだろうか? 前に考えたことがある、ベルカットで滑らかな音は出ないのではないか、と。実際のところ音にどんな違いがあるのかは分からないが、周囲の人間に訊いてみたい。

NobuNobu 2005/08/15 09:45 いつまで経っても、ナンちゃんが出てくるとハラハラする(笑)

hrkntrhrkntr 2005/08/16 13:56 ですよね! 伊勢三郎はもっと重厚なイメージだったのだけど・・・。

2005-08-13 Sat

[] 総田中軍団

サッカーは全然見ませんが、めちゃ笑えた。こちら。

田中さん、あなたも総田中軍団に入ってみないか? - CLASSICA - What’s New!

伝統芸能みたいで素敵。狂言茂山家とか、雅楽の東儀家みたいな。一体感抜群だろうな。監督が指示出すの難しそうだ! けど、苗字で呼ぶのは禁止だろうから、打ち解けるのは早そう。あー、一回見てみたいよー。捨て試合(そんなのあるのかな?)で是非。絶対見る。

2005-08-12 Fri

[] やっとだ

明日から休み。

NobuNobu 2005/08/13 08:41 明日だけ休み(笑)

hrkntrhrkntr 2005/08/13 08:44 すいません・・・。

2005-08-11 Thu

[] Tommy

久々に聴いてみた。

Tommy

Tommy

シンプルな響きなのにな、とても個性的。ボーカルが聞かせるなあ。詞がどうなってるとか、どんなシーンとか全然分からないけど、哀しいとか辛いとか、そんな感情の存在を声から感じる。ま、感じてるだけです。ギターも色々な表情を出せる楽器なのだな。

「Jesus Christ Superstar」とどっちが先なんだっけか。前も調べようと思ったのに忘れてた。響きの完成度は「Tommy」が上かな。

[] 舘野泉が弾く矢代秋雄ピアノ協奏曲

タワーレコードが出しているフリーペーパーを貰いに前を通ったら、何と半額。迷わず即買い。これで矢代秋雄の作品録音で持っていないのは1枚だけになった!*1

[] メモ

  • ベルトーンのみで動いたり
  • 音域を吟味

[] 選挙

朝から政治家の皆さんは元気だ。「このツケは我々の子ども達に回って行くのです」とか聞き飽きたよ。今の子どもが大人になっても、ずっと言ってそうだ。ここは僕が政治家目指すしかないような気がしてきた。公示はされてるの? それとも最初は市会議員か? もちろん何も考えずに書いてます。

*1:「交響曲」の吹奏楽編曲は除く。多すぎ。

2005-08-10 Wed

2005-08-09 Tue

[] 電車内から中継

黄色い髪で目の周り真っ黒な女性が前の席に座っている。そして携帯電話(N901iと思われる)で通話。一言話す度にむせるように咳をする。かなり豪快で、周囲が何事かと視線をその女性に注いでいる。そんな状態なら無理して通話することもあるまいに・・・。

僕の左隣の女性はW31S、右隣の男性INFOBAR、そして僕のW31SAau率高い。と、右隣の男性は降りていき、入れ替わりで座った女性はSO505iSでした。ソニー・エリクソン率高い。

傘を持っている人が何人か居るが、雨が降ったのか? これから降るのか?

[] 大阪俗謡

とある大学吹奏楽部が今年のコンクールで演奏するらしく、気になって朝比奈隆/大阪市音楽団の演奏を聴く。

作るのが難しそうな曲だな。感動しにくい。神話のほうが調味料が多くて、僕は楽しめるかも。どちらの曲も管弦楽版があるが、そっちでの印象は逆。今度、管弦楽版も改めて聴こう。大栗裕は、吹奏楽未開の地な僕の地元でもそれなりに有名でしたが、初めて聴いたのは、今聴いている大阪市音楽団のCDのはず。生演奏ではもっと後。下手すると「仮面幻想」かも知れない(笑)

演奏してみたいのは「巫女の詠える歌」だな。

[] 涼しくなったら

涼しくなったら釣りに行きたい。釣竿も道具も何も持ってないけど、ゴカイを針につけるのは得意なので何とかなるだろう。しかし何年釣りをしていないんだ。20年くらい平気で経っている気がする。

僕は専ら投げ釣りです。と言うか、それしか知らない。釣り上げた魚はコチとかハゼが多かったけど、キスアイナメ、サバも釣り上げたことがあります。仕掛けは全部父がやってくれたけれども。

[] ELO

ELO、凄いな。今でも古くさくは聞こえない。アイデアに溢れている。偉大だ。

何でサンボマスターと並べて使うかな・・・。

[] 今朝は

今朝の空は秋みたいだ。眺めていると悲しくなる。

NobuNobu 2005/08/09 09:48 俺も思った。家出た瞬間に感じた風が秋だったなぁ

hrkntrhrkntr 2005/08/09 12:18 電車を降りたら、やっぱり夏でしたねw

2005-08-08 Mon

[] 枯渇

僕らしさを埋め込んで行く作業。ひきだしに物はあるの?

2005-08-07 Sun

[] 計画

[] 目方

55kg台。健康なのか、不健康なのか・・・。

[] カラヤンの指揮

昨日、斜め見・斜め聴きをしたカラヤンの「英雄」、第1楽章では"オーケストラ任せ"なんて書きましたが、結構振っていますね。僕がそう感じたのは、なぜかを考えているところ。第1楽章では音楽には合っているけど、引っ張っていく感じはしないのだよね。

2005-08-06 Sat

[] カラヤンの指揮姿

「英雄」を見る、聴く。カラヤンが歳をとっているせいもあるんだろうけど、第1楽章などはオーケストラ任せという感じ。音楽を作っている感じではなく、厳しい鑑賞者であろうとしているかのよう。第2楽章・第3楽章は、別作業してて音を聴いていただけだったのだが、第4楽章から画面を見ると、かなり熱い動きになっていてびっくりした! 第1楽章では1小節1拍のような振り方だったが、ここではほとんど拍通り振っていて、情報量も多い。優しい音色が求められるような場所でのカラヤンの眉毛にも注目。音を大切に大切に扱うような手の動きと共にそんな表情を見せられると、鳥肌が立つ。こんなカラヤン、見たことない。水をすくいとるような動きをしたと思ったら、まさに水のように透明感に満ちたフレーズヴァイオリンからとうとうと流れ出す。この瞬間を見ること出来て、良かった。買って、良かった。ゴリゴリした弦楽器は素晴らしい。特にコントラバス全員のが激しさは恰好いい。これがベルリン・フィルだ! 最後にカラヤンの汗が落ちるのがハッキリと見えた。本物だ。吹きながら左手を離すライスター、顔を掻くコッホ、楽しい

[] ドラゴン桜

録画した「ドラゴン桜」を見る。長谷川京子カーディガン着てなかったら、背中見えるんじゃない? パッと見、綺麗には見えない人だけど、ジワジワ来ますね。「スタアの恋」の長谷川京子も可愛かったです。

ありゃ、矢沢心は秀明館の先生役だったのか。矢沢心、キャラ変わってますね。綺麗。

学園ドラマは大好き。

[]

Live at Sweet Basil, Vol. 1

Live at Sweet Basil, Vol. 1

思ったよりも取っ付きやすい。

[] ジュビリー・ゲーム

聴いていなかったバーンスタインの「ジュビリー・ゲーム」を聴く。

木管の扱いとかにフランステイストな印象を受ける。バーンスタインの作品は捕え所がないが、演奏者は楽しいかも知れない。打楽器金管ストレス発散できそう。

バーンスタインの「キャンディード序曲」はもう要らないな。佐渡裕が安売りしましたので。

「キャンディード序曲」と、カバレフスキーの「コラ・ブルニョン序曲」は似てると思う。

2005-08-05 Fri

[] カラヤンDVD

出荷の連絡が来た! 買ったのは「英雄」と、ウィーン・フィルとの「ニュー・イヤー・コンサート」、キーシンが出演したジルヴェスター。「海」は次にした。

明日着くと決めてかかって、今日も前夜祭にしよう。けど、今日iPodに入れてあるカラヤンの演奏は「英雄」とリヒャルトの作品のみ・・・。これらは前回の前夜祭で堪能したので、今日は曲繋がりでチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番を。ベタアルゲリッチで。

2005-08-04 Thu

[] 聴きやすさ

僕は「クリエイター」が苦手。知り合いにも何人も居るが、打ち解けたくないと思っている。彼らは人と違うことを求める余り、聴きやすさを分かる耳を失っている。そして聴きやすさを作る技術、意外に身につかないようだ。そんな部分が伝染しては困る。作る自分と、聴く自分を、違う人間として両立させたい。明日からも。

[] ナビィの恋

楽しいな、これ。沖縄民謡だけのCDとかも持っているが、全部聴き通せない。けど、アイリッシュとか、不思議アレンジのこのCDなら、大丈夫。どうしてだろう?

[] わー

携帯からの見え方が変わっている! 試し。

  1. ブラームス
  2. ブリッジ
  3. ブリテン

有料オプションにしてみたくなってきた!

[] 就寝時に聴く音楽

就寝時にはiPodで音楽を聴いている。よく聴く曲をクラシックで列挙。書く意味はない。

2005-08-03 Wed

[] 断固抗議!

弱冷車、要らない!

2005-08-02 Tue

[] いつ買ったんだ?

記入忘れ。

ギル・エヴァンスほか「Live at Sweet Basil 1」

ギル・エヴァンスほか「Live at Sweet Basil 2」

[] 電車がイヤだ

だから通話するなって!

電車の中で電話する人に出会うと、舌打ちをする癖がついてしまった。かなり危険。相手が相手なら、喧嘩になりそう。今日もやってしまった。「もしもし!」「チッ!」と、かなりリズムよく。おまけにそいつは、ボリボリと背中や首を掻きながら通話。そして鞄に落ちた角質だか皮脂だかを、定期的にバサバサと払う。公共の場なのに、見苦しいことこの上ない。こっちに飛ぶってば! そいつは更にエスカレートして、スーツの中のシャツのボタンを外してまで掻き続けている。中のTシャツに血が滲んでいるのが見えた。

もうイヤだ。席変わろ。

2005-08-01 Mon

[] シューラ・チェルカスキー

夕べ録画した「思い出の名演奏」を見ている。チェルカスキーの最後の来日公演だ。この人のことは10年以上前から知ってはいたが、改まって演奏を聴くのは初めてのような気が。ヨーゼフ・ホフマンに師事していたというのだから、ヴィルトゥオーゾの流派であることは確かだけど、彼は打鍵の正確さよりは、その大きな作りの音楽が売りと言った感じ。重たく、どことなく無骨な和音、それと対照的に優しく透明感のある旋律。そして違う音域から、突然焦点が合ったかのように別の旋律が登場する瞬間は、まるで魔法。凄い技術だ・・・。

[] よく知らないもの

よく知らないのに、好きになったり嫌いになったりする。見たことないけど、スター・ウォーズが好き。行ったことないけど、ロンドンの街が好き。1曲通しで聴いたことないけど、サンボマスターが嫌い。食べたことないけど、北京ダックが嫌い。

[] 要望

高級感・・・。

[] カラヤンDVD

カラヤンのDVD3枚をHMVに注文済みなのだが、2枚が入荷待ち。

昨日新星堂に行ったら全部売ってたよ・・・。300円高かったけどさ。

NobuNobu 2005/08/01 14:58 DCIのDVDを衝動買いしてしまった・・・

hrkntrhrkntr 2005/08/02 07:53 DCIがDVDか・・・。いい時代だねぇ。音採りとか楽そうw

NobuNobu 2005/08/02 16:18 観客の声が後ろから聞こえてきて楽しかったよw